やる夫スレをまとめたブログです。 まとめるスレは管理人の好みに非常に偏ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです エピローグ

958 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:43:41 ID:/PWQfVos

          ( \                  `ヾ、      -ー-ゝ-ー…‐- .`ヽ `丶    `ヾ    .イ  ヽ、,
         ( \ \         、   ``ヽ 、  >ー''"´            て    ``ヽ、   ゝ,_,ノ し,   );ヽ,_,从,    !;
        ./\ \  ' ,       ゝ  -ー≠"´                 `ゝ、            `ヽ、う    `ヾ,ノ し ´
          .\ \ \ ',  `ー―¬`                            ’、                    `'て,
        (  \ \   ',  `≧                                ヽ  ー- ..,,__                 (
      (  \  \ \  ',    `ーz-,、                            ',                        f'´
      (  \  \ \   〉       -‐そ 、                             }         ー- .、         し,’
  ___(.__\_\_ ,' _  ___, ___ )   ___    _ _ __ ._   _  ___ ___ _   ___ r.、     ,r'
 . `i┌-、| (`l l´ `'l `: | | ', || ``l l´/    ―\   `i┌-、| ||  `l `: | | |  .|. ,||、./__`: | | .| | i、i rー/ / | |  ゙-'    ;{
    | |./|:. ノ| | 二| `'' | 'l, | |  .| |       ● \ | |./|  .| |  | `' | l/| N | | | | |_| | |_| |  i、i、/ /ヽ| |       イ
    | |ヘ| ノ . | | 三| _.  |  |.|.|'-''| |    ⊂⊃ (_,、_,) | |ヘ|  .| .|  | _  |  | |/ | .|  ヽヽ,. `l l´  i、V /   | |ヽ      i
    | |   ノ | | ヽ | |`:_ | .|.=.| .| |  /|       ィ'‘ | |   .|.=.|  .| |`:, |  | | |.=.| .|`l_| |   | |.   i、 /   | |  )   ;
    | |从" 、.| | ⌒| | | | |.| |.|,.,.|└ '__| "'""´ "´   .| |   |.| |.|  | | | |  | | .|.| |.|.ヽ__丿  | |    V     | |  `Y /
   . ̄     ̄   ̄  ̄'" ̄ ̄  ̄ ̄         ̄   ̄  ̄  ̄  ̄    ̄  ̄ ̄        ̄            ̄ ̄  }ノ
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                   フ ァ イ ナ ル フ ァ ン タ ジ ー Ⅵ

               ~やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです~



                         エピローグ 『有為の奥山今日越えて』


959 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:43:58 ID:/PWQfVos





                        ――魔大戦――





                                   ∧
                            / :|
                             ____/    |
                        \        |     ____
                        /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
                      /            、   | ./         \
                       ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
             / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
             / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
             7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
            }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




.


960 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:44:31 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    まだ真なる邪悪な世に存在しなかった頃、

               開けてはならないとされた一つの箱があった。



           だが、世を憂いた一人の若者がそれを開けてしまった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 Ⅵ:{ {       u }.:::::::.:..リイ}     ||
                    ヽ从   '     /::::.. /:/l |′   | |!
                   }:|丶  ´  ̄  /:::::./ / |リ      | ||
                    | !: |:l>.. ___ ./:::::./ / .l′    l.|: l!
                     |:′!:|:.:{:.:.:.:.V::::../ /  j:|   |:| |
                      }:::.:.| ト、丶:/: ./,ム.==イ l:|    l!l.:|
                  /.::::::| l `7イ ⌒Y´ :::::::|: l:|    |l| |
                    /.:/.::::| | /      !..:::::::::|: l:|     l l!:|
                 ′.:.:::::|:/      i::::::::::::|: |l     !:l!.:|
                l.:::l!.:.:://.′      |::::::::::::Ⅵ    |∧l
                 |.:::l|. ///         !::::::::::::::}  i    |
               _   ! .:.:,イ !′       /1:::::::::::::| ハ   | ハ
             /  `寸:./  }         /i:::::::::::.:j./  |.  l.  |
            { r'   l/ー‐ヌ,ノ      // | ..:::::::::/ハ ||: /   |
             `ゝ、     く ,イし'⌒Y //! |.:::::::::/′ }: リ /lハ: }:ノ





