やる夫スレをまとめたブログです。 まとめるスレは管理人の好みに非常に偏ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第17話前編

806 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:09:37 ID:GN1iC3iE

          ( \                  `ヾ、      -ー-ゝ-ー…‐- .`ヽ `丶    `ヾ    .イ  ヽ、,
         ( \ \         、   ``ヽ 、  >ー''"´            て    ``ヽ、   ゝ,_,ノ し,   );ヽ,_,从,    !;
        ./\ \  ' ,       ゝ  -ー≠"´                 `ゝ、            `ヽ、う    `ヾ,ノ し ´
          .\ \ \ ',  `ー―¬`                            ’、                    `'て,
        (  \ \   ',  `≧                                ヽ  ー- ..,,__                 (
      (  \  \ \  ',    `ーz-,、                            ',                        f'´
      (  \  \ \   〉       -‐そ 、                             }         ー- .、         し,’
  ___(.__\_\_ ,' _  ___, ___ )   ___    _ _ __ ._   _  ___ ___ _   ___ r.、     ,r'
 . `i┌-、| (`l l´ `'l `: | | ', || ``l l´/    ―\   `i┌-、| ||  `l `: | | |  .|. ,||、./__`: | | .| | i、i rー/ / | |  ゙-'    ;{
    | |./|:. ノ| | 二| `'' | 'l, | |  .| |       ● \ | |./|  .| |  | `' | l/| N | | | | |_| | |_| |  i、i、/ /ヽ| |       イ
    | |ヘ| ノ . | | 三| _.  |  |.|.|'-''| |    ⊂⊃ (_,、_,) | |ヘ|  .| .|  | _  |  | |/ | .|  ヽヽ,. `l l´  i、V /   | |ヽ      i
    | |   ノ | | ヽ | |`:_ | .|.=.| .| |  /|       ィ'‘ | |   .|.=.|  .| |`:, |  | | |.=.| .|`l_| |   | |.   i、 /   | |  )   ;
    | |从" 、.| | ⌒| | | | |.| |.|,.,.|└ '__| "'""´ "´   .| |   |.| |.|  | | | |  | | .|.| |.|.ヽ__丿  | |    V     | |  `Y / 
   . ̄     ̄   ̄  ̄'" ̄ ̄  ̄ ̄         ̄   ̄  ̄  ̄  ̄    ̄  ̄ ̄        ̄            ̄ ̄  }ノ
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                  フ ァ イ ナ ル フ ァ ン タ ジ ー Ⅵ

               ~やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです~



                      第17話 『和平会談 ~前編~』


808 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:10:25 ID:GN1iC3iE

        γ'フ
     イ ('i, ,/             (ヽ
    ( 'i,`ミ' ヽ i             ヽ`)'フ
  (\ヽ,,_ ` ':.ヽ              )γ),ノ)      ~前回のあらすじ~
  ヾ' ..,,    '; 'l,             ,/ .:' ノ'
    ゝ- .,,,   .: i! ,-へ,  , ヘ   ノ' ,:' ''",フ          ・封魔壁を開いたらすげー強いモブが出てきました。
 ,,-'', ',,,..    .:' /'___,ヽ_,_i=/__,」 ''",,::'   "つ          ・帝都炎上中。
   `ツ、,,ー- .:' (,iヽノ  `ー' ヽノ´''"ヾ、  彡'
    ''-彡,,  ':, `i <〈」iノハル.!. ヽ、,,_,,ノ'⌒
      ,彡'    i L>゚ ー ゚ノiゞ" '-=-'"
      ノ., "シ i>i ir^i `T´i'i |,,_,,,ミ^ヾ
        "''ツi>i !>^i`''´'iイ|''ヽ)
          i.ル'ヽr_,ィ_ァ'レ'」


809 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:12:03 ID:GN1iC3iE

~帝国首都ベクタ~

            △  (;;;;;;;) (;;;;;;;);;;;;;)
   △      |王|,,,, (;;;;;(;;;;;;;;;);;)     (;;;;;;;;;;;;;)  (;;;;(;;;;;;;;;;;)
  ノ合|      ||甲□》__(;;;;;;)_,,,,,,,     (;;;;;;;;);;;;;);;;;;;;;;)
  │(;;;;;;;;(;;;;;;) | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐.....、、 (;;;;;`(;;;;;;;;)
  │; (;;;;;;;;)   田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△(;;;;;;;;;)
  │;;;;| (;;;;;;;;;) (;;;;) |''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''' (;;;;(;;;;;;) l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄(;;;;) |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |        . |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|.  、..     |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|     .. ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|        .|  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐      |        |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       |.... |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、        |\_______________________\
  _______________._[;;;;].....................................................................  [;;;;]..............冖冖冖┐       |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐  、.. |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,. [;;;;],,,,.....................................冖冖┐.|  ||||lll|||i巛門》》illl|i||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''. ¬................................     ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:
  | |ill|lililill|li||lllli|   .| |ill|lililill|li||lllli|        .|\____.\  ,,,,,,,,,/:.:..:.. ,:.:...:,:.:    :.. ,:.:...:,:.
  | |il|巛門》ii|||i|_______| |il|巛門》iiiiiii| __________  |  |||'lll'lll|lll||l|lll''|/.:..、 .:,:.:...'....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____________    |\__________________\ .|\_______\.l  |ll'lll|゙/゙゙゙゙゙゙゙゙..:,:.:....´:..,:.:...:,:.:.  ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____\  .| |゙|ll| lll| .lll! ll l!:l.lli| | ∥i|||l|lll| ,,,,,,,,,,,,,,,,ノ.:,:.:..' :.. ,:.:...:,:.:...:.. ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ゙|ll| lll| .l゙|ll| lll|  | |ll|i|;:|ll|lllli|.lll!.lll 「,,,,,,,,,,,,,,,,,.:...:,:/:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.::..,:.:...:,:.:....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:.
 ..ll)!!llll||ll|《l,.ll|  | | lll 巛!門 ^゙/ .:,:.:...:,:.:...:,:.::.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...


810 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:13:33 ID:GN1iC3iE

.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',         あなた達……
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '     ι | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
            ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
        rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /
.        / | }′   .l,/´_ `ァ' /      //,.'



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      朝倉さん……もう来ていたのか。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ         何が起こったか説明してくれるか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


                 _ __ _
             _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
           /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
            ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
         ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
           }:.::.|i:.:.|:.:.:丁≧|trュi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i      ……ごめんなさい。私にもよくわからないの。
        {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:|:.i:.:.!i:.:.ハ/j    i≦了7./:.:.i:.:!
        lヘ/ヘハ、:|≦斤乍 ::::::::::: /廴レリノ//:ハリ      私が来た時には、すでにこの有様で……
        ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少 ::::::::::::: 升仆ヘ/:/.:ノ
       ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
       ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l u       ′  /:.l::|
       /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、     ´ `   /:.:.|l:l
       /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
      /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
   < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
  /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|




.


811 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:14:16 ID:GN1iC3iE

:.:l..":`:;:;;;` /:|, : |,-i|,-i|┴┬┴,, .-'i::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
..:#.:.:...":/   |  |, 'i|,-i|┬┴/イ :l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
:;;:;'、i/     |; ' |, 'i|,-i|┴┬||:| :| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.”,;/    ,.'ヽ| ,; |, 'i|,-i|┬┴||:| :| l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
/    ./|/、|  |, 'i|]lii|┴┬||:| .| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   . /| :||ヽl|  |!i]i;illl| ̄ ̄||:| .I/        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ../::::::| :||/、|  |iIlil]Ii,|    ||/
/:::::::::: | :||、 ,|  |iil]iI/
|:::::::::::::: | :||ヾ,|  |i]ll/
|::::: :と^ | :||、, |  |ii/
|__:| ii ,| :||/、|_|/
|  ヽii_| :||、/
|    .|_,|l/
|     /
|    ./
|   /
|  . /
| ./
| /
|'




                              __
                     _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                   ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
                  ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
                 ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
                ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.,','!.:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',
                !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!
                l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ      ――しっかりしろ。今に真紅様が来て下さる。
                   'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
                   (`|:.:ヾ辻.j ヽ ::::::: イj夕゙ソ:.:|         お前たちはじっとしていろ。
                   ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!
                  /∧|!:.i| u      '   /l|:.:.i!
                //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!
      _,,.、.-ー-:-;-、、,,,_/∨/',|!:|!===、- :i.、   l!.:!i
    ,<´::::::::::::::://⌒`ニ二升;',;|!;;;;;;;;;;;;`i 「::レv;.|!/_,,.、-ー-、、,,_
    i:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::',:::::/:入;;;ヘ;;;;;;(C;;/::|l;i/:::::::::::::::\\::`ヽ
     l:::::::::::::::::::{ {:::::::::::::::':,:::::∨::( _)ヾニ二ソ<ノ( :)::::::::::::::::::::\\::::\


812 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:14:49 ID:GN1iC3iE

 //         .:.::::.:;:;:;;;;
 | i     ,、-'二ヽ .:.:.:::;:;;;;;
 ト、ー‐''ニ-‐''::´: ヽ\ .:.:;;;;       し、しかしセイバー様……
 ',  ̄    .:: ::  / 厂_つ
.  V⌒ヽ、 __, イ /          あなた達の傷も……っぐ、う……
  / __,;:.     //  (O
  丁__   u //    .::
  ヽー┃    l_L___ノ
    L_   _ノ.::.:.::::;:;:;;;;;;



             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',
              N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
               {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′        心配は要らん。歩けるだけでも儲けものだ。
                  Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
          厂  ̄`アl\:.、li  l:! u    __ /         ――伍助、そっちはどうだ?
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
      //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
         { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ
           \.:.:.:.:.:―-.:__,. -‐ァ¬¬\     /l:.{o{ {__{_|:::::}__厂`¨〉
          `ヽ、:./´:.:.:厂 ヽ、    `¨¨´/ |、「ヽ}_,ハ::::Lノ__/
                 \__/   / \,.、    rj^ヽ_| `ヽ.込.」::::|ノ

814 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:15:38 ID:GN1iC3iE

  ./::::ハ::|\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
 /:::;;i  ヽi `;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ::::::::::::::::::::::::::...
./:/!   ヾ  ヾ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ--、::::::::::::::::.....
'"  i      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::i /  ヽ::::::::::::::...........
   !r----‐'"ヽ `;i `ヽ:::::::::::::::::::|´`  ノ:::::::::::::::::::::........      傷口が深い。
   i!ヾ,.....''"⌒  .リ   ヾー':::::::|` `-';;;::::::::::::::::::.......
   |::ハ`  ,,=''"/     ヾ::::::::::',    ミ:::::::::::::::::::....         幻獣達の襲撃……まさかこれほどまでとは……
   レ `ヽ'i;;ヽ/ .〃〃   ヽ::::::::i    ミ:::::::::::::::::::..
      ! `'         ヽ::::i    ヽ:::::::::::::::::.....
      ノ:::..       ι  ヽ:i    / ̄ ̄.:.:.:.:....
     ヽ、..           リ   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
       ヽ             /.:.:.:.::..:.:.:.:.:.:.:.::.:......
         \ ,__        , /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
          ``、     /i'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
            ` 、 ._/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::...



          /      ,/           __   |
       /-── - /          / |   |
        | r====ュ ! ,ィ イ,... :.:ヽ \_」´ ̄ヽ|
        |  ___」,, ィ;;;;:;:;::::::::::\/ /   」       うっ、ぐ……げは、っ……!
        ̄|  .:::::::::::::l |;;;;;:;:;::::::::::::://   /^!
            ! .:.::::::::::::::| |;;;;;;;;;;;:;:;:::://  ,/ ̄`|
         \ノ´ ̄ `ー ─ y'"´   / ̄ヽ/
           | |;;\ ─-、 l! |   ,Λ 二/
           | |;;;:.:..\ ̄┃ノ 」__丿ニニl´
           `Tコ´ ̄「「 ̄ 「    ̄ ̄|
          _ノ |   」|   |      |
    ,ィ´ ̄ ̄  / 」 ̄/元j ̄ 「 ̄ ̄  ̄`77''ー ─-、



:.ミ.:::....::::::::::......::::::::..::::::::.... ...                 /
ミ...:::..::::::::::......::::::::...:::::::.....::::.. .....            ,,-‐'"
ミ.::::.:::::::::::::::::::::::::::...:::::::....:::::::....::::::.....::::...    ___,,,-ソl::|              ――真紅様を待つだけでは彼らの身がもたぬ。
ミ:::...:::::::::::::::::::::::::::::.:::::::.....:::::::...::::::::____,,--‐''" /,!i::| リ
ミ__:::::::::::::::::::::::::::...:.::::.____,,,,,.-‐''" `ヽ::::`ヽ::: バノi:|           __..,    セイバーどの、皆を背負って医務室まで運ぼう。
  `゙゙ーi::r-rーt''""´ヾi::::i:::/リ /i''U'''ノ`ー" ヽ  i!|  r-、 r-、__..-'´.:.::i
    /イ::::::::::/ヽi´ヽ/イ:::i::|:::..ヽ`ー__...    '  /リ  `i `゙´ i、::.:._,,-''"    今やそれが出来るのもオレ達しかいまい。
    '"i:/|:::/::::::`ー-ト|:::i:/`ヽ. u        _/ ,.、  ヽ    i_-"
     i:! l::::::/i::/l:|.:.:.:.i::::|\ ヽ_,     '´/ヽ/ ! ヽ-''"´i____!
     リ .|::::i i/.:.:リヽ.:.:ヽ|.:.:.:.`-ヾー--、-i'i.:.:.:iノ-, l|´´_ノ.:.:.:.:.:ヽ-‐''´i
       |:::l| i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:ヽ.:.:.:`-`ソ.:.i´i !i,,l|r".:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ-- '
       ';:::| !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-.:r'"ヽ-''"ヽ_.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.!
       ヾ !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:!


815 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:16:33 ID:GN1iC3iE

 //         .:.::::.:;:;:;;;;
 | i     ,、-'二ヽ .:.:.:::;:;;;;;
 ト、ー‐''ニ-‐''::´: ヽ\ .:.:;;;;       そ、そんな……!
 ',  ̄    .:: ::  / 厂_つ
.  V⌒ヽ、 __, イ /          あなた達のお体は……
  / __,;:.     //  (O
  丁__   u //    .::
  ヽー┃    l_L___ノ
    L_   _ノ.::.:.::::;:;:;;;;;;



     i \  、 __  / ヽ、\:.. \   \ _  `ヽ、
イ  ハ ヽ  \_\  メ >、_ _ ヾ V\ .\    、 ヽ、 \
  i i/ハ \   \  /ィ示、 ̄アヽ、\Y::\ ヽ    \  \ .\            じっとしていろ!
  | !K ヽ  ヽ、_>// {ヘrjヽ,イ  \ハ::/\ト、    ヽ  ト、 ヽ
  | !ヽ  \\  ノパイ辷ン”      `ー'. | ハ \  ヽ. |__\ }__       命を大切にしない奴はこの私が殺してやる!
  ヽ \\  \ゝ::::::::::::  ̄          rイ//人  ヽ   ト.|:::::::::} j:::::::::::::i
i   \ \>_:::::::::                 |}.ヾ/::::::ヽ  ', .i::\:::::i/::::=-:、/     それでもよければ存分に抗え!
ハ  ,, メ/伝ろミ,     , - 、        :|i  \::::::::', ヽ j=ー./;;;:::::::::::::>
. ヽ ´ヽ Vハシ=》 i}  // /\     i    \ヾ} ハ!:::::::::::::::::`::ー::7
  \ \>≠“  .く/ /     ヽ    ,    >イV\>::::::::::ィ= 、::i
ト、 { \ 、 _≧    \ {    /   ./ ,,ィ''´ _ ヽ::::::::>イ     \
乂\  `ー \       ー- ' _,   //  /::::::ヽン/        ,,
_/ .\     ト、_          ノ  /::::::::://        /イ
  | i  `  i   jハ < ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ 7 ,_ く:::::::::::/ /           /\\
  | ハ   l  ト、\ \    r=V/ イ \\:::: V/     ///  //









.


816 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:17:43 ID:GN1iC3iE
       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)      幻獣……
  /     (__人__) \
  | u     ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
| |        | |   l |   │   ! !
| |       | |   l |   │   ! |.
| |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |.
!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |.
l {        / /  /丁7    /   / | |      所々から聞こえてくる会話から察するに――
       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
         { f:::::`イハ>┬='_/ノ          幻獣達がこの首都を襲撃した、ということなのかしら?
 u      V^t::::::'  /!¨´  「
           ゝ=='´ ./ i     |           ならば、この惨状にも納得が……
     !        u / !   |
    '        ./  i    |
  ―-     ,. .イ  i    |
      , ィ<1/  /     i|
  、 __,. < l //  /     i|
          | {/   /     八



      ,,≧=====≦- 、
     ィォ;;;;;;;rk;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;斗、
   /;;;;;;;;;;;;{必};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム \
 /;;;;;;;;y'''W^U^Y`k;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ  }
./"`^⌒         `\;;;;;;;;! !
|     {           斥==!=       …………
!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__ :::\/ -‐ty‐‐-、/   !
 ! { ii!'  :::::::::::::::: _ii!__,, / ./   ハ
 } !  ̄´         / /  // !
. ノ  )         u  フ!  〃  ヽ
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}

817 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:19:05 ID:GN1iC3iE

  //  | 小:.:./:.:.V      il      il   il  、        V、:.:.:.:.:)Xゝ
..  |.|  ソ人ミ>/:.:| il    小   il  .il   升 il         iミ、:.:< フ}
  |.| .// V イ:.:.:.| ト  il -升弋-、 il  i ヽ  /│ .ハ   il    |ハ:.:.ノ  小
  |.| //i  ト V-、ヽト、 .il、 ≧ァ=-、ハ,、 ヾ  /-ナ‐升- 、 .il    ir'´ソ/  ハi
  |V/ |  .ハヽ 廴::::|ゝ川 ワ示芯 :::::`',v/:: ≧=ナ_ /.il    リ::ハ   | ||     ……見つけたわよ、あなた達。
.  //  .|  .| ll  弋.{ .|  ゞ─'´::::::::::::::::::: {辻り >/ノiハ  i /リ|::| i   | ||
 / ハ  .|  .|  i}   >/ .|ヽ      ,   ゙ ゞ-ィ / イノハ/レ .|::| /   | ||
.//廴| .|  .|  |}  /ハ |∧     _     u  /i l .|/    |::||   | .||
./    |  |  |}   / .| Vr>       `     .イ/ .| .|    .V/i  .:| .||
}      |  | .|} /  小 V/>/>   , -=-≦ |   | .|    人 >  | .il
|       |  V/」 / <::::::|ヽ ヽ/:::::::r'=ミ入:::::/:::::`-イ  小.|     | | |   |/
ヽ    /   v i レヽ::::>、  X:::.::ィ{rj}ソ::::::ヽ::::::::/  .| ヽ   │| |   |



          ____    そ
        /      \  (
       ─   ─    \       !!
      (○)  ( ○)      \
      | (_人__)      u  |         真紅……!
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `




               / ̄ ̄\
             / ヽ_  _ノ \
             |  (●)(●) |     何が起こった? 差し支えなければご説明頂きたい。
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|       ……場合によっては緊急事態だ。俺達も協力させてもらうかもしれんぞ。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


818 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:19:49 ID:GN1iC3iE

        | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
         ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
         / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
       //   // /ヽi|  ^冖^ ::::::::::::::::: ‐テ士</-‐ ´      ……帝国城に赴いて頂けるかしら。
       〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
        /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /        皇帝様や羽入があなた達を待っている。
     /   // /  _!ヽ   \  r__,     u   / /|
     '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|        あなた達の疑問はすべてそこで解決するはずよ。
    l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
    | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
    | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
  -‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
         | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//



          ____
        /     \
       ‐   ─     \        …………
       (  ( ●)     \
      (人__)       u  |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



       l. l  l   ,.!       }   !  !   l   l.l:.lj::lj::::} ヽ
        | /l. i |   l|     ,'  ,! ,'}   ! l | 7trイ_i. !
         l/::,! | |   |! l   /  ,' / ! , / .| !´ ,|:l ,! ! !
        /:::;ハl、', ⊥ L l_ i /  /l_/ ⊥//! / ,/,ノ i::ヽ ! l       申し訳ないけど、私に与えられた任務は
      /.:::/ l ゝ i、lヽ! ‐`/ li /´/-l/ ' ,l/`イ-、 ,!::..l ! .!
       ''T"  l l X `弋,刃` ::::::::::: '弋_刃ヽ l/ l'ノ,!/└ ' !  l     あなた達にそれを伝えること――ただそれだけ。
      l   l l l l ハ     ,       /,イ l_ノ      !
       l   l / / l /`'ゝ、   _ _   u //1 l ri.      |  i     見ての通り、今の帝国は多くの死傷者で溢れている。
        l  ,/ /,' ,'/ <ヽ r` 、 ‐    ,. //' ! ト リ />   |  l
      l.  /,イ ,' ,'ム '´ ! |   ` t ´ /./  ! |'/ `ヽr 、|       私は彼らの手当てのために一刻一秒が惜しい。
      ,' , '/ ! ! !' (、 | |   ヽ   , l. l.- ‐ l. l'  ,.  ' ヽ!
     ,'〈〈 l l l l   ` '‐'、       l. |  _,,.l. l ''"   , -〉
     / ヾ ,| ,/| | `ヽ、   `' 、_,. -l. |´  ノノ_,. - '" /

820 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:21:11 ID:lmusUi9w
命令とはいえ、この惨劇を引き起こしたのが真紅だからなぁ

819 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:20:34 ID:GN1iC3iE

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    ……やる夫。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     お前、先に行っててくれるか?
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


           ____
         /       \
        /      ―   ‐    ――わかったお。やらない夫はどうするお?
      /        ( ●)  )
      |  u           (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \



       / ̄ ̄\
       _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
     .( ●)( ●)  ..| / |      真紅どのの手伝いをしよう。何の縁か、俺も今や回復魔法が使える身だ。
     (__人__)     .|./   /
      i⌒ ´ .r-、  |/  /      ついて回れば微力ながら力にはなれるかもしれん。
      {     ヽ, ',. .,/ :/',
        ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         ヽ . |   / , --'i|
       /   {  V , --ヘ
       |   ヽ  L| r= |

