やる夫スレをまとめたブログです。 まとめるスレは管理人の好みに非常に偏ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第35話 part2

443 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:33:28 ID:.qUcwuEg










【BGM】



        l /      ィv/                                            |三三三三l
        r7/!,:      /!lヘ                                    l           |三三三三ヽ  r ‐
ヽ-───' ,/l l |!   ./ j !l l                                 r'^ーz_,-、     r'三三三三三| |三
──r-、三l `ヽ li   / /' l l !                                     | 三三三|     |三三三三三 | |三
三ニ/三了ニl三 l !l, / /!  ! !l                                   | 三三三|     |三三三三三 | |三
三:/:三Zzヽzヽ :l l / //ヽ、l l           _                         | 三三三|     |三三三三三 | |三
Z/`ヽ、三 ヽ、zヽ/ /'三lヽ,zヽ、          / 7ヽ、                      | 三三三l、   ..|三三三三三 | |三
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィz、三ァ ヽr-──,   /!/三/Z/      r-‐、_              |三三三三!    |三三三三三 | |三
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,ノ /三/Z/}     l 三Zl     _,.i  j-vh, .|三三三三l7.,_ .::|三三三三三ヲヾ'三
三|Zヽ/三l Z\ t7/Z/7三三lZヾ7三ヽ三Zん'三/Z/7     j三三l   /三ゝ l三Zl .|三三三Z!.|三,ヽ,j三三三三三三Z!三
!ソ、_/三Z\三ZVZ:://三三l 三l ヽ三ヘヽ三>‐'"Z//       .l三三 l  /三三! l三三ヽ!三三三 ‐|-三 /l ̄ヘ三三三三i:三
\三ヽ、三Zヽ/ヲ>//三三l三シ Zl 三Zヽ´三ヽ/シ r─-.,__,「三三Zl /三三゙l .l三三三三三三ヾl !l三ノ三;l三zヘ..r‐─‐-, 三
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z`三三三V三三三三三三,/!.!ll ,.ヽ三:l三Z:ヘ!三z三l :三
::::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`ー―――──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽZ:l!三三ヽロ!ロロ! /
:::::::::lヽ/Zl三:ヽ三j-へ- , X -‐≪ 三l l三三三三ヽ,/j!-<三/ jl  !          〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽZ:/::::::
::::::::::>-,ヽ三_l/:::::::::l:::::lZlヽ三三三V,> 、三三三'"^l_,.j_,/   '            ,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄/:::::::/
:::::::::!::::::::'ー.,_Z!j::::::::::::::l:::/-‐'゙ゝ、三l/ヽ,-' >‐- 、三三/ _  r─- _,       r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|\/:::::
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|::: |::::::::::
:::::~ ̄`'::‐-z:-<:::::::::::::::::::::::_,:::-‐ , l:::::::::::lー::r - _::::::::_,. -‐":::::::::::::ヾ}:::::::::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |:: ,|:::::,::::
  ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ -─ - ─ - 一‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──- .,_  _,. -─< , . . . . . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
  __., -‐''"´       _,.    ,. -─< , . . . . . .- -───────一         -──── ─ ─ ‐ - - z .,_
 ̄                        _     ̄ "  _ ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
z=z_  - , . - r7     __,. -‐'´< _ , .... - ─ - , . -─ '''"~´ ̄           ' " ゙      z=z_,. -=z、  , . : ::
   _,.  - ──一' _   ̄`'⌒"` ,、 _,. 、 、 _ _,. ,:    "            _, .  -─ '"'^`'" ̄: : : :_,. -‐': : : : :::::::::


444 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:33:59 ID:.qUcwuEg

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |        こ、ここは……いったい……
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
.     {      u  |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |





                  ∧ ∧
                 ∩,,゚Д゚)       見てきた世界の情景とはどれにも似ても似つかねえなゴルァ。
                  ヽ   U
                 ~O- ⊃      この世の光景とは思えねえぜゴルァ。





        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,         仰るとおり。
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 .イ
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y         ……ここはアレクソウルの作りだした夢幻世界。
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ
    i.从.   .   '、_ンイi    .|         現実世界とは隔たれた異世界よ。
   〈i. ヽ、 ,.、  u / 'イ   i
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i

445 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:35:10 ID:.qUcwuEg

            l:l:メ/     `丶、> )r‐;;{(薔)};;;;;l,j ,ノ
            l:l:l/`       `乙ヾ'´Tfiイ`'7 _,フ
            l/l `ー- :::::::::::-‐',二lZ_ヽ,l;;ll;;;lJ^ r>l
            l:.l ,ィー。、::::::::::: ,イ;:;゚ヾ'、レi;;H;;l r‐‐'リ       よ、よくわからないけど……
           ,rゝ!fぅ;;j:ト ::::::::: 'ぅ、;j:.:! 〉 ,rラLl-i、:./
           //゙',丶-'  ,   `ー'′/'´  lr lノ        カナ達は引きずり込まれたってこと……?
           // r:l            ι  ノ三ミく,
           l/ ,jミゞ、  ヽ      _,fー-ミ、_}
             }二Zl,丶、 __ ,. ィラ´ノ、_r―z人_
            ノ三7'"´とミ===彳 ノ ミミ==j  ヽ
    ,-、     ヾニフ,ィ",イiliト-、、: :l そ==、_ノ    l
  j,二、`´L、   ノ「〈f´//l! lト、 ヽ、:j `ーミt- '    l
  У--、`ト、⌒)ーニヘ lヽiノ: :l|l、,l|l、  ノリ ,ィシ'´  r―-、 '、
  { ー-、)' } /     l __ト、ll|l^lll|lヽノイ (,_ ___``   ,)
  ', ー-、)ノl l )   _tz_j-‐-'ト、-―‐'--く、/  __,ィ,ヽ、/



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _」_ハ  /! _ハ_ハ. !-'「                そんな不安そうな顔をしないで。気持ちはわかるけど……
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i     脱出する方法だってあるんだから。
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //



           //.:.:.  -―――- 、:.:.ヽ '
        //:.: イ 〃|     |! l \:.:.l!
       {{水}}_Lム⊥.. |l |l斗+ ト {{水}}
       | 从 | | ハ.ハ || | l」_| ハ |从トl
       |,イ l\|イr'ぅト、ハ.ノ'´トr心 j|| |        どうすれば……?
         i 从ト 弋__ノ ::::::::::: 弋__ノ 〉|| |
        ヽ|ハ             l ! |
         |.l ト          u  イ | :|
          | | |>  _ ^ _ イ、| |  |
  ,. -――-  |,.| |:l \:.:.:∽:.:.:.:./  l ト、 |_, -――- 、
 {:::::::::::::::::::::::::::l.:.| |:l    ー介ー '  , /.:.:ハ::::::::::::::::::::::::::〉
 ヽ:::::::::::::::::::::::l.:.:.| |:l ~~~~~/ /.:./.:.:.:.l::::::::::::::::〈 ̄
   ̄ ̄〉:::::::::l.:.:.:.| |:ヘ    /  / /.:.:.:|:.:.:.:.:.l:::::::::::::::/
.     〈::::::; イ.:.:.:.:.ヽ|:.:.:ヽ {勾} ´ノ.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l\::::::/

446 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:35:26 ID:.qUcwuEg

          _,./⌒´入`⌒\,_
       _, /_,_ __,/ @ \_,_ _,ヽ
      <<,イ-´⌒`,~ ̄~´⌒`-、>>        ここは 『夢の』 世界。眠りについた何者かの夢を、
      `iノ iイ-,__iヽル´i__,-Yiイ|
       .(イノi ( i,__i   |,__i )iノy)         アレクソウルは開拓しそこに世界を作る。
       ノノゝ`i""     ""i´ノ 人
     /`ゝiノイ ゝ、  ̄ ,. イノ(ゝヽ           逆に言えば、夢を見ている者を目覚めさせればこの世界は閉じる。
     <_⌒`イレイ_'/⌒つレイノ`⌒_>
        /⌒./ 、ン)イ⌒ヽ、



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ \  k-、 }_}ハヽ         さっぱり意味がわからない。
    |i|从 ( ー)  ヽヽヽl小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_r-'、ヽヽ-、
      V j  u    ` ヽ   ',
         ヘ,、 __, イ  \  ',
       r<';::::::ヽ /y/、l    }  i
    ζ  }}:::::::::::ヽ':::::::::ヽ  l  .|
   く´ _,ソ':::::::::::::::::::::::::::::::}  j   l



                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
            !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\         説明を聞くよりも周りを見渡してごらんなさい。
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
                /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|      夢の世界をよく見れば、ここが誰の夢なのかが
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|      まずわかる。そうすれば、話もわかりやすくなるわ。
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ

447 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:35:39 ID:.qUcwuEg

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
        ( (● )     |            周りを……?
        (人__)       |
     r-ヽ           |
     (三) |     u  |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |





                       ∧ ∧
                       (゚Д゚,,)          …………
                      ノ  |
                   ~O,,UUつ















               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |           おい……この光景は、まさか……
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

448 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:35:52 ID:.qUcwuEg



゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ー)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `



              | ┛┗ | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'| ┓┏ | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。




449 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:36:03 ID:.qUcwuEg



゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

 \    \
  ヽ\、  ^\
\ .\\ヽ、   ^\、
 \ .\\ヽ \    |\
  \. \  \ \    λ\、
   \  \  \ \      \、
    \.  \   \ \      ^ー)\
     \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
      \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
       \.  「\    、  ヽ./ -   \     |
        \ \ \    ヽ./ ( ●)  (●)    て
         \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
          \  \ ^|       ` ⌒´    |   r'"
            Z_ . ヽ、_\           /   て
             Z_   .\______/    (
               Z_               r'"
                 Z、、            (
                  ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^



                  /     ____     ヽ     \
                  //  ,. ´: : : : 、: :`   、 ',   ./
                 / / /: : : : : : :|: : |\: : : : \}    /
             / /'´: : |ヽ: : : : ハ斗―ヽ‐: : : :\ .イ
.            / / : : l|,.|--\:/  〃´ ̄`\: : } : }|
           / /: : : :∧|       fいハ  Ⅳ∨Ⅳ
       ___ \.|: : : / |〃⌒       弋t:り  {: :,ゞ-ミ、
.    ∧ |: : : : :|   | : : : : |{ fいハ      ‐  "∨  ノ: \
    /: : ∨: : : : :|   |∧ : : | 弋t:り     -- 、u /  /― 、: \_
.   /: : : : : :/ ̄ /:\ .!:\:ト、   '´ /     | /  /    }/ }ー―
  |: :∧:/  /: : : :| |: : : :iム"   〈      j./  /   /  /: : : : :
  |: :{       〉: :〈 ̄ ./: : : :ハ:\ __\__ //  /--、/  /` ー―
  ヽ: \   |: : / ./: : : :/  }: :{   {:{  {://  / : /  /ハ\
    \: `ー┴‐: ´ : : : /  /: :∧  ヾx/:/   ⌒´   /:∨ {: : :\
     ` ー―‐、一<___,/: r┴‐ミx、_厶′      (_:_:_:_}__廴:_:_:_\
            \ : : : : : : :人          - 、            ノ: :
.               ̄ ̄ ̄ /: 》ー┬‐-、     \    `丁丁丁、´\ :
                    /: :/___|,.-人:ー一\      \__,{:_:_\
                |: : i\  { : : ゝ-\: : : : `:ー‐ァ、      ):\
                |: : レヘ〉 >t-イ/|` ー一<.  ` ー一 ´ヽ: : :

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。




450 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:36:14 ID:.qUcwuEg



゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        / _ノ  ヽ\
       / (●) (●)\
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (⌒)  (⌒) \
       ヽ   L u 、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。




451 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:36:31 ID:.qUcwuEg

             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /       問いかけるわ。
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
    /    く/.     \  、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|         ここは誰の夢だと思う?
   /.:.:   く/        .rイ\__ .   へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       ……………………
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ            やる夫……か?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l




     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´            そう……現実世界でやる夫はアレクソウルの亜術に捕らわれ
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',
  r'、_,' iイノ',    σ   ノリ 'i,              永遠に近い時を眠り続ける生きた屍となった。
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、    (`ヽ,i//〉      そのやる夫の見る夢に、アレクソウルは根を張った。
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉    >   <
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,   `ー´`-´
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>    ::                             真相はおそらくそんなところよ。
 .:: ::  ,kー,'    〈k   ',´    :: ::   
 ::: ::: く//   y〉γ⌒ ',    :: ::
  ::...::  ,<_、__、_〈k ゝ,__,イ〉,   :::..:::
     `ー,ー,~~,ー,~´
       ー´   ー'´

452 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:37:34 ID:.qUcwuEg

         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ  /! _ハ_ハ. !-'「                  あなた達が氷漬けの"幻獣"と称したあれこそが、
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i       "幻魔"の名を持つ3大魔生物最悪の存在。
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´             ……もう、一緒にしないでね。すごく嫌だったから。
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //
 !  ',  く:|      '、ー‐r=/    |::>   i'  i



      __
    / ~\
  / ノ  (●)\        それは謝るけどさ。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \ ι       |           ってことは、あの氷漬けの――幻魔の前に倒れていたやる夫は……
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 イ       死んではいないはず……だが、目を覚ましもしないでしょうね。
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ         彼の描く夢に居座るためにやる夫を眠らせ、
    i.从.   .   '、_ンイi    .|
   〈i. ヽ、 ,.、  u / 'イ   i         アレクソウルはこの地に姿を現した。
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´       ……ナルシェの人々や、侵入した魔物の魂を食らいながら。
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i

453 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:37:57 ID:.qUcwuEg

        , ヘ─-  、
     ,.  ´/r==z\   `丶、
    / ___/_{{ ='_,._ノ\   __ ヘ
  _ノ升!    >r- 一'く´  / ー 、
  ド 、__ ,>´:!:::`ー─ '´:Yく_,./          何人もの魔物や人間の命を吸い取り活力とし、
   |   ! __」Lメ、 升─-::| ! |
   i´::.:ド 、|-  Yナ ` !:: | !  ,             何も出来ずに見送るしか出来ぬ者の恐怖を嗜み、また活性化する。
   〈:: !::|リ ==   ===j:: :| i  ハ
   |ゝ:::ヽ   ′  u j:: : !    i         心ある者の苦しみや絶望こそが幻魔アレクソウルの悦び。
   |ノ`:: :>-  ̄__,. くヘ::.ハ___ノ
    Ⅳ:: :: (!三r_!:::::Yzi ::iリ人!リ
     \::ヘーとj   j i!ノ
       ,ヒ -‐\__,<Z!
      (__(_____(つ



|     {           斥==!=
!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__ :::\/ -‐ty‐‐-、/   !
 ! { ii!'  :::::::::::::::: _ii!__,, / ./   ハ      そんなことのために、この町は……?
 } !  ̄´         / /  // !
. ノ  )         u  フ!  〃  ヽ
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}



        _,. -──-- 、_
      ,. '"   /\     `ヽ、
     ,' ゝ  / @ \  ノ   `ヽ,
    r'y、/⌒y'へ-'⌒i' ̄ヽ_,.へ_  ',
    とヘ_,.'-─'´ ̄`ー-^ー-、_i `ヽ、l
     i ィ ./-iーハ  ハ─i-ヽ、 ヽ、Y^ヽ           不幸だったとしか言いようがないわ。
    イ i イr!テ!、ヽ、! ,rテ=ォ、! ハ ノヽノ  
     レ ヘハ' 'ー┘   'ー--' 'ン レ'   i  :             世界崩壊に直面し途方に暮れる人間たちに、
      i .从.   `     u ハ i   ハ  :、
      ハ |ノ>.、  ̄` _,.イ ハ .|  i  〉 : ::           アレクソウルの毒牙に抗える精神力があるはずもない。
       )ノ/ヽ、  `i,T7´ `|/ `ヽ、ハ (   : ::
       }`ーy´ヽ (><)、/  、y__,_.!Y    :: ::         まして、こんな近くに奴がいたのでは……
       く ̄/   ハ-ハ´    }-∞-{  ::: :::
  ,:      l´i    (i     〈、_,.、__ゝ ::  ::
  .' :      i ゝ、___,.-'!ゝ、.___,..イ,.-  !7::.....:::
 :: ::    ,'___  i ヽ,ー--く ゝ/   ,'ー\
 ::  :::   /へ_ `ヽ!/i  ̄ く7/´ ̄ヽ/ヽ,_/_ゝ 
  ::  :::  l/⌒ヽ-」 ハ   r/⌒ヽ、_/、  Y

454 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:38:12 ID:.qUcwuEg

     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ        やがて絶望に心を塗りつぶされた者は、
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',       アレクソウルが望むままその心に忍び込むことの出来る傀儡となる。
  r'、_,' iイノ', u  σ   ノリ 'i,
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、                                  ――さっきの人間を見たでしょう?
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            /  |  ヽゝ     三三三三三     「 |.|
        /     !   |            j        l   !. |
       ,ム / ./|   ヘ                 ,!.  l  |
    ,'⌒V ヘ V ./ !     ∧      , -r r ┬ 、    ハ!. .l  !
 , ⌒ヽ  ',/∧∨ ∧  斗一 7  ̄ ̄ ̄`  ー 、 / |.  |  |
 |   !   '  \\> ´                    \   |.  |  |
 l r‐、A f⌒r'ヾ  ヘ ヽ  __,ム-一 ヤ下こ ̄ ̄,.ィ爪 ̄`  j  .j  l
 弋_ノ `ー ' }}   } }⌒′ | ./ ∧ノ        ∨\/  /  l
     _ _,rリ   / / ∧  ∨// ハ        /   /  /  |
   _,/   ヽ // / ∧  ∨ハ  \     /   /  /.\ |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



     / ̄ ̄\
   /    _ノ三\  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)           …………
   |      (__人__) /;;/
.   |  u      ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

455 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:38:46 ID:.qUcwuEg

          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」ノレ'i,ハ_ハ__ /!   Y7       私が確かめた時には確かに自我があったのよ。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ |_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(        それが、アレクソウルの好きな時に意識を乗っ取れるほど
    ,'   / '|       , !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、 u          ! |ハ           その心をすり減らされて……可哀想に……
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,  ⌒ _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ
         〃/ _ノ ソ ,/,      l i|       聞けば聞くほどムカっ腹の立つヤローだお……
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ        そんな奴がやる兄ぃを縛りつけてんのかお?
           ヽ、 u iノ lノ/ j ,/
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \



        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 イ       ええ……仲間を失う痛み、大切な人を守れなかった嘆き――
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ         それに耐えて強き芯を持ってきたのがやる夫。
    i.从.   .   '、_ンイi    .|
   〈i. ヽ、 ,.、  u / 'イ   i         そんな彼の心に、魂に根を張れば、盤石の夢幻世界が作れる。
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i

456 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:39:03 ID:.qUcwuEg

          _,./⌒´入`⌒\,_
       _, /_,_ __,/ @ \_,_ _,ヽ
      <<,イ-´⌒`,~ ̄~´⌒`-、>>        この世界のどこかにアレクソウルがいる……
      `iノ iイ-,__iヽル´i__,-Yiイ|
       .(イノi ( i,__i   |,__i )iノy)         奴を討ち果たさねばやる夫が目覚めることはないでしょう。
       ノノゝ`i""     ""i´ノ 人
     /`ゝiノイ ゝ、  ̄ ,. イノ(ゝヽ           だが、逆に言えば奴を討つことが彼の目覚めにつながると言えるわ。
     <_⌒`イレイ_'/⌒つレイノ`⌒_>
        /⌒./ 、ン)イ⌒ヽ、



                       _,...-‐‐
                 _,,.,_/ .く r'"´
                ,.---'´___,.-‐' @ノ |
          ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
         /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
          !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\        この世界の芯となっているやる夫の魂――
          / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
.          /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|      それにアレクソウルは巻き付きこの世界を創っているはず。
   __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
   \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|      奴さえ討てればやる夫も目を覚まし、この世界も終わるはずよ。
     \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
      `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
       \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
         \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
         r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
         \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \      要するにやる夫を探し、そこにいるアレクソウルを倒せってことだな?
        ( (● )     |
        (人__)       |      しかし、こんな世界で人探し、か……
     r-ヽ           |
     (三) |     u  |
     > ノ       /                 眺める景色が延々続いて見えるんだが……
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

457 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:39:18 ID:.qUcwuEg

     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´            東を見れば日の出を見られる世界とは異なり、
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',
  r'、_,' iイノ', u  σ   ノリ 'i,           ここは現実の世界とはまったくの異質。
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、    (`ヽ,i//〉     しらみ潰しに探しても永遠にやる夫の魂は見つからないと思うわ。
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉    >   <
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,   `ー´`-´
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>    ::
 .:: ::  ,kー,'    〈k   ',´    :: ::   
 ::: ::: く//   y〉γ⌒ ',    :: ::
  ::...::  ,<_、__、_〈k ゝ,__,イ〉,   :::..:::
     `ー,ー,~~,ー,~´
       ー´   ー'´





                 ∧ ∧
             ~' ― (゚Д゚,,)        あてのない旅をしろなんて言わねえよなゴルァ?
               し―し-J





            /ヽ._,,,...,,,__
          ,. -‐/ @ ':,:.:.:.:.:.:.`"''::...、
         ,.':.:.:.:,'-‐r-‐‐'、_ノ_.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
        ,ゝr,ァ'-‐'"´ ̄`ー-く二ヽ-、:.:.:.:.)
       i´:.ァ'´, !  !   ; __ i  `ヽ、>ーヽ、
       `ソ / ハ- ,ハ  /!._L」;、  '; i`iー-r'               ええ、手掛かりはある。
       i  ';  !,ァメ, ∨ ´iノ !ハ ,ハ!    '、
        '、. i ,ハ.! iソ     'ー'’ ,レi  !  ';  ヽ.          やる実、やらない夫、水銀燈、ギコ、金糸雀。
         )レ'ヽ!,,´ ' __    "" / i ';   i _,ノ〉
        ´く).ハ、 ヽ' `)   ,:' ;' .,ハ  レ'i_ノ  ,'´`ヽ.     あなた達が見てきたやる夫を思い返して。
         ( ;'  ,ノ>、,__,,. く ! ./_/V!_r'-'    !    ',
          `!/V´ヽ,.イ !_ /レ'  `'7ァ-.、     ',.   i
       '⌒ヽ.   ,.,.イソ l_//  / /ソ:.:.:.:.ヽ.    !   !
    (`':、      `r/:.:.}! /ムヽ   , ,イ/_;,:.:-‐-''i、_,ノ   .ノ
  ,.-‐'-、 ヽ、、_  /`'ー}レ'(ハ)ヽ、rイ/:i  _,,,...,,,_ソ`' ー ''´
  >ー‐ ソ ハ`ヽ.`/:.:.:く/L>.:.:.:´:.:.:.Y''"´    〉
  'ー‐'ソ (_,.イ! i:.:.:.';i:.:.:.:.:.}{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;L__,,..-r‐ァイ__
    i'r'´:::::!| ;:.:.:.:.ゝ、;__;}{、:.:.:.:.:.:.:.:;.:イ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ソ

459 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:40:19 ID:.qUcwuEg

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|        俺達が見てきたやる夫……?
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
        / ミ)     u /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



          _,./⌒´入`⌒\,_
       _, /_,_ __,/ @ \_,_ _,ヽ
      <<,イ-´⌒`,~ ̄~´⌒`-、>>       アレクソウルの作った虚実入り混ざるこの世界――
      `iノ iイ-,__iヽル´i__,-Yiイ|
       .(イノi ( i,__i   |,__i )iノy)        されどあなた達が見てきた"真実の"やる夫。
       ノノゝ`i""     ""i´ノ 人
     /`ゝiノイ ゝ、  ̄ ,. イノ(ゝヽ          それを見据えることがこの世界を歩く道しるべ。
     <_⌒`イレイ_'/⌒つレイノ`⌒_>
        /⌒./ 、ン)イ⌒ヽ、



      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
     / /" `ヽ ヽ    \
   //, '/     ヽハ 、  ヽ
   〃 {_{  ― u リ| l    l i|            やっぱり意味がよくわかりません。
    レ!小l) ( ¬) 从|、 ノ 、 i|
.     ( 、,、_,⊂⊃  |ノ\ リ |ノ
     ヽ、     j /レ j ,/
       ヘ,、 __,イ  -‐/イ
          --ヽ`ー'::::::\
       厂´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
      /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

460 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:40:45 ID:.qUcwuEg

             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /       ……みんな、見える?
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
    /    く/.     \  、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|         あの光が……
   /.:.:   く/        .rイ\__ .   へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒



        / ̄ ̄\   ,
     /  ヽ、_  \  -
    (●)(● )   |  `            ん……?
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /




461 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:41:12 ID:.qUcwuEg

                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
            !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\           やる夫の見ている夢が放つ輝き……
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
                /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|        あれを追いましょう。誤った道さえ進まなければ、
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|        きっとその先にやる夫がいるはずよ。
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )          あの光を、か……
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ
.  |  u      }
.  ヽ         }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |





                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

     ①かがみとやる夫の『友情』の記憶                 ②キョンとやる夫の『尊敬』の記憶



                              >>462




462 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:42:41 ID:1KtjI0IM


463 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:42:50 ID:bZmS70m.