{    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
  _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '                                         `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ                                        ,ィ彡三ニミヽ
彡'                                                       ミ'
      _  _ノ                                        _
   ,ィ彡'                                               ,ィミ'
ミ三彡'                                               ミ三ミ'
       ィニニ=- '                                     ィニニ=- '
     ,ィ彡'                                             `ミィ,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          中から出て来たのは、嫉妬、独占、破壊、支配……

               悪夢という名の絶望はやがて世界に飛び交い、

                悪意と恐怖で世界を包みこんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


961 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:44:48 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    だが箱の底には一粒の光が残っていた。

                     希望という名の光――悪夢を打ち破り、

                 絶望を超えた未来を掴もうとする強い意思の数々。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            レ"! /ヽ ,'        レゝ, ,ハノ!  .!''/     ,.r"´`ーォ― '' "   ``丶、
                             レノ 从  ___  u ノ  ソ  .!  /,/      //           ,
                             / ,  ゙ 、 ヽ.,_‐)  /    ,_ ,'`~「i       〈〈         /
                             /,.ィ--''/` ー-r、"/_,,.. -ー' レ  | |       ',`\_t r、    ,i ;
                                 !   ヽ! ! ヽ,  ,/   ,'! !、       ;,」`´  ̄`'' !/
                                 /     ヽ!.、 /Tヽ、  / i i ヽ、    _,,..ノ         !
                                   ,/  ,.,   ';.i`  i  `´   i !./ ̄ ``ヽ、        ',
                                /,'  ,/` 、 从  ',      .i/       ヽ       `ヽ,   ,.
                               /   `ヽ、,i'´ _`` トヽ         /   ,ヘ     ヽ           i  r'
                                       't,; ヽ.` k'ヽ,   ';   i  /  ',       ヽ        ` ー| ,. -
                                   /   、i' ,rトー-tー -', i   ,ゝ      ヽ         '-!


  \ \ |1´:〉|:.:.:.:.| u  ,       ノ:.:.:.:.:.:.:.:.|
    \ .|\|//|:.:.:,:.\  、--.__ ,-‐'´:./:/:.ノ
     `|  \{:.:.,1:._,:.:\ ` ´.レ-ア:./´,-'´
      \_\!ヽ|/>__>コ ̄>L|_,.-i´
        \ |\ r‐‐、 /〉/_,.-‐二ヽ
        r‐‐|  |  j'´-、<ニ三='´ ̄ヽ、
        \ .!、__\ i‐、:::::V´       ヽ
     ,-‐'´ヽ  \_)‐Y`! `,__:\;    * .・ |
   //´ ̄ヽi   .ヽ,__  | ヽ1 .ヽ::\,,, 、 ・ i |
  / /        /::`':ゞ__|__ノ-、::\ヾ、l * ".|
 〈 .〈       /:::::::|:::::::::\_| (_,/::::::::\ヽレ* ./
  ',  \_'"  ̄ /::::::::::|::::::::::l\_!___\::::::::::\_<´
  ',_      l::::::::::{|::::::::::l  \::: ̄l:::i、:::::::::::`‐---....____/
   `‐-、   __>::::::::{|::::::::::\  `゙‐:::l l\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               解き放たれた悪意は封じられ、世界は再び平和を取り戻した。

                それと同時に若者の嘆きを呼び起こした血の歴史は幕を閉じ、

                              世界は再び光に包まれた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


962 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:45:09 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                すべてを焼き尽くしたその戦いが終わった時、
                   世界から『魔法』という力が消えた。

                       そして1000年……
              鉄、火薬、蒸気機関――人々は機械の力を使い、
                          世界をよみがえらせた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー-'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.~―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―
│ ! ./ . /   .,! `'-、      .‘  ! ゝ .l  .! `i^"''―ー¬―';;.¬'¬''/゙゙.l .ヽ .′
      '"゛._,,,..-''゙、. ゙''                  ‘  " ゝ  !  ! ′ ′
----‐'゙゙゙ ̄ 丶





                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
                   /      i
                    /    ...........i
                /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
.     |   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
 /,. -‐‐- 、 l′    ..:::::::::::::/|                            |    |     |
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l                        │   ___`___  |
r   、  /           !::::::::::: i..:..i                          |        }
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:i                           ヽ       }.
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i                            人_____ノ"⌒ヽ.
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ                        /           \
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,                    /            へ  \
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、              (  ヽγ⌒)     |  \   \
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''              ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.