821 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:21:32 ID:GN1iC3iE
            __
          ∠{「マヌ二 _ ヽ
         /_ゞZシ_ \ ヽ
        l/       \ ヽ i          わ、私も行っていいかしら……
        /´   |   l  | \厶|
         l | |-、卜  /, -j イ {」寸         こんな惨状、放っておけないわぁ……
        N‐lキ'tッVー'‐t.ッ! l 寸
        └l ハ.  、   u ∠ イi  | , -―  _
   _ ー-、 \> 二 ィ::::| /ー- 、:三三三二 ̄
  一二三三三 / ̄ヽl_, 、_レ    }l三三一
    二三三/  , イ__/  ヘ  / \二
      二「  /  }  / Y 丶∨: .  ヽ
       / /了勹-、/ ̄ア _」: : :.   ヽ
        | 厂{_」 | ̄!イ /:. : : : . l  |
       」ムィ゙ー辷_」  /:. :. : : : l:  |  リ
       └ ┤ |    ̄〔:. :. :. : : :.l | /



        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ      水銀燈の言う通りだお。帝国はいけ好かねー場所だけど、
     〃 {_{ \  、/ リ|l │ i|
     レ!小l( ●)  (●).从 |、i|     こんなに血を流す人が多い中、見過ごすわけにゃいかねーお。
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |.ノ
      ヽ、   ゝ._)   u j /
       r "ヽ   ∩ノ ⊃イヽ、
      (  \ / _ノ  |  |
     .\  “  / __|  |
       \ / ___ /



     ((ノノ  .廴.`ゝ|: : :.| /⌒) | i i i !    i!.  i! i!ハ  ハ l\
          |!. ) .|: : :.|. /了, l i i i. i!   iト、 i! i! ハ  l l\\
.           i!>廴, ヤ: : ヤ   r'゙|゙ | | i 乂.    i!、ヽi! i!. ハ   l l\\二二二フ
       /i!   辷. ヤ: : ヤ 〈 ト、 i人小、_.∧  ハ .ハ斗孑l  イ ト、. \\
       /  i!  ,イ| |〉ヤrミx 「 |^'孑'斗千ァゝ\ハノ 斗rァjノ从ルヘ ハ  \二ミ''X___     あなた達……
.  //   /   //.| |\(辻))|. ト、,斗'ラ豸> ::::::::::::: ヤ為>∧ \)) ))       \__」
. //   ./   // //   \乂イ ハ ヘ弋彡タ, :::::::::::::::: 込タr' i! i!(( ((
.  ̄     /  // //    `''/ムハ. ', ´¨`       ,  ¨`/   i! i! 辷ニニ==ュ
       /  //彡゙       //⌒ハ  ', u     ‐   /_  i! i! \ \ 《《_
  ,.-‐X./  //.        (.(.  「Y〉  >'´\ _´_, <´^. : :\乂\. \ \ミニハ
// /  /イ         ).)/ r'゙ X \: :.〉 \(辻)) .〉/ : :\\\. \ ゙'ノノ
/  ./  //.i          辷二ニ====ュ\: : ´ミ彡゙X: :   : :/ 辷,、二ニ====ュ
   /  //|. !         /: :ゝミx‐‐‐-彡゙//: : ∨ : : \   /\ 廴,、-──‐-、ミ)


822 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:21:59 ID:GN1iC3iE

 _L仁二ニ入: :::::/  /     /     i    ヽ、', ',`ーケ(`ー,
 ヽ:::く /,イi!: :/ / /  /   /      i!     !i ! i: : :r‐く`ー、
   \`'/Kし' |// /  /   //      i  从 ト、 | | i: : :!__ ',i!iT ',
   // ハ{::::::::!! /   !,_/_ルィ    iト、_ハハハ  ! ! !:.:::::::::i |i!! 7___
  // / ト-、: ! レ、fTベ! ̄ハ!    ! // リソTーハイ !,': ::::_:::j  i!i!  ヽi!ト   お願いします……私達の兵を……国民を……
  // イ!  |i! う::\ハ、ハ>トヒ㍉_ヽヽ レリ _ヲ=-ル' ルレ':.:.::r'´   i!ト、
. // /i!  |i!く: : : :|ヽトKイ辷ナヒ´ \r'  ヘ辷ナオイ |ィ__ソ              どうか助けて下さい……お願いします……
//  / !  ij! `く_入 ト'o”ヽ`ヽ、ヽ、ヽヽ、ヽ ``' /|  !| |
          | ハ  ハ  `` __ `,.-、    / i! ハ! |
           | i!| |_ゝ、 r'´__. ̄ヽr―‐'―| |!ハ! !
          | !k! |⌒ヽ  ̄r'__  `! j |  | |}ハ !
          ?/! }! i   |i  f.r 、,  `ノノノ  .|! トハ  !
         从イ: i! !  ハヽ `ー!  ヒ^\  |! |  \\
         /r--= 、_ヽ  ノ /´`|トュ_ く `ー'\イL_!‐'  ̄ へ
     _,// \\ー-`7/ || ヽ_入jヽ   ト\_ -=// \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)        ……引き受けた。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l









.


823 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:22:30 ID:GN1iC3iE

~帝国城~

┴┬┴┬┴┬ー|    :::||:::/|:::::|/:|::::::/l\ ::::::: :|:::|    :::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||/:::|:::/:::::::|/./\:\ ::::|:::|    :::||┬┴┬┴┬┴┬ /l\ .┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬ート---‐':||:::: |/::|:::::::|/:::::::::: \l\|:::ト---‐':||┴┬┴┬┴┬:/.:::::|  \::.‐r┴┬┴
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||::./|::: | /l\::::::::::::: : :\|:::|    :::||┬┴┬┴┬‐∧  /\  ∧‐┬┴┬
 ̄:|  ̄ ̄:l´ ̄ ̄|    :::||/:::|:::∧/\l\:::::::: : : : |:::|    :::||┴┬┴┬┴/  ∨ .○. ∨ .∧┴┬┴
_;|___;|_____:ト---‐':||:::: |/::/:::::::::::::\.\:.   |:::ト---‐':||┬┴┬┴‐/  /___:∨ ヘー┴┬
゙┬┴┬┴┬┴::|    :::||: :/V:::::::::::::: : : : \l\ ,|:::|    :::||┴┬┴┬∧ :/工工工工:∨ .∧ー┴
工工フ\ r┴┬::|    :::||/:| :|:::::::::::: :   :: \/ |:::|    :::||┬┴┬‐/  :V /ΤΤΤΤ`∨.::.:゙;:┬‐
ΤΤ∨_い┬┴::ト---‐':||:::|_:|ニニlニニニlニニ|_:l ::ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| :| :|:::::::::::::  .::    | :|:::|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::|    :::||/|_:|ニlニニニlニニニ:|_:| :|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::ト---‐':||::| :|::::::::  :    :  | :l :ト---‐':||┬┴┬::|;_.,:|||о|| |:|;_.,:|┬‐
│囗::||ー1|┬┴::|    :::||::|_:|ニニニlニニニlニニ:|_:|::|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| | :|:::::: :     .::     | :| |    :::||┬┴┬┤  |||lニニニニ|:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::ト---‐':|| |_:|ニニlニニニlニニニ|_:l ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::||:| :|::     ::     .:   | :|:|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
⊥⊥::||ー1|─┴::|    :::||:|_:|ニニニlニニニlニニ|_:l:|    :::||┴─┴┤  |⊥⊥⊥⊥⊥ |:|  ::|┴‐
──┴ー┴──l;,.__,;;;リ':::                 l;,.__,;;;リ───::L,_ノ─────:ヘL,_ノ─‐


824 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:22:53 ID:GN1iC3iE

 //   /   /     ヘ   i   / i   ハ::::::::::ヽ
. /::/  i  i   i       ハ  i i  イ  i   i::::::::::::::ヽ
/:::|  i  i    i       ハ  i i /i   i   i::::::::::::::::ハ
::::::i  ヽ ヽ  .i i     i  リ人7、i イ   ハ::::::::::::::::::}
::::::\  ゝ、>=レヽ    i /ィチ心ハレノ   人::::::::::::::ノ\         ……………………
:::::::::::>、  ハイ佇心ヽ  ノレ  弋少  /  //ソ .〉:::::::::;/  \
:::::::::::{ 人\トハ 弋少 ヽイ       / イ /   /::::::/
\:::::ヘ/ ヽ  `\    `   u /イ |ノ   //
  \:::ヘ  \i`ー<   - -   <人ヽー‐‐--、-、
   \|   i  〟─‐ > - ィ   〃  /  / Y{
   / ハ   .i {〈  /  |ト .} __〃  / /   } |
   /  人  ヽi ヽ |   {|   〃  イi /     i 〉
  / / ヽ   i ゝリ   .|i  〃  / リ/     ノ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  -   -\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/         羽入……
| u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /               皇帝様がお待ちです。
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /        どうぞこちらへ……
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /


825 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:23:28 ID:GN1iC3iE

~皇帝の間~

                                         /| ̄:.:.:.;.
                                         /  .!  .::.:.
                                   __,_,/   |  :.:.:
     _ __ _ _ _ _ _ __ __ _ ____ _ _ __ _, _/:::!: `1      .!  .::.:
    .. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:' .. .: : |:l:':!  |     !  .::.:
    .. .:'::;.: : ::: :;.: :: ::: :;.: : ::.. .:' .. .: : :.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : i`l_|  . !     !  .::.
    ...: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: : .:'::;.: : ::: :;;.: : ::.. .:' .. .: : i`l_|  . !     !  .::.
    .. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:' .. .: : i`l_|  . !     !  .::.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   || || ||   ': :      |:l:':!  |'::,,. .  |  ::.:.
     . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :  || || ||   ': :      i`l_|  . !     !  .::.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   || || ||   ': :      |:l:':!  |'::,,. .  |  ::.:.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   `‐幵.-'   :. ::. :    :::|:|`|  . !;`;::,.. .. .!  .::.:
    ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :;.::|:.|:.. .:'::;.:::.. .:'.     |:|!:|  |':゙;::'、... .. |   .::.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.|l ll|. .:'.. .:': : : : : :: : : :::::l;:|`|  |::; :;;; ;::;'、.!  :.:.
   . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:〈〈鬥〉〉;:;:;:;:;
   . ::.. .:'::;.;;;;;;;;::;;;;;;i\    ;:;: ;:;:;:;:;: ;:::;:;              .::.:.:.:.:.;.;.;.;;;;:.
   ;;;;;;;;;;;;;;;;|\__ _ \冫:;:       .               .::.:.::.:.:.;.;.;.;;;;:.
  ;;;|\.   \i\_ \i\                   :.:.:.;.;.;.;;;;:.:..:.:
   \厂勹,. ,,\i\_ \l\                 ;.;.;;.;.;.;;.;.;.;:.:.:.;.;.;.;;;.
     \l\_`: \|/;:,.;   \|\               :.:.:.:.:.;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;;.;.:.
      \l\;.:   \|\_  \l\              .:.:.;.;.;.;;;.;.;;.;.;.;;.;.;.;.;;
        \.l\___  :\l\__ \l\    .:.:.:.;.;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;::.:.:..::.:.:.;.;.;.;
         \l.\   \|\   \ ;;.;.;.;;.;.;.;.;;::.:.:..::.:.:.;.;.;.;;;;:.
           \ .\_   \:\   \.:.:.:.;.;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;::.:.:..::.:.:.;.;.;.




            ____
          /     \
        /         \
       /     (●) (●)\        …………
       |    (トェェェェェェェェイ) |
       \   \ェェェェェ/ /
       _/⌒ヽ     ィ
      i'⌒゙l |   l       \
      |  |. |   |       ト \
      |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
      |.   ̄ ̄ ̄ |ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ


826 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:23:55 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /      ―   ‐       あんたが皇帝かお……
      /        ( ●)  )
      | u          (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \



      イ    |  | _ノ ││ ヽ _| _   \    1::ヽ
     イ │   / イ´|\   ハ| ヽ \. `  l   │:::::ヽ
   /::|::::|    |  | |= 、\|  \| ゝ=.!\  |     |::::::::::::\         ――皇帝様、状況が状況です。
   ':::: |::::|    | 〃V_ノ:|゙  \  7_ノ::::ハヽ |     | :::::::::::|::::\
   |::::::::>.   V|!iT::::ハ|      |::::::::r| i! ゝ    /_::_:::::::'::::::::::ヽ         仮面を取って頂ければ幸いかと……
   |::::::/ |\ ト、| iゝ_ノ       iゝ ノノ iヒ / ,  /   V:::::::::::::::::::!
   ヽ/   |   `|            `      /イ  /    | \:::::::::::/
.       │   ゝ                / イ      |  ):::/
       ノ    、 ` . ーr‐、- ‐ 、   .. '´         |  ,/
     /      )  `│├┬─ イ、   |       │
      /     /   ││i:|   //L..__|  |      ヽ
.     /     /    ,. イ  ⌒ヽ  //   |  ト .       \
   (      {   ∧「!|       )//    :|  |7∧      )


       ____
     /      \
   /         \         …………
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /


827 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:24:37 ID:GN1iC3iE
        ____     
       /   ______ヽ ペリペリ
     / _,ノ |三⊆ ヽ∩ `
    /   (●)  (●)'、_ \
   |   (トェェェェェェェェイ) \ \
    \   \ェェェェェ/  / ノ


        ____     
       /     \    /⌒ヽ、__ノ|
     / _,ノ   ⌒ \   |/⌒ヽ、_ノ
    /   (●)  (●)  \
   |   (トェェェェェェェェイ)   |     
    \   \ェェェェェ⊂ ヽ∩ `ー
               '、_ \  
                 \ \
                  |\














        ____
       /     \
     / _,ノ  ⌒ \                      お初にお目にかかります。ドマの蒼星石さん、ギコさん、
    /   (●)  (●)  \     (トェェェェェェェェイ)
   |  u     `       |      \ェェェェェ/       幻獣ラムウさん――そしてリターナーのやる夫さん。
    \      ⌒     /   彡
               <´/⌒つ                     私が帝国皇帝、デ・キル夫と申します。
                 ヽ /
               |、_ノ

829 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:27:54 ID:lmusUi9w
仮面wwwwww

828 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:25:18 ID:GN1iC3iE
        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 .イ      私達のことを知っているの?
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ
    i.从"  .   '、_ンイi    .|
   〈i. ヽ、 ,.、  ""./ 'イ   i
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i



         ____
       /     \
     /  ⌒   ⌒\        前線に並び続けた羽入から報告はあらかた入っています。
    /    ( ー)  (ー) \
    | u      ___´___     |    ラムウさんは、何と呼ぶべきかと迷いましたが……
    ヽ、     `ー '´   /



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _」_ハ  /! _ハ_ハ. !-'「              幽々子と呼んでくれればいいわ。
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´        "i |  i  ,:'      i        私には、その名の方がよく馴染んでいる。
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //
 !  ',  く:|      '、ー‐r=/    |::>   i'  i

830 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:28:16 ID:GN1iC3iE

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     色々聞きたいことはあるけど……まずは状況を説明してくるるかお?
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (ー) |    来てみたらいきなりこの有様で、頭がついていかんお。
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \


               ____
           /     \
           /        \         …………
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|










          /         /:.:.:.:.:.:>= 77''= ュ,,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`''ヘ
         ,'      ,  /:.:.> '´ハ: :ト,l: : i:/ l: :`}'{= ‐- = ;,;:ヘ
         {     ,' /<:.ハ: :}:l_,,W,,リl:l''iヽ}i: :i八: ト; : : : :}`lヘ
           / ,.'   ,'  ゙<、_ハ:,'レ{`:::::::uヽヽル'リ j:,',,}l: : : :ハ:}:.リ
        { ,'     i   ノ:.:.:.ヽl 弋z.ツ  ゙ '  斗ヘリ: : :.ノ i!/     ――皇帝様は心を入れ替えた。
        | ,'     { /:.:.:.:.:.ノ:l    ̄`     弋リ/レ':リ'':.:.,'/
        /     |':.:.:.:.:./l: :.l         ヽ` ハ: ,':.:.:.:.:〉      もう、戦うつもりはない。
          /      .|:.:.:/: : l: :.l     _  '  ノ: リ:.:.:.:.:|'
       /      ',:.:{:.:ヘ: :l: :仆、   `‐- '  /: ノ:.:.:.:ヽ|
        {       ヘ:.l:.:.:.ヘ.l: :l   ヘ、    /:,, ィ´__; -r '
       l   z_    ゝ-、:.:ヽl     l>イ-彡 ''´   {
         ヽ、 ヽ`'' 、  .ハ:.:.:ハ.  /:.:.y '´_ - '''_   - ' 、
       r'⌒` ‐ ‐- 、` 、 .}:.:.:.:ヘ,/:.:.:.:/ , y - ''      ヽ
      /      ‐ -  >-+‐‐‐‐‐‐-t_''              ハ
.     ,'       ,, 'r':{:.:.:.:.|L..::::::::::::::||:::`> ,,           ハ
     l      , '  ,|:.ゝ、:.|L====;;;::j.|:::::::::::::}            l
     |            レ'´ ̄l ̄ ̄ ''''''i' ` = -'          |


831 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:30:10 ID:GN1iC3iE

         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´       あなたは……
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11   ,    」いシ.l/::l:/.::::/
         |.:ト、     u /:::.:,.::,:::/
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
            V/::::/_fシ′       ',    \



    /            ,'         / i ハ`
  . ,'             i       l l l /l| lハ、」ヽ
  .,'              l      l l / ‐--< !
  .i              l       l/., -代!゙  !ー          真紅が開いた封魔壁から出てきたと思われる幻獣達……
   l              l       lヽ、._ ヌ」  丶、_
   ',                l     l l    ̄      /!     彼らは帝国に捕えられた仲間たちを解放しようとやってきた。
    ',          i l     l l         イ
    i             l . l     l l  ι    __,.ィ f
 ..  l          l  l     l l     /_.. -' l
    l          l  l.     l. l       '´ i
 .  l l            l   l    l. l- ...____ノ
   //           l    l     l |  / !
  /./ノ         l     l     l l /  l



       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |       だが、仲間達がもはや亡き者となっていることを知ると
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |       その怒りで町を破壊して去っていった……
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ :::::: ソ,.イ7 ソ   ソ           わっちらの想像を遥かに上回る、凄まじい力で……
     |'´~_,. -‐'l"::::::::: lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |  u     ,. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /


832 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:31:27 ID:GN1iC3iE
           ____
         /     \
       /        \      セイバーや伍助――帝国兵たちは町を守るために決死の想いで戦いました。
      /  \    /  \
     | u   (●)   (●)   |     私も、あの時までは刀を抜き、帝国に攻め込む幻獣達を迎え撃ちましたが……
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \


          ____    ,
        /     \   -
       ‐   ─     \ `          あの時?
       (  ( ●)     \
      (人__)       u  |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \        聞こえたのです。仲間を殺された幻獣達の、怒りと悲しみに満ちた咆哮が……
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |     それを聴いた時……ようやく目が覚めました。
  \      ⌒   /


833 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:32:14 ID:GN1iC3iE
         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\        思えば私は、帝国を守るために数々の非道を貫いて来ました。
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     フィガロへの経済的攻撃、ドマ侵攻、コーリンゲン空襲、
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \        そして幻獣界侵略……すべては帝国を守るために。
 /\ ヽ          ヽ


           ____
         /     \
       /        \      そのためならば、相手方がどうなろうと知ったことではない、
      /  \    /  \
     | u   (●)   (●)   |     そう割り切っていました。ですが……幻獣達の力と想いを
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \     その目の当たりにした時、ようやく自分の過ちに気付いたのです。



               ∧ ∧
               (゚Д゚,,)       あ……?
                  (|  |)
              ~|   |
                し`J


834 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:33:18 ID:GN1iC3iE
               ____
           /     \
           /        \         今まで自分が何をしてきたか、今さらながらに痛感したのです。
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |     とても許されるものではない、心よりそう思いました。
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ         もはや……剣を抜いて戦うことなど出来ません。
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:<i    |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.:.:.>' ´./:.:/  \  ノ:.:.:./:i:.:.::.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:.ト- '´  / <__   {:.:.:/:.:.}:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:..ハ:.:i!   禾=、  _ ヽ ::::::/:.::/:.:./:.:.:/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:トゝ   Ⅶ..:::.≧=チ :::::/./:.::/:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|\   ゞt;;;jiリ ハ ::::K:.:.:.:./;'´          ……………………
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  ヽ   辷ノ ノ    \:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ̄ `         \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |              ノ
\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  ι          イ
ヾ:.\:.:.:.:.:.::.ハ         _ , /::.:|
 \:.:.:.:.:.:.::.:ハ           ノ:.:ハ:i|
ヽ  \:.:.:.:.::.:.ハ        イ:.:.:.::ハ.|
    |\:.:.::.:.∧、. _ _ / |:.:.:./  リ
\..  |  \:.:.:.:.ハ       |:.:/
   ̄\i}\ \:.:..ハ       i/
\   \/∧ゝ\:.ゝ




       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \       幻獣達の怒りは当然です。もしかしたら帝国のみならず、
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |    すべての人間を怨んでいるかもしれない。全ては私の招いたことなのに……
  \      ⌒   /


835 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:34:05 ID:GN1iC3iE

  .  , '    /     /          i. \
    /            ,'         / i ハ`
  . ,'             i       l l l /l| lハ、」ヽ
  .,'              l      l l / ‐--< !          ――わっちはこう考えておる。このまま幻獣達の怒りが
  .i              l       l/., -代!゙ ::::!ー
   l              l       lヽ、._ ヌ」 :::::丶、_    人間達に向けば、多くの罪なき人々が……
   ',                l     l l    ̄      /!
    ',          i l     l l          イ     あるいは、世界が滅びるやもしれぬ。
    i             l . l     l l  ι    __,.ィ f
 ..  l          l  l     l l     /_.. -' l
    l          l  l.     l. l       '´ i
 .  l l            l   l    l. l- ...____ノ
   //           l    l     l |  / !
  /./ノ         l     l     l l /  l
   /          l   / l    ノ、.!/  l