465 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:43:25 ID:WeC2ymj6
1

464 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:43:26 ID:.qUcwuEg

             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /       みんな、行くわよ……
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
    /    く/.     \  、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|         やる夫が歩んできた足取り、記憶――
   /.:.:   く/        .rイ\__ .   へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ      あなた達もよく、彼のことを思い出して。
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒



              ___
          ,  ´ ―――   \
         //.:.:.:.:.:.:.:{包}:.:.:.:.:.\ ヽ
           //.:.:.  -―――- 、:.:.ヽ '
        //:.: イ 〃|     |! l \:.:.l!
       {{水}}_Lム⊥.. |l |l斗+ ト {{水}}
       | 从 | | ハ.ハ || | l」_| ハ |从トl         やる夫……
       |,イ l\|イr'ぅト、ハ.ノ'´トr心 j|| |
         i 从ト 弋__ノ     弋__ノ 〉|| |
        ヽ|ハ             u  l ! |
         |.l ト           イ | :|
          | | |>  _ ^ _ イ、| |  |
  ,. -――-  |,.| |:l \:.:.:∽:.:.:.:./  l ト、 |_, -――- 、
 {:::::::::::::::::::::::::::l.:.| |:l    ー介ー '  , /.:.:ハ::::::::::::::::::::::::::〉
 ヽ:::::::::::::::::::::::l.:.:.| |:l ~~~~~/ /.:./.:.:.:.l::::::::::::::::〈 ̄
   ̄ ̄〉:::::::::l.:.:.:.| |:ヘ    /  / /.:.:.:|:.:.:.:.:.l:::::::::::::::/
.     〈::::::; イ.:.:.:.:.ヽ|:.:.:ヽ {勾} ´ノ.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l\::::::/
      ̄ l.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ーrォr<:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:l   ̄

466 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:43:45 ID:.qUcwuEg

        ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
              `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
              `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                \ ヽ,           /   ./                  /
                ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
    ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
  ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
               -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
     ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
   .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
  /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
 '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
     /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
    /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
   ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
          ´⌒´










467 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:44:54 ID:.qUcwuEg


【BGM】



゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

          ノ;/〃. . ./ . . . . :|. . . :/|   |: :| ∨: : : :i.. . . \:: : : :ハ_
          '"  / . . ./. . : : -‐|‐:- / |   |:.:|  |-‐‐-:|:: : : : :.ヘ:: : : :}::`ヽ、
             /: : ::/: : : : : ::/'| :i/  |   |: |  ||: : ::|:: :i: : : : ヘ:: : :|:.: : :}
           j: : : :l': : : : : :/ | :l   |   l:.|  | |: : : l:: :|: : : : : ハ:: :|: : : :|
           | : : ::|: : : : ::/._| :|_、  |  j/   l |: : /、:.:l: : : :.、:. :|:.:|: : : :|
           |: : ::::|: : : :;ハマ弐テォ、       ,__|::/_ ∨: : : : :ト、:|:リ::.: : :|      あら、やる夫。遊びに来てくれたんだ。
               |: :::::::|: : :/`| ! V:t::j:|        ミ三彡 /、:\: : :|::.:/::i:.: : :|
             |: :::/'|: :/:ゝj ` `-‐"          /_ノ:::: :\:|:/:: :|:.: : :|     随分と久しぶりな気がするけど。
            |:::/ |:/: : ::::ヽ、      '     / /::::::: : : : /:: : :|: : : |
          /三三ニニ=‐-、__,.-‐=ニニ三三;lィ´ /:::::: : : : :/|:: : : |: : : |
          |   ` ̄ ̄`ーr-r‐'" ̄ ̄´    |.ト-:/:::::: : : / |: : : :|: : : |
              |           | !        |  /:::: : :/ ̄゛`ー-ュ:|_:: : |
           |        | :        |,,ノ:::: :/ ,r-‐─.==ニ ̄ ̄
           ,ノ|        | : /´)     |:::: :/   / r-;‐--.、
        /  |       /´) :| / ./ / ).   |:/    { :/    \




       ____
     /^  ⌒  \
    (へ)  (へ )   \       ちょっち近くを通りかかったもんでね。
   /⌒(__人_)⌒::::::  \
   |   ヽvwwノ     u  |     ……わりーけど、ポーション貸してくれんかお?
   \   `'ー'        /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

468 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:45:27 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

.       /: : : : :| : : ;ィ|: :|   _∨-: |: :: : : :.|:: : : : :|;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;ノ~
      / : : : : ::| : : :| |:.:{-‐'´ ∨: :|: ::: : : :|:: : : : :|;;;;;;;;;;;;;/~´:: : :
.     /: : :;ィ": ::|:. : ::| ヽ|____  V: |: :::: : : :|::: : : : |;;;;;;;;;/:i:: : : : :
.      |: :;〃: :::::::|: : .::| 〒テ;ヤ7 ヽ|: :::: : : :|::::: : : :|__;ノ:::|: : : : ;:
     j: ://: :::;i::::∨: ::|  ト-'::i ,'   |: :::: : : j:::::: : : : :|::|: ::|: : : : i:    久々に来たと思ったらそんな御用?
     |'´ j: :::::j|::::::::ヽ::{.  |:j:;リ,     |:::: : :./:::::::::: : : :|/:: ::!:: : : :|::
        |: ::::| |::::::::::::',`  `'"    |::: : /i:\:::::::: : :|: : : : : : : :|::     レディの家に上がり込んできて失敬もいいとこだわ。
       ∨::{ ∨:::::::;ノ          |::::/ j:;r'´\:::: : |:: : : : /: :|::
        ヽ:| ∨:::ヽ、         |:/ ´    ノ:ヽ、:|: : : :/: :;ノ::
         `  ∨::::|:ヽ、  r_つ  ´  ,ノ`ー'iヾ: ::j:`: : :/: :/::::::
             i:ヽ{: :::::`ー--‐ァ‐ 、'"     {:;アフ: : ::/: :/i::::::::
              |: : : ::::::/:::ハ::;ノ  ,イ〉    / /: : ::/: :;人|:::::::
               |: : : ::::/,-'‐'´  / ´    / /: : :;/: :/ ハ::::::
                |: : : :::{〈. ||   j-─‐-/ /: :/:: ://  ,〉::::


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\        いやー、その……ニケアからこっちまで渡る際に
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |       |++++|   u  |        金全部使っちゃってさ。薬買うカネもなくって……
  \     `ー''´    /



〈:::::::::,':::::::::,' ハ  、,.ハ / ./ | l  v l' _.,、 l  ハ  ヘ
 '.、::,':::::::::.j ハ   /゛'メ.、/,, |.,' ,,、.l'.l゛.'.,  l   l''-,.ヘ
  .〉:::::::::.l l.   /l / ./  .!'   .',|  ',.  |   l:::',.ヘ
  `'.、.:::::|./i!  j l/___       ___ .',. |   |/
   | |`.'メ::;|l.  j.≠≡气.     气ミ≡.', j i  |        言い訳は結構。ほら、こっち来て傷見せなさい。
   | |. ',  ,.l .j.              ||/ .ハ |
   | | ',. '、l l.               レ'|/ .| ',.j          肩の具合が悪いのは見て取れるわ。
   | |  ',  `llー、.    , ‐‐- 、   ,,.イ|  .| リ
   | |.  ト   ヽ.l.'': 、 .ー‐―_.- ' :イj  i!.l  ,レヘ            薬塗ってあげるから、ほら早く。
    |.|  ||',.   ハ.l  ,ノ〕` ̄〔ヽ、. j/ .,'|j
.   |.|   .|| ',.   ハ/  '.,, -‐-J `ヽ、' .ll
.   l.l  .|| ',.   ハ.   ',.   |  ././メ.
   l.l.  j! ,λ . ハ.、   ',  |  / // l  j
.  ||   j!.,.' .',   ハ、\  ',  | ./ // l  jヽ.

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

469 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:45:39 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
        ____
       /    \
.    /          \               …………
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



   ///: : : :/: : : :/: :/ | ∨: ::ト、: : : :ヘ:: : : ハ:/::::r、::\
  '"  j: : : /: : : :/|-/‐' | ∨::|ーヽ:‐': :|:: : : :|:::::::|::|:::::::;〉
.     |: : :/: : : :/._|:/__、 |  ヽ:| ,__ ∨:.:|:.: :|、:|::_::」::|:/
    |: : :j: : : :ハ マャ==ォ、    ,ォ===ァ∨: : :|::` :|: : :|
    |: :/|: : :/::ハ 弋zク    弋z;ク, ∨: :|、::.:|: : :|           …………
    |:/ |:.:/:i::::::} "   ,      j´|´|ヽ:|ノ::/:: : :|
    '"  |/: :|::::::i:、    -‐' _r‐'´ ,ノ:: : :;/:i::. : :|
       | :::|:::::|:::::;>‐-r-.::/´`ヽィ'´:: : :;/: ::|::.: : |
       | :::|:::::|:::/" {-、 〈" .‐-{::: :;/ヽ、:|:: : : |
       | :::|:: :l:/ ヽ `‐-‐{     〉:/   }:|:: : : |
       |: :::|:.:/   :}    〈     {´    |::|:.: : :|
       |: :::!/   ::|  '" |    〉'"   {::|::.: : :|
       |: ::〈   ::/|    }     i::..    |::|::.: : :|










       ____
     / _ノ  -\
    /  (●)  (●)          ――すまんお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |      急に上がり込んだ上にこんな用事ばかりで……
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

470 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:45:52 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/      へえ、あんたもそういうの気にするんだ。
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//      やらない夫に借りたお金も踏み倒しっぱなしのくせに。
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |



     ____
   /     \
  /  ─    ─\         それはオメーにはカンケーねーだろがお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
| u    (__人__)    |     お前には借りた薬だってちゃんと返してるしな。
\     ` ⌒´   ,/




 / ´ ./:.:.:/:i:.:.:.:.!:.:! .!:.:.l、:.:',:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:〈:::::::ヾ::::::::::::::::`::...、
    . /:.:.: ':.:l:.:.:.:.l:,:l  ',:.:l ゝ:=-、_:.:.:.:',:.:.:.:',::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::}
    l:.:.:.:イ:.:l:.:.:イ:.l  .',:.! ヽ:'.,ヽ:.:`:ーl:.:.:.:.l:::::::::::::',:::::::::::::::::/
    l:.:./ l:.:l:.:.:.:ハ:!   .ヾ  \_,,xzぇァl:.:.:.:.l:::::::::::::::l:::::::::::::/
    l:/  l:.ハ:.:.ヾ≧.、  ヽ,ィf::::::ひ7:.:l,:.:.:.i‐.::::::::::!:::::::::/        そのくせそんな下らないことを気にするんだ。
    !'  .l:lゞ:. l:.:V心      !ゝイ,ハ:l ',:.:i }_...:::::夲、〆
       !' ヾト:、ゞ"      ゞー''  .}' ソ ノ:.:.:.:.:.:,':.:.l ',       何? ヒモみたいな自分が嫌になっちゃった?
            }.从  '、 ,      ,夂匕/:.:.:.:.:./:.:. l:.:',
           .个:..._   _ ..イ_/:.:.:,:':.:.:.:. ,イ:.:.:.:.l:.:.i
           i:.:.:.:.:.:i:`Tス   V:.:.:/:.:.:.:./!:!:.:.:.:.:l:. !
            !:.:.:.:.:.:!r'´:/} ./': ,.:':.:.:.:.<  l:.:!:.:.:.:.l:.:l
           ,.:.:.:.:.:ィ'::::/ ̄ソ´:/:,:.':,.::'´,.:-ヾ: l:.:!:.:.:.:.l:.:l
            /:.:.:.:.:/i::::l  /:::::/:/:,.:':/    }l:.:.!:.:.:.:l:.:l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

471 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:46:03 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \         ヒモってほどオメーにゃモノ出してもらってねーお。
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |      そんなクチ叩くならもっと豪快にサービスしろだお。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



        \、
      ___>` ー---|`ー -- 、
    ,ィ´ ァ:.: : : : : : : :.:.:.:|: : : : : : : \
   / / : /:.: /: :.,イ: :./|:.!: \: .:┛┗<⌒ヽ
    /:/: :/: :./___/ !: / .|:.|l: .:__ヽ┓┏.:ヽ\ \
    /イ: :/: :./´:./` |/  |:.||ヽ: :`ヽ: : :.ヽ: :} \{
     /: :.': :.:i: :./  |   Ⅵ  \: :|: : : :.∨ /           擦り傷に塩。
    ': : { : : |:./ ,_        _, ヽ!:.:: :.|:.:|ィ´
    |: :/|: : :|イ ィ=ミ    ィ=ミ } : : ト、!:|
    |;イ: ! :./`|           ム : : |:/: |
      |:|.:V:l`ri^i     、__,     .rvィヘ : |: : :|
      |:|: : :l: :〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /:.:.:V: : : |
      |:|: : :l:/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}:!: : : :|
      |:|: : :l{.  /   /:.:l ./|   |: :/  |:l:.:. :.:.|
      |:|: : :l| /   ∧:.:|/:.l  |:/  .!:l: : :.:.|



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)          いてEEEEEEEEE! オメーやっぱドSだお!
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |       鬼女のアダ名はやっぱ間違いじゃなかったお!
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

472 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:46:15 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

.         /{,ノ\:.::/: : : : : : :/: ::|: |  |  \: : :.、: :、:、.. .\
        / /:l   ∨. .;'. . . ../:: :/|: |  |  -‐∨: :|:::.:|::ト、: :∧
.      / |: |   /.../. . .:-;'‐:;/ |::|  |  ,__ ∨:l::: :|::| \::|
     〈.  |: |   /:.:/: : : :/:/__.、j;ノ   ,ォ弐ア∧:::: :|::|    `
       \|: |\//l: : : :/'マ弐テz   ´|):t::|,'ハ ∨:::|ノ    私を最初にそう呼んだのもあんただったわね。
        |:::|: :´:\|: : :/ l V::t::;|      ‐-"l,ノ ヽ::|
         |: :|: :|: : ::|: :/   `-‐     '   〉、  `       あの時は小さかったから、怒って殴り合いのケンカしたけど。
        |: :|/:|: : : :::rl´l´l`ュ"    -‐  ,.イ:: :\
       |::/: :ゝ:: : ::l `    ̄`ヽ:‐-r‐<、 l:::: : : :〉
       l/: : ::::人:: ::\__   ,} \_,/ 〉|:::: : :/
        |: : ::::/ 〈 \: : : : : |   |、,.イ:::l、/ ノ::/;/}
         |: :::V  {  `ヽ: : ::|   |  |:::| /::/'´ 〈



          ____
        /      \
       /  ─    ─\       しかもオメー当時からバカ力だったしなぁ……
     /    ⌒  ⌒  \
     |  u    ,ノ(、_, )ヽ    |     目に親指突っ込んで殴りぬける容赦なしっぷりだし。
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く



        / /  /   / /{ ヽ\    \ :::::| |::: /
.      , ′, イ  !_」  / / |\_,.斗‐‐   \」 ∨
.       / ,ィ:::::/  l |`/{:/   !  \j\   \> V
      // ̄,′/ レ1イ {!     __  \   ヽ {
         | ハ  }  ___    ≠≡气 レ 、  } !      昔の話よ。今じゃあんたの方がよっぽど力も強くて、
         レ′{ |ヘ ≡キ          ,..ィf\ノ |
             レ'V{    ´ --、  /冫   }  !       本気でケンカしちゃったら私は敵わない。
           |  | ` tz‐-「 __ノィ仏/    ム: |
           | /  |_r'´:/ /::::::ツ / イⅥ: |      毎日あんたとどつき合ってた昔が懐かしいわ。
        /{ィ彡 /| 爪:::::::::Vー/::::/ //≧ i:|: |
          と彳 / l∧ヽ\:::::l /:::/  /仁三三i:: |
       /  `∨  } \\\i::チ  ///   }|:  |
       i   __ノ ,.ィ′{  \\,イ / 《     〈l::  |

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

473 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:46:28 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

   ///: : : :/: : : :/: :/ | ∨: ::ト、: : : :ヘ:: : : ハ:/::::r、::\
  '"  j: : : /: : : :/|-/‐' | ∨::|ーヽ:‐': :|:: : : :|:::::::|::|:::::::;〉
.     |: : :/: : : :/._|:/__、 |  ヽ:| ,__ ∨:.:|:.: :|、:|::_::」::|:/
    |: : :j: : : :ハ マャ==ォ、    ,ォ===ァ∨: : :|::` :|: : :|
    |: :/|: : :/::ハ 弋zク    弋z;ク, ∨: :|、::.:|: : :|    帝国の横暴を止めようと戦うあんたややらない夫を追いかけて
    |:/ |:.:/:i::::::} "   ,      j´|´|ヽ:|ノ::/:: : :|
    '"  |/: :|::::::i:、    -‐' _r‐'´ ,ノ:: : :;/:i::. : :|     私もリターナーに入ったけれど……実感しちゃうのよ。
       | :::|:::::|:::::;>‐-r-.::/´`ヽィ'´:: : :;/: ::|::.: : |
       | :::|:::::|:::/" {-、 〈" .‐-{::: :;/ヽ、:|:: : : |     あんた達に出来ても、力のない私には出来ないことがあるって。
       | :::|:: :l:/ ヽ `‐-‐{     〉:/   }:|:: : : |
       |: :::|:.:/   :}    〈     {´    |::|:.: : :|
       |: :::!/   ::|  '" |    〉'"   {::|::.: : :|
       |: ::〈   ::/|    }     i::..    |::|::.: : :|



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       何言ってやがるお。お前がこうして、ナルシェに帰ってくるたび
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       やる夫を受け入れてくれるだけでも充分助かってるお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



           ____
         /       \
        /      ―   ‐        剣が持てなくても出来ることはいっぱいあるじゃねーかお。
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     そうしたかがみ達がいてくれるから、やる夫達だって存分に動けるんだお。
      \           `_⌒
      /           \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

474 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:46:48 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .      たた~かう~お~とこ達は、
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |       ふる~さとの~、お~んな達に♪
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l



       ____
     /^  ⌒  \
    (へ)  (へ )   \       たた~かう~お~んな達は、
   /⌒(__人_)⌒::::::  \
   |   ヽvwwノ       |      し~ん~じ~る、お~とこ達に♪
   \   `'ー'        /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

475 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:47:12 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /     \
  /  ─    ─\       オメーは『守るべき女』と言えるほどか弱くねーけどな。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/     あんたは『愛する男』と言えるほどの魅力ないけどね。
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

476 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:47:23 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \         ……ぷっ。
 /    _ノ 、_! ヽ u \
 |  u    トェェェイ     |
 \     ヽニソ    /



; {:::::::: | /::::::::::::∨ /: : : : : : /: : : : :/:.:| !: : : : : : : : \:::ヽl  ;
; ヽ::::: |.!:::::::::::: /: :{: : : : : //: : : : ,イ: :/ |:ト、 : : : i: : : : ヽ::::〉  ;
    \|l::::::::::::/: :,イ: : : : ィ7ー-、 / |: / |:.! ,X: : :}: : : : : :.V  ;
.  ;  /l、::::: / / |: : : :/ イ: : /  !/  l:.|´ ∨ |: : :i、.: : !
  ;  l: :l ̄ |/r‐、l: : :.//|/  u     |/__ ,ィ.: :|: : :|ヽ: : :!  ;     くっ、ふ……ふふふふ……
    l : :!: : :.:.{ ヽ.|:.:.:/ヤ乍牙气     斤ァ/ハ:|: : :l  \|  ;
  ; | : :!: : :.! ト、_.l/  {:辷.ソ       辷/{: :∧!: :/             わ、笑いこらえなさいよ……先に笑った方の負けよ。
  ;  | : :l: : :.l≦ミヽ ヽ ,,¨ ̄     ,.    }/:.:!:.∨|  ;
 ;  .l : : ! : /    \\\ ""._(^ーァ____,. イヽ:.!: :.:.:|  ;
    | : : l:.:,'     ,.ヘ_と}_}_}_]≧、  `ヽー┴‐-、:|
 ;  | : : l:.|    '"´       ヽヽヽヽ- 、      }!  ;
 ;  | : : l:.{                {:.:{:.:{:.{  〉      {  ;

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

477 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:47:39 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ……オメーはいつになっても調子変わんねえなぁ。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       周りに通じねえ笑いのツボがかぶるのは都合いいけど……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



       /;//: :;ィ´: :/ : : :j: :| |: : : | ∨: : : ::|: : : :i: : : :ヘ:: ;/;;;\;;;\
         '´ /: :/| : :/: :.:-‐i-:|、 V: : :|  ,-‐-、|: : : :|:: : : : :Y;;;;;;;;;;;;;>;;;;;〉
         j: :/ | :;/ : : : ;/|: :|  ∨: :|  ∨: : :|: ::: :|: : : : : |;;;;;;;,,ィ;;;;;;/
      (`ヽ、 |:/ _|:/|: : : :;/ _ヽ:|_,  \:{  ∨: .:ト、: ::|: : :/: :|;;/:l:|;;ノ
      `ヽ,ィ ^y´ 〉 |: : :;ハ マテ弍、   `   ,__ヽ::|_ \|:.:∧: :|'::: ::|:|       話しやすいならもっと話はずませなさいよ。
       r'´"ニ j::.j  ヽ:.:{:∧ V;ィ:;リ,     ミ弐彡"  |;/ }:∨::::: :j::|
      { ヘ ソ: }   |:i`:::::ハ `-‐"  ,           ,ソ|::|:::: : :/:::|     あんたが世界を巡って見てきたあれこれ、
      ヽ, "  ,ノ   |::|: ::::::::}、     、-‐ フ     ,ノ´  j;ノ:::: :/::: :|
       ノ "´/   |::|: : :i:::i:;/`ー-- _`ニ´-r‐''"´    /:::: : /::: : :|      お土産話はあるんでしょ?
        /   /   j:::|: : :|:.:|'  __,.ィ'"::;j  {:::;〉`ー-、_/:::: : /:::::: : :|
     /   /-‐-、_,|::::|: : :|:::|‐'´" / '´    /    /:: : : /、::::::::: :|
      /   /       ̄|: : :|:::|  /'´ ̄ ̄ヽ/     /: : : :/ ハ::::::: :|



    /:/: :/: :./___/ !: / .|:.|l: .:__ヽ: :.\:.:ヽ\ \
    /イ: :/: :./´:./` |/  |:.||ヽ: :`ヽ: : :.ヽ: :} \{
     /: :.': :.:i: :./  |   Ⅵ  \: :|: : : :.∨ /
    ': : { : : |:./ ,_        _, ヽ!:.:: :.|:.:|ィ´       ナルシェでじっとしてるだけじゃつまんないわ。
    |: :/|: : :|イ ィ=ミ    ィ=ミ } : : ト、!:|
    |;イ: ! :./`|           ム : : |:/: |       あんた達が時々元気に帰ってきて、そんな話をしてくれるのが
      |:|.:V:l`ri^i     、__,     .rvィヘ : |: : :|
      |:|: : :l: :〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /:.:.:V: : : |       私の毎日の中で一番の楽しみなんだからさ。
      |:|: : :l:/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}:!: : : :|
      |:|: : :l{.  /   /:.:l ./|   |: :/  |:l:.:. :.:.|
      |:|: : :l| /   ∧:.:|/:.l  |:/  .!:l: : :.:.|

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

478 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:47:50 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ー)  (●)\          そんじゃ、コーリンゲンでうろついてた帝国兵に
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    。`,⌒゚:j´     |       赤っ恥かかせてやった話でもしてやろうかお?
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ         村人いびってたから鎧剥いで素っ裸にして――



    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .      あはははは! やり過ぎよあんた!
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |       どうせその後、追い回されて――
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











479 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:48:10 ID:.qUcwuEg





          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」_/レ'i  ,ハ__ /!   Y7     ――若かりし頃からの友人は何物にも代えがたい財産。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ |_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ     '7':i`Yハ !(        そばにいなくとも記憶の片隅に常にいる誰か……
    ,'   / '|         ,  !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ      それが気付かぬうちに力となるのはありふれた話。
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(     やる夫はかがみに会いに行く日、土産話を欠かしたことは無かったと思うよ。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/       かがみから俺に届けられるナルシェからの報告手紙には、
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'        いつも元気そうなやる夫との語らいの匂いが筆先から感じられた。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

480 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:48:28 ID:.qUcwuEg

!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__  \/ -‐ty‐‐-、/   !
 ! { ii!'       _ii!__,, / ./   ハ          かがみ……
 } !  ̄´         / /  // !
. ノ  )           u  フ!  〃  ヽ       もっとあなたと、お話がしたかった……
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}



                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
            !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\         ……さあ、次の記憶が映るわ。
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
                /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|      記憶の旅はまだ始まったばかりよ。
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

     ①蒼星石とやる夫の『同志』の記憶                ②やらない子とやる夫の『約束』の記憶



                              >>482




481 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:50:44 ID:bZmS70m.