963 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:45:23 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            しかし今またここに、伝説となった『魔法』の力を復活させ

            その強大な武力によって世界を支配しようとする者がいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 /: : : : : : : : : : : : :/l:::: : : : :.:::l: l           l::://イ:.l
                                   /: : : : : : : : : : : : :/::l::::: : : : :i:::l: l          . :ヽ,': :l: l
                                /: : : : : : : : : : : : :/:::::l::::::: : : :.l:::l: l         . : : :〉: l l
                                  /: : : : : : : : : : : :::/::::::/::ハ::::: : : ',::',:l       _.._ /: : :l i
                              /: : : : : : : : : : : :::/::::::/::/ '::::: : : ヽ-──- .._  ゛/i: : : : l:l
                                /: : : : : : : : : : : :::/:::::::/::/_ >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く:::::::l: : : : li
                               /: : : : : : : : : : ::::::/::://::/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:l: : : : l'



         l::::/,::/:::::ハ:|                      //::::::::::::::::::::
          l::/ l:l!:::::::{ `                      /:::::::::::::::::::::::
        l:/ |:!|:::::::l                       /::/:::::::::::::::::::::
        |′ |! l:::::∧    ー=- 、             , 'イ:::::::::::::::::::::/
           l:::/ '.        ` 一          /'/::::::::::::/:;イ /
           l::l.  '.    ̄ ̄´            /:::::://:/ノ//::
            ’.   '.                 /::::;ィ´//∠ -', .':::::
               ,._}               _/- '´/'>── '"::::::::::
、             / ,ム             ____,  '´ /::::::::::::::::::::/:::::
: : `:ー- 、_      /, '/`>二二  ̄ ̄ ̄ ̄´      , '::::::;ィ::::://イ:/
==─- 、: :` ̄ >'´ /´  /     ̄7^}` ̄ ̄ ̄ `丶/:::://:://´|::/


.


964 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:45:37 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   人は、その手に余る力を手にしてはならない――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 l{ ヽヽ                l/  ! /:;:ィ1. !  /           \| ヽ           | | ∨     \  \
ヽヽ、ヽ\__             /  lーセ | ! l  /              | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \
  ! |.`マ ャ一′  ー‐一    ,.イ ,..イl  | l l ヽ,ハ              | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \  \
 ,/ !  !ー个:、        ,..<  l´  | l  ! l l ヽ ヽ             /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
_/  !   lヽ. /|`ー -  -‐ ´|、 \|   | ヽ l l lヽ l\ ヽ        // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
  l  l レ ´ ハ、         ,!|   `i 、| ヽ.ヽ! | l l ヽ \{    ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
/ ,! l l l    ヽ \    ,/ /     l  ` ー--- 、!ヽ ヽ_,>   \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
// l ! l    \ \. / ,/     !           }/ ヽ ヽ        ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
, /  l l   ヽ.    \/  /     /           \l      <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /
/  l l    \    \/   /                      冫 ̄_.ア/ /     /(  ┬―\     |  ヽ










                              _
                          l    ノ }  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                          |   / .ハ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                         .l   // .ム-,..,.        ,    l
                          \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
                           |フ入     l       /
                           ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
                         /   ヽ ',    j     ヽ
                       /     /ゝ.._..ノ`ヽ     }
                      / ,..........    ',       l}_|    j
                     /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
                    //         ∨ ``  ̄    l  ./〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 彼らはまた、その過ちを繰り返そうとしていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


965 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:45:59 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    開けてはならぬ扉が開かれる。

              かつての悲劇を紡いだ"魔"の力が人の手に渡る日。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 /:.:.:.  ,. ‐ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/./
                 / :.:. :,. :'´ _,. ‐λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
               /:. :./ , '´   イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
                 /:.:,.:'.:/     /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
                 / / ./      /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
              l.,' /      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
                !,' /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             l,'./     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             |/     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                   L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
                   /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
                   /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l