        ノ   /         __       ヘ  ヘ
.      /  ィ´  ,, ー= ´  ̄      ̄ ≧ー ミ. ヘ、 ヘ
      /   レ ´  ,>ー ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ー =<  ミ|   ヘ
      V   | ィ ´           l!        `>}    〉
      \  「     :  :     ,ハ          |  ノ     人はその手に余る力を手にしてはならない……
       \|   i  ! l!    ! |  | ノ !   ! ; :!   | /
           | ;  ',i ⅣヘXj l V! l!  }' ! ル! メ }/l ,′ l!           わっちらがやってきたことというのは、まさにその禁忌を
           | i   ハヘ!ニ==ー千l!'ヽ /7ニ==ー< }   | l
        j ',   } ィ'弋ニク_` ::::::::::: ´弋ニり_^ |:  | ',       犯すものであったと今さらに気がついた。
        ,′|  .ハ ^ ̄         ̄ ^  八  L ',
       ムー |   人 u       !        人   l `ヽ、       自分でも、つくづく愚かだと思わずにはいられぬ……
      /三三|    \           , イ    |三三ヘ
      /三三=ヘ  r = 二二  ^⌒^ 二 =+   |:三三ニヘ
      ,′三三ニ:ヘ | l!  l    ̄ ̄ ̄ l ! l! |   メ三三三llヘ
      ,′三三:r ='| l   !  l!  l   : l  i :|  /三三三三∧



        ____
       /    \
.    /          \       (何を……今さら……)
.  /    _ノ   ヽ_ \
  | u   (ー)  (ー)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


836 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:34:49 ID:GN1iC3iE
            ____
           /     \
          /  \   /\          ……ともかく私は、あなた達と話がしたい。
        /   (●)  (●) \
      |  u        ´     |      主にこれからどうするか――私が今まで積み重ねてきた
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \       罪深さと過ちも充分に加味し、その道を考えたいのです。
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


       ____
..     /      \
    /  ─    ─ \       今夜、共に食事をしながらそれを話し合いたいのです。
  /   (●)  (●) \
  | u      '      |     ……この申し出、受けて下さいますか?
  \      ⌒    /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                  ∧ ∧
                   (,,゚Д゚)      …………
                 /  |
               ~(__UU


837 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:35:19 ID:GN1iC3iE

       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|      ――受けましょう。
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|


          ____    ,
        /      \   -
       ─   ─    \ `        蒼星石?
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



   ',:::::.:.   ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   ',::::::,  ".:i.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.:./:|i::::::::::::::l::i:.:.:.',
    V:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.l.::::::::;::::/ ハ:l:::::::::::.:|::|::.:.:.!
    !:.:.:.:.:.:.:.|::::i::::::::|.:::::/.://  i:l::::::::::: |::!:::::::!
    !::::::::::::::|:i::l::::::::|:フナナ'ー l:トヽく::::l::l:::ハ:|    あなたとは、一度お話がしたいと思っておりました。
    ヽ:::::::::::|:l::l::::::::レzr==ミ リ rzトV/l/
     ヽ:::::::::|:|::ト、:::::l ヽトーイソ    ヒ1:::| ′       この機はまたとない機会となるでしょう。
      ヽ:::::|:|::l:::',::::',   ̄     ,' !:::|
       \ト、:ト、:';::::',.      _ _ /::::|        仲間達がどう答えるかはわかりませんが、私は……
         ヽヽ::ト:;::::L_     ,..イ::::::::/
          ,r一ヽヽ::::|  ``7´ヽ:/1::/
        ノ     \:::|ー‐介ヽ  l/
    _∠二ニヽ、.   ':;|  /:ハト、\
    厂 , '⌒ヽX、_   /:/i i::ト、 \
    / /.:.::::::::.:.ヽX_}、 l:/ i i:! l   fヘ


838 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:35:56 ID:GN1iC3iE

             ∧ ∧
            (,, ゚Д゚)       おめーが行くなら俺達も行くに決まってんだろゴルァ。
             |つ .|)
           ~(_)__つ


           ____
         /       \
        /      ―   ‐         当たり前だお。それにやる夫だって、
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     こいつらに言いたいことは腐るほどあるんだお。
      \           `_⌒
      /           \



           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V        二人とも……
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7


839 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:36:19 ID:GN1iC3iE

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \    ……感謝します。それでは係付けの者に夕食を作らせましょう。
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_) u  |   準備が整い次第、すぐにでも会食を開こうと思います。
     \  、__',_,    __,/
     /         \


     ____
   /      \
  /  ─    ─\      少々時間を頂きますが、その間は城で自由におくつろぎください。
/    (●)  (●) \
| u      ___'___    |     今この城は、あなた達を無条件に迎え入れます。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /


          ____
        /      \
       ─   ─    \       ……わかったお。
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `









.


840 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:37:39 ID:GN1iC3iE

  __     | :::| :|:::|| |      /...:::| .:| ./: //:| |::::| |   |  / :|   \ `|      |
 l⌒l゙l  .:| :::|.i┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__| .∧ ./\   /` |    .|
 |  |:|   ::| :::|:|┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|    |/ ∨:/:::.\/  |_,,,... -‐:| ̄ ̄
 |  |:|   ::| :::|:|  ______________   |   /  /::/::: . :....\ .|      |
 |  |:|   ::| :::|:| ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... /`\|   | /::/ ー‐──\|      |
 |ェェ|:|   ::| :::|:l_//| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ | ̄冂 ̄ ̄\/:|   |./::/ . . : : : :::::::::::::|      |
 ` ̄  .:::| :::|    .|エエエエエエエエエエエエエエエl:..  |  :::|   Т´   . : : : ::::::::|      |
______;;| :::| 「 「 |─────────、.|:::  |  .::|   |       . : : : |___|__
_____| :::|    :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |\/./\[二二:l二二]             |  .......:::}:::::::::::
      :| :::|    :|      n ∩ |   | ..:| /:/::: |   |   |            | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
  _.   .:| :::| 「 「 |        Ll . |   | :::| | |::::: |   |   |            |      |
 l⌒l゙l  .:| :::|    :|            |   | :| | |::::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|    :|      n ∩ |   |. | L|;;::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|г .「:|:    └ . Ll :|   | :|   `.|''‐- ..l____;|            |      |
 |  |:|   ::| :::| L   |            |   |. |    |   |   |            |      |
 |ェェ|:|   ::| :::|    :|::.. ~゛'' ‐- ...,,_.:|   |: |:\.  |   |   |            |~゛'‐- ,::|__
 ` ̄  .:::| :::|    .|         \.:|: |、  \ |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                ̄ \   |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                     \|   |   |            |      |
      ..:::::| :::|  ./〕                     〔\  .|   |            |      |
──── |____|/./                       \.\l____:|            |      |
____〔___;;|/                        \:|__〕──────:|      |





          ,':::::::::::::;;i   ..:i  .:::i.i   i::: ::i:: ',::. ',:::. ';::::::::::',
         i::::::::;ri'´ i  :::i :::::::i i   i:::..:::i i i i:. .i::.:.ヽヾ::::::i
         i::::::/ |  i::.i ::::i ::::::i .',  :::::ソ i,ノ i:: i::::::i ゝi::/
         ヾソ .i  iソ/ :::l',ソ::心、.:;イ  ィ心.i:: i::::..i  ´
               l  ソ  ', ::ゝ:::::::::i ∨  l::::::リ ! イ i::::i        ――皆さん。
            .l   \ .ヾ、込;;メ    .込メ iノ..::i.ソ
            //i  __ ゝ、 ヽヽ、,, r --,-、r、ノ_ノイ
         ゝ、_ノ /  i\i: :ソ`ヽ,>,'.. .. : : .ヾ:.ヽiヘソi i
    ヽ、___,,ムイ  i,イ\  r:ii´,rヘ_: : :: : : : : :i i i i
        /  : ,r: : r'´`ヾi / ' .ヘノ: : : : :. :.:.ノi .lヾiゝ、
       / / /::.::.:: 〉.. .. .i'´   ii ヘ``iーr-'イ i::i リヾ,リゞ`=-'
       i./ / i:. :.:., .i,r'/     ,、ヘ:::|二三ニi:::i ii iリヾi
       i  .ii ii:. /:..i r'       ii ヘ:!:::::i:_:i::::i::l ii  ! .ソ
          ! .iゞi::.::.i / ハ       ii   i;イ:i:::iヾiリ   iリ
        ゝ,i  ゞ、/  i         .i::i:: :: i::::ii ii /i


841 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:38:03 ID:GN1iC3iE
          ____    ,
        /     \   -
       ‐   ─     \ `      羽入?
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



      イ    |  | _ノ ││ ヽ _| _   \    1::ヽ
     イ │   / イ´|\   ハ| ヽ \. `  l   │:::::ヽ
   /::|::::|    |  | |= 、\|  \| ゝ=.!\  |     |::::::::::::\
   ':::: |::::|    | 〃V_ノ:|゙  \  7_ノ::::ハヽ |     | :::::::::::|::::\       皇帝様は和平をお望みです。ですが兵士の中には、
   |::::::::>.   V|!iT::::ハ|      |::::::::r| i! ゝ    /_::_:::::::'::::::::::ヽ
   |::::::/ |\ ト、| iゝ_ノ       iゝ ノノ iヒ / ,  /   V:::::::::::::::::::!   それを快く思っていない者もいます。
   ヽ/   |   `|            `      /イ  /    | \:::::::::::/
.       │   ゝ                / イ      |  ):::/      ですからこの暇に城内を回って一度、出来るだけ
       ノ    、 ` . ーr‐、- ‐ 、   .. '´         |  ,/
     /      )  `│├┬─ イ、   |       │         多くの兵士と言葉を交わしてもらえませんか?
      /     /   ││i:|   //L..__|  |      ヽ
.     /     /    ,. イ  ⌒ヽ  //   |  ト .       \
   (      {   ∧「!|       )//    :|  |7∧      )



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)     ……………………
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/             それは、やる夫達にしか出来ないことなのかお?
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


842 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:38:33 ID:GN1iC3iE

            ,. -‐ 、‐--、 -- ─ 、‐ -、
           _ ,..-‐|   ヾ  ヽ    ヽ  ヽ.
        ,.'/ , |     |、   Y     ト,、  l
      // .::/  | |  ゝト_--- |-  ハ |三\!         正直、ボク達では難しい話だと思います。
      イ ::/   j,.∧  ィ r:::ヾ|ヘ  |Y三三ヽ
       l ::|  | イ|!r::i \ | ト _rO |! ,' ,ノ三三: )        兵士たちを率先して戦場に導いてきたボク達が
       ゞ.::|  | cハ7   ` ` ´ //人! 三三::/    ヽ
        `Yゝル/////////// /jィ :::: )三::/ヽ   l !    心変わりを促しても受け入れがたい者は多いでしょう。
         |三ゞ小ゝ    _   '´ | \.,'三.イヽ :: \ _,ノ:!
         |三// /ゝ、 ´ _/ニz..∨  j/ヽ::::: \:: ゝ,.′
           ゞミ\'  l `:フl´   ヽ\ ヾ:::: \::: \:::: ヽ.
          /`'`   i|:::/ |    ∨ヽ__..-r::::\::: ` 、 ゙ヽ
            / /| /  jレ'  /ヽ.  ,.-‐ '´: : : :..:|\:::::\:::::ヽ  l
         / / l′ レ′ /   V: : : : : : : : __:| ::::ハ::::::: ヾ::|  l
          / / l   /   {i|   /: : : : ,、: : : L...| ::::| |::::::  ハ リ
       / /  ,′ '     |   <: : : < ィ : : :. : :| ::::| | :::::::::i V


           ____
         /       \
        /      ―   ‐     お前自身はどうなんだお?
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     ――もう、戦うつもりはないのかお?
      \           `_⌒
      /           \



   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''       ……………………
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `    ノイ彡/   /::;;/i、              無いです。皇帝様に戦意がない限りは。
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }


843 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:39:24 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \
  /         \     お前、この期に及んで嘘をつくつもりはねーんだな……
/           \
|     \   ,_   |    それってつまり、仮に皇帝が手の平返したらお前も容赦なく……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   ヽ   i    \    ',   .i  ,i ハ   .l     .l     i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
  _l\ __ヽ\  \   ',  ,  j / } .∧  ,,, l     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  ̄ | ̄\= \=ヽ、 、\    ,  ,/__─l‐/=l ̄ /     .l..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    i/_,三=ーミ、\ j ヽ j  , ,/,V_xイ l/Zミy,  / /     j.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
\ 〈 / /し_ノ:::__ヽ`ヽ `  ノ/  ./イ/' __ノ"_ `l_、\l /     /.i.:.:.:.:.:.:.:/       嘘は誠意の真逆です。
   | V lノ l:o:::j::::l    / /  .l`"l:゚:::::jヽl 〉/ /     / ./:.:.:.:.:.:/
   `、 弌, 辷' ソ    `'    弋`辷-' ノ '"./     / ./:.:.:.:.:V         今のボクはあなた達に頼みごとをする立場、
    `、  ̄ ̄´            ̄ ̄´  /    / ./.::.:.:/
丶、_  \\.        i         ,/    _/  ,'.:.:/           ですから嘘はつきません。
\ . 丶、_ニ-       , - 、    ι ー─'' 7 ''''"  /.:/
.  \  ゝ .        ー ‐'        ,_イ'"   y' ''i" .|            嫌な気分にさせるかもしれませんが……
   .`、  |`l`ヽ、_            ,_イ´/´   /|    .|
    ∧ l | __,-|.>, _      _., -<,, l/   /  l    |
   /  `、l レ /.:.|    `' - ''"    j.:〉ハ /  i  l    ハ
  ./    /  {.:.:.:\        /.:.:j ,i /   i   l    ヘ



     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',       変わらないわね、羽入。
  r'、_,' iイノ',""  σ  "ノリ 'i,
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>      あなたのそういう所、私は嫌いじゃないけど……
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>
 .:: ::  ,kー,'    〈k   ',´
 ::: ::: く//   y〉γ⌒ ',
  ::...::  ,<_、__、_〈k ゝ,__,イ〉,
     `ー,ー,~~,ー,~´
       ー´   ー'´


844 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:39:47 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
       ‐   ─     \       ……わかったお。出来る限りやってみるお。
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /          ……頼みました。
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /        会食の席はあと20分もあれば整うでしょう。
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ            それまで、お願いしますよ。
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /









.


845 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:40:57 ID:GN1iC3iE
            _
       (::::::::)//\
        (::::ノ,>―(_`)ー‐ァ┐      ~ルール説明~
         〈:( /  /  L上ニ-'         これから安価でやる夫達の行動を決めます。
        }{└'ヽイ__i__| ̄,  |            
       /Yl:,、 !  ー 〉, /、ノ |          ①帝国城巡り
       { ノ、・━、_/_ノー'i| l                 なるべく多くの兵士と話をしましょう。
       |ゝ_)'ノヽ</_ノ.冫. | ハ            兵士は羽入、真紅、セイバー、伍助の部屋に向かう道中にいます。
      Γ~ 〉ヘ ノy´l/ r`ヽ  ヽ、             ヒント:帝国兵からの信頼度の高いキャラの部屋に向かう道中ほど
        〈   ,イ ||  ||/    〉   ハ                たくさんの兵士に会えます。ご自由に推測して下さい。
        `ー' Y||  ||\_/     |
          ├!---!!、_|  |   ! |        ②会食での回答
          人_ ::::::::::: |  |  ∧ ノ,            皇帝できる夫からいくつか質問があります。
         /:::::::::::::::::/ ` j /_,θ./          回答を提示するのでその中から一つ選んで下さい。
          |:::::、::::::Yヽ , イ∧  _∨           いろいろあった相手との会談ですが、和平会談と銘打つ以上は
          |:::::::Υ::`ー':::::|'_,θ /               あくまで失礼のないよう振舞うように努めましょう。
          |:::::::::|:::::/\:::ハ ∨              礼節に欠いた返答や行動は減点対象となります。
          |:::::::::|:::::\/::::::',
          |:::::::::|:::::::::::::::::::::l           ③点数のつけ方は?
          |:::::::::|:::::::/ヽ:::::|               城巡りで多くの兵士と話せば話すほど高得点です。
          〈:::┌‐j:::::::ヽ/:::::::〉                 また、会食の席で良い態度と姿勢を示すほど高得点です。
         ヽ└〈::::::::┌‐┐:::i             加点方法は原作と全く同じです。原作を知っている人は、
          \::∨7└‐┘::ノ               高得点が取りたいと思ったら原作どおりにやれば間違いありません。
           Γ.Υ‐―‐r'´
           ノ / `Τ Τ               会食終了後、>>1から読者様へ贈り物を用意しています。
         (_ノ __ノ   l                   高得点であればあるほど、贈り物の旨味は上がると思います。
              ̄(__ ノ

846 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:43:30 ID:GN1iC3iE

┏━┳━┳━┳━┳━┳━━━┳━━━┳━━━━━┳━┓
┃      ┃    ①                                    ┃
┃  ┃  ┃  ┣  ╋━┓  ┣━┓  ┣━━━╋━┓  ┗━┫
┃  ┃      ┃      ┃      ┃              ┃      ┃
┃  ┣━┳━┛  ┗━╋━┛  ┣━┫  ┏━╋━╋━┓  ┃
┃  ┃  ┃          ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃    ~移動の決まり~
┃  ┃      ┏━┓  ┗━┓  ┃  ┣━┫  ┗━┫  ┃  ┃      ①1マス動くのにに15秒かかります。
┃  ┃  ┃  ┃          ┃  ┃    ③        ┃  ┃  ┃        つまり与えられた歩数は80マスです。
┣━┫  ┃  ┗━╋  ┓          ┣━╋━┓  ┣  ┫  ┃        部屋で話をしている時間は数えません。
┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃  ┗━╋━┻━┛  ┃          ┃  ┃  ┃  ┃      ②『━』や『┃』で区切られている所は
┃  ┃  ┃      ┃          ┃  ┃  ┣━┫        ④┃        通れません。ちゃんと順番を計算すれば、
┃  ┃  ┃  ┏━┫  ┏━┳━╋━┫      ┗━┻  ┓  ┃        部屋を4つとも回るルートはあるはずです。
┃②    ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃          ┃  ┃
┃  ┗━┫  ┃  ┃  ┃  ┗  ╋  ┻━┛  ┏━━━┛  ┃      ③目安として申し上げると、☆⇒★の距離は
┃      ┃  ┃  ┃  ┃      ┃          ┃          ┃        4マス、つまり1分かかります。
┣━━  ┃  ┃  ┃  ┃  ┏━╋━┳━┓  ┗  ┳  ┳━┫        1マスが正方形じゃなく縦長なのに注意。
┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃★┃              ┃      ┃
┣  ┳━┫  ┣  ┫  ┗  ┛  ┃  ┣  ┫  ┏━┫  ┣━┫
┃          ┃        ☆        ┃  ┃      ┃      ┃                          現在地⇒☆
┗━┻━┻━┻━┻━━━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛



         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \             さて、まずは誰の部屋に向かおうかお?
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /          ①羽入の部屋      ②真紅の部屋
    (⌒      /     /     /              ③セイバーの部屋   ④伍助の部屋
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)                            >>848
    |   ヽ_ノ    |


847 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:44:04 ID:Cc025rIs


848 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:44:20 ID:Cc025rIs


849 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:45:15 ID:G4T3sKcM
3

851 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:45:36 ID:k.kCkE6Q
2

854 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:46:59 ID:lmusUi9w
4312でいけるのか

858 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:49:35 ID:G4T3sKcM
2134でもいけたかな

861 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:50:42 ID:N5rueCs2
4123とか変なルートでなければいけそうだな

850 :この部屋に向かうまでにいた兵士の数:4人  ◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:45:32 ID:GN1iC3iE

~宇田川伍助の部屋~

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//




  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ          まさかこの機に客人が訪れるとはな……
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ         すまぬな、何も用意してはおらんかったが、
      !:::、      / l|.:.:ヽ、
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\       お茶ぐらいは淹れさせてもらおう。
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:
.:.:.:.:.ヽ、./.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.//r-、.:.:.:r―--、_.:.:.:;-"".:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.://    ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'"、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.://___  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:く 、: : : : :!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:ヽ: : : : :!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

852 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:45:58 ID:GN1iC3iE

         _____.,.へ
    _,.-‐''''"´ / @ \_
  ,.'"  r___,.rニ'ー'´ ̄`ヽ!ヽ、
  !_,.rソ´ i ____イ   `i ,`'ート、_
 r' i,イ /  ハ__/_、ハ  /__ハ  ',7」       ご丁寧にどうも。
  Y´ /!/レイ     レ'!,ィ、 !/|ハソ
  ,'  ,'  | " ̄`    -、!ハ Y´       ありがたく頂戴するわ。
. /   / i ハ   ____` "i ハ!  
く  イ ./ | |>、  ` ´  人 ハ    
ノ^ー'!/,イ-ハト、.!`=ーr<´!.ハヽ!  (  )
^Y ,イ^ヽ、ゝ  \「7/`ヽ!Vヽ!
 レ'ソ    Lヽ、  〈ハ〉  〉、  ( )
 「`ー'^ー'^7 `ヽ/§ヽ!_ ( )
.イ`ー--‐イ、_,.-r!、 .「 ̄ ̄|_>、
7ヽr、__r'"´ / //´ ̄二'):::|、ヽ! 
i   イ   |  | |  _二ソ:::ノ l | |


           ____
         /       \
        /   ─     ―       ――あんた嫁さんがいるそうだけど
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |     その嫁さんはこの部屋には暮らしてねーのかお?
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::          む……なぜそれを?
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、     __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、

853 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:46:43 ID:GN1iC3iE
       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)         バかさ――つかさから聞いたんだお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     お前がツェンの柊神社で絵馬書いてる時に居合わせた機会に……
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ         妻は病弱でな。金属臭の強いここではなく
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ         緑の多い実家の方で暮らしているよ。週に3度会いに行く。
      !:::、      / l|.:.:ヽ、
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..              それにしても、恥ずかしい所を見られてしまったな。
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:             帝国士官ともあろう者が、神頼みなどと……
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:
.:.:.:.:.ヽ、./.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.//r-、.:.:.:r―--、_.:.:.:;-"".:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.://    ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'"、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.://___  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:く 、: : : : :!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


         __  ______
        , '  /\     `ヽ、
      ,.'' ゝ / @ \   ノ  `ヽ
      、' /⌒y'へ-'⌒i' ̄ヽ_,.へ__l
      とヘ-,─'´ ̄`ー--^ー---、_フ      真面目な方なのね、あなた。
      i ィ  / .ハ /!,!_t!、ハ │ i
      .イ i iイ.ヽノ レ´ ,. - 、ゝ,イ |  |      その真摯な信心深さが、羽入の力の源にもなっているのでしょう。
.      レ ヘ i,,'´`    ,,,, ン ! |  ゝ、
       i 从  ヽフ   ハ.イ. |、ノイ
.       ハ |ノ>.、.,,_   イゝ ハ . iヽ-´
        `ゝ、i_.r'` -r' ヽ、iノレ´
          / ゝ[><]/!/^'ヽ
         「=(  §  },=∞{
        く  !__§___〈  . '>

855 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:48:04 ID:GN1iC3iE

             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::          羽入様?
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、   u __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、


                __
               / ,rヘ  `丶、
           r‐yl、/@ハ    ヽ
            レ^ヽ、ニ二ヽ、ヘ_,..、  ト、     ああいえ、与太話よ。
           l ヽ ト、l、 ヽ,、-ィ-、ー'  )
            ', ノ┝ )')ノ━ァ l i `iー〈      気にしないで。
            ),rt ,>‐-、ァ/ ,ト、l l_∠
            /(,_ノレl`i,rく、ノ ト-'
         ,.ィ"/ / | |リ ノヾ、`ヽ,J
       ,. ィ'" メ._ / | |ノ  リj! ノ
      |   /  /' ̄T.|_ノ,ッrく
      ',/   /    | !T'''^V ,!