482 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:50:47 ID:1KtjI0IM


483 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:51:49 ID:.qUcwuEg





゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
         ____
        /     \
      /     ノ  \          やらない子……どうしても旅立つというのかお?
    /      (●)  \
    |         (__人__)|
     \        ` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ



       , ⌒ハ      ハ⌒ 、
     j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
      ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
      ル:::::γ::::::    ノy:  :リ         私は自由に生きる――
     Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )
         リ::::::::::::::      (          父さんの『ナイトのこころえ』だってそう言ってくれた。
       (::::::::::::::        )
         ):::::::        (           止めたって無駄だからね。たとえ兄貴の親友のあなたでも。
        (,(.(  ル リ ルリ いノ ))
            ):::   (
           /::::::::    ヽ
-───―――|::::::::::::::    \―──────
          |::::::::::::::      二つ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

484 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:52:17 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        止めはしないけど……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|        でも、旅なんかに出て何を……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



    ,. ⌒ハ         ハ⌒ ,
   i:::::::,ヘ' ⌒ Y ⌒ ^ヽ,r':::::::::j
   i:::::::(: : . .:: ::::..::::....::::.i:::::::::::I
    I:::::(,: :: :,.ヘ...:::..:::::..::::ヾ::::::::リ       私、強くなる。
   iリル:::::::ノ  ヽ、  ゝ,::::NY
      )::) (● )  )::::::::::リ       誰にも負けないぐらい、強くなってみせるわ。
     ( .( ― , ,  ハ:::::::ハ
      )ハゝ.    ,.( ( (
     ((:::( り  ∧ ' ).),)



          ____    ,
        /      \   -
       ─   ─    \ `
      (●)  ( ●)      \       やらない子……?
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

485 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:52:32 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

      ,-‐-、           ,rー-、
     j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
     ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i   .   、
     ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ  .;. '⌒ .、
      Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ ; (、   ノ    私は頭だってよくないし、兄貴のように国を支えられるような
        リ::::::( ( ー) (ー::(   ;ソ ;ノ '_ー´
.        ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) ) 彡 ´ ″         器にはきっとなれない。飾り物だけの女王様になんてなっても
         ) ) )、  ⌒ ノくハ(
        (,(.( ' ヘ   (´ ノ:::))                きっと父さんの大切にしてきたフィガロを守りきれない。
        ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
         /   ノ    Y   ヾ.
          |  ( ......    .....  i
         |  ヽ::::::.   .:::: .ノ
           ヽ   `ー──--r'う━・;.
            )`ー───、)))



  , ⌒ハ            ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ      だったらあなたのように戦う力をつけ、この身と力で兄貴を支えたい。
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) )           出来ることをやるべき……あなたの口癖でしょう?
     ) ) )、  ⌒ ノくハ(
     (   `ー───------r'う
        )`ー──────、)))
      i ......   ..... i /
       ヽ::::::.  .:::: .ノ(_rつ
       i ::::::::::::::::::(__(三)

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

486 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:52:44 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /       ― ヽ        強くなるったって……
      /         ( ●) '、
      |  u         (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ         サウスフィガロの北に高名な格闘家がいるらしいの。
    リ::::::( ( ●) (ー::(___
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )__   )      永江依久、っていう名前だったかな?
     ) ) )/⌒,  ̄ノくハ(/  /
    (,(.( '  /  い ノ:::)) /           私、その人に弟子入りしてみようかなって思ってる。
    ノ/)/  /ヾ ソ ̄(( /
     ,' /  /   Y    Y
     l:  /......    .....  i
     |,/.. ::::::::   ::::: .ノ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       箱入り娘のお前に耐えられんのかお?
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (●) |        きっと、血へど吐くようなつらい修練だって……
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

487 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:52:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

    ,. ⌒ハ         ハ⌒ ,
   i:::::::,ヘ' ⌒ Y ⌒ ^ヽ,r':::::::::j
   i:::::::(: : . .:: ::::..::::....::::.i:::::::::::I       乗り越えて見せる。あの年で王位を継いで、
    I:::::(,: :: :,.ヘ...:::..:::::..::::ヾ::::::::リ
   iリル:::::::ノ  ヽ、  ゝ,::::NY       それでも国を支えようという兄貴がいるの。
      )::) (● )  )::::::::::リ
     ( .( ― , ,  ハ:::::::ハ          私だってそれぐらいしなきゃ、あいつに追いつけっこない。
      )ハゝ.    ,.( ( (
     ((:::( り  ∧ ' ).),)



                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/     あなただってそうでしょう? 政治的な話に関われないから、
    )ノ リ:::〃 (ー)  (●)i:!:〉Yy
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/ リ        せめて自由な立場を活かして兄貴の力になろうってさ。
   !   ノ ::/iゝ.  ~ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|_. ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ    .|‐:‐i   ヽ



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)        ……まあね。やらない夫は、やる夫達には想像も出来ない世界で
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|        多くを配慮し、人を導く立場になっていかなきゃならない……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |             あいつ一人に任せっぱなしじゃ、あいつ潰れちまうかもしんねーしさ。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

488 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:53:08 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ      ああ見えて不器用なのよ、兄貴ってばさ。
    Yyノ ノ :ノ...:ノ_ノ  ヽ、 ::::::) ルリノ
      リ::::::(( ー)  (ー) ::(            フィガロ城の女の子を突き飛ばした帝国兵に怒りのあまり
.      ハ::::ハ   r‐ァ  リ) ) =3
       ) ) )、   ̄ ノくハ(             武器を向けちゃって、一触即発になったこともあったわ。
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
 ⊂⌒ヽ  )`   ヾ ソ ̄( ヽ  /⌒つ
   \  v ノ   Y    ヽ v  /
     ヽ___ハ ......     ..... \_ ノ
        ヾ. .. ::::::::  ::::: .ノ



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\       ガキの頃、あいつのオートボウガンの誤射で
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |       |++++|    u  |      シャレにならん大怪我したこともあったなぁ……
  \     `ー''´    /
                        あいつが王様とか、思い返せば不安になることばかりだお。



   , ⌒ハ           ハ⌒ 、
   j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
  ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
  ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
   Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ        一人じゃダメなんだってば、何事も結局ね。
     リ::::::::(( ●) (<:::(
      ハ::::::ハ ,, r‐ァ リ) )         私達がフォローして、少しでも気苦労を減らしてやらなきゃさ。
      )::):小    ̄_ノくハ(   /)
       (,(.::(::ヽ   いノ:::))  「レ/
      ノ::/)`)) \ `iヽ((、 〈  )
         ,' (:(⌒ヽヽi `、i / ./
          | /((        Y /
          l ヽ  .....  .. ノ /
          」 `ト .::::::. .::〈´ー'
        ノ   !      ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

489 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:53:20 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\        ――やる夫達には何が出来るお?
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



  ,-‐-、           ,rー-、
  j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
 ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ      兄貴に出来て、私達には出来ることが必ずある。私は強くなって、
     リ::::::( ( ●) (●::(
     ハ::::ハ  ''    リ) )        国を支える兄貴を支える。それを探すためにも私は歩きたい。
     ) ) )、  | ̄ ̄( ̄\
           \_/| |



           ____
         /       \
        /   ─     ―       やる夫は誰よりも自由に動ける立場で、
      /     ( ⌒)  (⌒)'
      |         (__人__)  |      みんなを支えるやらない夫を支える。
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '       ――きっと二人でなら、あの未熟な王様を助けてやれるはずだお。

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

490 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:53:32 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/     父さんが遺してくれたナイトのこころえ……
    )ノ リ:::〃 (ー)  (ー)i:!:〉Yy
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/ リ        やる夫が愛する人を失った日に掴んだナイトのこころえ……
   !   ノ ::/iゝ.  ~ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|_. ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ    .|‐:‐i   ヽ



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)        リターナーを結成し、帝国に立ち向かう決意を胸に抱いた
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|        キョン様の持つナイトのこころえ……やる夫達の向かう道は一つ。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |             そしていつか、やらない夫が中心に立ってその輪を率いてくれる日が来るお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ        我が身が傷付くのを恐れず弱き者を守る意志。
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ー) (●::(___           ナイトのこころえに込められた想いは私達の総意。
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )__   )
     ) ) )/⌒,  ̄ノくハ(/  /         帝国の支配から世界を開放し、豊かな国を持って人の幸せを導く。
    (,(.( '  /  い ノ:::)) /
    ノ/)/  /ヾ ソ ̄(( /
     ,' /  /   Y    Y
     l:  /......    .....  i
     |,/.. ::::::::   ::::: .ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

491 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:53:45 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

      ,-‐-、           ,rー-、
     j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
     ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i   .   、
     ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ  .;. '⌒ .、     頑張りましょう、やる夫。何も出来ない小さな私達だけど、
      Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ ; (、   ノ
        リ::::::( ( ⌒) (⌒::(   ;ソ ;ノ '_ー´       リターナーの心得に基づき私達を支えてくれる人達を
.        ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) ) 彡 ´ ″
         ) ) )、  ⌒ ノくハ(                 支えられる私達であり続けること。約束よ?
        (,(.( ' ヘ   (´ ノ:::))
        ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
         /   ノ    Y   ヾ.
          |  ( ......    .....  i
         |  ヽ::::::.   .:::: .ノ
           ヽ   `ー──--r'う━・;.
            )`ー───、)))



          ____
        / ─  ─\
       / (⌒) (⌒)\             わかってるお。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |         ……この約束、命ある限り絶対に忘れんお。
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

492 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:53:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \












493 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:54:57 ID:.qUcwuEg








           ___
       ,,-´ ̄`''''- 、  ̄'''' 、
    、,,(  、/___@_\    i
    ヽ_、/ヽ、_,,,,---、====)
      / _,,,-L-/i λL-|ヽ|、 iヽ,         ――尊敬する友人。尊敬する兄。
      i入ヽイi~ j V´i ~jヽノ |   ゝ
       くノリi ,,`´ .  `´,,|ノ |   ヽ>          支えたい人が同じだった……近しい意志を持ち共に掲げた約束は、
.       |レヽ、 ヽフ   イヽ| L__ノ
        レヽ| ` ,─ '_´イ レ'、ゝ           たとえ遠く離れていても独りではないと確信できる魔法の言葉。
        (ゝ√ヽ入_。ノr   i `'、
        ,ヽ=-i=====く⌒'-´⌒r i、
       く、 ___|    )======(」ノノ`、
       /==- |─,─ L,,,___,,,ゝノ  i



        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                     馬鹿野郎どもが……自分たちの周りすら落ち着かねえくせに
.      |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   人の心配ばっかり一丁前にしやがって……
.       |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.       ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

494 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:55:11 ID:.qUcwuEg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   / ̄ ̄\
 / ノ(   ヽ_ \         すべては守るべき国の……大地のために……!
 |  ⌒  ( ○) )
. |      (__ノ、_)     すべては守るべき人のために! それがフィガロの精神だ!
  | u     ` ⌒ノ
.  |         }       お前のように身勝手な独善を振りまく奴には、一生理解できやしねえだろうがな!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



  , ⌒ハ            ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ       勝利のためなら力無き人々の命まで無差別に奪うあんたなんかに
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ヽ_   _ノ::::) ルリノ
    リ::::::( ( ○) (○::(             負けるわけにはいかないのよ! たとえこの身が朽ち果てても……
.    ハ:::::ハ u  r‐ァ リ) )
     ) ) )、  ⌒ ノくハ(         あんただけはフィガロの誇りに賭けてもぶっ飛ばしてやる!
     (   `ー───------r'う
        )`ー──────、)))
      i ......   ..... i /
       ヽ::::::.  .:::: .ノ(_rつ
       i ::::::::::::::::::(__(三)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




495 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:55:23 ID:.qUcwuEg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  \==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ,  _ ,へ~~~;;;,≡,=~ ̄ ̄―‐―― _ ̄ ̄
                 \―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ――_ _/.:.´.:.(、,,;;;;;;;;;_;~‐~~~ _―― ̄_ _ ̄―=
                     \  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄_  ̄ /.:,、:ト、i:._.:.:.:.:.:.:.~:.:ヾ __ ̄― ==__ ̄ ̄‐―
             | | |        / \ ̄  __――_―― ̄_ 7.:./:::: 必ノ丶:.:.ゝ; :.:.:ヽ⌒ヾミ ̄ ̄  ――_― ̄ ̄  _
             | | |        /    \==―___ ̄― = (:/´::: , ‐ 、 ι fi }:.:.:.~ヾ~ミ――__―_=  ̄ ̄
      |\   | |        /'!       \ _――_―― ̄_ ヾ:| 〈   ヽ  yイ.:.:_~ヽ:::ヽミ_ ̄―===―_――
      | \.  |      ./ !    // \===―___   \\ .ノ /`‐r┴ 、:::~ミ_―― ̄___ ̄―==
 \   | |\\ |    彷テ:;ヽ、    f´「ヽ \ ―_ ̄ ̄ ̄  ==   ̄ ヽ  ‐i|'   \ミ  ―― __―=  ̄   ̄
   \ | |  \ | /ノイィリ'‐ど`レァ‐トく     \ /こフヽ、 ― ̄―=  (丶,,  ノ`、_r 、 ヽ  ̄  ――= ̄ ̄ ̄ ―_―
 ____| |\ _   ,r-、‘ーY た少'了     /イ/「 ト、Yヾ   ̄‐―  ヽ.i `´    ゙|\ ヽ ===―___ ̄―_
 \  _、_i「し〃こヾニブィ⌒乙入_{ιィ, Cjフ孑Y「ぃi/  `ヾ入|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ \ `弋ン⌒ー'_二ア´{_>{ {∂く斤`Y´ス_い,_ノ    八 \                  / ノ_ ヽ
    \ \ qィ¬マ´ ,ィ。⌒k'フ ゝ不Y`弋_jご  _,/ ,ヘ- - へ ニ―-             >)<);⌒ 、
     /  /§ゝ ,>彡そ_゚ 。\/| 人_}____,  /, ノ,  lノヽノヽ、l `三=            (人_)__ノ  |/
     /  //%′{_/´/べ._,ノく ̄て_ノ  , ノ  `´ ,-‐リ|::O メi l´ -二―           (| |、i  ヽ,
____________ >f^ー‐   , '      ___`ヽ、つ ιノ‐.、 ≡三           (_)_)_/_)
: : : : / /     /, =示 l:| \ | _,ィ   '_  ,-、´ ー- ' 、 ヽ::::::::`Yノ 三=
: : : / /    , イ {::::::::.i!::,! l:l, イ: \ に´   `` `~ヽ、    ̄> ̄/ <-二
 : / ′  , ::::::l ゝ ___,/ / l:/l: : \ゝ-<´: :  _ノ    ヽ/三= ̄
  l′  ,:::::::::::::!==冖'"  ノ l: :/  \ ;ンくヾ  ヽ、_ , 三 -‐二
  l  /:::::::::::::::: { ̄´      ,: :/ / / \ :ト、Y: :L_:.:〉  /  ,イ / / ゞ!                  ∧∧   )
  l /::::::::::::::       ι  /:/ / /  / | |`L[\上′/⌒ル火7´У }                 ⊂。 。iil⊂⌒`つ
  }, く::::::::::::         ノイ / /  / | Y‐|。`ー〈 '´⌒し〃 ノ 〈__ノ                   ⊂;;;;;;⊃
. /} ::::::::                l / /  /   | :トくト、。_゚ム.  `ー-‐'´                         __,_― ´ ̄ ̄ `;
  l :::                ,l' /   /   | ´:.丿 \Y´}                             c,´ く <>:::∠ ,  < ̄>
} !l   ι         _. ‐ォ、 l ,/!  .イ    | '´   i⌒cR                          c/_∠´/,-U‐:::∠// ヽ|
/ ノ l      __   ,r ´  _ _ ; !.l ! /:l !   |     ヽ._jい                                  `-‐´
∠ __ゝ-─ '´   ─'"´__.´'  l l l l: :! !   |        `ヾJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



496 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:56:03 ID:.qUcwuEg



                       ∧ ∧
                       (   ,,゚)       …………
                        |  U
                      ~'  |
                        U U



            /ヽ._,,,...,,,__
          ,. -‐/ @ ':,:.:.:.:.:.:.`"''::...、
         ,.':.:.:.:,'-‐r-‐‐'、_ノ_.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
        ,ゝr,ァ'-‐'"´ ̄`ー-く二ヽ-、:.:.:.:.)
       i´:.ァ'´, !  !   ; __ i  `ヽ、>ーヽ、
       `ソ / ハ- ,ハ  /!._L」;、  '; i`iー-r'          記憶の海を進みましょう。
       i  ';  !,ァメ, ∨ ´iノ !ハ ,ハ!    '、
        '、. i ,ハ.! iソ     'ー'’ ,レi  !  ';  ヽ.           夢はまだ、深みを見せたばかりよ。
         )レ'ヽ!,,´ ' __    "" / i ';   i _,ノ〉
        ´く).ハ、 ヽ' `)   ,:' ;' .,ハ  レ'i_ノ  ,'´`ヽ.
         ( ;'  ,ノ>、,__,,. く ! ./_/V!_r'-'    !    ',
          `!/V´ヽ,.イ !_ /レ'  `'7ァ-.、     ',.   i
       '⌒ヽ.   ,.,.イソ l_//  / /ソ:.:.:.:.ヽ.    !   !
    (`':、      `r/:.:.}! /ムヽ   , ,イ/_;,:.:-‐-''i、_,ノ   .ノ
  ,.-‐'-、 ヽ、、_  /`'ー}レ'(ハ)ヽ、rイ/:i  _,,,...,,,_ソ`' ー ''´
  >ー‐ ソ ハ`ヽ.`/:.:.:く/L>.:.:.:´:.:.:.Y''"´    〉
  'ー‐'ソ (_,.イ! i:.:.:.';i:.:.:.:.:.}{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;L__,,..-r‐ァイ__
    i'r'´:::::!| ;:.:.:.:.ゝ、;__;}{、:.:.:.:.:.:.:.:;.:イ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ソ








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

    ①オプーナとやる夫の『追憶』の記憶                 ②ホロとやる夫の『懐疑』の記憶



                              >>497


.


497 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 14:56:39 ID:lCILGESo


498 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:57:05 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \            ――どうだ? オプクエ。
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |        意外にヒマ潰しになるだろ。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


             ____
           /      \
          /  ─    ─\        人を選びそうではあるけどね。
        /    (⌒)  (⌒) \
        |       (__人__)    |       やる夫の好みにゃあツボだお。ムズいゲームは好きだし。
         \      ` ⌒´   ,/
        ノ           \
      /´      ,. -つ=-,---,-⊂- 、
     |    l   /   ̄フl   l |〔 ̄ ヽ
     ヽ    -´   ̄ノ -'--"- L ̄  }
      ヽ ___,ノ ̄    `ヽ  ̄ _ノ



        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /      大三角島に着くまではまだ時間がある。
    /  <⌒>::::::<⌒>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/         存分に楽しんでってくれや。
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

499 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:57:22 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
             ____
           /      \
          /─    ─  \        ……………………
        / (●)  (●)    \
        |    (__人__)       |
         \    `⌒´      ,/             おっさん、ゲーム作りなんてしてるみたいだけど、
        ノ           \
      /´      ,. -つ=-,---,-⊂- 、           あんたいったい何者なんだお?
     |    l   /   ̄フl   l |〔 ̄ ヽ
     ヽ    -´   ̄ノ -'--"- L ̄  }
      ヽ ___,ノ ̄    `ヽ  ̄ _ノ



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |       ,
       / ̄ ̄ ̄ \   -
      /   ::\:::/::::\ `          ん? 何者、とは……
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)            帝国のセイバーや伍助に捕まりかけても逃げ出してきたし、
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |        あんたどう見ても単なる行商人って実力じゃねーお。
.  \           /
.   ノ         \          一緒に行動する以上……やっぱ少し気になるかな。
 /´            ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

500 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:57:41 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

             / ̄\
               |    |
             \_/
               |
           /  ̄  ̄ \              列車強盗団、暗殺稼業、いろいろやってたよ。
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\
     |   /  .<⌒>::::::<⌒>  \   | ))     今はもう足を洗ったけどな。
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |



          ____
        /      \
       /  ─    ─\         あちゃあ。あんまり詮索しない方がよかった?
     /    ⌒  ⌒  \
     |  u     ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く



           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \           なぁに、話したくない過去なら濁すさ。暗い思い出も多いが、
      /  .<⌒>::::::<⌒>  \
      |    (__人__)     |      今はそれを乗り越え楽しい人生を送ってる。犯罪歴だから
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、         誇れはしないが、過去の俺がいたからこそ今の俺がいる。
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

501 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:57:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /     . . : : : :\            何人もの人間を殺しちまって、そいつの親族を泣かせ……
 /      . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|          裏稼業の大悪人を殺した時も、多くの人間が喜ぶ裏で
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.        そいつの子供は寂しく涙を流す。殺生ってのはそういうもんだ。
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\



           ____
         /       \
        /       ― ヽ           …………
      /         ( ●) '、
      |   u        (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\        ――風の噂に聞いてるぜ。水銀燈もそうなんだろう?
    /   <●>::::::<ー> \
    |     (__人__)    |       操られていたとはいえ、多くの帝国兵を殺めちまって……
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ         顔には出さねえが、優しいあの子はきっと今も気に病んでいる。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

502 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:58:16 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))      だけどな、どんなに己の力を誤った方向に活かし間違いを犯しても、
     /  ::\:::/::  \   / /
    /  <●>::::::<●>   \ノ /       変わろうという意思があれば違う生き方は見つけられるんだよ。
    |    (__人__)     | .,/
    \    ` ⌒´    /          人は変われる。自分自身の可能性を見限っちゃそれがおしまいなんだ。
    /__       /´
   (___)     /



         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \        暗殺稼業が自分の生き方だと信じて進んでもその先には
      /      ノ  \
    /         <ー>:::::::\      何も無かった……自分の生き方に自信が持てるはずもない。
    |         (__人__)|
     \        ` ⌒/      それどころか、もっとでっけえ苦しみが待ってるだけなんだよ。



          ____
        / _ノ  ─\
       / (●) (●)\           オプーナのおっさん……
     /    (__人__)    \
     |  u   ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

503 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:58:29 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \        ゲーム作り。人を楽しませ、幸せにする稼業。
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |         上手く出来てるかはわからねえけど、俺はこの道を進みたい。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、       過去の過ちを取り返せるとまでは思えねえけどな……
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\          ――っと、長話が過ぎたな。
    /   <⌒>::::::<⌒> \
    |  u    (__人__)    |      どーにも年をとり過ぎると話がクドくなっていけねえや。
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \       ……………………
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |            おっさんの言ってること……
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \          やる夫も昔とーちゃんに言われたことがある気がするお。

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

504 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:58:42 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           / ̄\
              |    |
           \_/
             |        ,
         /  ̄  ̄ \   -
        /  ::\:::/::  \ `   -
      /  .<●>::::::<●>  \            父親……?
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        やる夫が小っちゃい頃に消えちまったロクデナシだったけどね。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|        ……記憶の片隅に残ってるお。枕元で口癖のように、
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |             『自分の可能性を見限るんじゃないぞ』って言ってた記憶がさ。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /ノ :::: ー::::   \            …………
    / <ー>::::<●>    \
    |   (__人__)   u  |
     \  ` ⌒´       /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

505 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:58:56 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
        ____
       /    \
.    /          \         ……顔も覚えてねー親父だし愛着もねーけど、
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |        その言葉があったからやる夫もここまで来れたのかもしれんお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \        戦う力もない、頭も悪い――そんなやる夫でもここまでやってこれたのはさ。
 /´             ヽ



           ____
         /       \
        /       _ノ ヽ         どんな自分にだってやれることは必ずあるはず。
      /         ( ⌒) '、
      |             (__ノ_)     日々を全力で走ることで見えてくる可能性を見逃さなければ
      \            `_⌒
      /           \        昨日よりもっといい自分になれる。……やる夫はそう感じるお。



           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \           ……そういう考え方を得られたお前を、
        /  ::\:::/::  \
      /  .<⌒>::::::<⌒>  \      今親父さんが見たら泣いて喜ぶだろうぜ。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /        前向きに生きてるじゃねえか、お前さんもよ。
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

506 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:59:10 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /   ─     ―        ……………………
      /     ( ●)  (●)'
      |  u       (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /               おっさんは……
      /       ー‐  '


       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /     . . : : : :\           ……俺も遙か昔、息子を捨てて去った立場さ。
 /      . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|         子を授かったはいいが、暗殺稼業の中で買った恨みの数々、
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.             やはり安寧の中で息子と笑って過ごせる日は得られなかった。
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\



          ____
        / _ノ  ─\
       / (●) (●)\        捨て……たのかお? それは……
     /    (__人__)    \
     |  u   ` ⌒´     |       もしかしなくても、我が子に恨みの刃が向くのを避け……
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

507 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:59:40 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

      / ̄\
        |    |
      \_/ \
     η^′     ____
     ノ, ∃    /_ノ::::::::─\
   / /i    / <ー>::::<●>\        推測、おおいに結構。だが、事実を曲げちゃあいけねえぜ。
   (  〈   /     (__人__)   \
.   ヽ  ヽ, |  u     ` ⌒´      |      どんな理由があったって、俺は息子を捨てたクズ野郎には違いねえ。
     \   \             /
      ヽ                 \.