ニ二三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.:::..\l l|      i   /} } |ー|‐/ |  / }
三三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノ
二三三二ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   /     ´ }
三三三三ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ´ -‐ ''´   ノ
二三/}三/´f ,二二ニヽ::.::.::.::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr'    -‐ '´
三/厶イ  トに二ニ才「::.::.::.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^   ー/
/      〈::.::.::.::.//}「ヽ_::.::ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 , ‐  、/
         |::.::./イ.::リ::.::|:::.ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/    厶  -―- 、
        |∠ ´.::.::.::.:: ノ.::.::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^     _   ノ
       |::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,. ´     ̄
    __  ノ.::.::.::.::.::.::.′::.::.::.::.∨ j⌒′  _ >一'⌒Y
 ̄ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.:::.ヽ{   ∠ >'´   />'′
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:: ト、/ 〉  } j └ヘ
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:::.しヘ _{ノ 厶イ r‐、ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     争いを憂い血を嘆く心優しき少女が、50人の帝国兵の命を屠る日がやがて訪れた。

       犠牲の数々の上に明確に示されたのは、支配の象徴たる明確な力の存在。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


966 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:46:23 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   花を愛し命を慈しむ可憐な少女がその力を
                 その手に握り戦場へ駆り出される。

            戦う力のない少女が、軍略という名の身勝手な理由で
           尊い命を落とす、そんな日々が当然のように繰り返される。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        |::|::(|: : :| 。   ,    u |::.: :|:: : :|
                   レ|: :|::.: :|    r:‐-、    ,|::.: :|::..: :|
                   |: :|: : ::jヽ、   V ,ノ u ,..ィ:::|:: :.;|:::∧|
                    |:/|: ::/::::::::;>:ァ--r:<´:/|::::|:.:/|:/
                   '´ |:/ヘ::/  rj   {:ア \|:/j;/
                     ´ ./    |-‐-/    \
                     /\     | ./    / ハ
                         /  .{\、  | /   /}   }



                                 ヽ{ トヘ::::::. | \      ノ   ヘ_.    /:ノ::: /!:::l !::/
                                  `ヽト、::: l  | ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
                                       ハヽ:::l\ ι    r_ァ    /!::::: / /
                                   /ハ:ト、! ` 、    ┃  _, < |イ::::: /  '
                                  /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
                              _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/
                          _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
                        /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
                        ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
                          i´     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
                       l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ
          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 支配への歴史はとどまることなく、

          禁断の箱から溢れる滅亡の足音は音を大きくする。

        かつて封じられた箱は、再びその蓋をこじ開けようとしていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


967 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:46:41 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                諦めなかった者がいた。

                          光を求めて駆けた者達がいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                           l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l
                                           \ : : : : : : 。(    j     ); 。  /
                                            \: : : : : : ::>ー-‐'=ー-ー<′  /
                                            /ヽ: : : : : : :          イ\
                                           /: : : : : : :゚: : : ゚             \
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                 __
                                  ; / ̄ _ > ̄ ー  - ァ_ ;                     _ /
                            _/⌒ノ        ノ ヽ、二 ー - 、 ; _____ /
      ― - -  -  _ _ , - ―   ̄ ̄    ̄     / ̄ ̄     `ー - 、_
                               , > ´     ι            ` ー - 、____
          u                   ; /    /
                              ; /´ , 、 /  ,            u
                         __ , - ―‐ ゝ-|  |  /             ___
             __ >- ´        ; 弋_ゝ(`ヽ_/   _>、-<`<´    ` ー 、__
      - ― ´  ̄                    ; `ー ^ー ´`ー'ー′ `′;            ` ー - 、__

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     ノ(             ,,  、       l
     ⌒    ゝ_    _/  .. >..、     l
            `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
         / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
      / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
      | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
      `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
         `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
      ι                  ´ /
             /            `)
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        暗雲を晴らし、世界に闇をもたらさざるべく、

                          闇をかき分け希望を求めた者達がいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


968 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:47:10 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        血を流さなかった日などない。

                   膝をつき、地を這い、それでも立ち上がる。

                  そんな彼らが求めたものは安らかなる平和。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                       , ⌒ハ      ハ⌒ 、
                                     j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
                                      ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
                                      ル:::::γ::::::    ノy:  :リ
                                     Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )
                                         リ::::::::::::::      (
                                       (::::::::::::::        )
                                         ):::::::        (
                                        (,(.(  ル リ ルリ いノ ))
                                            ):::   (
                                           /::::::::    ヽ
                                -───―――|::::::::::::::    \―──────
                                          |::::::::::::::      二つ