          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、      ――恥じることはないと思うわ。先の見えぬ未来を案じて
     ';:7´ /! / 7'__」_/レ'i  ,ハ__ /!   Y7
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ |_/`i  i i'         祈ることが恥なら、人に夢を見る資格はないと私は思う。
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(
    ,'   / '|         ,  !_リ ノ/'レi´         その想いが生み出す力こそが国を支えていることに、
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i              あなたはもっと自信を持っていいと思うわ。
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」  ,. '"´  ̄`ヽ.
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.    //´ ̄ヽ.   ',
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐ /´     ノ   i
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi      /    /
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」    /    ,'
       Y ̄  ___,.ゝ、., __,{;._,..イ i    ,:'      i
      |`'くr'i´ ̄    ヽ.ーi::::::7:::::;'  |7  /       i
       ':;:::::`',       \:::/:::::/  !   i         .!
       i:::::::::':,      rァ'Y´r'-、 |  ':,       ノ
      く:::::::::::::':,    /7´`ヽ7  Y」>   `' ー--‐'"


856 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:48:48 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
       ‐   ─     \             幽々子……?
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _」_ハ  /! _ハ_ハ. !-'「             病弱なお嫁さん、か……その彼女の病が少しでも健やかな
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´        "i |  i  ,:'      i       暮らしを営めるよう、その若さで戦い、お金を稼ぎ、
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´            国を良くしていくことに尽力する。立派だと思うわ。
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.         私があなたのお嫁さんなら、自慢せずにはいられない素敵な人。
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //
 !  ',  く:|      '、ー‐r=/    |::>   i'  i
 '、__ノ  /:|   _____Y}{, /____  !',   ノ 〈〉
     /:::!ァ〈´  Yi {}iY  `〉-ノ:::',  ,'
     ,'::::/ ヽiヽ、!り' }{`!_i_'ノ_/ハ:::::i :
     !::Y     ̄  {}       ';::::|
     レ'i       ,}{      ハ/
 ......::::::::::::`'' ー--‐ ''´ `"' ー-‐ ''´::::::::::.....
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



./:/!   ヾ  ヾ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ--、::::::::::::::::.....
'"  i      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::i /  ヽ::::::::::::::...........
   !r----‐'"ヽ `;i `ヽ:::::::::::::::::::|´`  ノ:::::::::::::::::::::........
   i!ヾ,.....''"⌒  .リ   ヾー':::::::|` `-';;;::::::::::::::::::.......       ……………………
   |::ハ`  ,,=''"/     ヾ::::::::::',    ミ:::::::::::::::::::....
   レ `ヽ'i;;ヽ/ .〃〃   ヽ::::::::i    ミ:::::::::::::::::::..
      ! `'         ヽ::::i    ヽ:::::::::::::::::.....         志乃……
      ノ:::..         ι   ヽ:i    / ̄ ̄.:.:.:.:....
     ヽ、..           リ   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
       ヽ             /.:.:.:.::..:.:.:.:.:.:.:.::.:......
         \ ,__        , /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
          ``、     /i'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
            ` 、 ._/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::...


857 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:49:26 ID:GN1iC3iE

          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」_/レ'i  ,ハ__ /!   Y7    大事にしてあげなさいな、かけがえのない人を。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ |_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(      親も、恋人も、弟子も師匠も、失ったあとでは何もしてあげられない。
    ,'   / '|         ,  !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ       後で後悔しないためにも、今を全力で、ね……
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             |   |  |         ,   ハ_,.ハ__」   , '´    `ヽ.
             !  i .!  !、    r‐-、    | | |     ,'        i
             `ヽレヘ.  |7>.、  `  '  , イ !  |     !           |
                  \!_,ン|` ーrァi´\ハ__」      、       !
              `ヽ,. イ ./::/ ヽ,_,/ |::::`'::.、_        ヽ.     ,'
                /   !/:::::!}>r<] |::::::::::/ `ヽ.       ノ`   , '
              ./   ;'::::::`く_八__〉':::::::::/     ',_,.. -‐ '"    /
              ,〈   !::::::::::::y'::::::::::─:::|     〉、_,,..  ''"´
              `/ヽコ´!::::::::::::|:o::::::::、9:::ト、  _,r'ン、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       …………
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \

859 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:49:58 ID:GN1iC3iE

        , ヘ─-  、
     ,.  ´/r==z\   `丶、
    / ___/_{{ ='_,._ノ\   __ ヘ
  _ノ升!    >r- 一'く´  / ー 、      ――このお茶おいしいわね。
  ド 、__ ,>´:!:::`ー─ '´:Yく_,./
   |   ! __」Lメ、 升─-::| ! |         初めて飲む味だわ。
   i´::.:ド 、|-  Yナ ` !:: | !  ,
   〈:: !::|リ ==   ===j:: :| i  ハ
   |ゝ::⊂⊃ ′ ⊂⊃: !    i
   |ノ`:: :>- ワ__,. くヘ::.ハ___ノ
    Ⅳ:: :: (!三r_!:::::Yzi ::iリ人!リ
     \::ヘーとj   j i!ノ
       ,ヒ -‐\__,<Z!
      (__(_____(つ



             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::      うちの実家は茶畑を営んでましてな。
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|     それに俺の妻が薬味を加えたものだ。
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ        お口に合えば幸いだが……
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、     __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、



           ,.へ.,._____
       _/ @ \ `゛''''‐-、_
     /!,ュ'´ ̄`'ー'ニュ.,___ュ  ゛`、
    _,イー'´  i´   ト____ i  `ゝュ.,_ !
    LV ,ヘ__ヘ lヘハ__ハ  ヘ ト、i `ゝ        ええ、とってもおいしいわ。優しくて、心が洗われる心地。
    ゝ'Nヘ! 、y、.N `    トNヘハ `Y
      `Y ヘi,.‐   ´ ̄` .|  `、  `、       そして淹れたあなたの温かみが、
       !ハ !゛ ´____    ハ i ヘ   ヘ
       !ハ 人  ` ´   , <| | .ヘ ト   >       この丁度良いお茶の温度に如実に表れている。
(  )  !/ハ.i`>r-= ´i. ,イハ-`トヘ!ー .ハ
      !ハ/l/´ ヘV|]/   く、 /`ト、Y^
  ( )   ,〈  .〈ハ〉  /」      ハ.N
     ( ) _i/§V´ .ヽ`^`ー^'ー´~l
     .,<_| ̄ ̄~l  ,トi-.、_,`ト、‐--ー´.ト
      !/|:::(`二 ̄`NN ヘ `゛`ュ__,ュ ハ
    | | l.|:::ヘ'.二_  | |  .|   `ト   !

860 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:50:35 ID:GN1iC3iE

        _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
     ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
   ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
    i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
   ';:7´ /! / 7'__」_/レ'i  ,ハ__ /!   Y7       ……人も悪人ばかりではない。
   r'ソ ノ ,':,'ァ´    |/ |_/`i  i i'
   !/ /´ヽ!/i! -==、    i`Yハ !(        あなたを見ていると、その想いも報われる気がするわ。
  ,'   / '|       ,  -=、ノ/'レi´
 ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ
 iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
 `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
     `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
     /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
    rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
    ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!       うーむ……気に言って頂けたのは嬉しいのが、
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!           そんな褒められるようなことをした覚えはないぞ。
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ
      !:::、      / l|.:.:ヽ、        いささか褒め過ぎではないだろうか?
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:



        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./        …………
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:









.


862 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:52:55 ID:GN1iC3iE

┏━┳━┳━┳━┳━┳━━━┳━━━┳━━━━━┳━┓
┃      ┃    ①                                    ┃
┃  ┃  ┃  ┣  ╋━┓  ┣━┓  ┣━━━╋━┓  ┗━┫
┃  ┃      ┃      ┃      ┃              ┃      ┃
┃  ┣━┳━┛  ┗━╋━┛  ┣━┫  ┏━╋━╋━┓  ┃
┃  ┃  ┃          ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃    ~移動の決まり~
┃  ┃      ┏━┓  ┗━┓  ┃  ┣━┫  ┗━┫  ┃  ┃      ①1マス動くのにに15秒かかります。
┃  ┃  ┃  ┃          ┃  ┃    ③        ┃  ┃  ┃        つまり与えられた歩数は80マスです。
┣━┫  ┃  ┗━╋  ┓          ┣━╋━┓  ┣  ┫  ┃        部屋で話をしている時間は数えません。
┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃  ┗━╋━┻━┛  ┃          ┃  ┃  ┃  ┃      ②『━』や『┃』で区切られている所は
┃  ┃  ┃      ┃          ┃  ┃  ┣━┫        ☆┃        通れません。ちゃんと順番を計算すれば、
┃  ┃  ┃  ┏━┫  ┏━┳━╋━┫      ┗━┻  ┓  ┃        部屋を4つとも回るルートはあるはずです。
┃②    ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃          ┃  ┃
┃  ┗━┫  ┃  ┃  ┃  ┗  ╋  ┻━┛  ┏━━━┛  ┃      ③目安として申し上げると、☆⇒★の距離は
┃      ┃  ┃  ┃  ┃      ┃          ┃          ┃        4マス、つまり1分かかります。
┣━━  ┃  ┃  ┃  ┃  ┏━╋━┳━┓  ┗  ┳  ┳━┫        1マスが正方形じゃなく縦長なのに注意。
┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃              ┃      ┃
┣  ┳━┫  ┣  ┫  ┗  ┛  ┃  ┣  ┫  ┏━┫  ┣━┫
┃          ┃                  ┃  ┃      ┃      ┃                          現在地⇒☆
┗━┻━┻━┻━┻━━━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛




         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \             残り14分半(58歩)、次は誰の部屋に向かおうかお?
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /          ①羽入の部屋      ②真紅の部屋
    (⌒      /     /     /              ③セイバーの部屋
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)                            >>865
    |   ヽ_ノ    |


863 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:53:12 ID:Cc025rIs


864 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:53:37 ID:N5rueCs2
3

865 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:53:40 ID:GH2AU3hY
1

866 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:54:02 ID:AyM/EScM
3

867 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:55:16 ID:G4T3sKcM
おいwww

869 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:55:47 ID:N5rueCs2
2か3の二者択一になったか

875 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 20:58:44 ID:G4T3sKcM
3、2でギリギリ行けないか

868 :この部屋に向かうまでにいた兵士の数:9人  ◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:55:35 ID:GN1iC3iE

~羽入の部屋~

○‐-=、,,_         |                                  |
 |:.i:.i:.i:| ``''ーr=‐;、|                   __________________l_
 |:.i:.i:i |   l |i:i:|′|                    |lア⌒ヽl「 ̄ ̄`ll ̄丁 ̄ll ̄ ̄「||
 |:.!:i:.!:|  l   ! !i:|  |                    || ゞ.__ソ||‐┐fて||}三三{、||「「「「l ||
 |:.!:i:i:.|  l   |:.ii:|  |                    |l.∠__」L.⊥廴」l二二二l||」」」」」|
 | !:i:i| |  l:.ii|  |                    |「「「仄T|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
 | !:!i:.l   !  l:.ii|  |                    ||」」辷j」||        _   |
 |:i:ii:.l   l   l:.!|  l芹>             ||「「「「「「||         [__,ノ\ |
 |:i:ii:.l    !   l:i|  ドレ'   _____________ ||l」」」」」,||_________ |__j
 j:ij:.:l   l   jフト、 |Π_____ |,.----、,.----、 | |l'TTTTl|_____ , ''⌒ヽ_┻__`、
ィ个i〈     !   l:i:|,/凵   ,.{____{_______,ノァ| ||⊥l⊥l,|| ̄ ̄|「 ̄{.     }| ̄ ̄||
 j:i:i:l`  |  |:i:l¨¨¨¨フ'ー―――――‐ァ' l| |l'ニニニニl|__|| r‐)  (|| ̄ ̄||
 |:i:i:l     !   |:l:|「, '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:|/j|_|| ⊂⊃ || ̄ ̄|| 「|l ̄丁l|| ̄ ̄||
 |:i:i |   l   |::ll ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:/ / :|l____l|__||.  ||    |||__||
 |:l l:.|    ! /¨゙|___________|' /    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   `   `  ̄ ̄´\
 |:|:.! l  ,. ''´    | | ⊂⊃ l:l ⊂⊃ ||/                           \
 |:|:.l:.|''´       |_|____j,|____________|_j                          \
,. '^''"´                                                ` 、





               ,.  ----  、
             /        ` ー- 、
              '   /      \   \
            /   '  /     |  V  r
          /:::|   ' l |!     |    v  l:::::ヽ        ようこそ……
            |:::::| |  | .ハ !   i  .∧.  │ !::::: |
            |:::::| |  |/-|‐|‐. i  | ‐|-ハ |  |:::::::|      お茶ぐらい出して差し上げたい所ですが、
          l::: | |.  レ V- ヽl  | -V |/  .'::::::/
          ゝレヽ l.ィ ==、  \| r==、レ /:::/         あいにく今切らしてましてね……
           \:丶_ゝ     ,   u j!イ:イ
            ハ::|ハ.   _i_ヽフ   人レヽ
           /:::::::/::::::!>'rー 、ヽ.イ:::::::\:: \
          / _-_/ :::ィ' |  (二´、  V= -、__\:: \         )
         / V  /,イ  |\ ─ <  /|  ./⌒ヽ::: \ _ _/./
      r "´ :::::: | // │  .|: : :ヽ「__/:..i  /    ハゝ___ ノ
    イ  / :::::::: |/ (-、 |  ハ: : : : |: : : : :|r-―- 、.∧::\  \
  //  /| :::::::::く ゝ-`=\/: : : : : : ヽ: : :.:|---ォ : :.\ ::::: \  jヽ
 ' :/  / l :::::::::::j二}:{二}/: : : : :\: : : \:| ̄:~: :.く V \ :::: i   l  '

870 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:56:28 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)     ん、まあ無理はせんでいいお。
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     先日の戦いでの怪我おあるだろうし、あまり体を動かさんでいいお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



         _,. -──-- 、_
       ,.-__ r-、-.    ト--.、
      ' イ   \\\   \::::::\
     / イ |      ヽハ. \  ヽ:::::::ヽ         お心遣い、感謝します。優しいんですね、あなた達は。
    ' ' |│、|    ォ什十ト! |  レ::::::::l
   /li! | vl-トゝ、,. j/z!‐j/、レイr::::::::::イ        特にやる夫さん、あなたはボクに対して
  (:::|l ヾ ヽj =,、 l./ ヘハt!  j {:::/..ヽ
   V|ゝ \ハ 7rj    ` "/ イ ::::::::::: \      さぞかし怨みも募っているでしょうに……
    レゝ\lヾ!" '   ,     イイ\ ::::::::::: \
       |l !:::ゝ. `     / |::::::::::\: :::::::::::::`. 、
       |i :::::::::|`..ー─r'  / \::____:\:::::::::::ヾ:::`..、
      ゞ ::::::::ゝ::__,:イ/ ,.イ ,. ---、ヾヽ:::::::::::`:::::::\
       \:,.イ´| / / / /     |ト、::::\:::::::::::\:::`i、
       _/ノ! / /  レ'     /:::::\.:::: i、:::::::::::: 'i::::ヽ.
      /_/ / /    「_ ̄_:.`ーく::\::::::::゙l.,::::ハ :::::  |!::  !


        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 .イ        …………
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ
    i.从"  .   '、_ンイi    .|
   〈i. ヽ、 ,.、  ""./ 'イ   i
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i

871 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:57:12 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /   ─     ―         羽入……
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



 //   /   /     ヘ   i   / i   ハ::::::::::ヽ
. /::/  i  i   i       ハ  i i  イ  i   i::::::::::::::ヽ
/:::|  i  i    i       ハ  i i /i   i   i::::::::::::::::ハ
::::::i  ヽ ヽ  .i i     i  リ人7、i イ   ハ::::::::::::::::::}
::::::\  ゝ、>=レヽ    i /ィチ心ハレノ   人::::::::::::::ノ\         ん?
:::::::::::>、  ハイ佇心ヽ  ノレ  弋少  /  //ソ .〉:::::::::;/  \
:::::::::::{ 人\トハ 弋少 ヽイ       / イ /   /::::::/
\:::::ヘ/ ヽ  `\    `     /イ |ノ   //
  \:::ヘ  \i`ー<   - -   <人ヽー‐‐--、-、
   \|   i  〟─‐ > - ィ   〃  /  / Y{
   / ハ   .i {〈  /  |ト .} __〃  / /   } |
   /  人  ヽi ヽ |   {|   〃  イi /     i 〉
  / / ヽ   i ゝリ   .|i  〃  / リ/     ノ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)     やる夫はお前のことを許したわけじゃねーお。
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|     お前との4度の戦いで失った3人のダチ――
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |         それと幽々子の連れ、紫……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

872 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:57:44 ID:GN1iC3iE

: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /         ……………………
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /         それはお気の毒でしたね。
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ              お悔やみ申し上げます。
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /


          ____
        /     \
       ‐   ─     \        ……言うことはそれかお?
       (  ( ○)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,       ええ、ボクは自分のしたことに誤りがあったとは
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:      思ってませんからね。謝罪を期待されたのなら、
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `    ノイ彡/   /::;;/i、       空気を読まなかったことに対してのみお詫びいたします。
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }
   ヽt  \i |  /   /  / ̄ ̄ ̄''=-,     / i
    r-‐= ̄T  |!   /  /        /     /  i
    \     |  .|!  /    !       /   /  /

873 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:58:04 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /   ─     ―      …………
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



 //   /   /     ヘ   i   / i   ハ::::::::::ヽ
. /::/  i  i   i       ハ  i i  イ  i   i::::::::::::::ヽ
/:::|  i  i    i       ハ  i i /i   i   i::::::::::::::::ハ
::::::i  ヽ ヽ  .i i     i  リ人7、i イ   ハ::::::::::::::::::}
::::::\  ゝ、>=レヽ    i /ィチ心ハレノ   人::::::::::::::ノ\          …………
:::::::::::>、  ハイ佇心ヽ  ノレ  弋少  /  //ソ .〉:::::::::;/  \
:::::::::::{ 人\トハ 弋少 ヽイ       / イ /   /::::::/
\:::::ヘ/ ヽ  `\    `     /イ |ノ   //
  \:::ヘ  \i`ー<   - -   <人ヽー‐‐--、-、
   \|   i  〟─‐ > - ィ   〃  /  / Y{
   / ハ   .i {〈  /  |ト .} __〃  / /   } |
   /  人  ヽi ヽ |   {|   〃  イi /     i 〉
  / / ヽ   i ゝリ   .|i  〃  / リ/     ノ /
  //    ヽ  i  ソ   ヽy〃  / __/  __  //
  i {     \_」-‐{ i  `/   , /=  ̄::::::`∨イ

874 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 20:58:27 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      お前がどういう奴かは充分にわかったお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      ――会食にはお前も参加するのかお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



          ,::'::::::::::::i   ,  ..::ii: .i:: .i:.  i:.i.',  .', ヽ::::::::'.,
          ,':::::::::::::;;i   ..:i  .:::i.i   i::: ::i:: ',::. ',:::. ';::::::::::',
         i::::::::;ri'´ i  :::i :::::::i i   i:::..:::i i i i:. .i::.:.ヽヾ::::::i
         i::::::/ |  i::.i ::::i ::::::i .',  :::::ソ i,ノ i:: i::::::i ゝi::/     ……まだ全身痛みますけどね。勿論ですよ。
         ヾソ .i  iソ/ :::l',ソ::心、.:;イ  ィ心.i:: i::::..i  ´
               l  ソ  ', ::ゝ:::::::::i ∨  l::::::リ ! イ i::::i       国の――雛見沢の未来を占う席にボクが
            .l   \ .ヾ、込;;メ    .込メ iノ..::i.ソ
             //i  __ ゝ、 ヽヽu , r --,-、r、ノ_ノイ           並ばないことは絶対にあり得ないと思って下さい。
         ゝ、_ノ /  i\i: :ソ`ヽ,>,'.. .. : : .ヾ:.ヽiヘソi i
    ヽ、___,,ムイ  i,イ\  r:ii´,rヘ_: : :: : : : : :i i i i
        /  : ,r: : r'´`ヾi / ' .ヘノ: : : : :. :.:.ノi .lヾiゝ、
       / / /::.::.:: 〉.. .. .i'´   ii ヘ``iーr-'イ i::i リヾ,リゞ`=-'
       i./ / i:. :.:., .i,r'/     ,、ヘ:::|二三ニi:::i ii iリヾi
       i  .ii ii:. /:..i r'       ii ヘ:!:::::i:_:i::::i::l ii  ! .ソ
          ! .iゞi::.::.i / ハ       ii   i;イ:i:::iヾiリ   iリ


       ____
     / ―  -\
    /  (ー)  (ー)        そうかお……
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

876 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:00:17 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
       /  ─     \       それじゃ、会食の場で会うとしようかお。
        ' (●)       \
      (l、__)          |     その場ではくれぐれも、こちらも冷静に接せられるよう努めるお。
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \



: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /         ええ……それではまた、後ほど。
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /









.