       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /     . . : : : :\           嫁に預けたとはいえ、病弱な母親一人に育てられたあいつが
 /      . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|         どれだけ苦労して生きてきたかは想像に難くねえさ……
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.             ……お前さんも、似たような過去を持つんじゃねえのか? 許しちゃいけねえよ。
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ          …………
 | u   (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

508 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 14:59:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /      取り返せない過ちがいくつもある。償いきれないかもしれない。
    /  <ー>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)  u  | .,/           だけど自分に絶望しちゃ駄目なんだ。腐って消えていけば、
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´             その手で幸せに出来たはずの人々さえも見失うかもしれない。
   (___)     /



          ___
       /     \
      /  丿::::::::`ヽ\                     そういう生き方を厚かましくも選んだ俺なんだ。
    /   <●>::::<●> \      / ̄\
    |      (__人__)    |  ηノ─┤   │     もう、誰も不幸にはしたくねえ。俺の歩む道の先にいる人々を、
    \      ` ⌒´  /  ノ, .∃  \_/
    /             \./ /´                片っぱしから笑顔にしてやる生き方をしたいんだよ。



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)          ……似たもの同士なのかもしんねーお。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|          やる夫だって……無力な自分に絶望しかけたことはあったけど、
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |               それで腐らなかったからこそやってこれたと今は思えるからさ。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

509 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:00:12 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /       ー ヽ         やっぱ年上の人と喋んのはおもしれーな。
      /         ( ⌒) '、
      |             (__ノ_)      ……やる夫に親父が今もいたなら、
      \            `_⌒
      /           \         親子酒酌み交わしてこんな話が出来たのかな。


           / ̄\
              |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  _ノ:::::::ヽ_  \        ……俺も楽しませてもらってるよ。
      /  .<⌒>::::::<⌒>  \
      |    (__人__)     |         久々に、生き別れた息子と話せた気分になれたからさ。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \










510 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:01:03 ID:.qUcwuEg








        //:.: イ 〃|     |! l \:.:.l!
       {{水}}_Lム⊥.. |l |l斗+ ト {{水}}
       | 从 | | ハ.ハ || | l」_| ハ |从トl
       |,イ l\|イr'ぅト、ハ.ノ'´トr心 j|| |
         i 从ト 弋__ノ     弋__ノ 〉|| |          オプーナさん……
        ヽ|ハ         u  l ! |
         |.l ト     _ _    イ | :|           あなたは、やっぱり……
          | | |>  _   _ イ、 | |  |
  ,. -――-  |,.| |:l \:.:.:∽:.:.:.:./  l ト、 |_, -――- 、
 {:::::::::::::::::::::::::::l.:.| |:l    ー介ー '  , /.:.:ハ::::::::::::::::::::::::::〉
 ヽ:::::::::::::::::::::::l.:.:.| |:l ~~~~~/ /.:./.:.:.:.l::::::::::::::::〈 ̄
   ̄ ̄〉:::::::::l.:.:.:.| |:ヘ    /  / /.:.:.:|:.:.:.:.:.l:::::::::::::::/
.     〈::::::; イ.:.:.:.:.ヽ|:.:.:ヽ {勾} ´ノ.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l\::::::/
      ̄ l.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ーrォr<:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:l   ̄



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ  /!入_ハ. !-'「                 反省は多くの後学を生むが後悔は一歩の前進ももたらさない。
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i    自身の過ちから目を逸らさぬ上で、新たな第二の人生を歩んだ
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´           彼だからこそ、胸を張って過ごせる日々を得たのだと私は思うわ。
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //

511 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:01:23 ID:.qUcwuEg
      __
    / ~\
  / ノ  (●)\          ただ一人、血を分けた息子のやる夫だからこそ……
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \       一歩踏み出すことで新しい人生を得た自分を知らせたかったのかもな。
  \ ι       |
    \       /       子を捨てた後悔ばかりの人生でも、正しいと思えた今の生き方を……
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



         }イメf‐ュ二ー--、_  ̄7__,ィ⌒}::ト、_〉;:ヽ、厂
        /j // j /   ̄`ー───--Lノ!::|   _\r'
       〃 〈!'/l イ            , 一'  レム、/ `T´
      ィ{   y ! |l            -‐__ェァヘ }r‐、}        ……次の記憶が見えてきたかしら。
      {l{   N j{    -─       ≠三てハ` ト、, )
      ヽ   ゞ、jト、           弋辷ヌ  ;L ft、       でも、あれって……?
         \  └' _〉  、_=彡'   、        j、_ノ!リ_
            `ー /( ヘ         ,.    u  /そノ≦{
                {弋‐-、>、       〈_)     .イ < )二(_へ
              くノヘゞ、三>rヘ ,-、  _イ≦ Zr'⌒∠壬)ヽ
             く,二≧≠三| V ̄>x<二)}/j// /\ヘ
                 Y^ー三ヌム ∀イ/ }X¨Z´j          X_
                ノフ-‐ナ(/  V::レ、}ヘ ノ ー-、_>─ 、 /
           / ̄ (しイ' L/  /Y Lj:::}〈 ┌─-  ̄ヽ   イ








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

    ①ラプラスとやる夫の『追及』の記憶                 ②金糸雀とやる夫の『宿願』の記憶



                              >>512



512 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:01:51 ID:bZmS70m.


513 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:03:05 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /   _ノ    ―       ……ラプラスのおっさん。
      /     ( ●)  (●)'
      |  u       (__人__)  |       なんで事実を水銀燈に打ち明けねーお?
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



            ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛
            ,r'      ' ,  !         ……………………
           ミ        ィ、' !
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i              やはりあんな馬鹿な嘘で誤魔化せるはずはないか。
           、  .,   `!、    〉
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

514 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:03:21 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
        ____
       /    \
.    /          \
.  /    _ノ   ー  \       水銀燈は父親の顔も知らずに育ってきてんだお。
  |  u  (ー)  (●)  |
.  \    (__人__)  /      せっかく、それを変える機会が訪れたのに……
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



        ',.::::::! !    / /.:::/
        ..',:::::| |   / /:::/
         ..',:::| |_/ /.::/
          ヽ!「 _ V ./::/
          ',」 ___,)  レく
         "´ V      `ヽ                   どんな顔をして会えというのだ。
           ! , '      ヽ
           ! ',.ィ         ミ             我が子を守れず帝国にみすみす渡し、
           ', `"   ,.  -‐┼ '
           /   ィ´,.  -‐十 ''            助けもせずにのうのうと余所で暮らしていた私が。
               〈   ノ´     ,./二二二'-‐、
                `ーく_   ,.イ/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               i`y'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      ……………………
/    (─)  (─ /;;/
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/            そんなこと、言うけどよぉ……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

515 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:03:36 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ            私達の問題だ、他人は口を出すな――
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ            と言いたいところではあるが、あえてそう主張はすまい。
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''         君が水銀燈を心から案じてくれているのはわかるからな。
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l



          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \         おっさん……
      | (_人__)     u   |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



               ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
                ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                 ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                  ヽ (::___:;;) /
                 _ ,'       ',. _         ――水銀燈のどこに惚れた?
                  フヽ ヽ /  /l
                  ,' ヾゝ   ィフ ',         教えてくれ。君が見てきた水銀燈を……
                    | _    ' l    __L_
                  ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
               '´   _ィl ー┴-'ヽ':,ヽ、
         _,,.. --―'''" ,' ヽ,、 |  ';: ヽ\', ヽ`‐:、_
        ,r‐'‐-:、     ,'  ','、'i     ri `,、.\  `'i-、_
      /    ヽ    '‐:、__ ', '| .i´iヽ,_l゙ `‐'、',,_,..ゝ  ',  ヽ
.     /      ヽ    / ', "i ' ,,', 、`i_i、 \  .',  ',
    /       i   く   ', !''i-', 'i-' .>、).  `i  .',  i

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

516 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:03:52 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
        ____
       /    \
.    /          \         ……あいつ、いい子だしな。
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |        人の幸せを心から願える人間なんてそれだけで尊敬の対象だお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \         まして、自分を犠牲にしてまでそう思える奴なんてさ。
 /´             ヽ



          ____
        / _ノ  ヽ_\
       / (ー) (ー)\            母親から引き継いだ魔導の力で人殺しに加担させられて、
     /    (__人__)    \
     |  u   ` ⌒´     |       それでも自分の力を良き方向に活かすことを考える
     \             /
     ノ            \         その姿勢は……多分やる夫にゃあ真似できんお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



         ',.::::::! !       / /.:::/
          ',:::::| |     / /:::/
         ',:::| |_  / /.::/
          ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___ノ  レく
           "´ V      `ヽ
           ! , '      ヽ             …………
            ! ' ,.ィ        ミ
           ',  `"  ,.  -‐┼ '''"
            /    ィ´,.  -‐十 ''
             〈    ノ´   ,. イL
           `ーく_   ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
              `y'´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|
             ,.イ/ ,fシ//:イ.:.::::::::!.::::::::::::::::::::!
            ,'.:.::l.,fシ//.::/.::::::::::::ト、.::::::::::::::::l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

517 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:04:05 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        ……オメーの娘さんはいい人間に育ってるお。
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|        それは親である、オメーさんの力によってじゃねえけどな。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ             ……そうだな。
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ             返す言葉もないよ。
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l



           ____
         /       \
        /    _ノ    ―        あんたの何が気に入らんって、体面気にしてるのか知らないけど
      /     ( ー)  (●)'
      |  u       (__人__)  |         水銀燈に父親がいるということを示せる現状にいながら
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '         それをしてくれねーことだお。やる夫はそれが好かんお。

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

518 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:04:22 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       /          \            確かにこんな形で再会しても前進になるかはわからんお。
     /    _ノ  ヽ__. \
     | u    (●)  (ー)  |        だけど……寂しがり屋の水銀燈が父親に、血の繋がった
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \           家族に会えれば、きっとあいつは嬉しいとやる夫は思うんだお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



            ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛
            ,r'      ' ,  !
           ミ        ィ、' !             …………
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i
           、  .,   `!、    〉
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj



          ____
        / _ノ  ヽ_\
       / (●) (●)\         すぐにとは言わねえから……考えてみてくれねーかお?
     /    (__人__)    \
     |  u   ` ⌒´     |        少しでも水銀燈にとっての救いがあるなら賭けてみてえんだお。
     \             /
     ノ            \          それを出来るのはあんたしかいないんだから……
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

519 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:04:34 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  , '        , ' / ,'  ゙x:::::::::ゝニ二ニソ::::;;::::ノ./
/     ,,,/ , '   ,   \_::::::::::::::I´∨〈`v'ヽ
   ,,,.-‐´ , '  _{_    '''''====ゝ 丶ヘ \l
_,,,, - ‐ ' ´   , '  ,イ `ヽ、       ヽ ヾl、_!          ……君はいい奴だな。
           シ  ト-、       ,- \ \゛、
           ,'   ゞ_〉、       /〉 、`"ー  Y        その口で明かすことを潔しとせず、
          ィ'      `';.     'ワ"、 ̄`  " l
         _ゝ      ..    / イ;ト<-    l          あくまで私に決断の機会を奪わずにいてくれる……
          _゛ニ_‐-   "゛   `´  l`   _}
          >'´::"゙ッ、  ヾ__ノ' ==キ{、   _L、
         /:::::::::::/::::| テx,,ノゝ- ,,,,,='´:::::∧__  ソ ト
     , - '  : : : :::/::::::| l 一` サ゛´ー〉::::::::/k_//::::\
, - ' ´  . . : : :::::::::l:::::::::l `―'´! l>-' 〉:::::ゝー...'..´::::::::::::::
ヽ  . . : : : : ::::::::::::::l:::::::::::l ,'   //  /::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/        ラプラスのおっさん……
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ           水銀燈が幸せでいてくれるならそれでいいと思っていた。
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ           だが、私が秘密を貫くことで水銀燈の幸せを妨げるなら――
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''        それはなおのこと罪深きことなのだろうな。
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

520 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:04:46 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛      わかっている……わかっているんだ……
            ,r'      ' ,  !
           ミ        ィ、' !          過去を無きものになど出来ぬということは。
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i         隠したって、無意味だということぐらい……
           、  .,   `!、    〉
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',



          ____
        /      \
       /          \
     /    _ノ  ヽ__. \             …………
     | u    (ー)  (ー)  |
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



        ',.::::::! !    / /.:::/
        ..',:::::| |   / /:::/
         ..',:::| |_/ /.::/
          ヽ!「 _ V ./::/
          ',」 ___,)  レく
         "´ V      `ヽ           ……君にしてみれば私は実に許し難いだろうな。
           ! , '      ヽ
           ! ',.ィ         ミ           大好きな仲間の幸せを妨げる一人なのだから。
           ', `"   ,.  -‐┼ '
           /   ィ´,.  -‐十 ''
               〈   ノ´     ,./二二二'-‐、
                `ーく_   ,.イ/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               i`y'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

521 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:05:00 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       ─   _ノ    \       だ、大好き、かお……
      (●)  ( ー)      \
      | (_人__)  、、、  u  |        あんまそんなこと面と向かって言えるかって言うと……
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



                 ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                  ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                 ヽ (::___:;;) /
                 ,'       ',.
                フヽ ヽ /  /l              ――私は水銀燈を愛している。
                ,' ヾゝ   ィフ ',
                | _   ' l    __L_          血を分けた娘なんだ。金糸雀だってそうだ。
                ' ´ニt-_   ‥  , _メ 、_
             '´   _ィl ー┴-'ヽ''i `i- ,,_            たとえどの口が、と言われようと、これだけは絶対に譲らん。
                ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |
            |.,' | .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./    、i       |



           ____     ,
         /       \   -
        /   ─     ―  `        おっさん……
      /     ( ●)  (●)'
      |  u       (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

522 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:05:15 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        ',.::::::! !    / /.:::/
        ..',:::::| |   / /:::/
         ..',:::| |_/ /.::/
          ヽ!「 _ V ./::/
          ',」 ___,)  レく            末永く幸せでいて欲しい。良き配偶者を見つけて欲しい。
         "´ V      `ヽ
           ! , '      ヽ         笑顔でいて欲しい。私のことを忘れてくれても構わない。
           ! ',.ィ         ミ
           ', `"   ,.  -‐┼ '        あいつらを泣かせる奴がいるならば全力で殴り飛ばすさ。
           /   ィ´,.  -‐十 ''
               〈   ノ´     ,./二二二'-‐、
                `ーく_   ,.イ/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               i`y'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



         ',.::::::! !       / /.:::/
          ',:::::| |     / /:::/
         ',:::| |_  / /.::/
          ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___ノ  レく
           "´ V      `ヽ          あいつらが幸せになってくれるなら何でもする……
           ! , '      ヽ
            ! ' ,.ィ        ミ           そう、ずっと心に決めてきたはずだったんだ。
           ',  `"  ,.  -‐┼ '''"
            /    ィ´,.  -‐十 ''        どうして、最後の一歩が踏み出せんのだろうな……
             〈    ノ´   ,. イL
           `ーく_   ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
              `y'´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|
             ,.イ/ ,fシ//:イ.:.::::::::!.::::::::::::::::::::!
            ,'.:.::l.,fシ//.::/.::::::::::::ト、.::::::::::::::::l



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (ー)  (ー /;;/       …………
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

523 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:05:29 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

                 ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                  ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                 ヽ (::___:;;) /
                 ,'       ',.         でもな、若人よ。
                フヽ ヽ /  /l
                ,' ヾゝ   ィフ ',            年老いた分際で一つだけ確かなことが言えるんだ。
                | _   ' l    __L_
                ' ´ニt-_   ‥  , _メ 、_
             '´   _ィl ー┴-'ヽ''i `i- ,,_
                ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |
            |.,' | .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./    、i       |



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―    -\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/        お?
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ             家族とはかけがえ無きものだ。たとえ遠く離れていようが、
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ             その者の幸せを願うだけで希望が湧いてくる。
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''        自害を何度も考えた私がここまでやってこれたのも、
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_       水銀燈や金糸雀――レミリアがどこかにいる世界だったからだ。
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

524 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:05:43 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

            ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛     ……いつか水銀燈に、胸を張って父親だと言える
            ,r'      ' ,  !
           ミ        ィ、' !         男になる――そんな夢も捨てきれないんだよ。
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i        永遠に叶わぬ夢だと、これだけ思い知っているのにな……
           、  .,   `!、    〉
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l



           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ー)  (ー)'            …………
      |  u       (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











525 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:05:59 ID:.qUcwuEg








            l:l:メ/     `丶、> )r‐;;{(薔)};;;;;l,j ,ノ
            l:l:l/`       `乙ヾ'´Tfiイ`'7 _,フ
            l/l -‐´    ‐-、二lZ_ヽ,l;;ll;;;lJ^ r>l
            l:.l ,ィー。、    ,イ;:;゚ヾ'、レi;;H;;l r‐‐'リ
           ,rゝ!fぅ;;j:ト    'ぅ、;j:.:! 〉 ,rラLl-i、:./
           //゙',丶-'  ,   `ー'′/'´  lr lノ
           // r:l            ι  ノ三ミく,                 お父さん……
           l/ ,jミゞ、  -、        _,fー-ミ、_}
            }二Zl,丶、 _ _ ,. ィラ´ノ、_r―z人_
            ノ三7'"´とミ===彳 ノ ミミ==j  ヽ
    ,-、     ヾニフ,ィ",イiliト-、、: :l そ==、_ノ    l
  j,二、`´L、   ノ「〈f´//l! lト、 ヽ、:j `ーミt- '    l
  У--、`ト、⌒)ーニヘ lヽiノ: :l|l、,l|l、  ノリ ,ィシ'´  r―-、 '、
  { ー-、)' } /     l __ト、ll|l^lll|lヽノイ (,_ ___``   ,)
  ', ー-、)ノl l )   _tz_j-‐-'ト、-―‐'--く、/  __,ィ,ヽ、/



          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」ノレ'i  ,ハ__ /!   Y7         水銀燈の幸せを心から願っていた者が二人いた。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ヽ_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(         そして、そのために必要な決断が何なのかも共通の答え。
    ,'   / '|       , !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、 u   、, __     ! |ハ       ……だけど、その最後の決断が彼にとっていかに困難で
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」         勇気の必要なことだったか――想うだけで胸が詰まるわ。
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」

526 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:06:51 ID:.qUcwuEg

!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__  \/ -‐ty‐‐-、/   !
 ! { ii!'       _ii!__,, / ./   ハ          …………
 } !  ̄´         / /  // !
. ノ  )            u  フ!  〃  ヽ
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}





                    ∧ ∧
                   ∩,,゚Д゚)        次の記憶が見えてきたぜゴルァ。
                    ヽ   U
                   ~O- ⊃       ……少々、見憶えのあるツラが目立つがなゴルァ。








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

      ①ギコとやる夫の『接近』の記憶              ②セイバーと伍助とやる夫の『認識』の記憶



                              >>527


.


527 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:07:03 ID:y.yMVZOc
2

528 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:07:22 ID:WeC2ymj6
1

529 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:07:24 ID:SLUbBsS.
1

530 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:08:39 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \
  /  ─    ─\         あんだけドンパチやってきたお前らがこうして
/    (●)  (●) \
|  u     (__人__)    |          晩飯に誘ってくれるとはねぇ。なんかこう、
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |            嫌な邪推しちまうぐらい、どういう風の吹き回しかと。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              i /  .,_ /  / /  /     、 `ヽ
              イ!   ‐7   i //  /  /    \  \
    |\        i |  \\|   i L_/i ノノハ  |    ト  ヾ   ヽ
     \ヽ、      〉i  ヽr ┤  !ハハi`ヽ、リ', ii  i    |   ヽ、 ',
   エ= 、ii  __  く i ミ/k |   i イT7z、\レ^! ハ  /i ヽ i ヽ |
    └‐--ヽ L__`丶〈V ヽ と|   ', くし'/   ヽレ'ハ, / i  i |  ii    会食の際には食う間も惜しんで皇帝様との
        i!ヽ、  ̄‐-≫v ヽ‐i    ', ゙´     ,.-‐レレイ  /i !  i!
        └===≡二/ヽリノ ',   ',     イ:勹/ 〃v/ i /        対話に専念して下さったそうだからな。
             _,. -/   ヽ    ' ,丶.   ヽ=/   ヽ レ'
             (,.-‐‐-.,`ヽ, ヽ    !  `  / ヽ   ヽ         せめて今日は腹ぐらい膨らませて帰って欲しい。
        __  /; ; ;//;_;_;_ヽヽ.xヘ  i..-‐'´    \   ヽ、
     ,. '´; ; ; ;/゙´; //;/; ; ; ; ̄`'ヽ. ',  |        `ヽ.  ヽ.
   /; ; ; ; ; ;/; ;, '; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ', |          \  ',
  / ; ; ; ; ;/; ; ,:'; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;〈!            ヽ !
/; ; ; ; ; ; /; : ; : ; : Y;-;‐;‐;‐;‐;-;-;-;:, : ; ; ; ; ヽ            i/
ヘ; ; ; ; ; ; /: ; : ,': ; : ;i: : : : : : : : : : : : : `': 、; ; :}

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

531 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:09:14 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::|         ――出来たぞ。
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|          帝国名物、グラスウィルムの玉子を添えた
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ             リトワールビッヘ肉の刺身だ。
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、     __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、



      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \       グロっ。見た目がどうにも。
 /    _ノ 、_! ヽ  \
 |  u     トェェェイ     |               ※グラスウィルム:デカいハエっぽいモンスター
 \     ヽニソ    /                    リトワールビッヘ:デカい芋虫っぽいモンスター



  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!           すまんな。羽入様なら見た目も含めてうまいこと
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!          調理されるのだが俺はまだそこまで……
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ
      !:::、      / l|.:.:ヽ、         まあ、味には自信があるから食ってみてくれ。
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

532 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:09:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





          ____
       /ー  ─\
      / (●) (●) \          いやはや、失敬ながら驚いた。
    /   .(__人__)   \
    |  u   `⌒´      |          マジでうめーしな。
     \           _/
      ノ        . 厂
     .//\ "'つ ̄旦\
    // ※\____\
    \\  ※   ....※ ※ ヽ
      \ヽ-ー―――――ヽ



        / ;i !: ;i :/ / l : :i,: : i: :i; : : `、: : :i;ヽ!,
        /: ;!:i;,;il-i,_,!  !_,;,il;,;,_!: :!: : : : ! ミ !: :,!
         i /l: i irl'iヾ!  ヽ;,;!l : :l'''iヽ: : :i : ヽ!: l
         レ lVi,:! l::.゚i   ´ i::`ヽi !: : : :,ト、ヽ;! :,!
         l: :N _,!_,!    lっ::゜iヽ : : !.ヽV i'´      以前羽入様が、伍助に料理が上手くなったと
         l: :|       ゝ __,i,!: : : ;!_,,ム‐'ト、
         l : lヽ、 ー -     i : : :.i'i´l:ヾ.:.:i.:l,     褒めていたほどだからな。滅多にお褒めの言葉を
            ! :N ` 、 _____,,..  ,! : : :,!;! !:.:i;.:.:'.,!
          V    r‐┴‐‐‐,! ;i : /i''i !.:.ヾ''´       与えないあの人が、だ。太鼓判を押すには充分すぎるよ。
           ,r‐'''''''´ヾ._;! i''レ7:,レヽl_.ヽ`ー、`ヽ
         ,r';ヽヽ:.:.:.:.:.:.`、':.:.:.レ';.:'.:.:.:.lヾ,`.、 `).:
       ,/;,;,;,;,,r' >:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:l `''’ `ー
      ,r";,;,;,;,;//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l;.::.:.:.:.:i.:.`、
       l,;,;,;,;//:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.l,:,;,:.;,;!:.:.:ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

533 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:10:00 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \
  /  ─    ─\        ……こう言っちゃ失礼だけど、お前さんたちって
/    (●)  (●) \
|  u     (__人__)    |         戦ってばっかのイメージあったから意外だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |           こういう家庭的なことには不慣れなイメージがあってさ。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::|         セイバーどのはあまり得意ではないがな。
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|          この間もフライパンを焦がして羽入様に叱られていた。
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、     __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、