            Nヘi、:Y|i: :| u         ア::::ハ
             _ヽルノ  r=‐ 、 '  ∠::/
           r少爿f!|ト》、  |⌒ ,/ ∠::ノ
          ノ........{込 \|>-r´‐<´::/
  __,、     _厶........{込  {{》o、f}~\ ∨
 /   )辷匕´.......〃{辷   {{リ|:|.》込. `ヽ、_
 〃,r'⌒ヽヽノ⌒ヘ/..{迂   7/|:|''  込. ノ Y⌒rヘ
./     》´ ′  〉..{込   〃 レ   .込| /Y´`ヘム
    〆´    イi__..弌辷rf壬{≧xゥr少''〈/rfノノ , `マ
  ん ´゚    r::/::::::::::::><:《^'‐'^'´ `弋{ `ヽ` -'f})
r少' ゚       /:/::::::::::::::::::r‐ァ:::ヽ.       ~>、 X  f}マ
/ {込,    /:《ノ`¨¨ヽ、::::l....|::::/∧       \ハ r少
  {込.   /:/. . . : : : : ヽ|....レ': : : :\        Ⅵソ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 強きが笑い弱きが涙を流すだけの世界、

               それを拒む者達の、失うばかりで叶うかどうかも

                わからない夢に向かって突き進むだけの日々が

                 永い永い歴史の中の刹那、確かにあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


969 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:47:55 ID:/PWQfVos





                       彼らは報われたのだろうか。















                                      ノヘ/ハ.!           !. |ヽ、 i ヽ、   i^'く  !
                                  |ヽ、.,__  ノ !7、  i´ ̄〉   ハ |  ハ__,,.ァ-‐'"  __.ン
                                  `'ーァ '"´/// >.、.,___ ,. イ|/'"´7'"<  _,,.- '"
                                    i  /〈//!,,.ィ'"く-v-イ// |::::::-{_,,.->'"i
                                   r-ゝィ'´{///:::7::::Y(ム〉:::/ ノ、___;:イi   /
                                   レヘ|`ァ'/〈::r::!:::::::Y:::::::::::!ハ   / i   〈    /〉
                                  /(//⌒i)^ー-'!、_::::::::::::}>ヘ  / /  i ',  ノ>{}くゝ
                                 / ノ l_,、_ノ_,.ァく::/-7‐-、::::(|ヽ〉、〈 /  ハ  ヽ、 /|
                                 〈 /「し'/ ゝ!ィ'´ ̄Y´ ̄`ヽ!:::::、:::ヽ、__,.'-ァ'、_,,. '":::::!
                                 Y `ー'__,イ::::::!、____,.!、____ノ! i、::::!::::::::::::::ヽ-ヘ:::=゚ω゚)
                                 ,,.-‐''":::rヘ:::::!、____,.ム、____,.ト、ヽ、!:::::::::ヽ、_l__(:::::/
                               }>'<{:-=・=-ヽハ_!. ×:7ハ × ',/i |イ二ヽ::::ン'‐'i/
                               ノ)´ `'ー‐''"´ヽ::!:`''ー'i::::::',-‐'ヘ/ン´   Y   (|
                               |/         i>く`! ̄!>< i
                                        ヽ、__.ノ  ヽ、_ノ


.        \| l小   ,    。゚ {   |   ト. ∧ (  \\ \ \
       / l ∧ ヘ、 -   ,小   ト、 | ∨ \_了   ̄\/ ̄ ̄
       ./   ノ| ノl个ーr_≦_} / }ノ
    .// 〈.〈_>―{ _ _ _|/└―-、
    //⌒ーゞ//7/| |_,__,__,_/ ̄ ̄\\
.          く__/ .|:|〈/    ― .   |ニ{
        x</ '〈/  . く⌒⌒\\_ノソ
      / >''   >―'′  >‐、\\`く
   .. 一>'― '"            \.} {イヽ
 / .>/ __            /}リ/'  \
. 〈/' Y´     \__       ノイ´ ̄\ `ー-、
     | r――-、    \     /      /    \
    >三ミー-、\    \  {\    /       .}\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    旅の中で失ったものがどれほどあっただろう。