877 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:01:56 ID:GN1iC3iE

┏━┳━┳━┳━┳━┳━━━┳━━━┳━━━━━┳━┓
┃      ┃    ☆                                    ┃
┃  ┃  ┃  ┣  ╋━┓  ┣━┓  ┣━━━╋━┓  ┗━┫
┃  ┃      ┃      ┃      ┃              ┃      ┃
┃  ┣━┳━┛  ┗━╋━┛  ┣━┫  ┏━╋━╋━┓  ┃
┃  ┃  ┃          ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃    ~移動の決まり~
┃  ┃      ┏━┓  ┗━┓  ┃  ┣━┫  ┗━┫  ┃  ┃      ①1マス動くのにに15秒かかります。
┃  ┃  ┃  ┃          ┃  ┃    ③        ┃  ┃  ┃        つまり与えられた歩数は80マスです。
┣━┫  ┃  ┗━╋  ┓          ┣━╋━┓  ┣  ┫  ┃        部屋で話をしている時間は数えません。
┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃  ┗━╋━┻━┛  ┃          ┃  ┃  ┃  ┃      ②『━』や『┃』で区切られている所は
┃  ┃  ┃      ┃          ┃  ┃  ┣━┫          ┃        通れません。ちゃんと順番を計算すれば、
┃  ┃  ┃  ┏━┫  ┏━┳━╋━┫      ┗━┻  ┓  ┃        部屋を4つとも回るルートはあるはずです。
┃②    ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃          ┃  ┃
┃  ┗━┫  ┃  ┃  ┃  ┗  ╋  ┻━┛  ┏━━━┛  ┃      ③目安として申し上げると、☆⇒★の距離は
┃      ┃  ┃  ┃  ┃      ┃          ┃          ┃        4マス、つまり1分かかります。
┣━━  ┃  ┃  ┃  ┃  ┏━╋━┳━┓  ┗  ┳  ┳━┫        1マスが正方形じゃなく縦長なのに注意。
┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃              ┃      ┃
┣  ┳━┫  ┣  ┫  ┗  ┛  ┃  ┣  ┫  ┏━┫  ┣━┫
┃          ┃                  ┃  ┃      ┃      ┃                          現在地⇒☆
┗━┻━┻━┻━┻━━━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛




         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \             残り7分半(30歩)、次が多分最後の部屋になるお。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /          ②真紅の部屋      ③セイバーの部屋
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)                                  >>879
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |

878 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:02:09 ID:NytOs07I
3

879 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:02:16 ID:N5rueCs2
3

880 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:02:56 ID:k/Mwmv3I
3

881 :この部屋に向かうまでにいた兵士の数:4人  ◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:03:21 ID:GN1iC3iE

~セイバーの部屋~

-   ..;;_:::::::::::::::::::,.: '´    | |     | |
::::.::: :.:.:.:.`:.`゙ーi´===ー_ー- 」 L.. __  | |
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |
::.:..        |          | |     | |           __
:. , -rt--  ...」_,       | |     | |      x≦爪川
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._| |      | }八L}ハ|
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|
  | | | |////,| |       | |     | |      | xz公こ|
  | | | |////,| |       | |     | |      |从行辷|
  | | | |////,| |       | |     | |      └-----'
  | | | |////,| |       | |  {爻爻〆        {沁爻爻}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
.  ! :| |    K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| |
-ー[〉| |-‐¬| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|  ̄
    !」   | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
        | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll





              イ!   ‐7   i //  /  /    \  \
    |\        i |  \\|   i L_/i ノノハ  |    ト  ヾ   ヽ
     \ヽ、      〉i  ヽr ┤  !ハハi`ヽ、リ', ii  i    |   ヽ、 ',
   エ= 、ii  __  く i ミ/k |   i イT7z、\レ^! ハ  /i ヽ i ヽ |
    └‐--ヽ L__`丶〈V ヽ と|   ', くし'/   ヽレ'ハ, / i  i |  ii     まさかこの部屋を訪れて下さるとはな……
        i!ヽ、  ̄‐-≫v ヽ‐i    ', ゙´     ,.-‐レレイ  /i !  i!
        └===≡二/ヽリノ ',   ',     イ:勹/ 〃v/ i /         たいしたものはないが、ゆっくりしていって
             _,. -/   ヽ    ' ,丶.   ヽ=/   ヽ レ'
             (,.-‐‐-.,`ヽ, ヽ    !  `  / ヽ   ヽ           くれるといい。
        __  /; ; ;//;_;_;_ヽヽ.xヘ  i..-‐'´    \   ヽ、
     ,. '´; ; ; ;/゙´; //;/; ; ; ; ̄`'ヽ. ',  |        `ヽ.  ヽ.
   /; ; ; ; ; ;/; ;, '; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ', |          \  ',
  / ; ; ; ; ;/; ; ,:'; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;〈!            ヽ !
/; ; ; ; ; ; /; : ; : ; : Y;-;‐;‐;‐;‐;-;-;-;:, : ; ; ; ; ヽ            i/
ヘ; ; ; ; ; ; /: ; : ,': ; : ;i: : : : : : : : : : : : : `': 、; ; :}

882 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:03:27 ID:r22BualU
ギリで全部行けたかな?

883 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:03:47 ID:GN1iC3iE

            ∧ ∧
             (,,゚Д゚)       …………
           /  |
         ~(__UU


     ____    ,
   /      \   -
  /  ─    ─\ `         ギコ? どうしたお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            ∧ ∧
            (゚Д゚,,)      いや別にゴルァ。
           ノ  |
        ~O,,UUつ       どうせ言っても誰もわかんねーだろうしなゴルァ。


884 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:04:14 ID:GN1iC3iE

               ∧ ∧
              (,, ゚Д゚)    なぁに、今さら気にしちゃいねえよゴルァ。
               |つ .|)
             ~(_)__つ    別にありゃあお前がやったわけじゃねえんだろゴルァ? 匂いが違えよゴルァ。


     ____
   /      \
  /  \   ,_\           ……何の話してんだお?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



          ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
         く        ,.-────-、、、/
          \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
             /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|         ……………………
          /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
          ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
           |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l              (もしかして……)
          |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
             ヽトト|.:::ハ    '_ _  u /:',      ノ
                ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                  l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                    |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                    |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ
                    l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ
                  (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V


885 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:04:33 ID:GN1iC3iE





━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ∧ ∧___
   /(;゚-゚) /\
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |        |/
     ̄ ̄ ̄ ̄


       ,.''"´  ̄ ̄`ヽ、
     ,/            \
    /        〔;;±〕  ゙!
   ,′   ,,r'' ニ 二二二二ヽj
   / ー、, ィ .:.:;:;:;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;ト、l
  ,/   //::'´''"ー‐ ''゙ `トー 'j:::! |
  ヽ_ ノ/uj:::〈    ーr‐' ,イ:::jソ
     ``〔j、:.',  ,r -ー- j j;!:::!
      j!ー'ヽ、  ´ ̄` /‐'′
    /1   ゝ=ニニ=イーr-、
 _ _」!ヽ|   i    ,′j! ./:::::.〉
 ::::::::.:.`ー`ヽ j!   /  ハ!::::::/__
 :::::::::::::::::::::::.:.\ー---‐''^i::::::「:::.:.`ー- 、__
 `` ー─ - 、、::::゙、  .:.:.:.::::|::::/:::::::::::::::.:.L1iヽ
           \:゙、.:.:.::::::::j:/::/´ ̄  ̄ Tj  ゙,



              /⌒ヽ ┌、                          _,,,,,、-ー''"´
 /⌒/⌒ヽ/⌒ヽ/ _  〉:| i::i                 r=¬ー‐'''"´
   /   /    /!〈   〉 / :| |::|                 ヽ、
  /    /    /;;ゝ..ー /=| |::L_____ __________r─==<⌒\
      /     /;;;;;;;;;;;>く;;;;i!  | |/   |                  i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7
  ヽ.  / ヘ  /;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;|  :| |:    |                  i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  ノ 人___ノノ ∨;;;;;;;/ :|;;;;;;;;|  :| |:    |_________i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     , '
 //;;;;;;;;;;;ヘ ./;;;;;;;;;;ヘ...|;;;;;;;;|  :| |::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      , '
 ;∨;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;ヘ|;;;;;;;;i!  | |::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     , '
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i! :| |ヘ :::::::::|_________i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 ````````````"''"´ ̄ ̄`<フ| |::「 ̄ ̄                   /     /´⌒
            ___,,r―ー、,)| !::|                      /    /ヘ,,∠__
 ー--、、,,,,,、-ー''"´   ` ̄ ̄´ !_!」                    ヽ、___ノ′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


886 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:05:13 ID:GN1iC3iE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ∧   ∧ ∧
            ~γ'" (゚Д゚三,,゚Д゚)
              (/ ̄ ̄\) \)










              o
               ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
           ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
           "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
              〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
             ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
             (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
             "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
               (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                       ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                       ´  /;:ノ 。  。
                           ()



               ,.-ー、ノ
            ∧ ∧  )
          Σ (;゚Д゚)ノ(
            (ノ""J ゙



        /(ill ー ) /\
      /| ̄ ̄┃ ̄|\/
        |__┃_|/
           ⊂;;;;;⊃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━




.


887 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:05:38 ID:GN1iC3iE

            ∧ ∧
           (,, ゚Д゚)     なぁに、人を束ねる立場も大変って話だゴルァ。
            |つ .|)
          ~(_)__つ     こいつ一人で全兵士をまとめられるわけじゃねえしなゴルァ。



               ヽ
                }}
       _.. - ― ‐ 、_ ,〃
     /XZ´     ,     ̄ \
    /'Y´ ̄    /   /ハ. \ヽ
  /Yト、._ 二ニ./  /./ } |lヽ l ヽ
  ハlN\ `ヽ / / /_/__,ハ |! ト、 〉       ……すまなかった。慣れぬ遠征で、兵士達も一度
  トv'{ ヽ.ヽ. ,ry′/イt¬=、`'| || |.j/
.  ト:仆、 \ l /  ,' ヽ{;:::| ::::: ,'´         肉が食いたかったのだろう。まさか、あれが貴方の……
__ ,.」⊥l    Y  ./{    `′  >
-‐'´ィ个 、  {/ /!| ι  -、/
/ / |  `>|{ / |l       /
,r'⌒ '' ‐-'/ |:! {,__|!_ト―‐.' ,厂⌒ヽ、___,... ..,,___
:::::::::::.:.:.:.:.:`ヽl√ ̄`l 「フ''^゙了´了´了  / _,r< ̄,入
:::::::::::::::::::::__..⊥-、_;:ィ/  /  / o { o { o / __,r'^Y \ ト、
;ィ:::::::::: ̄:::::::::::/::::::,'   | o .|_,,..-ヶ‐イ「`:| く,__>‐个''T゙「|
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{   └ '´   \__>='´ ハ 」,人-|イ
Z_::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       .,イ´   厂|__|_,l,⊥.l人
  _二=:::;r‐ァ‐ '' ` ^ヽ、_    /} |     L;::|  |` ー -;〉
ヽ:/:::::::::;厂 \      ` フ´ / l |     }::L.ノ    ,/
  丁::::::/   / \    / ,rヘ | ヽ、_   |::::::|フ^ ー′
   `l''´    /    t久 __ /   L|     ̄ |::::::|



               ∧ ∧
              ∩,,゚Д゚)      気にすんなゴルァ。俺だって生きるために他の命を捕食し続けてきた
               ヽ   U
              ~O- ⊃     立場だゴルァ。逆の立場になったからって文句言うのは違えよなゴルァ。

888 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:06:13 ID:GN1iC3iE

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ( Д ,,)
                      (|  U     昨日帝国兵に殺されたはずの俺のカミさんだゴルァ。
                       |   |
                      し´ J

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/          …………
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __  u |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|










              ∧ ∧
              (゚Д゚,,)      ま、何にせよお前さんが気にするような話じゃねえよゴルァ。
                 (|  |)
             ~|   |      俺達はもう行くけど、あんまり辛気臭い顔すんじゃねえぞゴルァ。
               し`J

889 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:06:37 ID:GN1iC3iE

       i/: : : : :/: : /: :.|: : ∧; : : ヾ: :|: : : }
      {:.:./////ー':|: /ー'|: : :|ヽ、|:.:.,:.:i
       ∨ /| '´ -  |/  - |/ヘ|/ |:.:.:|:./
       !/i:.:.:l  ̄ ̄` ′ ´ ̄ ̄  |:.:.:| }              やれやれ……
      . 〈 .|:.:.:!             |:.:.:.!イ __ , -―- 、
        `|:.:.:|  ∪          |:.:.:l.l/.:.!     __,r‐、     獣に諭されるとは私もまだまだだな。
         !:.:.|    r――┐   ,. !:.:.:!{.:.:.!     /.:ノ.:.:〈
          |:.:.:| \   ` ̄ ̄´ ,.イ |:.:.:||:.:.:.\  ,.-ノ:/.:.:.:/
   __ __  ヘ;:.:!>{::`:ーr:┬:r‐:´::::}<!:.:/ >、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
/´:::::::::::::∧`\ヾ!:::/´ ̄>C< ̄`∨::|/ !{__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./
:::::::::::::::://::::∨♀´ ̄  ̄`Y´ ̄  ̄`♀∨ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、
:::::::::://::::::::::::|       人       |  ヽ:_:ヽ.:.:/丿i
:::://::::::::::::::::::!    /´  `\    !     ̄ ̄   |
 ∨::::::::::::::::::::::ノ  /´       `\   ヽ        ノ



             ∧ ∧
            (ヽ,,゚Д゚)       うっせえよゴルァ。その言い草に対してはキレていいかゴルァ?
                ヽ  |
            ~|  |
              U U



              イ!   ‐7   i //  /  /    \  \
    |\        i |  \\|   i L_/i ノノハ  |    ト  ヾ   ヽ
     \ヽ、      〉i  ヽr ┤  !ハハi`ヽ、リ', ii  i    |   ヽ、 ',
   エ= 、ii  __  く i ミ/k |   i イT7z、\レ^! ハ  /i ヽ i ヽ |
    └‐--ヽ L__`丶〈V ヽ と|   ', くし'/   ヽレ'ハ, / i  i |  ii     ははは、すまない。――正直貴方はもはや、
        i!ヽ、  ̄‐-≫v ヽ‐i    ', ゙´     ,.-‐レレイ  /i !  i!
        └===≡二/ヽリノ ',   ',     イ:勹/ 〃v/ i /        畜生と見下せる人材ではないな。
             _,. -/   ヽ    ' ,丶.   ヽ=/   ヽ レ'
             (,.-‐‐-.,`ヽ, ヽ    !  `  / ヽ   ヽ          一定の敬意すら覚えるよ。
        __  /; ; ;//;_;_;_ヽヽ.xヘ  i..-‐'´    \   ヽ、
     ,. '´; ; ; ;/゙´; //;/; ; ; ; ̄`'ヽ. ',  |        `ヽ.  ヽ.
   /; ; ; ; ; ;/; ;, '; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ', |          \  ',
  / ; ; ; ; ;/; ; ,:'; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;〈!            ヽ !
/; ; ; ; ; ; /; : ; : ; : Y;-;‐;‐;‐;‐;-;-;-;:, : ; ; ; ; ヽ            i/
ヘ; ; ; ; ; ; /: ; : ,': ; : ;i: : : : : : : : : : : : : `': 、; ; :}
 〉; ; ; ;::/; : ; :;; : ; : ;|: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ; ;!

890 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:08:44 ID:GN1iC3iE

              ∧ ∧
              (,,゚Д゚)      このツラみてなおそう思えるんならあんたもたいした奴だよゴルァ。
              と   |)
              と ノ~    機会があれば、また帝国の旨い飯でも紹介してくれやゴルァ。
                ヽ)



       / / , '  , '. / i ト、ヽ、 \    V メ 〉
     / / //// // ll l ヽ \ ヽ    ヽ メ、
      / ////_/_i l ll l ,.. >== ヽ. ヽ    V//                   ああ。
     / .l ll l | ,ィテくj    ,イ j::::ハハへ  ヽVヘ
     l   | ll l l ' |r';:jト.    |.仆ノノ N  ヽ  ヽ´ ̄`ヽ.              またいつか、時間を作るとしよう。
       八| l lト、ー‐'.    ´~~´  ,イ メ/ヽ  ヽ/ /,. -- '´ ̄ ̄ ̄`ヽ.
         | l l| i\   ___,        |メ、ヽ ヽ  V.メ. __ ,. -- '´ ̄ ̄ ``
         | l l| \        /   |´⌒ヽ\ Vハー -x
         从 ハ ヽ i >  _ _ / __ .. =ヘj ノ  V  V⌒ Xこ二二フ
         リ V ヽヽ 「 ┐r‐ ´__   >=ー ‐‐ ‐‐  、
          ,. --- / ̄ ̄ ̄   ヽ /    \\    `ヽ.
         /   / \ __ __ .. -- ‐ヘ.      \\    〉
      /   , '   / `ヽ、     ',      / /    /
     〈    , ' '´ ̄ Y    \.    i     / /    /









.


891 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:10:24 ID:GN1iC3iE

┏━┳━┳━┳━┳━┳━━━┳━━━┳━━━━━┳━┓
┃      ┃                                          ┃
┃  ┃  ┃  ┣  ╋━┓  ┣━┓  ┣━━━╋━┓  ┗━┫
┃  ┃      ┃      ┃      ┃              ┃      ┃
┃  ┣━┳━┛  ┗━╋━┛  ┣━┫  ┏━╋━╋━┓  ┃
┃  ┃  ┃          ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃
┃  ┃      ┏━┓  ┗━┓  ┃  ┣━┫  ┗━┫  ┃  ┃
┃  ┃  ┃  ┃          ┃  ┃    ☆        ┃  ┃  ┃
┣━┫  ┃  ┗━╋  ┓          ┣━╋━┓  ┣  ┫  ┃
┃  ┃  ┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃  ┗━╋━┻━┛  ┃          ┃  ┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃      ┃          ┃  ┃  ┣━┫          ┃
┃  ┃  ┃  ┏━┫  ┏━┳━╋━┫      ┗━┻  ┓  ┃
┃②    ┃      ┃  ┃  ┃      ┃  ┃          ┃  ┃
┃  ┗━┫  ┃  ┃  ┃  ┗  ╋  ┻━┛  ┏━━━┛  ┃
┃      ┃  ┃  ┃  ┃      ┃          ┃          ┃
┣━━  ┃  ┃  ┃  ┃  ┏━╋━┳━┓  ┗  ┳  ┳━┫
┃      ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃              ┃      ┃
┣  ┳━┫  ┣  ┫  ┗  ┛  ┃  ┣  ┫  ┏━┫  ┣━┫
┃          ┃                  ┃  ┃      ┃      ┃              現在地⇒☆
┗━┻━┻━┻━┻━━━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛




         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (ー) (ー) \            会食まで残り3分(12歩)……真紅の部屋に行くには
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /      7分ぐらいかかりそうだし、この辺にしとくかお。
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)      和平会談の場へ急ぐとするお。
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |

892 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:12:25 ID:GN1iC3iE





              ――そしてその夜、皇帝との会食が始まった――




.


893 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:12:49 ID:GN1iC3iE

【BGM】



~ベクタ 応接間~

                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>‐、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j  .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
 :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:::;;;;::::,.::;  ̄~~~~~~~ ̄:
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;  };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.....::.
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::.;;:;;;::::::.;:.:......
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.;;;;;;;::::::..:.:::.:::
                       .:::.''':;; ̄ ̄~~~~~~~~~ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::::..:.:;:.::
                   ...  :::..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::::::''"'
                       '''""'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::..::::::.;::::::..:::..::.::...