       /:.:./: : : /: : :/:.i: : : : : : ヘ: :ヘ: : :. ',
       i/: : : : :/: : /: :.|: : ∧; : : ヾ: :|: : : }
      {:.:./////ー':|: /ー'|: : :|ヽ、|:.:.,:.:i
       ∨ /| '´ -  |/  - |/ヘ|/ |:.:.:|:./             やめてくれ。面と向かって現実に向き合うと
       !/i:.:.:l  ̄ ̄` ′ ´ ̄ ̄  |:.:.:| }
      . 〈 .|:.:.:!             |:.:.:.!イ __ , -―- 、      女として自信が無くなる。
        `|:.:.:|  ∪          |:.:.:l.l/.:.!     __,r‐、
         !:.:.|    r――┐   ,. !:.:.:!{.:.:.!     /.:ノ.:.:〈     というか、人様の黒歴史を勝手に晒すな。
          |:.:.:| \   ` ̄ ̄´ ,.イ |:.:.:||:.:.:.\  ,.-ノ:/.:.:.:/
   __ __  ヘ;:.:!>{::`:ーr:┬:r‐:´::::}<!:.:/ >、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
/´:::::::::::::∧`\ヾ!:::/´ ̄>C< ̄`∨::|/ !{__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./
:::::::::::::::://::::∨♀´ ̄  ̄`Y´ ̄  ̄`♀∨ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、
:::::::::://::::::::::::|       人       |  ヽ:_:ヽ.:.:/丿i
:::://::::::::::::::::::!    /´  `\    !     ̄ ̄   |
 ∨::::::::::::::::::::::ノ  /´       `\   ヽ        ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

534 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:10:25 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!       『セイバーなんかにフライパンを貸すなんて
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!           どれだけ考えなしなんですか!』と、あの後オレまで
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ
      !:::、      / l|.:.:ヽ、         羽入様にお叱りを受けたんだぞ。いいだろうこれぐらい。
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:



          ____
        /     \
       ‐   ─     \         料理、か……
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /             キッチン、ちょっくら借りていいかお?
       `l          \
        l           \



              i /  .,_ /  / /  /     、 `ヽ
              イ!   ‐7   i //  /  /    \  \   ,
    |\        i |  \\|   i L_/i ノノハ  |    ト  ヾ   ヽ   -
     \ヽ、      〉i  ヽr ┤  !ハハi`ヽ、リ', ii  i    |   ヽ、 ',  `
   エ= 、ii  __  く i ミ/k |   i イT7z、\レ^! ハ  /i ヽ i ヽ |
    └‐--ヽ L__`丶〈V ヽ と|   ', くし'/   ヽレ'ハ, / i  i |  ii       ん? それは別に構わんが……
        i!ヽ、  ̄‐-≫v ヽ‐i    ', ゙´     ,.-‐レレイ  /i !  i!
        └===≡二/ヽリノ ',   ',     イ:勹/ 〃v/ i /
             _,. -/   ヽ    ' ,     ヽ=/   ヽ レ'
             (,.-‐‐-.,`ヽ, ヽ    !  `  / ヽ   ヽ
        __  /; ; ;//;_;_;_ヽヽ.xヘ  i..-‐'´    \   ヽ、
     ,. '´; ; ; ;/゙´; //;/; ; ; ; ̄`'ヽ. ',  |        `ヽ.  ヽ.
    /; ; ; ; ; ;/; ;, '; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ', |          \  ',
  / ; ; ; ; ;/; ; ,:'; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;〈!            ヽ !
/; ; ; ; ; ; /; : ; : ; : Y;-;‐;‐;‐;‐;-;-;-;:, : ; ; ; ; ヽ            i/
ヘ; ; ; ; ; ; /: ; : ,': ; : ;i: : : : : : : : : : : : : `': 、; ; :}





゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

535 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:10:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。










         ____
       /      \
      / ─    ─ \        ほい、コーリンゲン名物の焼き鳥サラダだお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |       本来ならヴァルチャーの肉を使うのがいいんだけど、有り合わせで。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |                             ※ヴァルチャー:デカい鳥のモンスター
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

536 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:10:53 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::|         ……旨いな。不忠義と思われるかもしれぬが、
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|          羽入様のお料理よりも、もしや……
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、  u  __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\       日頃食わないもん食ったら旨く感じるだけだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    。`,⌒゚:j´     |        マジで料理やってる人にゃあ敵わん敵わん。
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ



                           _
                        '⌒ヽヽ
                    ,.  -- 、 ノ丿
                  ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
                 ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',        お気持ちは非常にありがたいのだが……
              N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
               {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′        どうして突然……
                  Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
          厂  ̄`アl\:.、li  l:! u  __ /
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
      //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
         { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

537 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:12:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /      ―   ‐        いや、別に……こっちだけいいもの食わせて貰って
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     なんにもお返ししないのはアレかなぁと思っただけだお。
      \           `_⌒
      /           \      舌に合えばいいなと思って頑張ったから口に合えば何よりだけど。



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        ……こうして一緒にメシ食ってると、
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|        日頃の間柄も一瞬忘れられる気がするお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |            無かったことになんか出来ねーだろうし、やる夫もしないけどさ。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



ミ!:::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::`,
ミi:::::::::::::::::::::::::::::::::/:/:::::i::::::i::::|
ミi::::::::::::::::::::::::::::::::/:/:l::::/::::ハl:|
ソ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|/::::::/l|ヽ|
::::::::/::::::::::::::::::::/"/'ソヘ/::/ .|l .リ
:::::/::リ::::::::::r:/:::/,  ノ::/ .リ            …………
::::::::::|:::::::::/i/r:/ ゝ/::/
::::::::/:::/'イ;;ソ  , i' i:::/
:::::::ソ;/::/    iノ./:/
:::::r;;ィ/      l::/
ノ          /i
、  ,、    /i:/
.:ヽく ` ー '   リ
.:.:.:.:.`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

538 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:13:17 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       ─   ─    \      伍助の作ったメシ、旨かったお。
      (⌒)  ( ⌒)      \
      | (_人__)        |      食う人のこと考えた味付けだったしさ。
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



     //  / //.ァ/ /  ハ ト  .ヾ   ハ    V / Y ヽ
     iハ /_ /彡イ./i ハ  i ヘ .|、 ヽ \  i    .V 彡iイ
    r-'ヽ V:/i ノ ハ i.l ヽハ、 >- -、|    ヒ/ トi
    / コ 人 k ヽ ィ|-|-、ハ.  V'´ _ =-≧、j  i  .iヽ / /
   ./  i_ノ ヽソヘ/,ィニニ,i   ヽ ィiて冫ア   .l  .レ イ
   |    ) /  il、´ハ心ヒ      廴ノ .|     レ_ノ         ――わかるのか?
  ∧ ,-、 i /   ハヾ 'ー'          |    |\
  ト< /-、  / | .ト   ノ        |  i ∧:::::\
  i::::::::::ヽK>イi  i |  \   _ _     ノ  l ./i:::ヾ:::::::ヽ
  ト:::;;;;;:::::::::イ .l  l |   > 、      / |  .| ∧:人ヽ::::::}
 ノ::::::::::=-:::/i ハ Ai ̄ ̄ ヽ  >  _/__.l  .i/ ハ::::トーイ
./::::::::::::::::::/ r-''`V ヽ::::::::ヽヾ:::'-├, ̄─-┤ /i il ヽ:::\
{::::::::::::::::::/:i::::::ヾ \:::::::::::::::: ̄ ̄ノ/| |:::::::::::| イ::::| |入 \:::ヽ
:::::::::::::::::::i |::::::::::::::::::>:::::::::::::::/::::::: //::::::::::::i/::::::::\\:::=- 、



     ____
   /      \
  /  ─    ─\        だって明らかにこの大陸特有の味付けじゃねーもんよ。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       本来、雛見沢大陸のメシってもうちょい辛口じゃねーの?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |           でもさっきの料理は明らかに野菜多めでコーリンゲン風味、やる夫に合わせてっしょ?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

539 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:13:34 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       /          \         正直、殺し合うだけの関係だったお前らがそういうふうに
     /    ―   ― \
     | u    (●)  (●)  |      人の気持ちを考えられる奴だってことを目の当たりにすると
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \        やっぱ色々複雑だお。人間なんだし、当然なんだろうけど……
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::|         ……それはオレ達だって同じことさ。
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|          敵を討つ時、相手が同じ人間だと認識していては
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ             果たすべき目的を果たす刀も鈍る。
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、   u __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、



                           _
                        '⌒ヽヽ
                    ,.  -- 、 ノ丿
                  ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
                 ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',        私達は帝国兵だ。主君が何かを叶えたいと言えば
              N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll
               {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′        それに殉じ私情は唱えてはならぬ。
                  Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {
          厂  ̄`アl\:.、li  l:! u  __ /            戦う時に、日頃と同じ顔は見せぬさ。
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
      //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
         { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

540 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:14:48 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

       / / , '  , '. / i ト、ヽ、 \    V メ 〉
     / / //// // ll l ヽ \ ヽ    ヽ メ、
      / ////_/_i l ll l ,.. >== ヽ. ヽ    V//
     / .l ll l | ,ィテくj    ,イ j::::ハハへ  ヽVヘ                    今だって、和平を結べたからこそこうして
     l   | ll l l ' |r';:jト.    |.仆ノノ N  ヽ  ヽ´ ̄`ヽ.
       八| l lト、ー‐'.    ´~~´  ,イ メ/ヽ  ヽ/ /,. -- '´ ̄ ̄ ̄`ヽ.    話せるだけの話だ。
         | l l| i\   ___,   u   |メ、ヽ ヽ  V.メ. __ ,. -- '´ ̄ ̄ ``
         | l l| \        /   |´⌒ヽ\ Vハー -x                ……こんなことは何度夢見ても絶対に
         从 ハ ヽ i >  _ _ / __ .. =ヘj ノ  V  V⌒ Xこ二二フ
         リ V ヽヽ 「 ┐r‐ ´__   >=ー ‐‐ ‐‐  、                 叶うものではないと思っていたのだがな。
          ,. --- / ̄ ̄ ̄   ヽ /    \\    `ヽ.
         /   / \ __ __ .. -- ‐ヘ.      \\    〉
      /   , '   / `ヽ、     ',      / /    /
     〈    , ' '´ ̄ Y    \.    i     / /    /



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)       ……………………
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/            別に、悪い気分じゃないのかお?
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



  __ノ/::::::r、ヽ、:::\:::::::`ー \
  /::/!:/"゙゙ヘ::ト\::::\ミ:::`ー、\
.//::/ .l::!    !:! ヾr;:::::::ヽ::::::::::::ヽ ゝ
//:::! リ   ヾ,,/ヽ\::::/rヽ.:::::::!
 !..::::! r=ミ、  彡'イ!)トヾ::!ソ ノ::::!リ       ……当然だ。別にお主達個人が憎くて戦ってたわけじゃない。
 !::/|::!イ弋 i   l   ノ  ヾノ:::::::!
 ソ l/ヾ`ー 、   u  / ヾリノ         今までお主達が、個人的にオレ達を苦しめたことがあったか?
      !:::、      / l|.:.:ヽ、
     .ソ `>⌒__ / ノ/ノ.:.:.:.:.:\
    _r'"".:.:.:.:.!  ,-=".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー..
-‐´ ̄..:.:.:.:.:.:.:.:.:.!,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:..:.:
ー-、.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.::.:

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

541 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:15:03 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        / _ノ  ─\
       / (⌒) (⌒)\         ……あんまりこういうこと考えるもんじゃねーな。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |     出会う形が仮に違えば、また違う関係になってた気がするだけにさ。
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     //  / //.ァ/ /  ハ ト  .ヾ   ハ    V / Y ヽ
     iハ /_ /彡イ./i ハ  i ヘ .|、 ヽ \  i    .V 彡iイ
    r-'ヽ V:/i ノ ハ i.l ヽハ、 >- -、|    ヒ/ トi
    / コ 人 k ヽ ィ|-|-、ハ.  V'´ _ =-≧、j  i  .iヽ / /
   ./  i_ノ ヽソヘ/,ィニニ,i   ヽ ィiて冫ア   .l  .レ イ       仮定の話は虚しいだけさ。
   |    ) /  il、´ハ心ヒ      廴ノ .|     レ_ノ
  ∧ ,-、 i /   ハヾ 'ー'          |    |\        何事もそうだけど、な……
  ト< /-、  / | .ト   ノ        u  |  i ∧:::::\
  i::::::::::ヽK>イi  i |  \   _ _     ノ  l ./i:::ヾ:::::::ヽ
  ト:::;;;;;:::::::::イ .l  l |   > 、      / |  .| ∧:人ヽ::::::}
 ノ::::::::::=-:::/i ハ Ai ̄ ̄ ヽ  >  _/__.l  .i/ ハ::::トーイ
./::::::::::::::::::/ r-''`V ヽ::::::::ヽヾ:::'-├, ̄─-┤ /i il ヽ:::\
{::::::::::::::::::/:i::::::ヾ \:::::::::::::::: ̄ ̄ノ/| |:::::::::::| イ::::| |入 \:::ヽ
:::::::::::::::::::i |::::::::::::::::::>:::::::::::::::/::::::: //::::::::::::i/::::::::\\:::=- 、



             /::::::::::`ヽ
       ,..-ー――'―:::::、:::ミ:::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ从::::',
   /:::/;;;ミ;;;;/:::|:::l:::::::::::::::::::ヽノ:::|
  /:::/:ノ´ ゙゙`´""|::∧::::::::\:::::::!::::|           もう争う必要もない、というのはせめてもの救いだ。
 /;イ:::/、     ,  |/ l|::::l:::::::ゝ::::::r::ヽ
  /:::|r::ヽ  / _,,-―=|/゙l:::::::ソ::::::/\|       これまでにかけた迷惑の数々を償っていくことに
  |:::::|`゙ミl  ` lミrイ"-ヽ |::::::lr-、::ト
  l::::/ヽiり   /i `i  /' l|::::/ヘノlノ           前向きに取り組めるのはこの上ないことだよ。
  |::/|:|   '  `ー--"" |:://リ
  ∨ レ\  ,、     __ノリ
       /\ ` __,..-‐フ /:.:.`ー、

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

542 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:15:17 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /   ─     ―       ――明日、羽入にもらったパスを使って
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |     真紅を誘ってみようと思うんだけど、どうかな? 迷惑かお?
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



              i /  .,_ /  / /  /     、 `ヽ
              イ!   ‐7   i //  /  /    \  \   ,
    |\        i |  \\|   i L_/i ノノハ  |    ト  ヾ   ヽ   -
     \ヽ、      〉i  ヽr ┤  !ハハi`ヽ、リ', ii  i    |   ヽ、 ',  `
   エ= 、ii  __  く i ミ/k |   i イT7z、\レ^! ハ  /i ヽ i ヽ |
    └‐--ヽ L__`丶〈V ヽ と|   ', くし'/   ヽレ'ハ, / i  i |  ii           真紅様を?
        i!ヽ、  ̄‐-≫v ヽ‐i    ', ゙´     ,.-‐レレイ  /i !  i!
        └===≡二/ヽリノ ',   ',     イ:勹/ 〃v/ i /
             _,. -/   ヽ    ' ,     ヽ=/   ヽ レ'
             (,.-‐‐-.,`ヽ, ヽ    !  `  / ヽ   ヽ
        __  /; ; ;//;_;_;_ヽヽ.xヘ  i..-‐'´    \   ヽ、
     ,. '´; ; ; ;/゙´; //;/; ; ; ; ̄`'ヽ. ',  |        `ヽ.  ヽ.
    /; ; ; ; ; ;/; ;, '; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ', |          \  ',
  / ; ; ; ; ;/; ; ,:'; ; ;/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;〈!            ヽ !
/; ; ; ; ; ; /; : ; : ; : Y;-;‐;‐;‐;‐;-;-;-;:, : ; ; ; ; ヽ            i/
ヘ; ; ; ; ; ; /: ; : ,': ; : ;i: : : : : : : : : : : : : `': 、; ; :}



          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\          うん。やる夫あいつのこと何も知らねーし、
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |       話してみればあいつの色んな面が見えるかなって……
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











543 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:15:40 ID:.qUcwuEg








   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \         ……敵対する以上、相手の内面や素性に目を向けてなんかいられねえさ。
. ((● )     |
. (ノ、__)      |       だけどそれが終わりを告げて『人間』と向き合った時、
 .|⌒´       |
.  |        |         今まで見ようとしなかったもんが多く見えちまうこともある。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ  /! _ハ_ハ. !-'「                 誰もが誰かの幸せを願い、日々を生きている。
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´        "i |  i  ,:'      i      通じ合えば分かり合えるかもしれぬ可能性を世界が閉ざし、
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´             その認識の猶予を失うこともある。争いとはその最たるもの。
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //

544 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:15:53 ID:.qUcwuEg



               ∧ ∧
               (,,゚Д゚)       何度もやり合った相手だが、あいつらいつも真剣そのものだったぜゴルァ。
              ノ  |
           ~O,,UUつ         譲れねえからこっちも殴り返すんだがなゴルァ。





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(      叶えたいものがあいつらにもあった。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/        わかってはいたさ。ずっと目を逸らしてきただけだ。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'        争う必要がなくなった以上、目を背ける意味も今さら無いのにな……
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



        //:.: イ 〃|     |! l \:.:.l!
       {{水}}_Lム⊥.. |l |l斗+ ト {{水}}
       | 从 | | ハ.ハ || | l」_| ハ |从トl
       |,イ l\|イr'ぅト、ハ.ノ'´トr心 j|| |        みんなが笑える、世界……
         i 从ト 弋__ノ     弋__ノ 〉|| |
        ヽ|ハ         u  l ! |         目指せば目指すほど……どうして……
         |.l ト           イ | :|
          | | |>  _ ^ _ イ、| |  |
  ,. -――-  |,.| |:l \:.:.:∽:.:.:.:./  l ト、 |_, -――- 、
 {:::::::::::::::::::::::::::l.:.| |:l    ー介ー '  , /.:.:ハ::::::::::::::::::::::::::〉
 ヽ:::::::::::::::::::::::l.:.:.| |:l ~~~~~/ /.:./.:.:.:.l::::::::::::::::〈 ̄
   ̄ ̄〉:::::::::l.:.:.:.| |:ヘ    /  / /.:.:.:|:.:.:.:.:.l:::::::::::::::/
.     〈::::::; イ.:.:.:.:.ヽ|:.:.:ヽ {勾} ´ノ.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l\::::::/
      ̄ l.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.ーrォr<:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:l   ̄

545 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:16:06 ID:.qUcwuEg



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:.ミ.:::....::::::::::......::::::::..::::::::.... ...                 /
ミ...:::..::::::::::......::::::::...:::::::.....::::.. .....            ,,-‐'"
ミ.::::.:::::::::::::::::::::::::::...:::::::....:::::::....::::::.....::::...    ___,,,-ソl::| 
ミ:::...:::::::::::::::::::::::::::::.:::::::.....:::::::...::::::::____,,--‐''"   i::| リ              羽入様はかつてオレ達を導いて下さった……!
ミ__:::::::::::::::::::::::::::...:.::::.____,,,,,.-‐''" `ヽ::::`ヽ::: z=、i:|            __..,
  `゙゙ーi::r-rーt''""´ヾi::::i:::/リ /i''U'''ノ`ー":: ヽ  i!|  r-、 r-、__..-'´.:.::i    必ずあの方は我が国の復興を叶えてくれる!
    /イ::::::::::/ヽi´ヽ/イ:::i::|:::..ヽ`ー__...    '  /リ  `i `゙´ i、::.:._,,-''"
    '"i:/|:::/::::::`ー-ト|:::i:/`ヽ. u        _/ ,.、   ヽ    i_-"         オレ達に出来ることは、勝利を捧げることだけだ!
     i:! l::::::/i::/l:|.:.:.:.i::::|\ ヽ_,     '´/ヽ/ ! ヽ-''"´i____!
     リ .|::::i i/.:.:リヽ.:.:ヽ|.:.:.:.`-ヾー--、-i'i.:.:.:iノ-, l|´´_ノ.:.:.:.:.:ヽ-‐''´i
       |:::l| i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:ヽ.:.:.:`-`ソ.:.i´i !i,,l|r".:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ-- '
       ';:::| !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-.:r'"ヽ-''"ヽ_.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.!
       ヾ !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:!
         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:メ- 、_





         ;  !::i:::::ヽ   ::::::::::::::::::::::::::      ゚。  !::l:: .:: ::! l ,r-,,_'';二''--/-
         ;  !: l::::::::丶 u   ,!      _       !::!:: .:::.:::! レ:.;,;.:.:,;.:.:.;,;¨/:.:.:.
              !: l:::::::::::::iヽ      , -‐ ´   ヽ    l:::!:: :::::::! l;.:,;,;,:.:,;.:.:,;,;/;.:.:.:.:.    帝国兵も、雛見沢の民も……
        ;  _,,-'l: ! :::::::::::!`´`ヽ、  ヽ _ , ‐ - ′  , イ::!: .:::::/! !,;,;,;.;,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,
      ;  ,r'´:,;,;,;r! ! :::: :::::!-- ;,;,;,;_`;ヽ、_      ∠-'!:l:: :::::/;l !;,;,;,;,;,:.;,;,;,_,;,;,;,;,;,;      今も荒廃した大地で死に怯える
    ;  /,;,;,;,;,;/ ,l l ::: ::::l ̄;,---,二ー-'`ヽ、_,,,/--,、l::!:: :::/;,レ';,;,;,;,;_;,-" \;,;,;
.   /;,;,;,;,;,;,/ /;,! !" :: :::l;,;.:.:.;,;,;.:.;,;.:.;i¨´:.:;r 、;,;,;,;,;,;,`、レl:::::/;,;,;,;_;,-'" ____   ヽ;,     毎日を送っているんだ……!
.;  /:.:,;,;,;,;,;,;/ /;,;,;,! li  : :::!、;,;.:.:.;,;,:.;,;,:.;,!;,:.:,i ___`''ー----l::/‐''''´  /´:/ _,,,,,,,,_
; /:.:,;,;,;,;,;,;,/ /;.:.:.:,;!l;,l  ::!;.ヽ;,;.:.:,;,:.;,;,;.:.l;,;,;l ヽ、ヽ   ,rl;!''ヽ   /:/ /_,.r'''´       私達がそれを何とかしなくてどうする……!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




546 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:16:27 ID:.qUcwuEg

        / ̄ ̄\
      /       \                  (親父……フィガロやナルシェのみんなの幸せを願い
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |                  帝国の奴らに立ち向かった俺……間違ってねえよな……?)
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



          <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \      (……紫。私が話した夢、覚えてる?
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/        争い無き世界を夢見た、
    /    く/.     \  、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
   /.:.:   く/        .rイ\__ .   へ .(  ..:| __/ :.⌒\        西行妖の翼に懸けた夢を……)
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

     ①幽々子とやる夫の『決意』の記憶                ②紫とやる夫の『覚悟』の記憶



                              >>547


.