                  亡くした掛け替え無きものに釣り合うだけの報酬が
                      果たして彼らに支払われたのだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


970 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:48:23 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               平和な世を共に過ごしたかった家族がいた。

   その日が訪れたら果たそうと思っていた約束も、各々の胸に確かにあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \               ハ::::::ハ ,, r‐ァ リ) )
   /    く  \        \                  )::):小    ̄_ノくハ(   /)
   |     \   \         \             (,(.::(::ヽ   いノ:::))  「レ/
    |    |ヽ、二⌒)、          \           ノ::/)`)) \ `iヽ((、 〈  )
                                     ,' (:(⌒ヽヽi `、i / ./
                                      | /((        Y /
                                      l ヽ  .....  .. ノ /
                                      」 `ト .::::::. .::〈´ー'
                                    ノ   !      ヽ





                                ',       ,.  -‐┼ '
                                /   ィ´,.  -‐十 ''
                                    〈   ノ´     ,./二二二'-‐、
                                     `ーく_   ,.イ/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                    i`y'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                    /'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ``i{、_     ,、 ,   .{= 、               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          人、__メ   { ソ   ノ   〉         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,. ┴‐ < ̄ }、...`" .ィ'´`ヽ /
      r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、
      i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr-」  \
      ヽ: :、: :__ . . :くく.ィ  o゙"ゝ_ゝ . r: }
      /  /T: . : \ 、    ̄ }i:、 :i レノ
     /ー- v  |: : : : . . `丶、、゚_/ ト、  ヽ
.    〈    \  ,レ. : : : :  く./i、\L_ヽ__ \
.    }: .    ヽ〉 _  _     ノi、`" ` 、-‐ \
.     |: : : .    \V {   .ィ__r ヘヽ   \  : :}
.     i: : : : : .    ヽ⌒7イr┘: i: : L\   丶: :ヽ
    'i: : : : : : : .   i}_ノr.┘:i: i: : i: ヽへ  丶: : i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               愛する誰かと恒久なる平和が訪れたこの世界で
                  共に歩いていきたい。それが彼らの望みだった。

                 その志半ばにして果てて行った命の数々は、
                例え千年の時が経とうと帰ってくることはない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


971 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:48:44 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ただ、愛する何かと共に平穏の時を。

               世界を闇に陥れたその主たる人物ですら、
                  初めはその志を胸に力を求めたはずだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                        \_   _´_    u  /
                        /          ヽ
                        / /       /  /⌒l.
                    ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|










                                        ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                                        ヾヽヘu  |';二::!  入',
                                         `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
                                   ___._,r、   Y:j` ‐ ┃ー´/ トj
                                 /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
                                  ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
                               /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
                              r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
                              / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
                              ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
                              i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
                             |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
                             ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

              ____
            /     \
           /::::::::::..      \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         |:::::::::::::::::::::::::::...     __|
         \:::::::::::::::::::::::::::..   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     消え行く、親しき者達の命の数々を、
            かつてのその人物はどのような心持ちで眺めていたのだろうか。

                 人はその手に余る力を手にしてはならない。
             人は変わる。何か美しい目的のために力を得たとしても
              その使い道により道を踏み外し変わることがある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


972 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:49:07 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             叶えたい何かのために身を削り、心を砕き、
              全てを投げ打って死地に臨む者が多くいた。

          数多くの敗北者達の上に立ち、ほんの一握りの者が
                  その報酬として報いたる力を得る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ::::┃ ┃: : : :|                  Ο,ハ: : :|:::´:: : : : :|
           :::┃: :┃o: : |                     〈 }\|:O:|\: : :|
           ::┃: : ┃ : : |  ○ ,.-─-、__  __      },ノ:::::::: : :|  \:|
           :┃:::、: : : : : :|    /       ̄´ `ヽ、 ノ:::::o::: : : |    `
           ┃::::.\::0:: :|   {             },.イ::::::::|::: : : :| ○
           \:::::::: : ト::::: :|、   \.            ,.ィ'::∧:::::::|\: : :|
             \:: : :|‐\:|:::`ー-->‐=ニニ=-‐<::/|:/  \::|  \:|
                /\:|   `    ,r'"⌒Y´`l   j^Y´ ̄`ヽ、 `    `
             /    \   i 〈    ̄`Y   ヽ〈´  ̄   ,}`ヽ、
            /       \ | {  ~ ̄ ,}     `廴 ̄ ,ィ' 〃 ハ