894 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:13:06 ID:GN1iC3iE
            ____
          /     \
        /  ⌒   ⌒\
       /   ( ●)  (●) \
       |      ___´___    |
       ヽ、    `ー '´   /
       _/⌒ヽ     ィ
      i'⌒゙l |   l       \
      |  |. |   |       ト \
      |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
      |.   ̄ ̄ ̄ |ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ



: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /



                    ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                  /:r'二´三三三三二}
             /:.:.:.:.)三三三三三三く_
     rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
     |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
    / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
   // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
   | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ   `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′     八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、   , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
  / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /

895 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:13:23 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \



   _ ⊥. '"´                 /
  〈           ,.   - ────く
   ',:::::.:.   ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   ',::::::,  ".:i.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.:./:|i::::::::::::::l::i:.:.:.',
    V:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.l.::::::::;::::/ ハ:l:::::::::::.:|::|::.:.:.!
    !:.:.:.:.:.:.:.|::::i::::::::|.:::::/.://  i:l::::::::::: |::!:::::::!
    !::::::::::::::|:i::l::::::::|:フナナ'ー l:トヽく::::l::l:::ハ:|
    ヽ:::::::::::|:l::l::::::::レzr==ミ リ rzトV/l/
     ヽ:::::::::|:|::ト、:::::l ヽトーイソ    ヒ1:::| ′
      ヽ:::::|:|::l:::',::::',   ̄     ,' !:::|
       \ト、:ト、:';::::',.      _ _ /::::|
         ヽヽ::ト:;::::L_     ,..イ::::::::/
          ,r一ヽヽ::::|  ``7´ヽ:/1::/
        ノ     \:::|ー‐介ヽ  l/
    _∠二ニヽ、.   ':;|  /:ハト、\



                  ∧ ∧
                   (,,゚Д゚)
                 /  |
               ~(__UU



              /´\ __
         ,. -‐/ @ `ヾ. ̄`"'' :.、
        ;'´:.:.:.:.;'-< ̄>ー'、_,.-‐、:.::`ヽ
         !ゝ'"ア-‐'´ ̄`"''ー'`ヽ、_/ヽ、:.:.:',
      r'"フ´    ;   i     `ヽ、コ、,
      r!イ´  ,'  /!   ,' ,ハ _,'_   ! `ヽ
        レi,   ! /__ ! /レ'  |/ i`/|   |  |
       `i  ,.レ'´ _ レ'   -─-'、 |/ヽ!.i !
        ノイ i '"´          /  | | |
.       ´/ ! '7⊃        ⊂⊃ ,' i |
       ,' ノ ハ、    r-‐っ    !  / ! |
      くイi ,' iヽ、        ,.イ , 'i   |
         `ヽ! ,ハノi`>-r‐  イ、レ' レヘ. ,l
           ´   レ'_,.イ|__,/  `7ァ-r、
             ,:'´!} l ,.|/   / /:.:.:.:.:.:ヽ
             r/::.:.:!}/(ム\ , /:.i:.:.:.:.:.:rイ、
          ノ'`'ー7:.:.:.:.}{:.:.:.:.ヽン:.:.:.i-‐ '"_,. イ

896 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:13:54 ID:GN1iC3iE
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\      さて……ようやくこうして同じテーブルにつける機会が訪れました。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   |       ___´___   |       ――あ、食事中ではありますがお煙草などはご自由に吸って頂いて結構ですよ。
   ヽ、    `ー '´  /


         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\       まずは乾杯しましょう。
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |        何に乾杯するかですが……やる夫さん?
    \ ヽ           /




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         ①帝国に乾杯
/    (─)  (─ /;;/        ②リターナーに乾杯
|       (__人__) l;;,´|         ③故郷に乾杯
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |                     >>898
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

897 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:14:20 ID:k/Mwmv3I
3

898 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:14:31 ID:bWoqbs.A


899 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:14:36 ID:N5rueCs2
3

900 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:14:40 ID:Cc025rIs


901 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:15:02 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /   ─     ―      ……故郷に、というのはどうだお?
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


       ____
     /      \
    / -   -  \         故郷に、ですか?
  / (●)  (●)   \
  |      '        |
  \    ⌒     /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      形は違えどお互い大事なもん守るために戦って来たんだお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      今回の会食で和平が成るなら、故郷のために戦ってきた想いが
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |          成就したとも考えられる。ならば故郷に乾杯、というのも良くないかお?
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

902 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:15:20 ID:GN1iC3iE

      /::::::::!  !       V ヽ.  ∨ ∧::::::ヽ
.     /::::::::∧  ヽ        l   A l lハ  l::::::::::}
     {::::::::::{  \ __\‐-\  l イ j 从l ハ ト ::::::|
     l:::::::::ハ   ト、__.≧‐ ヽノノァ≠メ、/}  | | }:::/     ボクや皇帝様は雛見沢に……
.      V::::{  个 - .ィうハ    {ム か  /∧ j/
     ヽ::ト  .く 仆ムり      辷ソ/ / / |          あなた達は各々の故郷に杯を掲げる……
         \  ミ ゞー′ ,   ー≦ィ_ .イ  .!
           | >__ ≧  、_ ..,   /l  |   !          いいかもしれませんね、それは。
           |   | ,へ _      イ l  |   !
           |   |′   _≧ ‐ ' } }¨ヽ. |   !
.        j   |   厂| |   ./ /   V__.!
.          /   / ̄|   | |  / /    /   \
        / /   |  | |//   /      ヽ
.      / {{     |  |_/    /       .イ
.       /  | ミ /    ! /    /      /  l



     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)    (故郷、か……)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ            v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/




       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\       素晴らしい申し出をありがとうございます。
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i     では、音頭はやる夫さんがお取り下さい。
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \      この場はあなたにお任せしますよ。

903 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:15:38 ID:GN1iC3iE
       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)         そんじゃ……故郷に、乾杯。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |        乾杯!
   /( ⌒)  (⌒)\  !   !
  /      __´___     \|   l
  |      `ー'´       |  /
  \             //
  / __        /
  (___)      /



           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V         (ドマのみんな……雛……父さん……
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/         ようやく……ようやくここまで来たよ……)
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ

904 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:16:17 ID:GN1iC3iE
       ____
..     /      \
    /  ─    ─\       さて……まず真っ先に話すべきはキラのことですね。
  /    (●)  (●) \
  |        '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



               ∧ ∧
               (,,゚Д゚)       あいつは今どうしてんだゴルァ?
              ノ  |
           ~O,,UUつ


       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \        ドマでの一件を鑑みて、今は牢に入れています。
  / (●)  (●)   \
  |      '      u |     私達としては極刑すら視野に入れていますが……
  \    ⌒     /

905 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:17:02 ID:GN1iC3iE

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|        恐れながらお伺いしますが……
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./      皇帝様はキラのドマでの所業はいつ御存じになりましたか?
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\         ……ナルシェ戦役の後です。
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     帰還した羽入から報告を受けました。
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ                      ※ナルシェ戦役⇒第10話の戦いを指す



      _,,... -‐‐ ァ'ヽ- ..,,_
   ,. '"´   / @ ヽ. `ヽ.
   ,!   r‐ヾ⌒ヽ--‐ァ⌒r-- 、!
  r'!'´7-'´`ー'^ー'^ー'^ヽ、__7、       つまりドマに毒を撒いた事実は始めから知っていた、
   Y´γ´ ハ-!‐_ハ  ハ-!  Y/
   i  i  / ア! ̄i レ' ァ-、ハ ,ゝ         だけど兵力として外せないキラゆえに黙認していた、
   | ノ ノハi .!__r!   !_r!〉ハ ノ
   i  `Y i"    ___'  "i | !          そういう解釈をしてもいいのかしら?
  ノ、/ .! iヽ、  (_ ,ノ  ,.イ | ヽ
  kヽr_」ヽ.!ヽ/> -r=7´iヽ!rノ´
     _),.イ´、  \_,!`ゝ、     ,.-‐''つ
    /   ヽ\_/ハヽ/、`ヽ.  ,.i  ノ `ヽ.
    r!、_____,.7  (ノ}{、) Y-7/ヽ.ヽー-ァ- ' ., '"´ `ヽ.
  「'7、__  _,!    ,}!   ノンi'   ̄7´ /      ',
  ,く   ̄_.ハ`    }{/ヽ.   !.   /  /        i
  / `ー '7:::i`''ー--''!  __>r'フ、__/  .,'  ,.、      /
/    /-7ヽ二二k'  /、」     / /  `''ー‐'"
     /;:イ     }{ヽ/ iヽ!     ! ( ,. - 、

906 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:17:51 ID:GN1iC3iE
       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \       その通りです。それが間違った裁定だと気付いたのも、
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |    幻獣の襲撃を受けた後でした。
  \      ⌒   /



               ____
           /     \
           /        \        あの後思い返してみて、いかにキラが有力な人材であろうとも
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |     然るべき報いは等しく受けるべきだと思い直したのです。
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ         遅すぎる判断と思われるでしょうが……すべては私の責任です。
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|



        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!      ……………………
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!               (そんなこと、今言われても……)
               <  __  u |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

907 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:18:31 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
      /        \       ……あなた達に相談したいことというのはキラの裁量です。
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |     あれだけのことをしたキラに下される裁定はどうあるべきか、
    \      ´   u /
    /     ⌒     \     彼の所業をその身に受けてきたあなた達に一度お尋ねしたい。




        ____
       /    \
.    /          \          ①今のまま牢に入れておくべき
.  /    ―   ー  \        ②許して牢から出してやるべき
  |    (●)  (●)  |         ③今すぐ死刑にするべき
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \                      >>910
 /´             ヽ

908 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:08 ID:E0fi3LR6
1

909 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:09 ID:lmusUi9w


910 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:14 ID:bWoqbs.A


911 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:13 ID:N5rueCs2
③市中引き回しの系で

912 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:15 ID:NytOs07I
2

913 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:19:26 ID:Opf1i/U.
①今のまま牢に入れておくべき

914 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:19:54 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      知らんお。
/    (─)  (─ /;;/
| u     (__人__) l;;,´|        そんなもん……お前らで勝手に決めてくれだお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \         やる夫さん……
  / (●)  (●)   \
  |      '      u |
  \    ⌒     /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    やる夫達に人を裁く権利なんかあってたまるかだお。
/    (●)  (─ /;;/
| u     (__人__) l;;,´|      確かにあいつにゃ大事なもんたくさん奪われたけど……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |       だからってやる夫達があいつの命をどうこうしていい道理はねーお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

915 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:20:19 ID:GN1iC3iE

   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''        …………
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `    ノイ彡/   /::;;/i、
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }


       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)         とりあえず、これ以上あいつが余計なことせんように
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     今のまま牢屋に入れておいてくれりゃそれでいいお。
.  \           /
.   ノ         \       それであいつをどうするかはあんた達に任せるお。
 /´            ヽ



           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/      そうだよね。大切なものを奪われたからって奪い返す、
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|          それじゃかつての帝国と一緒だ。
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./        ……きっとキラにだって、家族や恋人がいるだろうし。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    -     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

916 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:20:57 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \      わかりました……まずは牢に入れておき、最終判決は
     /      u (ー)  \
     |           __´_ |     後で考えることに致しましょう。貴重なご意見、ありがとうございます。
      \    u   .``ー/
     ノ           \


       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \         ……ドマの件は本当にすみませんでした。
  / (●)  (ー)   \
  |      '      u |     まさかキラが毒を使うだなどとは誰も思わなかったのです。
  \    ⌒     /



    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
    / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\      予想できなかったことだから許されるものだとは
   // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
   | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ   `ヽ>└′      思わないけど……責任の一端は私にもあると思う。
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′     八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、u  , .′, 仆 ヽ \ヽ          私があいつをしっかり見張っていれば……
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
  / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /

917 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:21:42 ID:GN1iC3iE

     |      ,.  ' "´ ̄             /
   _ ⊥. '"´                 /
  〈           ,.   - ────く
   ',:::::.:.   ,  '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   ',::::::,  ".:i.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:.:.:.:.:./:|i::::::::::::::l::i:.:.:.',
    V:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.l.::::::::;::::/ ハ:l:::::::::::.:|::|::.:.:.!
    !:.:.:.:.:.:.:.|::::i::::::::|.:::::/.://  i:l::::::::::: |::!:::::::!
    !::::::::::::::|:i::l::::::::|:フナナ'ー l:トヽく::::l::l:::ハ:|       …………
    ヽ:::::::::::|:l::l::::::::レzr==ミ リ rzトV/l/
     ヽ:::::::::|:|::ト、:::::l ヽトーイソ    ヒ1:::| ′
      ヽ:::::|:|::l:::',::::',   ̄     ,' !:::|
       \ト、:ト、:';::::', u    _ _ /::::|
         ヽヽ::ト:;::::L_     ,..イ::::::::/
          ,r一ヽヽ::::|  ``7´ヽ:/1::/
        ノ     \:::|ー‐介ヽ  l/
    _∠二ニヽ、.   ':;|  /:ハト、\
    厂 , '⌒ヽX、_   /:/i i::ト、 \
    / /.:.::::::::.:.ヽX_}、 l:/ i i:! l   fヘ
    ヽ/.:.:::::::::::::::.:.ヽX_} l:l  i i」 l   fヘ}




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         ①過ぎたことはしょうがない……
/    (─)  (─ /;;/        ②それだけは許されないことだ
|       (__人__) l;;,´|         ③もう一度謝れ!
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |                     >>918
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

918 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:21:56 ID:Cc025rIs


919 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:22:21 ID:E0fi3LR6
2

920 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:22:26 ID:N5rueCs2
2

921 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:22:37 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /   ─     ―       一応釘刺しとくお。
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |     ありゃあ絶対に許される所業じゃねーお。
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \        わかっています……
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |
  \      ⌒   /


          ____
        /     \
       ‐   ─     \         わかってる? あんた達、二度とあんなことが絶対に起こらないって
       (  ( ○)     \
      (人__)         |        確実に約束してくれるのかお?
       `⌒´         /
       `l          \      やる夫はその言葉をまだ一度も聴いてねーお。
        l           \


922 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:23:13 ID:GN1iC3iE
          ____
        / ─  ─\
       / (○) (○)\         許されざることってのは過去や今だけにとどまらず
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |     未来にも言えることのはずだお。キラがやったことが
     \             /
     ノ            \       最悪の所業であることなんて、んなもんガキでもわかってるっつーんだお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      あんた達はあんなことが二度と起こらないと確約してくれるのかお?
/    (○)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      あんな人道に背いた行為が二度と繰り返されぬよう努めてくれるのかお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |          そこまで誓ってくれて初めて『わかってます』だお。違うかお?
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,       ……正論ですね。あなたの言うとおりです。
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:       知った風な口を利くだけで話が済むのなら
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `   u ノイ彡/   /::;;/i、           責任者などというものはこの世に必要ありませんからね。
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }


923 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:23:53 ID:GN1iC3iE
            ___
        /      \
       /ノ  \   u \       ……本当にすみませんでした。
     / (ー)  (ー)    \
     |    __´___    u.    |     キラには厳しく罰を与えておきましょう。
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \


           ____
         /     \
       /        \     また、帝国で毒物を扱う者が二度と現れぬよう努めていくことをここに誓います。
      /  \    /  \
     |    (ー)   (ー) u |    出来ることならば、この世から全ての毒を無くすことも目指して……
     \      ´     /
     /       ̄ ̄     \     理想論と思われるかもしれませんが……



           ∧ ∧
           (,,゚Д゚)     理想論っつっても願わなきゃ叶わねえもんなゴルァ。
           ノU J
         ~O- つ     そんだけ言ってくれてるのに誰もそれを笑いはしねえよゴルァ。


924 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:24:22 ID:GN1iC3iE
       ____
..     /      \
    /  ─    ─\       続いて、つかさのことですが……
  /    (●)  (●) \
  | u        '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\           ①帝国のスパイだったのか?
/    (●)  (●) \        ②つかさは仲間だ
| u     (__人__)   |        ③どちらにしてもつかさを信じている
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                       >>928
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

925 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:24:51 ID:Cc025rIs


926 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:24:53 ID:NytOs07I
2

927 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:04 ID:Cc025rIs


928 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:08 ID:8JjfZh.U


929 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:10 ID:E0fi3LR6
3だった希ガス

930 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:10 ID:lmusUi9w


931 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:13 ID:N5rueCs2
2

932 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:15 ID:5h6FYkxU
2

933 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:25:17 ID:Cc025rIs


934 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:25:43 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       どっちでもいーお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       やる夫はバかさは信じているお。ただそれだけだお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \      やる夫さん……
  / (●)  (●)   \
  |      '        |
  \    ⌒     /









          ____     ,
        /     \   -
       /  u   ⌒  \ `        ……ん? バかさ?
     /         (●)  \
     |            __´_ |
      \           ``ー/
     ノ           \

936 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:26:16 ID:GN1iC3iE
          ____
        /      \
       /  ─    ─\       ん? あ、ああ、やる夫達があいつにつけたアダ名だお。
     /    ⌒  ⌒  \
     | u     ,ノ(、_, )ヽ    |    やっぱちょっと引っかかるかお?
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く



       / }         ヽ      ヽ ヽ::::\
      /::::::::!  !       V ヽ.  ∨ ∧::::::ヽ
.     /::::::::∧  ヽ        l   A l lハ  l::::::::::}
     {::::::::::{  \ __\‐-\  l イ j 从l ハ ト ::::::|
     l:::::::::ハ   ト、__.≧‐ ヽノノァ≠メ、/}  | | }:::/        いや、別にいいと思いますよ。
.      V::::{  个 - .ィうハ    {ム か  /∧ j/
     ヽ::ト  .く 仆ムり      辷ソ/ / / |        あの子、随分その名前気に入ってるみたいですし。
         \  ミ ゞー′ ,   ー≦ィ_ .イ  .!
           | >__ ≧  、_ ..,   /l  |   !
           |   | ,へ _      イ l  |   !
           |   |′   _≧ ‐ ' } }¨ヽ. |   !
.        j   |   厂| |   ./ /   V__.!
.          /   / ̄|   | |  / /    /   \
        / /   |  | |//   /      ヽ
.      / {{     |  |_/    /       .イ
.       /  | ミ /    ! /    /      /  l



′ .:.:.:.i:.:.:.:.//: /: :l:::: : : : : : : : : : : l i|:',:!::. ::: |i:l i: :::: : ! |:l::.:: j | :: / 川 !|
 .:.:.:.:.:!:.:.:/´::/: : : ::!::: : : : : : : : : : : li:l l:.ぃ::.:ト:.!l:| l:.:::: i:l  !リイ厶ル'ル'i リ リ
..:.:.:.:.:.:|:.:/:/: : : : : ::|::: : : : : : : : : : : :!l:レ!:トv厂_j「 |ハ从 j ァ_,,_ /::| ノイ /
:.:.:.:.:.:.:.V:': : : : : : : :i::!::: : : : : : : : : : : |^l ,,孑ァキ㍉`      /(」`j7:!:l    ′
:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : : : : :i::|::: : : : : : : : : : : |_,〃 たー'}        iりノ ,′:|
:.:.:.:.:.:.:.:!: : : : : : : :.:!::l::: : : : : : : : : : : | ヘ.いー'グ        lー' i: :i :!       つかさに友人、か……
:.:.:.:.:___l: : : : : : : : :!:::!::: : : : : : : : : l: :!  `¬冖         丶 |: :! !
` ̄ |: : : : : : :.:i:::i|:::: :.: : : : : : : !: !  、、、             / j: :i l        何度聞いても良い響きじゃ……
    l : : i: : : : .:i::::i:l:::: ::: : : : : : : i :|                 ´,.': : !:l
.   | : : l: : : :.:::::::::::l::::: i:. : : : : : :l: |、        --一 /: : : !:|
   l : : :: : : :.::::::::;':::|::::.:!:. : : : : : :l: ! 丶        ´ .イ:: : : : :i !
.   i: : ::: : : :.:::;:::::::::::l:::::|::: : : : : : :! l   `丶、     ,イ :|::: : : : :!:!
   i: : ::: : : :.::;'::::/:::::::l:::.l :: : : : : : :!:|      l`;: ー:'^|::::!::. . : i:i
  , : ::::: : : ::::::::/:::::::; '|::::l:::. . : : ::.i:l        !;:;:.::.::.::l::::l::: : : : !l
  : ::::::: :.: ::::::〃::/:;:;:l::::i:::: : : . . l.|\     ぃ::.::.::.;!:::!::: : : :i:ト、

937 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:26:44 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  -   -\) ;;;;)      まー言わせてもらうとあいつぶっちゃけバカだお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      やる夫も人のこと言えたクチじゃないけど、それでも言いきれちゃうお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


         __  ______
        , '  /\     `ヽ、
      ,.'' ゝ / @ \   ノ  `ヽ
      、' /⌒y'へ-'⌒i' ̄ヽ_,.へ__l
      とヘ-,─'´ ̄`ー--^ー---、_フ       うふふ、あなたを知ってると謙遜に聞こえない♪
      i ィ  / .ハ /!,!_t!、ハ │ i
      .イ i iイ.ヽノ レ´ ,. - 、ゝ,イ |  |
.      レ ヘ i,,'´`    ,,,, ン ! |  ゝ、
       i 从  ヽフ   ハ.イ. |、ノイ
.       ハ |ノ>.、.,,_   イゝ ハ . iヽ-´
        `ゝ、i_.r'` -r' ヽ、iノレ´
          / ゝ[><]/!/^'ヽ
         「=(  §  },=∞{
        く  !__§___〈  . '>



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \      でも、あいつは根がまっすぐだお。純真だお。
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |       汚いもんいっぱい知っちまったやる夫にはあんなふうには絶対なれねーお。
      \           /
        /         \     おかしな言い方になるけど、あいつの汚れなきバカさ加減には嫉妬すらするお。
       |              )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

938 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:27:01 ID:GN1iC3iE
          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\        あんな奴が人を裏切ったりするわけがねーんだお。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |     あいつを信じられんというのなら、信用できる人間なんて
     \             /
     ノ            \       この世に一人も残らんお。そうじゃねーかお?
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \       ……キラと羽入が嘘をついていたんです。あの時は敵対していましたから、
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |    あなた達を動揺させて隙を突くために出まかせを言ったのでしょう。
  \      ⌒   /



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |     もともとつかさは帝国を抜けたがってたわ。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |     戦争に加担するのは最初から嫌だったろうし、
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '     u ,イ|Y´    |   |     リターナーに与してかつての仲間と戦うことさえも
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |     あの子にとっては心の負担だったと思うわ。
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

939 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:27:32 ID:GN1iC3iE

         ∧ ∧
        ∩,,゚Д゚)      帝国に残れば侵略戦争、寝返ればかつての仲間と対峙――
         ヽ   U
        ~O- ⊃      あいつにとっちゃどう転んでも苦しい立場だっただろうなゴルァ。



       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |       つかさ……
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |  u     ,. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /


     ____
   /      \
  /  ─    ─\       羽入もえげつねー嘘つきやがるお。
/    (ー)  (ー) \
| u     (__人__)   |    あん時は思わず怒鳴っちまったお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

940 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:28:00 ID:GN1iC3iE

      イ    |  | _ノ ││ ヽ _| _   \    1::ヽ
     イ │   / イ´|\   ハ| ヽ \. `  l   │:::::ヽ
   /::|::::|    |  | |= 、\|  \| ゝ=.!\  |     |::::::::::::\       ……信じてもらえるかどうかはわかりませんが、
   ':::: |::::|    | 〃V_ノ:|゙  \  7_ノ::::ハヽ |     | :::::::::::|::::\
   |::::::::>.   V|!iT::::ハ|      |::::::::r| i! ゝ    /_::_:::::::'::::::::::ヽ      あの嘘はボクにとっても決して気分のいいものでは
   |::::::/ |\ ト、| iゝ_ノ       iゝ ノノ iヒ / ,  /   V:::::::::::::::::::!
   ヽ/   |   `|            `      /イ  /    | \:::::::::::/     なかったですよ。そりゃあ勝つためなら
.       │   ゝ                / イ      |  ):::/
       ノ    、 ` . ーr‐、- ‐ 、   .. '´         |  ,/       何でもやるのがボクですけど……
     /      )  `│├┬─ イ、   |       │
      /     /   ││i:|   //L..__|  |      ヽ
.     /     /    ,. イ  ⌒ヽ  //   |  ト .       \
   (      {   ∧「!|       )//    :|  |7∧      )


           ____
         /       \
        /   ─     ―       ……そうなのかお?
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



          ,::'::::::::::::i   ,  ..::ii: .i:: .i:.  i:.i.',  .', ヽ::::::::'.,
          ,':::::::::::::;;i   ..:i  .:::i.i   i::: ::i:: ',::. ',:::. ';::::::::::',
         i::::::::;ri'´ i  :::i :::::::i i   i:::..:::i i i i:. .i::.:.ヽヾ::::::i
         i::::::/ |  i::.i ::::i ::::::i .',  :::::ソ i,ノ i:: i::::::i ゝi::/
         ヾソ .i  iソ/ :::l',ソ::心、.:;イ  ィ心.i:: i::::..i  ´     そりゃあねえ……あの子は要領が悪くて
               l  ソ  ', ::ゝ:::::::::i ∨  l::::::リ ! イ i::::i
            .l   \ .ヾ、込;;メ    .込メ iノ..::i.ソ      手も焼きましたが、常に一生懸命でしたし……
            //i  __ ゝ、 ヽヽ、,, r --,-、r、ノ_ノイ
         ゝ、_ノ /  i\i: :ソ`ヽ,>,'.. .. : : .ヾ:.ヽiヘソi i         まともな頭の作りしてたら嫌いになる方が難しいでしょ。
    ヽ、___,,ムイ  i,イ\  r:ii´,rヘ_: : :: : : : : :i i i i
        /  : ,r: : r'´`ヾi / ' .ヘノ: : : : :. :.:.ノi .lヾiゝ、       あんな子を貶めるのはやっぱ面白くないですよ。
       / / /::.::.:: 〉.. .. .i'´   ii ヘ``iーr-'イ i::i リヾ,リゞ`=-'
       i./ / i:. :.:., .i,r'/     ,、ヘ:::|二三ニi:::i ii iリヾi
       i  .ii ii:. /:..i r'       ii ヘ:!:::::i:_:i::::i::l ii  ! .ソ
          ! .iゞi::.::.i / ハ       ii   i;イ:i:::iヾiリ   iリ

941 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:28:24 ID:GN1iC3iE

            ∧ ∧
           (,, ゚Д゚)     つーか言い方はアレだが、よくあいつお前ら見限って寝返ったなゴルァ。
            |つ .|)
          ~(_)__つ     裏切り者の名目で捕まってたそうだが、あいつ何やったんだゴルァ?