547 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:16:43 ID:1KtjI0IM


548 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:17:22 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        ___
     ,.'"´  .,へ  ̄`"'- 、
   .r-'、r、/.@ \_    ヽ.
   r´ ̄ ,ヘ  ̄`"'ー`、'y、   `,
   ir"´イ-/i、 .λ  ,ヘヽ_'y、 .イ
   〈 ノi. r;=.、',/ i-イーy、ゝイ-y          ……なんですって?
    !|イ! ' i,_y   r=ー;.、i  !`イ
    i.从"  .   '、_ンイi    .|
   〈i. ヽ、 ,.、  ""./ 'イ   i
    kイヽン'/ .|____,,..イi ./i  i _,」
     .,. r/  '- 、.,.イレ'レ'ー^´
    k,r'──.,_イ、 / ^ヽ、
    /〈ー==--/' r'ー─- 、i



           ____
         /       \
        /      ―   ‐        やる夫に魔法を教えて欲しいお。こないだ使えるようになった魔法……
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     サンダラの魔法よりもっと強いやつだお。
      \           `_⌒
      /           \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

549 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:17:35 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
         __  ______
        , '  /\     `ヽ、
      ,.'' ゝ / @ \   ノ  `ヽ
      、' /⌒y'へ-'⌒i' ̄ヽ_,.へ__l
      とヘ-,─'´ ̄`ー--^ー---、_フ       ……焦ってもすぐに次の呪文を習得できるわけじゃないわ。
      i ィ  / .ハ /!,!_t!、ハ │ i
      .イ i iイ.ヽノ レ´ ,. - 、ゝ,イ |  |         早き成長を求めるのはわかるけど、それがいいこととは限らない。
.      レ ヘ i,,'´`    ,,,,u ン ! |  ゝ、
       i 从  _   ハ.イ. |、ノイ
.       ハ |ノ>.、.,,_   イゝ ハ . iヽ-´
        `ゝ、i_.r'` -r' ヽ、iノレ´
          / ゝ[><]/!/^'ヽ
         「=(  §  },=∞{
        く  !__§___〈  . '>



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \         …………
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ  /! _ハ_ハ. !-'「                 あなたもわかっているのでしょう?
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´        "i |  i  ,:'      i      魔法の力は人の手に余る力――それを極めて
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´             帝国に抗っても、やっていることは向こうと……
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

550 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:18:22 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
       ____
     / ―  -\
    /  (●)  (●)        幽々子は、それを綺麗事だとは思わないのかお?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



          <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   l    \    \       ……思うわ。千年の時の中で、無血を願い
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/      何も為せぬまま死んでいった敗者が多くいた。
    /    く/.     \  、    ∧/|/.:.:|      ./\|
   /.:.:   く/        .rイ\__ ._  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\         遺志が報われたと到底思えぬ形で、何人もが。
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /   ヽ_   _ノ\) ;;;;)     ……………………
/    (─)  (─ /;;/
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/           やる夫は強くなりてーお。たとえ魔法を用いて戦う
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |               同じ穴のムジナと呼ばれても、帝国にすべてを奪われるぐらいなら……
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

551 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:18:39 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ___
       ,,-´ ̄`''''- 、  ̄'''' 、
    、,,(  、/___@_\    i
    ヽ_、/ヽ、_,,,,---、====)
      / _,,,-L-/i λL-|ヽ|、 iヽ,        ――八意亭の薬師さんと私は懇仲でね。
      i入ヽイi~ j V´i ~jヽノ |   ゝ
       くノリi ,,`´ .  `´,,|ノ |   ヽ>         あなたの話もたくさん聞いているわ。
.       |レヽ、 ヽフ   イヽ| L__ノ
        レヽ| ` ,─ '_´イ レ'、ゝ
        (ゝ√ヽ入_。ノr   i `'、
        ,ヽ=-i=====く⌒'-´⌒r i、
       く、 ___|    )======(」ノノ`、
       /==- |─,─ L,,,___,,,ゝノ  i



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)
/    (○)  (○ /;;/         …………!
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ  /! _ハ_ハ. !-'「                 かつての恋人を魔導の力を持つ者に奪われたあなたが、
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i      魔導の力をもってその相手に抗おうとする。
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´             ……言い知れぬ覚悟があると私は推察してるつもりよ。
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

552 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:18:55 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       /          \
     /    _ノ  ヽ__. \           …………
     | u    (ー)  (ー)  |
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ        私は、目的のために力を得る者の気持ちを否定したくはない。
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',       それで過ちを犯してきた者――皇帝のような存在を何度も
  r'、_,' iイノ',""  σ  "ノリ 'i,
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>       見てきたぶん、戦う力というものに対して抵抗もあるけどね。
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>



                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
             !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\        だけど、仲間や大切なものを守りたいという
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
                /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|      あなたの気持ちは決して無碍にされるべきものでは
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|      ないとも思う。それが人間の性であり美しき姿……
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´         千年の記憶が保証しているわ。
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

553 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:19:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

         _____.,.へ
    _,.-‐''''"´ / @ \_
  ,.'"  r___,.rニ'ー'´ ̄`ヽ!ヽ、
  !_,.rソ´ i ____イ   `i ,`'ート、_
 r' i,イ /  ハ/V'、ハ  /__ハ  ',7」
  Y´ /!/レイイ _.!' レ'!人 !/|ハソ        でもね、その想いを大切にして欲しいの。
  ,'  ,'  |〟 ̄     =ハ Y´
. /   / i ハ. u   ` "i ハ!             あくまで推測だけど、皇帝のような存在とて――
く  イ ./ | |>、  ~   人 ハ
ノ^ー'!/,イ-ハト、.!`=ーr<´!.ハヽ!  (  )    力を求めた初志はきっと……
^Y ,イ^ヽ、ゝ  \「7/`ヽ!Vヽ!
 レ'ソ    Lヽ、  〈ハ〉  〉、  ( )
 「`ー'^ー'^7 `ヽ/§ヽ!_ ( )
.イ`ー--‐イ、_,.-r!、 .「 ̄ ̄|_>、
7ヽr、__r'"´ / //´ ̄二'):::|、ヽ!
i   イ   |  | |  _二ソ:::ノ l | |



          ____
        /      \
       ─   _ノ    \      ……言うなお。考えねえようにしてきたんだお。
      (●)  ( ー)      \
      | (_人__)     u   |       そんなこと言ったって仕方ねえだろうがお。
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
      ';:7´ /! / 7'__」ノレ'i  ,ハ__ /!   Y7        力を得るのに数年の時を要しても、道を踏み外すのは一瞬よ。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ヽ_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(         私の手を離れあなたのものになった力に、私がとやかく言う
    ,'   / '|       , !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、 u   、, __     ! |ハ       筋合いはないけど……あなたには道を間違えないで欲しい。
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

554 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:19:51 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ___
       ,,-´ ̄`''''- 、  ̄'''' 、
    、,,(  、/___@_\    i
    ヽ_、/ヽ、_,,,,---、====)        ……約束してくれる?
      / _,,,-L-/i λL-|ヽ|、 iヽ,
      i入ヽイi~ j V´i ~jヽノ |   ゝ        私の力を、帝国のような無用な殺生に用いぬと……
       くノリi ,,`´ .  `´,,|ノ |   ヽ>
.       |レヽ、 ヽフ u ,イヽ| L__ノ
        レヽ| ` ,─ '_´イ レ'、ゝ
        (ゝ√ヽ入_。ノr   i `'、
        ,ヽ=-i=====く⌒'-´⌒r i、
       く、 ___|    )======(」ノノ`、
       /==- |─,─ L,,,___,,,ゝノ  i



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/         幽々子……
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ ,ハ! _ハ_ハ. !-'「                 もう、嫌なの。同胞の命を葬られるばかりか、
    L.i /´ハ_」_ ::::::: ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i      その力がさらなる悲しみを生み出すために使われるような
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´             魔導の歴史が繰り返されるのは……お願い、約束して……
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

555 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:20:05 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /      ―   ‐       ……………………
      /        ( ●)  )
      |  u        (__ノ、_)
      \           `_⌒          約束するお。言葉だけにならねーよう努めるお。
      /           \



          <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/        …………
    /    く/.     \  、    ∧/|/.:.:|      ./\|
   /.:.:   く/        .rイ\__ ._  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒



          ____
        /      \
       /          \         掴み所の無かったあんたが、紫の死で涙を流したのをやる夫は忘れんお。
     /    ―   ― \
     | u    (●)  (●)  |      もうあんな悲劇は起こしたくない……あまつさえ、自分の力を見誤った
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \        やる夫自身がその引き金になるだなんて……想像もしたくねーお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

556 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:20:29 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ         ……難しいことなのよ。心あるものは過ちを犯す生き物。
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',        約束ではなく、決意と言い換えても過言ではないわ。
  r'、_,' iイノ',    σ   ノリ 'i,
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、 
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ           …………
 | u   (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \



     人 丿: : : : : : :: : : : : ハ: : : 丶: ヽ `: : : ::: ):;:;:;:;:;:;:; :;:;:;〉
    ノ:;:;:;:;/: : : : ∧: : : :: : / ヽ: : :: : : ハ: : :丶 `、: : : : ゝ:;:;:;/
    ヽ:;:;丿: : : :/  ヽ..... Y    `、: : :ノ___ ヽ: : : :::: 入 /  ̄ ヽ
     `'ーゝ: : ハ   ヽ: l     ∨ ___` 人:∬ヽ  \     \
     / ヽ: ヽ: \⌒ Y      ゝ"´:;:;:;::> l ∫ハ  \    丶
    /   ハ: ヽ: l ィ:;:;丶     `'゚_:.:..イ /〃ノ`、     \        改めて問うわ、やる夫。
  /    ∫: : : : : ハ ヾ゚ソ      ""  (: (: : ソ.:.:.:ヽ      \
/      ゝ冫: ヽ: : ヽ、゛ '_,,.--‐‐¬ ン: : : : : 廴.:.\           あなたに、得た力を間違いに使わぬと――
        ゙  __,,..-‐'':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│  ヽ: : : `、.:.:.:.:ヽ
     , -'" つ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ │ ¬ ン: : : : ヽ.:.:.:` 、          そんな確たる覚悟が出来る?
ヘ    丿´  /´"イ  __,,.. .-‐ '''""~ │   〉: ヽ: : :: ヽ:;:;:;:;
 丶/....... .〈_ / │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│ へ く ヽ: : : : ::;:;:;:;ヽ
 ´:::::   "  / `゙''ー-、,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /   l ヽ: :   : : : : : :丶
  ト:::     ノ "'-、:;:;:;:;:;`゙''ー-、,_ ノ    ハ  〈 /: : : ヾ: : : ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

557 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:20:50 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /   ヽ_   _ノ\) ;;;;)     ……………………
/    (─)  (─ /;;/
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/           ある。やる夫の失ってきた記憶に誓い、ぜってぇ過ちには使わんお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」ノレ'i  ,ハ__ /!   Y7
     r'ソ ノ ,':,'ァ´    |/ ヽ`i リ i'        ……ありがとう。
     !/ /´ヽ!/i! -==、      Y ! !(
    ,'   / '|       ,  -=、ノ/'レi´          その言葉が聞けただけでも、救われた心地になるわ。
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \










558 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:21:06 ID:.qUcwuEg








   / ̄ ̄\
 /    _ノ \        ……つかさが三闘神の力を吸収しようとした時に
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)      やる夫は止めようとしてたんだ。それは、もしや……
  |  u    ` ⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



     ,, --───-- 、
    r'´ 、   、/ヽ, yヽ
   r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、
  `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ         強大な力は過ちを犯すきっかけとなる。
    i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´
   ノ /〈イ「ヒ_,i   ヒ,iT〈イイ',        ささやかながら魔法の力を得て、自らの変化を感じていたやる夫は、
  r'、_,' iイノ',    σ   ノリ 'i,
  '-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>        つかさが神の力を得て変わることを無意識に恐れたのかもしれない。
      ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、 
   :   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉
  :::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,
  :: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>

559 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:22:34 ID:.qUcwuEg

!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__  \/ -‐ty‐‐-、/   !
 ! { ii!'       _ii!__,, / ./   ハ              魔導の、力……
 } !  ̄´         / /  // !
. ノ  )            u  フ!  〃  ヽ
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}



                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
            !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\     神獣が魔大戦に介したことでさらなる血が流れたように――
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|
                /l':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|      皇帝が魔導の力を得て変わったように、すべての力には
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|      人を変える魔力がある。だからこそ"魔"導の力は、
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´         古よりそう書き表わされてきた歴史を持つ。
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \       機械の力もまた然り――フィガロの民の暮らしを支えるその力は
        ( (ー )     |
        (人__)       |       帝国にとっては世界を支配するための手段となった。
     r-ヽ           |
     (三) |         |       俺もどこかで道を踏み外せば、そうなっていたのかもしれんな。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

560 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:22:53 ID:.qUcwuEg



               ∧ ∧
               (,,゚Д゚)           さて、次の記憶だがゴルァ……
               ノU J
             ~O- つ





    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
   //" `ヽ ヽ    \
 //, '/    ヽ ハ 、  ヽ         こりゃあまたパンチの利いた面々だお。
 〃 {_{ ― u リ| l    l i|
  レ!)(● ) 从|、 ノ 、  i|        やる兄ぃ、こいつらと何を話したお?
   (,、_,⊂⊃ |ノ |  リ  |ノ
   ヽ、    j / レ j ,/
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ
       --ヽ`ー'::::::\
     /´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

     ①羽入とやる夫の『因縁』の記憶                ②真紅とやる夫の『再会』の記憶



                              >>562




561 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:23:15 ID:bZmS70m.


562 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:23:35 ID:XfCd4kiU


563 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:25:00 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈          ……兄様、大三角島に行くのね。
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\        まーだ兄妹ごっこ続けてんのかお……
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  u ⌒ (__人__) ⌒ i     いい加減、気恥ずかしいんだけどな。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{   }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

564 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:25:25 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |        行く前にこれを見て行ってよ。
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |           ほら、昨夜描いてみたんだけど……
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \          お……
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┌――――――――――――――――――――――――――┐┃
┃│                 __                   │┃
┃│               /´;;;;;\\;;;\                   │┃
┃│              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ                  │┃
┃│            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ                 │┃
┃│           ,.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ,r┐           │┃
┃│         ,. '´  {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉:.:/           │┃
┃│     /:.:.:.  ,. ‐ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/./           │┃
┃│     / :.:. :,. :'´ _,. ‐λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У             │┃
┃│   /:. :./ , '´   イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ             │┃
┃│  ./:.:,.:'.:/     /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ           │┃
┃│  ./ / ./      /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;\        │┃
┃│  l.,' /      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\        │┃
┃│ .!,' /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\      │┃
┃│ l,'./      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   │┃
┃│ |/      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ │┃



゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

565 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:25:39 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))
   /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
  ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ
 〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',        和平を誓った皇帝様の絵よ。
  ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i
    \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i       今、やらない夫国王の肖像画を描いてるわ。
     \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
       l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ         私の部屋に、2つ並べて飾るつもり。
       l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ
       l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \
       //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ    \
       〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \        ……すげえな。これ、画用紙の上に直接塗ったのかお?
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (●)  (●) |         フツーここまで絵の具が綺麗に乗るかお?
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \



      ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
      「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
      `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
         У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
        / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉      こう見えて羽入や月将軍に芸術面の手ほどきは
      ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
      、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |        受けてきてるのよ。出来はどうか知らないけど、
        ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
        ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、         体を為すだけなら慣れたものよ。
         / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
        l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

566 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:25:58 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /     \
  /  ─    ─\        っていうかオマエ明らかに寝不足だよね。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |       若干顔パンパンだし、化粧怠って人前に見せれる顔じゃねーな。
\     ` ⌒´   ,/



    i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
    ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
      /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
.     /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|      うぐ……じ、時間がかかるのよ、
    /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |   .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
    /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト|ノ\|_ ヽ|、.ノ/ ./_ //'l//, / /,'i :l|:: . l:||::::|    こういうのは。朝までかかったんだから
    /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝ____`   ヾソ/____ リ/iノノ | :|l:::. |!|/
   \|  | ::::|.|::|{回}) |ヽ 弋:シ`    '   弋:シ、` |! |{廻}):||::::. |l       仕方ないじゃない。
      | :::::| | :::i⌒ l . | ′  ̄             ̄ `  |l |´⌒|..::||::::: |!
      | :::::| ヽ、l  .| .|、        ,        u   || |  ヽ、||::::: l!
        | . :::::|     .| .|、           '         /.l . !     |::::. . |
        | ::::::|      ,! . ,|、                イ .| |    |:::::. |



          ____
        / _ノ  ─\
       / (●) (●)\          そんな急いで描かなきゃなんねーもんでもなかろうに。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |      美容を犠牲にするにゃあお前さん若いんだからさ。
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

567 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:26:14 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈       ……こういうのは早い方がいいのよ。
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/        帝国内にも、まだ和平を快く思ってない人も
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l          少なからずいるからね。その人たちの
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \.      気持ちばかりはどうにもならないかもしれない。
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、



.          ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ
          //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、
.        〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ
           ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉
.        〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i        だけどこうして和平の証を生み出していけば、
           ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |
        ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |          やがて国をそういう風が包んでくれるはず。
         ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |
        ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |        そうなれば、その人たちも一応は従ってくれるはず。
        il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.       Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',
       Ⅵミミミミ》`ミ二≧、メメヽ ミ〈二ニヽ 〉::::::;;;;ヘ ',',',',',','.,
.         `ヽミミミハイ二彡' :::::: : ヽミ≧ミミヽ,:::::::;;;;;;;;`‐‐--イ》ヽ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ            …………
 | u   (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
  /  ( 丶_//// \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

568 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:26:34 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|      和平が根付けばみんなの心にゆとりが生まれる日が
:/ .| いいハ ィrテぇミい/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i i いィ}     イテフハVイ/ レrヲL.|.  レ'      必ず訪れると私は信じている。そうなればいつか、
.  |  .| i | i ゙ ゙̄  ,    にクソ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ.    .;._    u  /|. i |  | .|   |          争いを遠き過去に想いその時の平和な"現在"を
  | //.| |_ /` 、     _ rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |          きっとみんなが尊べる日が来ると思うの。
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒~;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. --_}. |
┬' :|  ̄ヽ ト::V  ノ .ノ 人 :::::r '´-  .,, -- へ  |



   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\     私が平和を恋せるのは、羽入や月将軍が私に
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'      厳しくも豊かな暮らしを以って、
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ          私の心を養ってくれたからだと思ってる。
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',        私はそんな生活を、この大陸のみんなに還元したい。
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/          真紅……
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

569 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:26:56 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
        |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 l       忘れないで、私は帝国親衛隊であると同時に
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |     帝国学長という立場を仰せつかっている。
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |       必ず国のみんなに、豊かな教養と幸せをもたらしてみせる。
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i



           ____
         /       \
        /   ─     ―        ちっこい体してそんな肩書き持ってたよねお前。
      /     ( ⌒)  (⌒)'
      |         (__人__)  |      昨日のデート顧みるにちょっと疑わしいけどさ。
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,_ノ-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ    世間知らずなのは認めるわよ。
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、   u イ |´`V´ ̄`ヽ、_\       ……でも、現実を知ったふりをして戦いを肯定する
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}        日々はもう嫌。やっぱり私、あんなの楽しくない……
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

570 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:27:22 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
           ____
         /       \
        /      ―   ‐        ――平和を愛する心に間違いがあるとはやる夫は思わんお。
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)     願わくば、この和平が仮初めのものではなく
      \           `_⌒
      /           \      悠久のものあることを願うばかりだお。



           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉       ええ、私も同じ気持ち。
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |      ……任せる形になっちゃうけど、
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、       必ず幻獣達との話し合いを上手くいかせてね。
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       微力を尽くさせてもらう限りだお。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       少しでも力になれれば幸い、ってとこなのかな。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

571 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:27:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l      ……不思議ね。敵として出会った私達が、
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |         今こうして同じ夢を語り、一方通行とはいえ
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ         兄と呼ぶことすら快しと思っている私がいる。
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、



          ____
        /      \
       ─   ─    \          …………
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)     u   |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,_ノ-´ヽノ:::::: ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ     もっと違う形で出会うことが出来てれば――
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、 :::::::::::  ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、   u イ |´`V´ ̄`ヽ、_\       昨日の話を蒸し返しちゃうけれど……
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}        やっぱり、私どうしても……
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

572 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:28:11 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       /          \        ――心根の願いが同じならば、その心さえ通じ合えば
     /    ―   ― \
     |     (●)  (●)  |        過去の過ちは正していけるとやる夫は考えているお。
     \     (__人__)  /
     ノ      ` ⌒´   \      知識を携え生きる命には、柔軟に生きる知恵が必ず息づいている。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\             ……真紅、お前は和平を望むかお?
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽイf::::::::゙ヾ ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |        望む。もう、誰も傷つかない世界を
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ  .ゝ-ヘノ      ,.メ≡!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ    ̄          i、::_::rハヾ|!ノ{γfヽ!フ /  〃  \      造っていきたい。誰もが笑える
   ./ / !  //   / ハ  l              ゝ- ' / イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l:!    未来を、今でも枕の上で描くわ。
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

573 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:28:24 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       ─   ─    \       言うは易し、きっとこれからが茨の道――
      (⌒)  ( ⌒)      \
      | (_人__)        |       だけどその道の先にある光を強く求める仲間がそばにいれば、
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ      その苦難の道を越え、夢を叶える日が来るとやる夫は信じているお。
       /            `



.          ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ
          //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、
.        〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ
           ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉    厳しい現実はあるかもしれない。過去を鑑み
.        〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i
           ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |         異を唱える人もきっといる。私は屈することなく、
        ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |
         ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |.          それを乗り越え素敵な未来を築いてみせる。
        ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |
        il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.       Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',
       Ⅵミミミミ》`ミ二≧、メメヽ ミ〈二ニヽ 〉::::::;;;;ヘ ',',',',',','.,



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)      やる夫も同じ。……お前も同じ想い。これを共に出来るのも
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|           昨日までの自分達とは変わった、やる夫達と真紅達の再会あってこそ――
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |         きっとここから生まれる未来は違ったものになるはずなんだお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

574 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:28:51 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::     泰平の世はすぐそこまで迫っている。
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::      ……いつかまた、兄様と妹として
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::       温かい暮らしの中を一緒に歩こうね。
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',



          ____
        / ─  ─\
       / (⌒) (⌒)\              ……ん。
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |
     \             /
     ノ            \
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











575 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:29:20 ID:.qUcwuEg








      __
    / ~\
  / ノ  (●)\            ……………………
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \ ι       |               この時、真紅は……
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _ノ ,ハ,ハ/! _ハ_ハ. !-'「            あなたには、これが後に相手を裏切る算段で
    L.i /´ハ_」_ ::::::: ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´       u i |  i  ,:'      i    敢えて仮面をかぶった詐欺師に見える?
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /                     知らされていなかったのでしょうね……
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!                    この後裏切る帝国の思惑など……
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //
 !  ',  く:|      '、ー‐r=/    |::>   i'  i

576 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:29:45 ID:.qUcwuEg

!     !     }  ハ ノ //iク |
{ ! 从!_>、  /ー=!/!ハ/!   {
ノ}  ハ__ :::\/ -‐ty‐‐-、/   !          真紅……どうして……
 ! { ii!'  :::::::::::::::: _ii!__,, / ./   ハ
 } !  ̄´         / /  // !       どうしてここまで言える、あなたが……
. ノ  )         u  フ!  〃  ヽ
. ! ! ヽ、  ⌒     イ/    /  !
. ! i!  ヽ`>-ァ==テ´;;;;!!/ / ≧= (
ハ !ハ.  !/⌒<;;;;;;;;;;;;;;ス //:;:;:;:;:;ヽノ
{:;:;:;ヾ:;:;\!>  /ハヽ   ):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;/V⌒Y⌒Y⌒V:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}



          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」ノレ'i  ,ハ__ /!   Y7       敵として相見えて来た相手の仮面を脱いだ姿との再会。
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ヽ_/`i  i i'
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(      帝国親衛隊として最大の脅威であった者の素顔は、
    ,'   / '|       , !_リ ノ/'レi´
   ,/    /!  !、 u   、, __     ! |ハ         あまりにも儚く弱々しい一人の少女。
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i
    `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」         ……年を思えば、当然のことなんだけどね。
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



        / ̄ ̄\
      /       \                        同時に、志を叶えるためならば、若く弱い己を殺して
      |::::::        |
.      |:::::::::::      |                         使命に徹せるのがこいつだって話だ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
.       |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..        ……羽入の陰に隠れがちではあれど、
.       ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .         油断ならない気質のある存在だった記憶があるよ。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

577 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:30:12 ID:.qUcwuEg

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      ――随分と深い所まで来た気がするお。
          >‐'つ ノ   ヽ、 リ| l │ i|
        /.ノ :l( ●) (●)从 |、i|        こんな顔ぶれまで出てくるなんて……
       ! }/゙ヽ  、_,、_, ⊂⊃ |ノ
         { (´/ヽ.)  ⌒´    j /
       ヽ( イ- )ヘ,、 __, イ
        \ `ヽ:::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         〉   )::::∨yヽ/::::::::::/,1
         /  ノノ:::::::::ヽ/::::::::::: r" /
         / /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ



●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆

        ,.へ
      /∠へ\-─-,.へ__
      `ゝ、ニ___,.ゝr,イ∠へi
      ., '  ,. ´,   `ー--へ、
     /  / ハ\ィ ハ i i 、  ',
     /  .,' /.,.!=-!、! L!/ !  i i
    /  i ハ.!rrーt   rr-t ハ_ハ」              …………
    /   イL_,ゝ,,`"´    `´,,i__!,.ゝ
   }><{ / | ハ、    ,   人_>
   /  /  ハ_,.-、゙>r--r<i_!_」
  ,'  ,' / .i/   iヽi`T´iヘ ! i<{
 }><{ i / 〈,____,.ン .i |: i |,〉|
  ! ハ i. 〈  -、i〉 .| i: i 〉iノ<{
 }><{ }>ヽ.ハ、__ノ' ̄`T ̄ゝiイゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!
        ゝ、,.____、ノ'、____,.ノ
         !、_ン´  !、_ン´

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆








                         /                                       /
         ヽ           /                            ヽ           /
           ヽ     //                              ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                                  iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐                -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                     :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                                 //`v:: 、j
          //   |   ヽ                                 //   |   ヽ
         /            ヽ                           /            ヽ
        /                                       /

   ①フェニックスとやる夫の『希望』の記憶       ②やる夫のかつての恋人、長門有希とやる夫の『未来』の記憶



                                >>578




578 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:31:12 ID:bZmS70m.