               |::リ:ヽ;;ハ {;;;;}";:;:;:;:;: , :;:;:;:;: ー- 、⊥L ヒリrメ、弋ノ゙
                |: : : : :.ゝ{;;;{;;;}  _ ___ イ  u /: : : : ::/:/
               |: :人: ::|:iヽ{;;}  ` .、 ,/   ,/: : ;,ィ':.:/:/、
              ,r'j;ノ  \|リ {;;`>‐- `┃-‐<´/:/ |:/リ'\`ヽ、
             /, ノ  ヽ、   `ヽ、`‐─--─‐'´ '"   '"  ,  ヽ ヽ、
            // /    `ヽ    `>──<´        /   ヽ ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     そして、変わった。"箱"は再び開かれたのだ。

             魔大戦という史上最悪の悪夢を超える暗黒の時代が、
               誰より平和を望んだ勇者達の一人の強い意思により
                     完全にこの世に根を張ったのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


973 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:49:25 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    祈りは届かない。生きることを願うも叶わない。

               絶対的な存在の前に、すべての命が明日を握られる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................      〃ヽ‐--〃  '\,,,,,,,,,,,,,、
                 ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;...... ',',ヽ,',','〃 田  |
                ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;  |:〃|     |
        ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙   |l_'_'_'、_|´ |.. 田  |______
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙ _l!l''゙ ,' '"`''  .:|,rー''''~l| <,,,,r--'''''"|ヽ_____ヽ
       ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ ;;丿," = :;;;  |l<<<<|.| :|<<<<<<<|丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿
 .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙ ──────(0)l ̄] ::|:| :|l___...||-  ´  ──`
`,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ ニニニニニニニニニニニ|ili| l  | .  |l|,',',',| .||||   ´.    |
;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙ ,、  =    .......   ヽ,、 ゙'ー、゙'ー,_|_   __,,:::========:::,,__
||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙  :(0),≡≡≡≡≡≡≡≡(0):≡≡:  ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
         |;*:|      |ili|              |ili|    ..‐´      ゙          `‐..
       |;__;;|.:lニニニニニ|ili|ニニニニニニニニニニニニニ|ili|ニ /                    \
       ""人_______ .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
          (lllll)::::::::: .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
         l| |   ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
          l|!li|l,|_ ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
       ((0)) l___  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
        .ll .ll巛i::...::....              ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
        .ll .ll《巛i,              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
        .ll .l|.リ巛i,               /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
        .ll .l| ',゙巛i,      ::::.......::::::   `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ ,、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              命を屠ることのみを目的としてこの世に存在する、
              悪意の塊が、殺意の象徴がこの世界を跋扈する。

             力を失った人の力では到底叶わない絶対的な力の前に、
                 この世界はおおいなる絶望に包まれた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


974 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:51:39 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                何度涙を流せば彼らは報われるのだろうか。

           何度祈れば、平和の神は彼らに微笑んでくれるのだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                 / /" `ヽ ヽ  \
                                             //, .,  ,-、 ヽハ  、 ヽ
                                             〃/ ノ:/ ノfヽ  リ| l │ i|
                                             レ!| /:/ /...| |  从 |、i|
                                              レl レ ./..ノ .,''´} ⊃ |ノ
                                                l   ' ´ .〃 /゚。 j /
                                              ヽ.     . 〈イ
                                             r ヽ \.,_  ._ノ´,1ー:::::ヽ、
                                            {   V:::::/  /yヽ/::::::::::/,1
   /  ,. ィ´.:.:.:.:.:.:.: l.:l┃┃: : :i.:| |  ::::::::::::::::::::::: {;;;} :l           く_,,.'':::/  / ./::::::::::: r" /
  /  /  l.:.:.:.:.:.:.:: : l:.l┃:┃: : :l.:|ι        ヽ `{;;}:l           |  l:::/  /:::::::::::::::::::`:y ゝ
  \      l.::.:.:.:.:.:. :. l.:┃ :┃ : :l.:|          /   ,:.l
   \    /.:.:.:.:.:.:./ .:l┃: : ┃: :l.:|   rー ‐ ─ァ   ./:.:l
     \_./.:.:.:.:.:.:./ .:. ┃ : : : : : :l.:|.   ヽ    /   /: : :|
      /.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:┃: : : : : : :l.:|   ┃`¨¨   / : i: :|
      /.::.:.:.:..:./ : :/. l.:|: : : : : : :l.:|. 丶.┃ u   /.:i: : :.l: :|
      /. :.:.:.:.:.::.:.:.:/ .:.l. !: : : : : : :l.:|    i` ー'´.::.:.:.l: : :.l: :|
      / .:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄|: : : : : : :l.:|    |.:.:.:.:.:l.::::::: l: : :.l: :|