               ,.  ----  、
             /        ` ー- 、
              '   /      \   \
            /   '  /     |  V  r
          /:::|   ' l |!     |    v  l:::::ヽ      ああ……あれはマランダで税金払わなかった不届き者に
            |:::::| |  | .ハ !   i  .∧.  │ !::::: |
            |:::::| |  |/-|‐|‐. i  | ‐|-ハ |  |:::::::|     ボクが制裁食らわそうとした時、とうとう見かねたあの子が
          l::: | |.  レ V- ヽl  | -V |/  .'::::::/
          ゝレヽ l.ィ ==、  \| r==、レ /:::/        ボクを魔法で狙撃してきたんです。あれは痛かったですよ。
           \:丶_ゝ     ,   u j!イ:イ
            ハ::|ハ.   _i_ヽフ   人レヽ
           /:::::::/::::::!>'rー 、ヽ.イ:::::::\:: \
          / _-_/ :::ィ' |  (二´、  V= -、__\:: \         )
         / V  /,イ  |\ ─ <  /|  ./⌒ヽ::: \ _ _/./
      r "´ :::::: | // │  .|: : :ヽ「__/:..i  /    ハゝ___ ノ
    イ  / :::::::: |/ (-、 |  ハ: : : : |: : : : :|r-―- 、.∧::\  \
  //  /| :::::::::く ゝ-`=\/: : : : : : ヽ: : :.:|---ォ : :.\ ::::: \  jヽ




        | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
         ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
         / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
       //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´      で、でも羽入は構わないって言ってたわよね?
       〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
        /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /       それをキラが裏切りは裏切りだって言って、
     /   // /  _!ヽ   \  r__,       u  / /|
     '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|          議会で押し通して極刑案が……
    l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
    | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
    | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
  -‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
         | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//

942 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:28:42 ID:GN1iC3iE

: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /        何必死になってるんですか。
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /      んなことどうだっていいでしょう。
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /



    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l       どっ、どうでもよくなんかないわ!
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/         私は本当のことを言ってるだけで……
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ   ι  /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


               ___
            /      \
           /_,ノ   \  \       真紅、真紅、落ち着いて下さい。
          / (ー)  (ー)   \
           |      '      u |       気持ちはわかりますが、熱くなりすぎです。
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \

943 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:29:13 ID:GN1iC3iE

      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |     ……すみません、皇帝様……皆様……
.      '  l / ∧    '     u ,イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ



          ____
        /      \
       ─   ─    \         ……羽入、お前愛されてんだなお。
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)      u  |     無礼を承知で言うけど、お前ものすげー人に厳しいイメージあるから
       \` ⌒´       /
        / ー‐        ヽ       結構みんなに煙たがられてそうなイメージ持ってたけど……
       /            `



   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''     ボクもそう思ってるんですけどね……
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /       何なんでしょうねぇ。よくわかりませんよ。
   ;,,;;,  丶,-‐代  `    ノイ彡/   /::;;/i、
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }

944 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:30:03 ID:GN1iC3iE
       ____
..     /      \
    /  ─    ─\      ――思えば私達はお互いのことをよく知りませんね。
  /    (●)  (●) \
  |        '      |      何か聞きたいことがあれば答えますが?
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




     ____
   /      \
  /  ─    ─\         ①なぜ戦争を始めた?
/    (●)  (●) \      ②なぜ和平を考えた?
|       (__人__)    |        ③なぜ兵士と話をさせた?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                  >>947
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

945 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:30:30 ID:k/Mwmv3I
3

946 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:30:31 ID:NytOs07I
2

947 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:30:39 ID:N5rueCs2
1

948 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:31:01 ID:GN1iC3iE
           ____
         /       \
        /       _ノ  ‐      なんで戦争なんか始めちまったんだお?
      /        ( ●)  )
      | u          (__ノ、_)      だいたいのいきさつは聞いてるけど、やっぱり傍から見たら
      \           `_⌒
      /               \      もっとやりようあったんじゃねーかって思わずにはいられんお。


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \       ……今となっては甘い決断だったと思っています。
  /    (ー)  (ー) \
  |  u      '     |     雛見沢の民の暮らしを守るための最善の手段と信じてしてきたことですが、
  \      ⌒   /
                         やはりそのために奪ってきたものの大きさを思うと……



           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T         …………
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ:::::::: 行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′ ::::::::::: 辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、  u /::.::./
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

949 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:31:24 ID:GN1iC3iE
          ____
       / ノ  \\
      / (○)  (○)\          わ、わかっています……今さらこんなことを言っても何にもならないことは……
    / u   ___'__    \
    |       `ー'´     |         ですが、私が……私がもっと早くから先見の明を持って国を導いていれば
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    今のような結果にはならなかったのも、疑いようのない事実なんです。
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /   /   /


               ____
           /     \
           /        \         すべては私の至らなさが招いたこと……これが事実です。
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |     羽入にも、真紅にも、兵士達も私が振り回して……
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ         私の責任です。どうかそう認識して頂ければ……
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|



     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´::::::::: /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |       そんな、皇帝様……!
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{` :::::::::::::  宀'´ |  ∨//    |   
          }  |ヘ ^¨´  、      u |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |

950 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:31:41 ID:GN1iC3iE

: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /       真紅ちゃん、黙ってなさい。今は皇帝様と
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /     リターナーの方々以外が口を挟んで良い
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /      場面ではありません。わきまえなさい。
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
|     `丶、 `ー- 、      /   /    | /



     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)      っ……
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ u        v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/



        ____
       /    \
.    /          \      いや……もういーお。お前が何かを信じて戦争始めて、
.  /    ―   ー  \
  | u   (ー)  (●)  |      それについて来る奴がいたのはわかったお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \      あんたをかばおうとした真紅を見りゃ、それぐらいは察していいと思うお。
 /´             ヽ

951 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:32:09 ID:GN1iC3iE
          ____
        / _ノ  ヽ\
       / (●) (●)\       わかりたくはねーけど……信念があったのならそうだったと解釈するお。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |    やる夫も無粋な質問をしたお。すまなかったお。
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \       あなたが謝る必要なんてどこにもありませんよ。
       l^l^ln  (⌒)  (⌒) \
       ヽ   L u 、 `       |    ……お心遣い、心より感謝致します。
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\       さ、さて……次の話に移ろうと思うのですが構いませんかね?
   /   ( ●)  (●)\
   | u      ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /

952 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:32:50 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ①なぜ戦争をはじめた?
/    (─)  (─ /;;/      ②なぜ和平を考えた?
|       (__人__) l;;,´|       ③なぜ兵士と話をさせた?
./      ∩ ノ)━・'/        ④聞きたいことはもうない。次の話題へ。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |                      >>956
  \ /___ /


953 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:33:11 ID:Cc025rIs


954 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:33:10 ID:5h6FYkxU
2

955 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:33:13 ID:GH2AU3hY
3

956 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:33:18 ID:AyM/EScM


957 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:33:22 ID:k/Mwmv3I
3

958 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:33:53 ID:GN1iC3iE
       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)       正直なとこ、あんた達まだ戦おうと思えば戦えるはずだお?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    そこで敢えて和平を考えてやる夫達と手を結ぼうとしたのは何故だお?
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \      後で幻獣のことについて話をする時にも言いますが……
  /    (ー)  (ー) \
  |  u     '      |    今の幻獣達の怒りを鎮めるには私達だけでは不可能だと思ったからです。
  \      ⌒   /



   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,      自業自得とはいえ帝国と幻獣達の関係は最悪ですからね……
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:      だからと言って放っておくわけにはいかないわけですし、
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `   u ノイ彡/   /::;;/i、        手段を選んでなどいられない、というのが正直なところです。
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i

959 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:34:15 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
      /        \      少々打算的な答えになってしまいましたが……
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |     『和平』という言葉に対する期待を裏切ってしまいましたか?
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


           ____
         /       \
        /      ―   ‐       うんにゃ、別に結構。
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)    適当にはぐらかされる方が気持ちわりーお。
      \           `_⌒
      /           \


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\       そうですか……
   /   ( ●)  (●)\
   | u      ___´___   |    それでは、当の幻獣達について話し合いたいのですが……
   ヽ、    `ー '´  /

960 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:34:37 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ①なぜ戦争をはじめた?
/    (─)  (─ /;;/      ②なぜ和平を考えた?
|       (__人__) l;;,´|       ③なぜ兵士と話をさせた?
./      ∩ ノ)━・'/        ④聞きたいことはもうない。次の話題へ。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |                      >>964
  \ /___ /


961 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:35:00 ID:k.kCkE6Q
4

962 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:35:04 ID:AjmA/d/A
3

963 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:35:25 ID:GH2AU3hY
3

964 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:35:29 ID:G4T3sKcM


965 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:35:46 ID:GN1iC3iE
       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \         ……正直ね、この『和平』という言葉の響きに疑問を感じている
  / (●)  (ー)   \
  |      '      u |     兵士は多いんですよ。単純に反意を匂わせる者もいますが……
  \    ⌒     /



     ____
   /      \
  /  _ノ    ─\      というのも、自分達がやってきたことを顧みたところ
/    (ー)  (ー) \
| u      ___'___    |     ぬくぬくと和平に浸かることを潔しと出来ない者もいるようなんですよ。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       全ては私達が指示してきたことなのだから、そう思って欲しくはないのですが……
.\ "  /__|  |
  \ /___ /



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      まあ……ドマ侵略、ナルシェ侵攻……
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (●) |      あんだけやってて『はい和平』って言われてもなんか釈然とせんのも確かだお。
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \

966 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:36:30 ID:GN1iC3iE
       ____
..     /      \
    /  _ノ    ヽ_\        そう考えた兵士に、心から和平を願うあなた達の顔を見せれば
  /    (●)  (●) \
  | u      '      |     少しはその悩みも晴れるかと思ったのです。あなた達の手を煩わせたのは
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ      差し出がましい話でしたが、これが私達の考えられた唯一の方法だったもので……
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


          ____
        / _ノ  ヽ\
       / (●) (●)\       まあ、難しい問題だとは思うお。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |    それで助けを求められたってのなら、別にそれを気分悪くは思わんお。
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


               ____
           /     \
           /        \         そう言って頂けると救われます……
         / _,ノ   \    \
          |  (⌒)   (⌒)     |     さて、次の話に移ろうと思うのですが……
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|

967 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:36:53 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ①なぜ戦争をはじめた?
/    (─)  (─ /;;/      ②なぜ和平を考えた?
|       (__人__) l;;,´|       ③なぜ兵士と話をさせた?
./      ∩ ノ)━・'/        ④聞きたいことはもうない。次の話題へ。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |                      >>968
  \ /___ /


968 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:37:12 ID:AjmA/d/A
4

969 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:37:14 ID:k/Mwmv3I
4

970 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:37:33 ID:G4T3sKcM


971 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:37:45 ID:5h6FYkxU
4

972 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:37:53 ID:GN1iC3iE
          ____
        /     \
      /        \       封魔壁から出てきた幻獣の力によって帝国は大きなダメージを受けました。
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |     あの力は強大過ぎて……放っておけば世界を滅ぼすかとさえ思います……
    \      ´   u /
    /     ⌒     \




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \      ①たしかに、幻獣の力は強すぎると思う……
      |    ` ⌒´      |      ②幻獣の力をこの世界に持ち込んだのは、あなただ!
      \           /
        /         \
       |              )                             >>974
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

973 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:38:10 ID:E0fi3LR6


974 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:38:54 ID:AjmA/d/A
1

975 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:39:05 ID:NytOs07I
1

976 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:39:11 ID:GN1iC3iE
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      確かに幻獣の力は強すぎると思うお……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|      あんなもん、人間の敵に回しちまったら世も末だお……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \      その引き金を引いたのが私であることは、疑いようのない事実です。
  /    (ー)  (ー) \
  | u      '      |    今日は責任という言葉が多く使われますが、私が一番自身に感じる
  \      ⌒   /
                        大きな責任はこの部分です。



               ____
           /     \
           /        \         正直、この席に並んだ時に幽々子さんに掴みかかられても
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |     おかしくないと思っていました。それだけのことをしてきましたから……
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ
        / /       /  /⌒l.
    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|


977 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:39:54 ID:GN1iC3iE

            /ヽ._,,,...,,,__
          ,. -‐/ @ ':,:.:.:.:.:.:.`"''::...、
         ,.':.:.:.:,'-‐r-‐‐'、_ノ_.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
        ,ゝr,ァ'-‐'"´ ̄`ー-く二ヽ-、:.:.:.:.)             私はそんなことはしないわよ。
       i´:.ァ'´, !  !   ; __ i  `ヽ、>ーヽ、
       `ソ / ハ- ,ハ  /!._L」;、  '; i`iー-r'         もちろん、同胞を亡き者にされたことに思う所はあるけど、
       i  ';  !,ァメ, ∨ ´iノ !ハ ,ハ!    '、
        '、. i ,ハ.! iソ     'ー'’ ,レi  !  ';  ヽ.          あなたに報復しても彼女達は帰って来ない。
         )レ'ヽ!,,´ ' __    "" / i ';   i _,ノ〉
        ´く).ハ、 ヽ' `)   ,:' ;' .,ハ  レ'i_ノ  ,'´`ヽ.
         ( ;'  ,ノ>、,__,,. く ! ./_/V!_r'-'    !    ',
          `!/V´ヽ,.イ !_ /レ'  `'7ァ-.、     ',.   i
       '⌒ヽ.   ,.,.イソ l_//  / /ソ:.:.:.:.ヽ.    !   !
    (`':、      `r/:.:.}! /ムヽ   , ,イ/_;,:.:-‐-''i、_,ノ   .ノ
  ,.-‐'-、 ヽ、、_  /`'ー}レ'(ハ)ヽ、rイ/:i  _,,,...,,,_ソ`' ー ''´
  >ー‐ ソ ハ`ヽ.`/:.:.:く/L>.:.:.:´:.:.:.Y''"´    〉
  'ー‐'ソ (_,.イ! i:.:.:.';i:.:.:.:.:.}{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;L__,,..-r‐ァイ__
    i'r'´:::::!| ;:.:.:.:.ゝ、;__;}{、:.:.:.:.:.:.:.:;.:イ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ソ



          _,./⌒´入`⌒\,_
       _, /_,_ __,/ @ \_,_ _,ヽ
      <<,イ-´⌒`,~ ̄~´⌒`-、>>     むしろあなたは、自分以外の人間に
      `iノ iイ-,__iヽル´i__,-Yiイ|
       .(イノi ( i,__i   |,__i )iノy)      幻獣の怒りが向くことを恐れているのでしょう?
       ノノゝ`i""     ""i´ノ 人
     /`ゝiノイ ゝ、  ̄ ,. イノ(ゝヽ       そうなったら、あなたは一夜の嘆きでは済まない。
     <_⌒`イレイ_'/⌒つレイノ`⌒_>
        /⌒./ 、ン)イ⌒ヽ、


          ____
        /     \
      /        \       そのとおりです……帝国に住む身内だけじゃない、
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |     今や全世界の人間達が幻獣の怒りをその身に受ける
    \      ´   u /
    /     ⌒     \     危機に瀕しています。何も知らない、罪もない人々が……










980 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:41:09 ID:N5rueCs2
何も知らない罪の無い人を蹂躙してきた
帝国の人間のセリフとは思えませんwww

978 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:40:31 ID:GN1iC3iE

: : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
: . :/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
. :/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /
::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /        そういえば真紅ちゃん、アレ大丈夫ですか?
::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
:::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /       そろそろ残り少ないと思うんですけど。
:::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /
ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ
. /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
/   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ
    l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
 r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /



  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|    え、もう? こないだ魔導工場で
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |       交戦した直後に充填したばかりなのに。
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |


               ___
            /      \
           /_,ノ   \  \       いけませんよ、片手間ででも確かめておかないと。
          / (ー)  (ー)   \
           |      '         |     無くなってからじゃ遅いんですから。
   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
   ヽ_ノ   /          \


979 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:41:00 ID:GN1iC3iE
          ____    ,
        /     \   -
       ‐   ─     \ `         どうしたお? 3人とも。
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \



         _,. -──-- 、_
       ,.-__ r-、-.    ト--.、
      ' イ   \\\   \::::::\
     / イ |      ヽハ. \  ヽ:::::::ヽ          ああいえ、こちらの話です。
    ' ' |│、|    ォ什十ト! |  レ::::::::l
   /li! | vl-トゝ、,. j/z!‐j/、レイr::::::::::イ         少々予定外の事態が起こりまして……
  (:::|l ヾ ヽj =,、 l./ ヘハt!  j {:::/..ヽ
   V|ゝ \ハ 7rj    ` "/ イ ::::::::::: \        いやまあ、たいしたことじゃないんですけどね。
    レゝ\lヾ!" '   ,     イイ\ ::::::::::: \
       |l !:::ゝ. `     / |::::::::::\: :::::::::::::`. 、
       |i :::::::::|`..ー─r'  / \::____:\:::::::::::ヾ:::`..、
      ゞ ::::::::ゝ::__,:イ/ ,.イ ,. ---、ヾヽ:::::::::::`:::::::\
       \:,.イ´| / / / /     |ト、::::\:::::::::::\:::`i、
       _/ノ! / /  レ'     /:::::\.:::: i、:::::::::::: 'i::::ヽ.
      /_/ / /    「_ ̄_:.`ーく::\::::::::゙l.,::::ハ :::::  |!::  !


           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \           こちらで解決できる問題なのですが……
       l^l^ln  (⌒)  (⌒) \
       ヽ   L u 、 `       |         ちょっと一旦小休止を挟ませて頂いていいですか?
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \        一人席をはずす必要がありますので。
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


985 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:42:35 ID:k/Mwmv3I
ちょwメタんなwww

984 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:41:59 ID:GH2AU3hY
このスレも残り少ないな

981 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:41:20 ID:GN1iC3iE

     r'´ ̄/ヽ ̄ ̄ `ヽ、
    イ___/@ ゝ_   `ヽ,
  ,-´、__,---、__`ヽ-、 i       ああ、なるほど。確かに大事な仕事よね。
  ゝ/ ./-|─i λ─ノ-`ヽ  ̄フ
   i/ .i -─ V  ─-レiイi⌒ i       そちらで済ませてくれるなら手間が省けて助かるわ。
    i i."" ┌─┐ ""|ノノ|  |
   .ノ| .人   __ノ  ノ.|   | ゝ、
  : i/λ `' ー , -, イ ´/  .|、ノイ
  : ::`ヽ/、|ヽ/Y ヽ、レ'レ´ヽ-´
 : ::    /ゝ[><] イゝ,
 :...::    「=i §  .i,=ゝ
      く`く__§____」 '>





今だ!!!2getォォォォォォォォ!!  /
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;




           ____
         /       \
        /   ─     ―       気が早過ぎだお。
      /     ( ー)  (ー)'
      | u       (__人__)  |       立ってからやれだお。
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


982 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:41:34 ID:GN1iC3iE

        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/      よくわからないけど、大事なご用事なら
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′       済ませてきて下さい。僕達は待ってますから。
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:


          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\          ありがとうございます。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |      それじゃ……真紅、あなたにお任せしていいですか?
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



           ,...__
          イ::ゝ、r、`‐.-.-.-.‐ヘ‐-く:ヽィヽr、
           く´:::::::::::::ゝィゝ::::::::::::::::ヽミヽ:::::;;;;;;ヽニヽ_
            r':::::::;. '    `ヽィ;;;::::::::::ヽミヽ::;;;;;;〈―i 〉
          r'::::::/  ,.' /,.'   ゝ::::::::::::i|ミヽ;;;;;;ゝ〈〈
.          ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ        ええ、お任せ下さい。
          //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、
.        〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ       それでは、失礼……
           ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉
.        〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i
           ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |
        ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |
         ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |
        ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |
        il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.       Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',


987 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 21:45:52 ID:G4T3sKcM
楽屋裏みたいで和むなこの空気w

986 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:45:16 ID:GN1iC3iE

          ト,ー-、
         !::| _ \       ト..、
          |::| |::|  ヽ.    /ヽ;::i
          /:/ ///ヽ_ ,ヘ   /く〉 |::|
       |::| ` `ー' 7´`く / _/:/
    ,.. '"´,L!=--─-、i:::::::/-<:ン
   /  /       `ー'   `' 、
  /   ,'    / /           、 ヽ.       よし、恒例の当スレに登場したボスキャラの紹介やるか。
 ,'    i   ,' ,! `iヽ、 ,!   ,    ',   ',
./    !   .| ハ_」__!/ !  /| __!  !  i     案外楽しみなんだよね、これ。今作は1話1話が長めだから
'  /  ',   |. 7'´!  ハ L_/ !__/|_,/   |
  /   .!\_」 ヘ '、_,り    7'iヽ!    /      レス数の調節が利きにくくて、昔みたいに埋めネタ物語作れる
. /   (,|  ,!""`        !リ ノ!\/
,'  ,   !  ハ         ' ` "|ハ         レス数が1000近くで残ることが少ないんだ。小話作れないのは
 /   |    '、    ` ー-     ,ハ ',
.'     !ヘ   | ,>、      ,. イ  ! !         少し寂しいけど、これはこれで昔とは違う楽しみがあって楽しいよ。
>‐ -、 _,,. イ\|>‐-、_,r-<´/i\ |
     `ヽ:::!\    7 ハ、//   |  ヽ!
      ヽ|、 \ / i  `r、. /                                   それじゃ、はっじま~るよ~♪
、       i::ヽ.  `  ';  V!`く