579 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:31:13 ID:1KtjI0IM


580 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:31:26 ID:OWjfeVGc


581 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:32:14 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____    ,
        /      \   -
       ─   ─    \ `       ん……どうしたお、フェニックス。
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |           魔石から出てきたりなんかして。
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



    //   |    、 、  __,. \ ,   l
   /,イ   ∧  、  > '´、ヽ    、 ,  ',
    / l  __!_Ⅳヘ ´1 _ィ卞、1  ヽ1  ハ              たまにはこうして体を動かさないとな。
    .' i | l、 1 ,_ _Ⅳ f trりィ  ト l\   ,
   | ∧! !ヘ '. 圷ュ!   `¨´ l  ! j  l\  、          私の翼を取り戻した後に、体がなまって
   l/ l\Ⅳー1、   __,. '   ノ| Ⅳ1  N!  ヽ
   |  .!  Y  {>  、 __, ィ´ 个7 / }/      、          飛べませんじゃ格好つかないだろ。
          7  | ハ!|ゝ/7f´ ,/:/'´\l  !     ' 、
         /   レ1 | 7/ { ゚!,イ:/     \ l    、  \
      //    !. // !゚ l7::/1     ノ |  、  \   ' 、
     ./Ⅴ   / j!:l  l゚ !::{ |  _ィ´」へ!   ' ,  \ハ \
    / /   / /1!__,j_,r-f、 ィf"´    \  l    ヾ \ ',
   / 7  / ,' / /::::i!::::::::::::::´> \,.ノ    ヽ !     j   !
    ./  /  l ,' /::::::::::::::rz==\/       / |  、  ハ  |

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

582 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:32:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\        随分と気の遠い準備体操じゃねーかお。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i      そんなすぐ見つけられるほどやる夫も敏腕じゃねーのに。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{   }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



      ,         j   ; 、   ヽ   ‘, \  _.ハ
.     //      ,、 , /| /}ハ     }_  :}_二≫)} |
      { l       ハ Ⅳ/レ冖㍉! i   ! } 厂 ̄´ { | !
      l ′    /ー ∨  八::辷jノ /   |/ {     レ八_
      レi  ,  斥㍉  ' `¨¨´イ    :{  \_     }         知ってるよ、そんぐらい。もう出会ってから
.      レ ハ{i八ヽり ..      丿,   〉    ̄ ̄  ー―  、
         /  ーゝ  `  _, ( /   l          、_ \    1年以上経つのに手がかりの一つもないしな。
           个 。  ´  ┌} !   /-- 、        \ ヽ :}
       { i    |:  > _。|/   /    ` ー┐     レ /
       ヽ    ヽ  \ //{/′     : : 八       ./
        )   {   「~ヽ//i;;|/       : : ::。-廴     {_
        (   人___ };! {l .l;;}       : : :/ ./  \     }
        |\)_/ ̄} /};} 人,_,ノ  \    : : ::! /     \
        / _{/ _/'′ `'´j  ヽ_   ヽ,_, _ト廴_/⌒   `ヽ |
      ⌒/ { ;/ i i   /  /, ` ーzr~― ´ ̄      / !
.       / .⌒!  | !  l_  〈//,    :}!         _/   /
      /    ヽ .| !  |;;} └(__/ _,、_j'     _, - ´    (__
      、     } .| !  |;;ヽ  /`¨¨´ / ̄`¨¨¨´          、 ヽ



     ____
   /     \
  /  ─    ─\       幻獣サマの翼の手がかりなんかコロッと転がっててたまるかお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |      テメーも長生きしてんならちったあ手がかりよこせだお。
\     ` ⌒´   ,/

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

583 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:32:54 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  , へ、     /> >
  > >、,>-――- 、> >
 <</   /    \
  />' /ー_|__|_/_|_i |
  | | l ||/    , ヽ|             そんなもんがあったら自分で行ってるよ。
  | レr| |弋ナ  , ー||'
  |,l><ly| |   、_  ノ|\        あんたは黙って私の翼見つけてくれりゃいいんだ。
  ヽ| | |,レ>ー .-、|ノ.\\
    V/  ||\八ノ||_>\ヽノ         対価はちゃんと払うからさ。
   l>/゛ '||  |:| || |ヾ ll><l
    |ヽ ヽ|_|:|__||; |、ソ 〔,l
    ゝ,レ'Jニニニニニメゝ l><l
    l>/‐'  、 / .|´  リ
.    / <\  |コ   |
.    |>  \>/|  l二|
    >--、 '  >‐ <
    (___ノ   ゛ー--'



           ____
         /       \
        /      ―   ‐       ……………………
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)             お前の翼を手に入れることが出来れば、
      \           `_⌒
      /           \              本当にユキちゃんは生き返るのかお?



         >_ ´     ヽ. `ヽ、  ハ
         /     l  ヽ  ヽヽ.  ',
        i    l l  ヽヽ ハ. lヽ. ',
        l   l l ハ _ .」,ィテハ. i  ',             実際のところはわからない、ってのが本音だけどな。
        ヽ ヽヽ,rテ示.    ヒソl i ヽヽ
         `iーイ.ヾVソ  ,     i j  ヽヽ         でも、上手くいく見込みはあるんだ。充分にさ。
          l / l iヽ、  r ヽ/L 」ヽ. ヽヽ
       [>/,- L 」 ―`i ー':::/`ー,―- 、 |〉<]        私だけであの子の魂に語りかけた時も、実感はあった。
        / ̄~ i::lヽ / V L /://  )、、ヽ
      ,/ヾ、l y /:/   /   /::/,    ヽヽ ヽ
   ,..::'´    / /:/   /    /://ヽ    ヽヽ `|〉<<
 r::'´     .;-i' i::l   /    /::/j  ,.ヘ    ヽヽ ヘ
 l `ヽ _; '´ , ヽ i::l  i    j::j  /  ヽ    ヽヽ ハ
 |    l / / i l::i  .j    /:/ ./! ヽ. ヽ,ゞ'´  ヽ  |〉<]

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

584 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:33:14 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  /   ,'    / /           、 ヽ.
 ,'    i   ,' ,! `iヽ、 ,!   ,    ',   ',
./    !   .| ハ_」__!/ !  /| __!  !  i
'  /  ',   |. 7'´!  ハ L_/ !__/|_,/   |        有希の魂はちゃんとあそこにあったんだ。
  /   .!\_」 ヘ '、_,り    7'iヽ!    /
. /   (,|  ,!""`        !リ ノ!\/        ただ一途に、お前をずっと待ち続けてるんだよ。
,'  ,   !  ハ         ' ` "|ハ
 /   |    '、    ` ー-     ,ハ ',           いい彼女さんだと思うぞ、私はな。
.'     !ヘ   | ,>、      ,. イ  ! !
>‐ -、 _,,. イ\|>‐-、_,r-<´/i\ |
     `ヽ:::!\    7 ハ、//   |  ヽ!
      ヽ|、 \ / i  `r、. /
、       i::ヽ.  `  ';  V!`く
ァ'エコー-'、 ,ハ:::::';    ヽ  '、 ';



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        あったりめーだお。こんなやる夫を好きだって言ってくれた
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|        優しいユキちゃんだお。本当、やる夫にゃ勿体ねえぐらいのさ。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



          ____
        / _ノ  ─\
       / (●) (●)\             ……フェニックスはやる夫を未練がましいと思うかお?
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |          死んだ人間のことをいつまでも引きずって、
     \             /
     ノ            \        あまつさえその子を生き返らせようとまで……
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

585 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:33:40 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

ハヽ   / {      /       \
/\ヽ  | { ,/  /       |  ミ、
 / 〉》 l  ∨ |/  /  /  l|   ミ、
/  }/| ヽ」 | ,/! ,イ/},イ_」    | ヽ       死んだ人間が生き返る……今まで何人の人間が
      ト、rf | ├/-}ノ_ ,イィャ .,イ l |
    / .| } |  代ソヽ   ト' |//リノ        そんな夢を見てきたと思う? その夢を笑うというのなら、
.   / ,/| 込!  ミ、    ,  小
  / ,/ ,'  _」ト、ヽ   -‐ イ ! ,ノ         過去に生きた何万何億の人間に対する侮辱になるだろうな。
. //Ⅳ  ノ ` ∨`≧-< リ
イ _」vェ''´\    }ト、
//   ヾミ、 ヽ   {   \
/     ヾミ}、     |\  \
       ハミ}    |   \  ヽ
      / }ii}    \   \



     ,.へ、___         ___
    _/::/\:::|      ,._/へ::::::::>
    \::\ ヽト,.--,. /    >:::/
     ゝ、> Y⌒>´ー-   ./:::/
      / i   ̄'ーへ.      l:::::|
     // /l   `y ヘ` ー =.=.= ┘',
    ,'/ /!ヾ、  /イヽヾ,   !   ',         叶わぬとされる希望であれど、それを追うのが心ある者だ。
   l ! /」!__ヽメ' TニT T  ::l  ,   l
   !l イj」=、イ{ヘ斗{うi}`> ::,'レ  ', l           愛する者と永く共にいたい、もっと一緒にいたかった――
   | ! ト|イヒリ ` ` ー''  l::/レト、 ', l
       `  丶        レ>ソ/ .', .l       それを愚かと笑う者は、命の重さを知らないつまらない奴ってだけさ。
      人  - ´    ∠「::::!   ', l
       \     ,  ' !  !  !  ', l
        /  `Tフ´__/ }. l ヽ !! ',  ヽ   ,ヘ.
.      //r- ニ!。ノ-ヽ  /`>、彡フヘ   ヾ ,// .>
    ,'/lY ! .//´ }゚  .`´/:/  Y   lヽ:ト、',ハ/
.   / } jノ / ./  r /:/ _  「==ー ヘ ヾ',´
   /イ ノ/ .//.{    `/:/ー-入{ ̄   ー ヽ j ',ヽ
 /´ l |l!. i::! !.     i:::!   //\     \ i ',



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/         フェニックス……
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

586 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:33:56 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

  /   ,'    / /           、 ヽ.
 ,'    i   ,' ,! `iヽ、 ,!   ,    ',   ',
./    !   .| ハ_」__!/ !  /| __!  !  i
'  /  ',   |. 7'´!  ハ L_/ !__/|_,/   |       夢を見てればいいんだよ、命ある者はな。
  /   .!\_」 ヘ '、_,り    7'iヽ!    /
. /   (,|  ,!""`        !リ ノ!\/       早く走りたい、空を飛びたい――鉄道、飛空機械……
,'  ,   !  ハ         ' ` "|ハ
 /   |    '、    ` ー-     ,ハ ',           人の住む豊かなこの世界は、そんな夢追人達が創ってきたんだ。
.'     !ヘ   | ,>、      ,. イ  ! !
>‐ -、 _,,. イ\|>‐-、_,r-<´/i\ |
     `ヽ:::!\    7 ハ、//   |  ヽ!
      ヽ|、 \ / i  `r、. /
、       i::ヽ.  `  ';  V!`く



         / l .l     / .// .i i   l
        ハi .|  | ./ メ/  .1 リ |  i
          l l | l レ .| }示>、./リ ナナ l  i|
        l/ .l  ヽ|、.|`‐‐'   ヒツ7//./リ          私達、魔力でもってして全てを叶えようとする
       / l    |\  、_ '  / レレ'
       /  l    /\ >,─‐‐' i l 〈            幻獣にとって、そんな人間たちの創意工夫の心は
        /  / ._,-<   `i〈`゙'‐-.,__  ハ
     /  //   \  |.ハ  /|  `i 、ハ             とても輝かしく映るよ。希望を捨てた人間なんて、
      /  ./     |:iヽ' | V.|:|v  .| ハ  _
     i  /|!    \.l .l::l  !.  |:| !   i }\/ |         私達がかつて恋し憧れた人間なんかじゃない。
    }\/{ハ_,.--ハ .l::l   i .|:| }==.|、 ヽ/レ'、
   }/\{ ハ===ハ:i   .| |:| |  ハ l  l  ヘ
   / |  .|  ハ  ヾ{三i  _i._|:|_{ / ハ l .l l ヘ



           ____
         /       \
        /       _ノ ヽ           …………
      /         ( ⌒) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

587 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:34:11 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

/\ヽ  | { ,/  /       |  ミ、
 / 〉》 l  ∨ |/  /  /  l|   ミ、
/  }/| ヽ」 | ,/! ,イ/},イ_」    | ヽ
      ト、rf | ├/-}ノ_ ,イィャ .,イ l |        叶わぬ夢なら私も見てるじゃないか。
    / .| } |  代ソヽ   ト' |//リノ
.   / ,/| 込!  ミ、    ,  小            この世界のどこかに眠る、たった一つの小さな小さな
  / ,/ ,'  _」ト、ヽ  ー ‐ イ ! ,ノ
. //Ⅳ  ノ ` ∨`≧-< リ               翼を見つけようなんて、気の遠くなる話だろ?
イ _」vェ''´\    }ト、
//   ヾミ、 ヽ   {   \
/     ヾミ}、     |\  \
       ハミ}    |   \  ヽ



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\      そしてお前さんは次に『お前次第だ』と言うんだお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{   }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



    //   |    、 、  __,. \ ,   l
   /,イ   ∧  、  > '´、ヽ    、 ,  ',
    / l  __!_Ⅳヘ ´1 _ィ卞、1  ヽ1  ハ
    .' i | l、 1 ,_ _Ⅳ f trりィ  ト l\   ,          あんただって自分の夢がかかってんだろうがよ。
   | ∧! !ヘ '. 圷ュ!   `¨´ l  ! j  l\  、
   l/ l\Ⅳー1、   __,. '   ノ| Ⅳ1  N!  ヽ       もっと必死になれってんだ。私のためにもさ。
   |  .!  Y  {>  、 __, ィ´ 个7 / }/      、
          7  | ハ!|ゝ/7f´ ,/:/'´\l  !     ' 、
         /   レ1 | 7/ { ゚!,イ:/     \ l    、  \
      //    !. // !゚ l7::/1     ノ |  、  \   ' 、
     ./Ⅴ   / j!:l  l゚ !::{ |  _ィ´」へ!   ' ,  \ハ \
    / /   / /1!__,j_,r-f、 ィf"´    \  l    ヾ \ ',
   / 7  / ,' / /::::i!::::::::::::::´> \,.ノ    ヽ !     j   !
    ./  /  l ,' /::::::::::::::rz==\/       / |  、  ハ  |

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

588 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:34:26 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ……なんだかんだで身を預けられるってのは悪い気分じゃねーお。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       最初はツッケンドンだったお前がここまで話してくれるなんてさ。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



          r-r、           ,.-ァ、
          |:::|`\         // |:::|
         ノ::/ \,ヘ、.     /::/ \|:::|
        く:::〈 // 、,べ  ̄ ̄`7/ /〉  |/
         .>ヽ/、__   _ゝ-、//__Y  /」
  /\    //〉^ヽ、二_,.ト-'、___!、_____/:::|`ヽ.
    ̄    / /-'、 / __ i  i  __   ヾ..  ',        お、私に乗り換えるかい?
   [>  /`ヽ! ィ7´/ ´/_ハ.  ハ  !_ ` ',  i   i
     r/ ノー'ソ| i/ァi´'ヽ|_,/ |ア!゛'`!ヽ  ,ゝ  ',       言っとくが私を口説こうとすると千年はかかるぞ。
    ノ`ヽ、__イ-、|_,ハ〈 ト_,リ     ト__ソノレ、」、   i
    / `''ー--' ノ'|  ハ"´   ,    `"/ |ノ   |
  /      ./、 !ノ .ハ、   rァ‐‐、   く/  !  i |
  i´    、_/、_!く_/_」/>.、 、___ノ,.イ'`ヽ./   ハ |
 ノ    -‐'  |  ̄`'yアr'<`二i´ヽト-r‐-'、  i /|
 ヽ._      /     !/ / /ム |  / |',  `ヽ!'/
   `''ァー-'、'.___  .// |/ /  |/ | |    |〈 ノヽ.
    /   /  `/Y     ,'o     Y  _,.イ 〈〉-‐'



          ____
        /      \
       /  ─    ─\        黙れ死ね。
     /    ⌒  ⌒  \
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く



                 ,ヘ   ,へ、
                く< 'ゝ-イ/ |<   ,ヘ,
               , '!`ヽy)_,,==イ!  / /
              .,'  ! !  、 、 ヽ ',/ /
          ,ヘ,  i  ,'./-λル-i-イ i/ 人_
          '、 '、‐iルLi ○   ○ `'λ,;ケ-ネ          残念! 私は死にません!
           >、ソフモコ""r-‐‐┐""イ`´゛-イ
          <-、ソ,/ノ:|,:ゝ,ヽ、__,ノ_ノ,」/', ,,,.‐'
          `-r'_,.,__i.r' /LY_ノ ./`  /
               !〈 i   |:  !i-- イ ',
              ノ iλ. . i: λi |j i',/ヽ
              }>]ノi/:::::v:::::/ヽ:),-:' ;
             }><{,'ヽ/:::i:::::ヽ/:ヽ i<{

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

589 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:34:41 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        / ─  ─\
       / (⌒) (⌒)\           お前さんが翼を取り戻して空を自由に飛べるようになったら
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |       いっぺんやる夫を背中に乗せてもらえんかお?
     \             /
     ノ            \          一度、生身で空飛ぶカンジを体感してみたかったんだお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



      ,         j   ; 、   ヽ   ‘, \  _.ハ
.     //      ,、 , /| /}ハ     }_  :}_二≫)} |
      { l       ハ Ⅳ/レ冖㍉! i   ! } 厂 ̄´ { | !
      l ′    /ー ∨  八::辷jノ /   |/ {     レ八_
      レi  ,  斥㍉  ' `¨¨´イ    :{  \_     }         お? そいつはまたいい夢持ってんじゃないか。
.      レ ハ{i八ヽり ..      丿,   〉    ̄ ̄  ー―  、
         /  ーゝ  `  _, ( /   l          、_ \    男の子の夢、パイロットってやつかい?
           个 。  ´  ┌} !   /-- 、        \ ヽ :}
       { i    |:  > _。|/   /    ` ー┐     レ /
       ヽ    ヽ  \ //{/′     : : 八       ./
        )   {   「~ヽ//i;;|/       : : ::。-廴     {_
        (   人___ };! {l .l;;}       : : :/ ./  \     }
        |\)_/ ̄} /};} 人,_,ノ  \    : : ::! /     \
        / _{/ _/'′ `'´j  ヽ_   ヽ,_, _ト廴_/⌒   `ヽ |
      ⌒/ { ;/ i i   /  /, ` ーzr~― ´ ̄      / !
.       / .⌒!  | !  l_  〈//,    :}!         _/   /
      /    ヽ .| !  |;;} └(__/ _,、_j'     _, - ´    (__
      、     } .| !  |;;ヽ  /`¨¨´ / ̄`¨¨¨´          、 ヽ



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\           話が通じると気持ちいいっすなぁ。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i        長生きして見識深い奴と話すのはこれだから楽しいんだお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{   }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

590 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:35:01 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     ,.へ、___         ___
    _/::/\:::|      ,._/へ::::::::>
    \::\ ヽト,.--,. /    >:::/
     ゝ、> Y⌒>´ー-   ./:::/
      / i   ̄'ーへ.      l:::::|
     // /l   `y ヘ` ー =.=.= ┘',
    ,'/ /!ヾ、  /イヽヾ,   !   ',         ほら、もっと希望を語れよ。
   l ! /」!__ヽメ' TニT T  ::l  ,   l
   !l イj」=、イ{ヘ斗{うi}`> ::,'レ  ', l            皮算用でもどんどんやる気がみなぎってくるぞ。
   | ! ト|イヒリ ` ` ー''  l::/レト、 ', l
       `  丶        レ>ソ/ .', .l        私に出来る約束だったらなんでもしてやるからさ。
      人  - ´    ∠「::::!   ', l
       \     ,  ' !  !  !  ', l
        /  `Tフ´__/ }. l ヽ !! ',  ヽ   ,ヘ.
.      //r- ニ!。ノ-ヽ  /`>、彡フヘ   ヾ ,// .>
    ,'/lY ! .//´ }゚  .`´/:/  Y   lヽ:ト、',ハ/
.   / } jノ / ./  r /:/ _  「==ー ヘ ヾ',´
   /イ ノ/ .//.{    `/:/ー-入{ ̄   ー ヽ j ',ヽ
 /´ l |l!. i::! !.     i:::!   //\     \ i ',
.     `|..! i::! トo.   i:::!   /} j l } ト...、 ' 、 ,' ,ハ ノヽ



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      お、随分と大きく出たじゃねえかお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |          そんじゃ、カッチョよく炎の翼を背負ったカンジをいつか……
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











591 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:35:24 ID:.qUcwuEg








●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆

          ,.へ
      r=´>' .ヘ ',     ,.-、
       ヽ、く  ',i_____ _/へヽ
      ,,..-"' 、ヽ iゝ__イ∠_ヽ 〉〉
     , "    ヽ、i__ )  ロ 」 i
    /           `'ー===' ',
   ,' / ,   ,'  ,  ,  ヽ  、 ',        なんでだろうなぁ……
   i ,'. ', r;-イ__,/`ー〈-  ! ',  i  i
   i'LLゝi.'ー---  ー---、イ.i', i .|  |          しばらく話をしてないだけで随分遠い昔のように感じるよ。
   ' ,イ 7          く_/ i  | |
    /   '、         / / ,' イ. |
   レ、_イ__ヽ、  ー , " , '  / i .  |
    / ,' i //~<7 ∠,__イ_」-' ,'    |
   / .,' ,i///'く,ヘ'   / >,λ.  i    |
   ,' /〈 i/  / `'´  // `ヽ,.!    |
         '     i/    〉,    |

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       初めてお前とやる夫の会話を見た時以来、
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)      お前らけっこうトゲのある会話してたように感じるんだが……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      二人っきりだとこうなの? 何コレ純正ツンデレってやつ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

592 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:35:40 ID:.qUcwuEg

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆

     /  / ハ\ィ ハ i i 、  ',
     /  .,' /.,.!=-!、! L!/ !  i i
    /  i ハ.!rrーt   rr-t ハ_ハ」
    /   イL_,ゝ,,`"´    `´,,i__!,.ゝ         何言ってんだ。別に私は問題のないやつにどうこう
   }><{ / | ハ、 u   ,   人_>
   /  /  ハ_,.-、゙>r--r<i_!_」         つっかかる趣味はないよ。私がトゲを含んで話すのは
  ,'  ,' / .i/   iヽi`T´iヘ ! i<{
 }><{ i / 〈,____,.ン .i |: i |,〉|            その時々にあいつが鼻についてるからだ。
  ! ハ i. 〈  -、i〉 .| i: i 〉iノ<{
 }><{ }>ヽ.ハ、__ノ' ̄`T ̄ゝiイゝ
  V  ノ__ハ_,/__>   くi   ハ!
       〈      !_>  `!



                /:ヽ
             _/_/ >
            / / //ヽ、/ ヽ       _____
            / ///_  \ \__,─' ̄´ _  / / /`>
           , /_,/--─―――――-、 ̄ ̄  ̄/`―-/
         /               ``─-// //>
       //    l              \ ///
      / ///  /、  |  |   _, -ヽ-、  |  ヽ/ヽ
     / ///  /__ | /| `  ̄ ___ヽヽ l |   l 、  丶      あいつ人前だと格好つけたがる癖あるじゃん。
     /  /  /Ⅳ丁|/ |  ̄下-'  |ノ ヽ j   | |  |
       /  / ヽ-'      `ヽ-- '  /   | |  | |  |       内面知ってるこっちからするとモヤッとするのなんの。
      /   (      へ     U  /   / j | | |  |
      /   \             /  // j | | |         少々意地悪言ってみたくなる気持ちもわかってくれ。
     /, -―' ̄`ヽ 、_    _,  '/ /// / j| || |
            / |    ̄   ∠///l    | | |
.           / j          |   |

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        俺が悪かった。スゲーわかるわ。
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  U  (__人__)      ヘンなとこであいつ見栄っ張りなんだよな。
  |     |r┬-|
.  |      `ー'´}
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|

593 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:36:00 ID:.qUcwuEg

     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ   \
 //, '/     ヽハ  、 ヽ           やる実達の知らんやる兄ぃの側面がチラホラと……
〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
レ!小l( ー) (ー)从 |、i|( ;;;;(        割とやる実達は、やる兄ぃのカッコつけた外面に
  レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ ) ;;;;)
   ヽ、  ゝ._) u j /  /;;/           ダマされ続けてきたってことになんのかお?
    ヘ,、 __, イ     l;;,´
  /      ∩ ノ)━・'/
  (  \ / _ノ´.|  |
  .\  "  /__|  |
    \ /___ /



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/          だろうね。つーか俺から言わせりゃお前ら、
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l         やる夫みたいな単細胞に騙されてるようじゃ世間知らずだぞ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x
li | il  |il l | ト《_八_》
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |                  ……………………
l l| ハl | l斗fT7从i|l |
       ◯  /l|ilil|
        'il |lil||
      u  / i| | lil|
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::Ⅵ三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄    ←なんとなくショック
 〈匂〉 〈{|::|::::::||i| l|
nnnnrタ::::|::::::||i| |l

594 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:36:23 ID:.qUcwuEg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(       ……さて。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/        いよいよお出ましってとこかな。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ
         〃/ ー ソ ,/,      l i|      いつか来る予感はしてたけど……
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ        やる兄ぃから見たやる実達ってどうだったんだろ?
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \








                         /                                    /
         ヽ           /                         ヽ           /
           ヽ     //                           ヽ     //
             iヽ:''"゙゙'':.,/                               iヽ:''"゙゙'':.,/
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐             -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
              :、,. ..,::'、‐-                                  :、,. ..,::'、‐-
             //`v:: 、j                              //`v:: 、j
          //   |   ヽ                              //   |   ヽ
         /            ヽ                        /            ヽ
        /                                    /

   ①やらない夫とやる夫の『敬愛』の記憶             ②やる実とやる夫の『奇縁』の記憶



                              >>596



595 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:36:37 ID:bZmS70m.