988 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:46:37 ID:GN1iC3iE
               _____
           , . . . ' . . . . . . . . . . . . `丶、
        , ..' . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
       /. . . . . . . . . ./. . . . . . \ . . . . . . ヽ
        /. . . . . . /. . . ./ . . . . . . . . . .\. .<;;\ヽ
     /. // . . {. . . . .l . . . . . . . . . . . . ヽ. . ヾ,;;;\
      //;;/. . . . l . . . ..l . . . . . . ..ヽ . . . . . ヽ. . ヽ;;;;;\
    /;;;;;/l. . . . . l . . . . l . . . . . . . .l! . l . . . . l. . . ハ;;;;;;;;ヽ
   /;;;;;;;;;/. l . . . . .ヽ. . . . ヽ . . . . . ..|l . !. . . . .|. . ./.|;;;;;;;;;;;ヽ
.  /;;;;;;;;;/. . .\ . . _ヽ_,ノ`ヽ.ヽ、,_l !_!. . . ノ. ./ . !;;;;;;;;;;;;;;|
 /;;;;;;;;;;;{. . . . . .丶 ___ヽ -ヽ. . . .ノ__. ./ . /. ./.l ヽ;;;;;;;;;!
 !;;;;;;;;;;;;;ヽ. . . . . イ:::::::::ヽ!ヽ   ヽ. イ ::::::ヽ!ヽ/./.!.l  l;;;;;;/
 l;;;;;;;;;;;;;;イlヽ、. .ヽゝー‐''    lノ ゞー‐'' // . /  ̄ !;;;∧
 ヽ ;;;;;;;;;| |.!. . .`. . ゝ      _  -  フ__〃. . ./   !ノ ヽ_
  \;;;;;;! !.!\. . ヽ  く  ̄      /; ; ;\. ノ /  /   ト\
    \| |.|/\ . .丶、` ー - ‐ /; ; ; ; ; ; ;\   /    /; ; ;
      く   丶.、. `>  ,,_ /; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ  /ー―く___
     /!\    ヽ ゝ \  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.∨; ; ; ; ; ; ; /
    /. . |  ヽ、  __  ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ ; ; ; ; /
  /. . . . ヽ    > '; ; ; ; ; ; ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ; ; /

【帝国親衛隊】羽入
HP:???  持ち技:魔導エネルギー充填  クエイク  アースサラウンド

第14話で交戦。本編中で魔導兵器を使わずに戦ったのはこれが初めてである。
帝国親衛隊という表向きの肩書に隠された素顔は、かつて三闘神が遥か昔に生み出した
神獣、ミドガルズオルムだった。地を司る魔力の使い手で、魔大戦の全盛期にはその指
一つで大地を割り、8人の大幻獣が総がかりで立ち向かってようやく互角と言う驚異的な
実力の持ち主だった。その力の源は、神々の存在を崇め、畏れ、奉る人々の信仰心であり、
雛見沢の土地神である羽入に対する人々の信仰心が強いほど、羽入も強い力を得るという。
神々を身近に感ぜられた太古とは違い、現代では神に対する信仰心もめっきり薄れたため
過去のような絶大な力は失われたが、その底なしの英知と経験を活用し、機械や人民を
その手で操り今の地位を築いたのが現在の羽入である。

989 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:47:22 ID:GN1iC3iE
                           _
                        '⌒ヽヽ
                    ,.  -- 、 ノ丿
                  ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
                 ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',
              N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
               {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′
                  Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
          厂  ̄`アl\:.、li  l:!     __ /
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
      //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
         { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ
           \.:.:.:.:.:―-.:__,. -‐ァ¬¬\     /l:.{o{ {__{_|:::::}__厂`¨〉
          `ヽ、:./´:.:.:厂 ヽ、    `¨¨´/ |、「ヽ}_,ハ::::Lノ__/
                 \__/   / \,.、    rj^ヽ_| `ヽ.込.」::::|ノ
              ヽ  _{   `^ー┬'′ / |       |::: |

【帝国士官】セイバー
HP:3276  持ち技:しょうげきは  ブリザド  れっぷうさつ  アトミックレイ

第15話で初交戦。ちなみに初登場は第6話である。
帝国親衛隊の羽入と真紅の直属の部下であり、多くの兵を指揮する権限を持つ。
実力は親衛隊以上の肩書を持つ者以外の中では間違いなくトップクラスであり、
人工魔道士を作り出す手術も受けることを許された数少ない精鋭の一人。
剣の道に長けており、それと魔道の力を組み合わせた魔法剣を駆使して戦うが、
本編では1対多のシチュエーションだったため、魔導の力を用いた砲撃が殆どで
魔法剣そのものはあまり日の目を見なかった。真紅と行動を共にすることが多く、
慈悲深い真紅の言動を心より尊敬し、身を削る彼女のことを誰よりも気にかけている。

990 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:48:29 ID:GN1iC3iE

./....  .....     ......                       ノ
:.ミ.:::....::::::::::......::::::::..::::::::.... ...                 /
ミ...:::..::::::::::......::::::::...:::::::.....::::.. .....            ,,-‐'"
ミ.::::.:::::::::::::::::::::::::::...:::::::....:::::::....::::::.....::::...    ___,,,-ソl::| 
ミ:::...:::::::::::::::::::::::::::::.:::::::.....:::::::...::::::::____,,--‐''" /,!i::| リ
ミ__:::::::::::::::::::::::::::...:.::::.____,,,,,.-‐''" `ヽ::::`ヽ  バノi:|           __..,
  `゙゙ーi::r-rーt''""´ヾi::::i:::/リ /i''U'''ノ`ー" ヽ  i!|  r-、 r-、__..-'´.:.::i
    /イ::::::::::/ヽi´ヽ/イ:::i::|:::..ヽ`ー__...    '  /リ  `i `゙´ i、::.:._,,-''"
    '"i:/|:::/::::::`ー-ト|:::i:/`ヽ.        _/ ,.、  ヽ    i_-"
     i:! l::::::/i::/l:|.:.:.:.i::::|\ ヽ_,     '´/ヽ/ ! ヽ-''"´i____!
     リ .|::::i i/.:.:リヽ.:.:ヽ|.:.:.:.`-ヾー--、-i'i.:.:.:iノ-, l|´´_ノ.:.:.:.:.:ヽ-‐''´i
       |:::l| i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:ヽ.:.:.:`-`ソ.:.i´i !i,,l|r".:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ-- '
       ';:::| !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-.:r'"ヽ-''"ヽ_.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.!
       ヾ !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:!
         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:メ- 、_
          _>;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:..:.i.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:'.:/.:.ヽ.:.:.:.:ヽ,
      __,-='"´:::::;;ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i!.:.:.:.:.:/
  __-='":::_,,.-=''"/:::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./.:.:.:.:.:ハ
='"::::::-=''"   /:::::/i:::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.::\

【帝国士官】宇田川伍助
HP:1100  持ち技:スラッシュ  シャムシール

第15話で初交戦。ちなみに初登場は第9話である。
セイバーと同じく羽入と真紅の直属の部下で、若いながらもその強固な意志と
実力の伴ったその行動力は、帝国内でも非常に高く評価されている。
年若いためまだその肉体は発展途上といったところで、耐久力には劣るものの
小さな体で敵を翻弄する動きと見た目に釣り合わぬ攻撃力は、セイバーと並ぶ
帝国兵随一の実力者と称されるには充分である。羽入とともに行動することが多く、
その容赦のない行動にはいつも目を痛めているが、目的のために己を顧みず
黙って行動に移るその決断力と信念を物語る背中には、あまり口には出さぬものの
確かな尊敬心を持っており、羽入の胸の内を心より理解する数少ない一人である。

991 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:49:19 ID:GN1iC3iE

    ,-二ニ====〈叨二フ                             フ二叨〉====ニ二-,
   く〃||/二'二ニ=メ  リ |                      | リ メ=ニ二'二\||ヾン
   σ// /ノ示´ノフ/ヽ、',' ,ヽ、                        r', ','、,r'\ 〆 `示`、\ヽσ
   ∧|\ ll ∠/ ̄   `ヽ、| l                    l | ,.,r'´    ̄\ン、 ll| /|∧
   | | l |//|        ゛lゝ\                     /ゝl"          |\゙i ll. l | |
    | i | V/∧ゝ        ヽ;\;\              /;/;,r'          〈∧゙i V' | i |
    |J \┼' ||l_       〈 ゝ|\|               |/|〃 〉       _l||`十,/ レ|
   〈 >〔二´_/彡ハ`=,    ゝ早采                采早ゝ    ,=´ハミ_゙i_`二〕< 〉
    ヽ\ゞΠ/ / ノ´l|    ∠三||\           /||三ン、    |l`!、 ヽ_Π゙ィ/,r'
      `ヽ|リ V //〃り     |日日Ⅲリ             リⅢ日日|     りミ_\゙i V リ|,r'´
      `〉////||||〈      l 車 //             \゙i 車 l      〉||ll \゙i゙ヽ〈´
    ,/ ̄;;,ノ | |∧V コ     /´ ,、,、ヽ、              ,r' 、,、, `゙i    ∟V∧| |作,;; ̄\,
    |/暦∠/// ̄∧∃  /彡山山lli|              ,| ll山山ミ_\ Ε∧ ゙̄i゙i\ン、暦゙i|
    |l El|口| |〆ゝエり /〃 /VV\l|\          /|l/VV\ ゙ッ゙i りエゝ〆| |口|lE l|
    |l 目 |∠,ノ /_/ /〃∧∧| |∧∧ll|〉          〈|ll∧∧| |∧∧゙ッ゙i \__ ヽ| |ン、| 目 l|
    || El | リソⅢ||| ゝ |lliiリゝ|,l V lリ〈!i/          ゙ii!〉リl V l,|ゝリiil||  ゝ|||Ⅲソリ | lE ||
    |l 目|/ ノ|l |l!ゝ \l  `ー―'´ l/            'リ `ー―´  |/ ゝl!| il|、 ヽ |目 l|
    || El|ヽリl/ ヽ\                                   /,r' \リ/|lE ||
    || 目 | ///l/ \|\                               / / ゙il\゙i\ | 目 ||

【対空用魔導兵器】クレーン
左(真紅操縦)……HP:1800  持ち技:サンダー  サンダラ  てっきゅう
右(キラ操縦 )……HP:2300   持ち技:ファイラ  てっきゅう  マグニチュード8  ファイガ

第15話に登場。アルブルグ西の山に据え置かれた対空迎撃用兵器である。
攻撃対象として想定されるものが飛空挺などの巨大物であるため攻撃性は高く作られており、
強力な魔法や鉄球攻撃、敵機体を揺らすパワーと機能性などポテンシャルは非常に高い。
左のクレーンは雷を吸収し、右のクレーンは炎を吸収する作りになっており、何度か所定の
属性を吸収すると、そのエネルギーを一気に開放して想像を絶する大魔法を放つ。
右のクレーンにとってのそれが『ファイガ』であり、もしも本編で左のクレーンが雷属性を
もう一度吸収していたら、切り札の『100まんボルト』が火を吹いていただろう。
余談ではあるが、ベクタ北の岩山には氷属性を吸収するクレーンが、ベクタ東の岩山には
風属性を吸収するクレーンがあるとかないとか。

992 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:50:07 ID:GN1iC3iE

      、    ___,,..‐ァ、___      ,.
ト 、   |::>''"´:.:.//T\:.:`"''<i//i
::::::::\,::'":.:.:.:.:.:.:.:.i | i .閻 | |:.:.:.:.:.:.:.`y:::!
、::::::::::::\_:.:.:.:.:.:.:.:| |_l 魔 l |::.:.:.:.:.:/:::/
. ';:::::::::r---r-ヘ_r‐'-、__,.r‐ァ'-‐''"ヽ.,__ノ>
 !/ァヽ、_rへ、/_>、,__!,.イ:.:.:!:.:.:.:.:.〉ヾ!-'、<_]
く__/:. ノ ( .:.:.:.:/ !:.:.:/!:.:./ |:.:/!_,:.ィ/!:.:.:.',、 ヽ.
 !/:.:. ⌒ ;.::./メ、!,/__レ'  レ'!_,,.!'rァ!:.:i:.:.:ト、 |
/,.!:.:.:.:i:.:/:.:./ァ'ーr--r'    ´ト '! !.!:.:!:./  )'
/ !:.:.:.:';:i:.:.:.:iハ  ト  !.     '-''ン'|:.:レ',.イ
 ';.:!.:.:.:レへ;:| ゝ `"´    .     |:.:|'_,ノ、.,_,.ヘ.,,_
 ハ:!:.:.:.:i.:.';:.:.ゝ、    ,. -‐、  ,.イ|:.:|ゝヽ、.,_____ノ
イ ハ!:.:.:.:.!:.:.:ハ:.`i> 、.,_!____,.:'イi:.:.::!:r
`´/.レヘ:.:!.:ノン´::ヽ、:二「__ン::::ヤ!:.ノン!
. / ,'  !ァ''"´ `ヽ:::::::ヽ、_o'::::::::`'マ`ヽ. / /7
'_,ノ  /      ヽ,.- 、.,::___::::::::::!   ハ//i/ __
   k、  、  ノ´   _____,,ン--─ '''""´  ̄\\
  //ヽr'" 7´  、 `ヽ.____         //
 ./ ./ /iヽ.r/i  ヽ ヽ,_ソ:::o ̄""iニ=;─;:-'- '
 |__,|_/」 .!Y iヽr 、_ン'"i::::::::!::::::::::!"   !
      ヽ、.,____,,.. イコ:::::::o::::r-!、 _/
       ,.く:::::::/::::::::::::::::::::!:::::::::::Yく!、
     /::::::`ート、:;____:::::::/!::::::::;:イヽ.ノ

【幻獣】ゴーレム
HP:2500  持ち技:アースウォール

第15話で登場。羽入が守備を固めるために召喚した幻獣である。
もとはかつて飛竜の谷と呼ばれる所で静かに暮らしていたが、魔大戦の煽りで
戦地に赴くことになった過去を持つ、歴史の長い平和主義の幻獣である。
攻撃力は皆無であるが、得意技の『アースウォール』で魔法の壁を作り味方を
守る力に秀でており、その攻撃の数々をその身に受けるのを主戦術とする。
同じ回に登場した幻獣ゾーナ・シーカーとは懇仲であり、二人とも羽入とは
長い面識を持つようだ。魔大戦の頃には人間側の味方をしていた羽入の肩を
あえて持ったり、神獣羽入との仲もそれなりに良いものであると推察される。

993 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:51:08 ID:GN1iC3iE

                                        ∧
                                  /:;;ヘ
          /:;;ヘ                       <__>
            <__>              /⌒ヽ -‐< ::;;>‐-..,
       _,..-‐'< ::;;>‐-..,,    ./^l  /^/:::/ニヽト二テ--ヘ二ニイ
       トニ二 テ--ヘ二ニイ   .|   |   | ,イ:_/\_l    ̄ ̄    |
       ,|    ̄ ̄ ̄ ̄  |    l,.-‐ '',-<:\::\_ノl\ ‐-...,,,__,,,..-'ヽ
     / `''‐-U ...,,,__,,,..-‐'ヽ . /(::-( :::;;;ヽ_::>::::>、l::,.-'‐‐-..,  __,,,...-ゝ
    l       ,‐-..,,__,,,...-‐ゝ:l   ヽ, `r‐-'く_:イ::/      ヽ|`ー-‐''´|
    |      l`l`''‐‐--‐''´ |_|_∧ \ヽ:::::\ /     ,,..-‐‐-\|    l
    |      |::|       |  〈 |\/`'''‐--l`''‐-..,,__∧\_,-‐-.,i   l
      ト 、    |::l       l┬-ヽl l`'''‐-..,,_l,-、___ l_∨   `i  /
     l  `''‐U-ヽl       / `l,_| l     ||:::::ヘ  ̄{  {    l/
     `i        \    /  /ヽ>i、     ||:::::::ヘ  ∨ ∧..,,__,,.イ
      ヽ,      `''''7´ /  ,イ   `''、.,  ||::::::::::ヘ   `'‐--‐',.'
       ヽ,      / /  r‐'  \    ̄ `'‐‐--`‐--‐',''´
         \,,_,/   /_〈    「:l  ̄:|      __,,,..-‐'´
                 / __ \.._ノノ   ノ‐-7'7''´ノ >‐-、
              / /,ニ-‐-ニ.,l‐''---イ__,l l-ヘ´ ./   >=‐--、
                l // ,へ.ヘへ.ヘ  |     l l   ∨    /二ニニ、ヽl
                  | l l〈:::::::∨:::l∨   |   l l   ヽ   ト--'ヘ  ∨
              ヽ ヽ∨〉ヽ∨〉   |    l l     \ {ヽニ二∧
               ``ー'`´`ー'    .|    l l      ``ー‐--‐'
                        |    l l
                        |    l l
                         ヽ   l l
                         \_l_l

【古代兵器】シュミット
HP:3262  持ち技:まどうレーザー  ぎゃくふんしゃ  プロペラ  マグニチュード8

第15話に登場。羽入が操作する、魔大戦で猛威を振るった魔兵器である。
アルブルグ鉱山の奥に眠っていた1000年前の残骸を、羽入が魔導技術の整った
現代で時間をかけて復旧したのがこのシュミットである。再作製は不可能であろう。
遥か昔に人間達が幻獣達を殲滅するために作られたその用途に間違いはなく、
悪魔のような攻撃力を持つ恐ろしい機体である。はっきり言って魔導レーザー一本を
使い続けるだけで町一つ壊滅させられる破壊性を持っているのに、機体の扱い方を
誰よりも心得ている羽入が乗れば、もはや何者も手のつけようがない凶悪兵器となる。
強いて言うなら、魔力要素の少ない現代に天然資源のみで動かすには非常に燃費が
悪いことが唯一の欠点か。まさしく、現代における羽入の切り札の一つである。

994 :◆/svJwypmhk:2010/07/11(日) 21:51:55 ID:GN1iC3iE

              _.....-..― --ュ_         /i
            ,. ':::::::::::::::      ̄`丶、   / ノ
          /::::::::::::::::::::..         ヽ/  ヽ,
          (::::::::::::::::::::::::::::.         )    〉
          _,〉::::::::::::::::::::::r'==7´ ̄`i=ヽ、_/____ノ
        /:::::::::::::::::::::::::::L___> ̄i` ト-、,_/ ヽ i
        \:::::::::::::::::::::::::::::i ハ  i-‐}‐チ 、 ヽ-'  |
         /::,ィ::::::::::::::::::::::::i |:::} ノ)ノ ‐-、ノ   〉 /
         !/ ヽ:::::::::::::〇:::ヽ!:: リ ' (i)  }、 ,.イ {_
              リ:::::::::::::::::::::::::〈  、_ , '// !、__ `丶
           i∧::::::::::::::::::::___,   /   _,ゝ ) ノ
            ヾ!ー、ト、::::::: ̄ _,.イヽ∧/ヽ!  //
             _ - '´:::::::i i |´/´ヽ __     (_ノ
            l´r'´ `):::::::{」」,ゝ、_,ノー、ヽ
            //   〉::::::::::/~゙ケ   ヽ.!
             /∧ ̄Y:::::::::::ノ ./\___ /ト、
          /イ  >‐':::::::::::7__ノ:::.. ノノ_/ ,ヘ
        /  |\  ̄7:::::__:::::::::::::/   / | \
          /|\. \| /イ´  )_,ィ_ノ     |/ /|\
       / \|   /              |/  \
        /i\    /i                  /|ヽ,
.      / .|  |  __{ |.__                / /  ト、
.      /  \.| ( O O )               |/ /| !
     |\     ≧ .≦                    / /. |
.      |  \    .〈_〉                       |/ /|
      \  |                             /  /
        \|                         /_/

【幻獣】ファントム
HP:1650  持ち技:かとん  すいとん  らいじん  グラビデ  バニシュ  ぶんしん

第16話に登場。レミリアの妹で、幻獣同士ではフランドールという愛称で呼ばれる。
もともとそんな攻撃的な技を持っているタイプの幻獣ではなく、ダメージは大きいが
致命的殺傷能力はない『グラビデ』や、自分や他人の姿を消す『バニシュ』でイタズラを
するのが大好きな、子供っぽい幻獣であった。しかし幻獣界でビスマルクやカーバンクルと
忍者ごっこして遊んでもらってるうちに強力な攻撃忍法や分身忍術を習得してしまったらしく、
元々自由奔放な性格も災いして所構わず大暴れするはた迷惑な子になってしまった。
ただ、幻獣界の住人はだいたいマイペースな人が多いので、これぐらいのトラブルメーカーは
腐るほどいるらしく、特に目立って疎まれるような存在でもなかったようだ。


やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第17話後編
スポンサーサイト

テーマ:FF6 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/01/12(木) 19:00:10|
  2. やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第17話後編 | ホーム | やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第16話後編>>

コメント

・・・ぬるすぎて、本気で気持ち悪い

キラの戦力は惜しいけどやったことを考えると・・・ってんなら羽生も牢に入れるべきだし、戦力欲しいなら逆もまた然り
できれば国自体解体して他の国家に組み込ませるくらいはやるべきだろう
事情知ってるパーティメンバーと帝国兵はこれでいいかも知れんが、他の国の一般人のために。

原作どうなのか知らないが、今まで読んだ中で有数のモヤッと具合だ
  1. 2012/08/07(火) 07:39:28 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

帝国側の対応はおおよそ原作通り
原作と対応が違うのはそもそも羽生と真紅が原作にはないオリキャラという点と兵士との肉体言語がネームドキャラとの会話になってる点だけ
  1. 2012/08/08(水) 07:23:50 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

この対応原作通りなんだよなぁ
皇帝の言葉とかこいつ何言ってんだって本気で思った
  1. 2013/09/19(木) 05:06:25 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yaruotoyaranaio.blog93.fc2.com/tb.php/375-4f6a5240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。