596 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:38:29 ID:1KtjI0IM


597 :名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 15:38:32 ID:lCILGESo


598 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:39:20 ID:.qUcwuEg










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

         γ' フ                (ヽ
      イ ('i, ,/                 ヽ)'フ 
     ( 'i,`ミ' ヽ i     ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、  )γノ
   (\ヽ,,_ ` ':.ヽ   /   〃" `ヽ、 \ヽ / .:' ノ'
    ヾ' ..,,    '; 'l,/ /  ハ/     \ハヘヘ ,:'''",フ
     ゝ- .,,,   .: i|i │ l |リ -   - }_}ハ,,: "つ      ほれほれ、やる兄ぃどうだお?
    ,-'', ',,,..    .:' /'|i|从 ( ⌒)  (⌒)小N  彡'
     `ツ、,,ー- .:' (  (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ,_,,ノ'⌒        幻獣サマの力を借りてこんなことが出来るようになったお。
      '-彡,,  ':, ヽ  V j    (_ノ  Jノ'-=-'"
       ,彡'  `;.  /⌒ヽヘ,、 __, イィヽミ^ヾ
         ノ., "シ / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽミゞ
          "''ツ'/,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,| )
            | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\         もうそれは見たから。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  u ⌒ (__人__) ⌒ i      豪快にイカ娘ぶっ飛ばせてようござんしたね。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{   }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

599 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:39:34 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           γ' フ   , /.'´ ̄ ̄` ー-
       イ ('i, ,/  /     〃"`ヽ、 ヽ
       ( 'i,`ミ' ヽ |i /    /  ハ/   ヽハ
      (\ヽ,,_ ` ':.ヽ|i    │ l |リ  ⌒   }リ|         やる兄ぃだって魔法使えてたじゃねーかお。
     ヾ' ..,,    '; |i   | 从 ( ー) l从
      ゝ- .,,,   .;: V  ( | ⊂⊃  、_,、_)             フィニッシュまで持っていっちゃってさ。
    ,,-'', ',,,..    .:' / \   V j       `´ノ
     `ツ、,,ー- .:' (   へ、/      __ノ              オイシくてようござんしたね。
        ''-彡,,, r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽ、
        ,彡'|  V:::::::::::∨yヽ/:::: /,1
         ノ.,! ノ {:::::::::::::: ヽ/::::::::: y i
          .|  |、_:::::::::::::::::::::::::::::::: } !
          {\/:::::::::::::::::::::::、:::::__,.ィ' 」



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        オメーの新技と比べりゃ派手さにゃ欠けるけどね。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|        ちょびっとオメーが羨ましかったり。ロマン的に。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ
         〃/ ⌒ ソ ,/,      l i|       ……………………
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/              やる兄ぃは物足りなかったかお?
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

600 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:40:18 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ___
         /     \
       /          \        ……いや、すげえ嬉しかったお。
     /    ―   ー  \
      |    (⌒)  (⌒)   |       やる夫にも、戦うことのできる力が手に入ったんだって……
     \    (__人__)  ,/
      ノ    ` ⌒´   \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ \  k-、 }_}ハヽ       でも、なんかちょっと怖くねーかお?
    |i|从 ( ー)  ヽヽヽl小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_r-'、ヽヽ-、        こうして力を得るたびに、なんか違う自分が見えてきてさ……
      V j  u    ` ヽ   ',
         ヘ,、 __, イ  \  ',
       r<';::::::ヽ /y/、l    }  i
    ζ  }}:::::::::::ヽ':::::::::ヽ  l  .|
   く´ _,ソ':::::::::::::::::::::::::::::::}  j   l



          ____
        / _ノ  ─\
       / (⌒) (⌒)\          やる夫も似たような気分だお。
     /    (__人__)    \
     |  u   ` ⌒´     |         魔法を使える、戦える……強い力を得る。
     \             /
     ノ            \           やってることは帝国と変わらない部分あるもんな。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

601 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:42:17 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        γ'フ
     イ ('i, ,/                           (ヽ
    ( 'i,`ミ' ヽ i       ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、            ヽ`)'フ
    ( \ヽ,,_ ` ':.ヽ  /          \             )γ),ノ)
     ヾ' ..,,    '; 'l,/   /"" `ヽヽ   ヽ           ,/ .:' ノ'
        ゝ- .,,,   .: i!///,'/     ヽハ 、ヽ ヽ          ノ' ,:' ''",フ      ……この力を間違ったことに使えば、
     ,,-'', ',,,..    .:'〃 {_{ ー   ー リ| l | i|    _,,.. -‐''",,::'   "つ
       `ツ、,,ー- .:' (レ小l ( ●) (● ) 从 |i| γ´ ,,..  ''"ヾ、  彡'       やる実に力をくれたセイレーンがきっと
       ''-彡,,   ':, V⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノノ _,ノ ,:'"  ''ヽ.,. ヽ、,,_,,ノ'⌒
         ,彡'  `"く  ゝ、 ____ ノ , ゝ  '      ゙" '-=-'"          悲しむお。絶対にこの力、間違ったことに
           ノ., "シ l ノ:::::::::V yヽ/::::::ヽ ヽ      ,ト、ヽ、,_,,,ミ^ヾ
            "''ツ'l `、::::::,--、:::::::::::::i  l)ノヽ'Jツ' ヽ)              使うつもりはねーけどな。
              ヽ__,. ム` ̄ ̄  )
                   `ヽ-'ー─ ´



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  ―   -\) ;;;;)        ……やる夫は帝国の暴挙を見てきたからこう思うわけだけどさ。
/    (●)  (● /;;/
|       (__人__) l;;,´|        やる実はそうでもないのに自然とそう思えるのかお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



      , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      , '  /" `ヽ ヽ  ヽ, nミ/ レ 7
   , '  //, '/     ヽハ \ヽ! | /
   |i 〃 {_{ _ノ   ィヘ リ| ヾ!   {         こう見えて格闘家だからね。
    |i | | ( ー) (ー) 从!/  /
    |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/   /         力を誤った方向に活かすことだけは絶対しないように
      |i从/、 u     /ノ{   l
       ヘ,、 __, イ   〉  ',             師匠にさんざん叩きこまれてるお。そらあもう、痛いぐらい。
     r、、-::::|ヽ`ー'´,1ー::::: l   ',
   / V:::::::::∨yヽ/:::::::::::::i   '
   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::::::::r!    ',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y    !
  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    l
  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人__ノ
   `|1::ー'::':::::::::::、::::::::__,.ィ'

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

602 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:42:40 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
   //" `ヽ ヽ    \
 //, '/    ヽ ハ 、  ヽ         戦う力は傷つける力、守るための力は討つための力――
 〃 {_{ ―   リ| l    l i|
  レ!)(● ) 从|、 ノ 、  i|        力を振るえば必ず相手がいる。己の何かを叶えれば、
   (,、_,⊂⊃ |ノ |  リ  |ノ
   ヽ、    j / レ j ,/       対立する何かから希望を奪うこと然り……師匠の言葉だお。
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ
       --ヽ`ー'::::::\
     /´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ



       ,. -一''´ ̄`ヽ、
      / /"  、   \
     ノソ/_ノ  ⌒\ 、  ヽ.         バカなやる実がその意味を理解できるよう、何度も何度も
      レ'(ー)  (ー)从ハ 、 i
      /⊃ 、,、_, ⊂⊃」 |  |      言ってくれた言葉だお。格闘家として入門した以上、
      弋           ラ ル .ソ
       `ヽ..    _/彡'"ノ        与えられた力を過ちに使って欲しくない。師匠はそう言ったお。
        /7_/.:::/´ハ/(`
      / .:.::::::::::イ  |
      ( . ..:.:::::::::::::|   i|



          ____
        /      \
       /          \        ……………………
     /    ―   ― \
     | u    (ー)  (ー)  |
     \     (__人__)  /              魔法……人の手に余る、力……
     ノ      ` ⌒´   \
   /´               ヽ              キョン様もそんなことを言ってたっけな……
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

603 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:43:07 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, ' /   ヽ、  ヽ      ――強くなりてえって気持ちは否定されるべきじゃねーと思うお。
         〃/ ソ ,/, ,       l i|
         レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|       だって、弱かったら何もかも奪われたって
          (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
            ヽ、  iノ lノ / 从j /        文句言えねえのがこの世界じゃねーかお。
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ



          ____
        /      \
       ─   ─    \        やる実……
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)      u  |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ ー   ー }_}ハヽ      やらない夫のあんちゃんややらない子のような優しい人間だけが、
    |i|从 ( ●) (●)小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ          弱きを守り、その道を導こうとする……現実はそうだお。
      V j    ⌒  Jノ
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ            帝国は弱きを虐げ多くを得ようとするけど、自然の摂理にゃ適ってるお。
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

604 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:43:25 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     , ´  ̄ ̄ ̄`丶、
   /        ヽ \
  /  / //〃"" `ヽ ヽヽ ヽ
 / //l l /     ヽハl l l        限られた人間だけが弱い者を尊び守ろうとする。
 li l l ll l,.ィ \   `─刈〃
  い.l lVト ( ●)   ( ●) l/       ……動物たち、魔物たちはそうじゃない。弱ければ食われ
.  Ylヽ{ヽ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃
  レレノレヽ.       ノ             強ければ長生きする。自然な世界の理はきっとそれが正しいんだお。
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
  |  \::::::::::ヽ/::::::::::: r" l



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       ……………………
/    (●)  (─ /;;/
|  u     (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/            お前、そんなこと言うけどさぁ……
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
   //" `ヽ ヽ    \
 //, '/    ヽ ハ 、  ヽ           わーってるお。だからって帝国のやってること、
 〃 {_{ ―   リ| l    l i|
  レ!)(ー ) 从|、 ノ 、  i|         小難しい理屈で肯定する気なんかさらさらねーお。
   (,、_,⊂⊃ |ノ |  リ  |ノ
   ヽ、    j / レ j ,/        ……あいつらがやらない子を殺したこと、やる実は忘れねーお。
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ
       --ヽ`ー'::::::\
     /´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

605 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:43:52 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ   \
 //, '/     ヽハ  、 ヽ         やる実はあんちゃんややる兄ぃのように、顔も知らねえ
〃 {_{ ―   ― リ| l │ i|
レ!小l( ー) (●)从 |、i|( ;;;;(       無力な人々を守るために動くなんて出来ねえお。
  レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ ) ;;;;)
   ヽ、   ⌒ u  j /  /;;/      自分のことで精いっぱい、考えてるヒマも余裕もねえお。
    ヘ,、 __, イ     l;;,´
  /      ∩ ノ)━・'/
  (  \ / _ノ´.|  |
  .\  "  /__|  |
    \ /___ /



           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ
         〃/ _ノ ソ ,/,      l i|      だけど、やる実は好きな人……水銀燈、あんちゃん、バかさ……
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ       家族と呼ばせてくれるやる兄ぃを帝国が狙うっていうのなら
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ       徹底的に抗ってやるつもりだお。この力はそのために使うんだお。
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \



           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ー)  (ー)'             …………
      |  u       (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

606 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:44:07 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, ' /   ヽ、  ヽ         ――多分やる実の言ってることって、帝国の奴らと一緒だお。
         〃/ ソ ,/, ,       l i|
         レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|           あいつらだって、自分だけじゃなく好きな人、
          (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
           ヽ、  iノ lノ / 从j /        大切な人の暮らしを守りたくて戦ってるんだと思うんだお。
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ        でも、それがやる実の大切なものを踏み荒らす信念なら――
    |i │ l |リ ヽ_  _ノ }_}ハヽ
    |i|从 ( ●) (●)小N         結果、水銀燈が苦しまなきゃならねえんなら、アイツらとはわかり合えんお。
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
      V j    ⌒  Jノ           そんな奴らの悲願なんて叶えさせてたまるかっつーんだお。
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

607 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:44:29 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ \  k-、 }_}ハヽ        ……やる兄ぃは、こんなやる実を軽蔑するかお?
    |i|从 ( ー)  ヽヽヽl小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_r-'、ヽヽ-、
      V j  u    ` ヽ   ',
         ヘ,、 __, イ  \  ',
       r<';::::::ヽ /y/、l    }  i
    ζ  }}:::::::::::ヽ':::::::::ヽ  l  .|
   く´ _,ソ':::::::::::::::::::::::::::::::}  j   l


          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\            アホかお。大事な人を守りたいって意志自体は
     /    (__人__)    \
     |     ` ⌒´     |        決して否定されるべきじゃねーだろうがお。
     \             /
     ノ            \           たとえ敵方が同じこと思っててもやる夫は否定せんお。
   /´               ヽ
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



           ____
         /       \
        /    _ノ    ―        ……やる夫だって許せんのだお。
      /     ( ー)  (●)'
      |  u       (__人__)  |         やる夫の最愛の人を奪った帝国を……
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '         憎しみがねえって言っちまえばひでえ大ウソつきだお。

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

608 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:45:22 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ー)      \      ……やる実は、こんなやる夫を見下げ果てた男だと思うかお?
      | (_人__)      u  |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, ' /   ヽ、  ヽ           ……憎しみを晴らすために力を振り回すなら
         〃/ ソ ,/, ,       l i|
         レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|             それはやる実の好きなやる兄ぃじゃねーお。
          (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
           ヽ、  iノ lノ / 从j /          でも、やる兄ぃはそんな奴じゃねーって信じてるお。
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
   //" `ヽ ヽ    \
 //, '/    ヽ ハ 、  ヽ         大切な人を守るため……そのために犠牲を潔しとして
 〃 {_{ ―   リ| l    l i|
  レ!)( ⌒) 从|、 ノ 、  i|        涙を顧みず力を振りかざすのではない、力の使い道。
   (,、_,⊂⊃ |ノ |  リ  |ノ
   ヽ、    j / レ j ,/       やる兄ぃが力を求めるのはそのためじゃねーのかお?
     ヘ,、 __,イ  -‐/イ
       --ヽ`ー'::::::\
     /´ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    /.   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

609 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:45:38 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

         ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
       /          \
      /   /"" `ヽヽ   ヽ      せめて自分でそうだって思ってるならそう言って欲しいお。
     /// ,'/     ヽハ 、ヽ ヽ
     〃 {_{ ─   ─ ,リ| l | i|
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
      V⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノノ             ……やる兄ぃはどうして強くなりてえって思ったお?
      く  ゝ、 ____ ,ノ , ゝ
      l ノ:::::::::V yヽ/::::::ヽ ヽ
       l `、::::::,--、:::::::::::::i  l
      ヽ__,. ム` ̄ ̄  )
           `ヽ-'ー─ ´



          ____
        /      \
       /          \         ……………………
     /    ―    ― \
     |     (●)  (●)  |
     \     (__人__)  /             もうこれ以上、ダチや仲間を失うことのないように……
     ノ      ` ⌒´   \
   /´               ヽ            弱くて大切なものを守れない自分を変えたかったからだお。
   |   l              \
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ      弱い自分を変えたくてやる実は師匠に弟子入りしたお。
    |i │ l |リ _ノ  - }_}ハヽ
    |i|从 ( ⌒) (⌒)小N       そうしてやる実は、泣いてばかりの日々からこんなやる実に変わったお。
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
      V j    ⌒  Jノ        ……今のやる実は力を間違ったことに使ってねーかお?
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

610 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:45:52 ID:.qUcwuEg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)       似てるな。お前とやる夫、顔だけじゃなく。
/    (⌒)  (⌒ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       兄妹って言うのもあながち的をはずした形容じゃねーのかもしれんお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ   \
 //, '/     ヽハ  、 ヽ        だからきっと"やる兄"なんだお。
〃 {_{ ―   ― リ| l │ i|
レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|( ;;;;(       血は繋がってなくたって……やる兄ぃはやる実の兄ちゃんだお。
  レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ ) ;;;;)
   ヽ、  ゝ._)   j /  /;;/
    ヘ,、 __, イ     l;;,´
  /      ∩ ノ)━・'/
  (  \ / _ノ´.|  |
  .\  "  /__|  |
    \ /___ /

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。





                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \











611 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:46:18 ID:.qUcwuEg








          _,,,.. -─‐ァ'^ヽ,ー 、,
       ,. ''"´    _∠__@_':,_ `ヽ.
     ,:'   ヽ.,_r‐ァユ'ー-'―、!ユコー'、
      i  .rァ'7"´ /__/__!   ;  ', `ヾト、
     ';:7´ /! / 7'__」_/レ'i  ,ハ__ /!   Y7
     r'ソ ノ ,':,'ァ´7´.ハ` .|/ |_/`i  i i'      ……己の貫くべき道を疑う日々がいつか誰しも訪れる。
     !/ /´ヽ!/i'! !___リ    '7':i`Yハ !(
    ,'   / '|         ,  !_リ ノ/'レi´      そんな時に最大の支えになるのは、筋道立てた理念ではなく
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i         通じ合える心を持った者の存在だと私は考えている。
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」



           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, ' /   ヽ、  ヽ        力が欲しい――きっと誰だって一度は考えることだお。
         〃/ ソ ,/, ,       l i|
         レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|         無力な自分に嫌気が刺すことがたくさんあった。
          (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
           ヽ、  iノ lノ / 从j /           やる兄ぃだって、きっと……
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ

612 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:47:39 ID:.qUcwuEg

   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )             やる実……
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ        ……みんな、やる兄ぃのことをどう思うお?
         〃/ ー ソ ,/,      l i|
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|         頼りねーツラして、直情的な兄貴だけど――
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/         どうしてみんなはそんなやる兄ぃのことをスキになれたお?
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \

613 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:47:57 ID:.qUcwuEg

             r/:':´::::::::::::ム≦ソ:::::::::::::::::ヾ、_
               r/::::ィ-t''_人_ノ、_∧_ノ'、フ、_:::::::K、
            ノイ_ノ`/      、 ヽ ト-'ゞ析
           イ/ i  i   ;     ハi、 .i l   }7ミコ         ……私の魔導の力を初めて見た時、
          <::::|  {  ト_ハ、ヽ    ハi―レト, i  ノ∧ノ
             〃}  ヾ ,ニニヽヘ ノ =─.ヵi/l イ:ハ::i          真っ先に受け入れてくれた人。
           ii iゞ\ Y レん}  ´  iんハ イ//i ,_,,ィ=-
         ,,ィニ三/ゝ、>弋ン    弋シ〃イ ',三三ミ=、        やる夫にとっては些細な事かもしれないけど……
    __ィ三三ニ/  / />、    ー    <i  ', ヽ三三三ミ=- -、 _
      ̄彡三三/  /  ハイ::≧>─<≦:::l  ヽ ヽ三三三ミ、 ̄     私にとってはあの人の優しさが救いだった。
       ノ三;;7  /  /::::::::::::ヾ ̄ ̄ ̄/::i:::l   ヽ ヾ三三ミ、_
        // ./  イ>':::::::::::{=-迂-=}::::k::ヾ   ト、 \─` ̄
        / /  ./  il/::::::::{:::::::\  /:::::::}:::::::ヾ\ }  \ \



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \       フィガロの王でもない、リターナーのリーダーでもない。
        ( (● )     |
        (人__)       |       そんな奴の強い意志が帝国に立ち向かう雄志をかき集めた。
     r-ヽ           |
     (三) |         |       俺達がこうして一緒に集うに至るまでに、あいつの力が
     > ノ       /
    /  / ヽ       /          一枚噛んでいたことは今さら語るべくもあるまいよ。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |



             ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
            | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
            N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
               |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
           /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
       _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/     固く気高き志と決意を以ってフェニックスの魔石を
    /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
   /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\       掴んだ人間の強さは、間違いなく揺るがない真実。
 . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
 ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _   \.:.:\_ ̄\:.:  l      私はその魂の輝きに魅せられ、共に歩いてきた。
く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
 |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
 |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
 |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒

614 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:48:14 ID:.qUcwuEg



            ∧ ∧
           (,, ゚Д゚)     どんな時でも諦めず、生きる道を追ったあいつの姿は忘れねえよゴルァ。
            |つ .|)
          ~(_)__つ     共に戦うにあたって、あんな奴が隣にいるだけでこっちも触発されるぜゴルァ。





            l:l:メ/     `丶、> )r‐;;{(薔)};;;;;l,j ,ノ
            l:l:l/`       `乙ヾ'´Tfiイ`'7 _,フ
            l/l `ー-    -‐',二lZ_ヽ,l;;ll;;;lJ^ r>l
            l:.l ,ィー。、    ,イ;:;゚ヾ'、レi;;H;;l r‐‐'リ       私のお姉ちゃん……水銀燈を大事にしてくれた
           ,rゝ!fぅ;;j:ト    'ぅ、;j:.:! 〉 ,rラLl-i、:./
           //゙',丶-'  ,   `ー'′/'´  lr lノ         恩人かしら。あの人が水銀燈のことを大切に
           // r:l                ノ三ミく,
           l/ ,jミゞ、  ー        _,fー-ミ、_}         してくれたからこそカナ達はこうして出会えた。
            }二Zl,丶、 __  ,. ィラ´ノ、_r―z人_
            ノ三7'"´とミ===彳 ノ ミミ==j  ヽ         カナはそれを忘れたことは無いつもりかしら。
    ,-、     ヾニフ,ィ",イiliト-、、: :l そ==、_ノ    l
  j,二、`´L、   ノ「〈f´//l! lト、 ヽ、:j `ーミt- '    l
  У--、`ト、⌒)ーニヘ lヽiノ: :l|l、,l|l、  ノリ ,ィシ'´  r―-、 '、
  { ー-、)' } /     l __ト、ll|l^lll|lヽノイ (,_ ___``   ,)
  ', ー-、)ノl l )   _tz_j-‐-'ト、-―‐'--く、/  __,ィ,ヽ、/



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ       血が繋がっていなくてもアイツはやる実の兄ちゃんだお。
    |i │ l |リ ー   ー }_}ハヽ
    |i|从 ( ●) (●)小N        兄弟仲良くするのは当たり前だお。それが、やる実を
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
      V j    ⌒  Jノ          妹と呼んでくれたやる兄ぃへの、やる実の付き合い方だお。
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

615 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:49:16 ID:.qUcwuEg

           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ       ……眠らせておくかお。
         〃/ _ノ ソ ,/,      l i|
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|        ここまでやる実達に夢を見させた奴を放っておくかお。
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/        絶対にやる兄ぃを助け出して、暗黒の時代を終わらせるんだお!
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \



                          _,...-‐‐
                    _,,.,_/ .く r'"´
                   ,.---'´___,.-‐' @ノ |
             ,-‐':.:.:.:.:.:.:.:,-‐' ̄`゙'ヽ、_|´:\
            /:/:.:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,:.:.:l
            !,:.:.:.:.:.:.:.∠ |/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:\
             / .|:.:.:.:.:.//||:.//`゙| ナ、:.:.:.:.:.:.:.:.:...|     さあ、記憶の海を進むわよ。
                /|':.:.:.X ==ヒY´   ==、 `ヽ:.:.:.:.:.:.:.|
      __    ,-| /´:.:.|  !:ソ    .|::::ヒヾ:.:.:.:.:.:.:.:ノ      いよいよ最深層に近づいてきたわ……!
      \ \ |1´:〉|:.:.:.:.|    ,   ,,`‐'ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|
        \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
         `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
          \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
            \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
            r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
            \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ



   / ̄ ̄\
 /   ヽ_  _ノ        やる夫……目を覚ませ……!
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      お前の意志と心はこんな所で終わっちまうような
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       タマじゃなねえだろ、常識的に考えて……!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

616 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:49:31 ID:.qUcwuEg

        ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
              `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
              `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                \ ヽ,           /   ./                  /
                ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
    ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
  ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
               -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
     ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
   .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
  /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
 '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
     /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
    /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
   ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
          ´⌒´



































                     ――うふっ♪











617 :◆/svJwypmhk:2011/10/02(日) 15:49:46 ID:.qUcwuEg





{    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,               、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
  _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ                                    \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '                馬鹿どもめ……                  `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ                                        ,ィ彡三ニミヽ
彡'            希望ある夢を見られるのもここまでです。                ミ'
      _  _ノ                                        _
   ,ィ彡'        我が世界をそんな眼差しのままいつまでも              ,ィミ'
ミ三彡'                                               ミ三ミ'
        ,ィニニ=- '     過ごせると思わないことですね……           ィニニ=- '
     ,ィ彡'                                             `ミィ,










やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第35話 part3
スポンサーサイト

テーマ:FF6 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/02/21(火) 19:00:43|
  2. やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第35話 part3 | ホーム | やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第35話 part1>>

コメント

カイエン役の蒼星石が死んだ時このくだりをどう表現するかと思ったが、うまくまわすなぁ。

>>管理人さん
>>482を赤くするところを>>481を赤くしてるから流れに違和感を感じちゃうよ。
  1. 2012/02/21(火) 21:17:25 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

>>457と>>458が被ってる。

>>518
確かにこんな形で再会しても全身になるかはわからんお
↑前進

野暮かもしれんが、大事なシーンなんで敢えて言わせてもらう。
  1. 2012/04/04(水) 03:58:51 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yaruotoyaranaio.blog93.fc2.com/tb.php/415-b2344296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。