       \|::.::.:: ヽノ.::.::.:|:|'::.::}ハ ヽ ヽト  。            。 |   川  l| |
       三}::.::.::.::.::.::.::.::`::.::.::.::.|\ \  o     ヽ          /|  〃   l| |
       /\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|l |  ーヽ       r―ヘ      イ.:j  //   || |
       ::.::.::.::.ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::. 八|   | | \      ゝ _ノ   /..::// ′   ハ |
       ‐-、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|∧  ! ハ >r   _     イ.::.::.:/ / /   /.::| |
        ̄廴 -‐   ̄>、::.::.::.ノ/ヽ 乂 l |  \:: ィTT:ト\ ::.:/ ´  〃  /―l |
        ̄      〈  厶 -―‐ 、 \  ノノ  〃ー|:| |::| ヾ∨    {{  .′ j j
        ̄ ̄ ̄ >、 |´      ヽ `< ̄匸丁 {:{__ノ:ハ:ヽ--':|      \{   ノ '
            ├┴'       \  )ヾこ二二ア´   ̄ 八       ー-  _

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             暗黒の時代の中、信じるべきものも定まらぬまま
                       光を求めて走り続ける命の数々。

              それでも、破壊の運命は逆らう者には容赦せず、
                  壊滅と激動を以ってその前に立ちはだかる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


975 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:52:08 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        志を同じとするはずの者達が対の位に立ち鷸蚌の争いを繰り広げる。

        破滅を望む悪意が事無き立場からそれを笑い、世界の終焉が近づく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ヽ ::::::{: :ト、 : : : ::::\                     ∠  _,,/: :,イ  .} : : :::/
                          \::;;}: : : \ : : :ヽ、≧       .:i      u  ≦-イ: : : :/ | ./ :::/
                           `   / .\ i`¨ヽ_≧      cェェョ    _,//  / : /i : : : | {/
                              /| .  ヾ    `i¨ー、,,_  := _,,,-ー´./  //i  :\ i
                             /: :{   i: i::    i  i:: ¨'''ー'''/ /   〃/    :\i
                            / : : :}:   \|::     i  i::   / /    : ::/      ::\
                          /: : : : :/::::.   |::     i  i::./ /    : : ::/       _,,, >、
         ___                /: : : : : : :| ::::   i::      ヽ/ /    : : :::/ / _,,,-ー''¨: :::| /
        /     \
      /ノ(         \
    /  ⌒ \三三/ \
     |   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    \  u.   (__人__) ,/
     ノ     ` ⌒´  \
   /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
   |    l  ( l / / / l
    l    l  ヽ       /








       / /  ! //   / / | l |し u       '  :.:.:.:.:と^つ / /    | /::イ'  .| |! l::!
        / /  ,.' //   / / .l l'  ゝ   , - ‐、_       /j } .,/¨´    | !: |   .| |' ノ::!
      ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \ `- ‐ _ _)     /んノ/      .| ||:::| ヾ  !`V
       /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ .┃-_.'ニ./ひ.  '、 _.    |!|ヾハ   ' 、 ゝ
      '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./    .l!|   ',.   \ \
        /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../    .li|    ヽ  \ \





                {.          ι  〉⌒ゝ    , - ' " >、 `ヽ    ヽ \   \
                  ヽ.           _二 _,..-'''"  ヾ 、\  `  ヾ    )  ` ー -二ゝ
                 > -_― ' ´ .::|!ミヾ\ ヘ    ヘ ` \       ヽ ヾ、<
                / ;.  ,}       .::::|! リヽ`ヽ ,ヘヽ.   ヘ    ヾ   ヾ   ヾ`
              /     、      ..:::::|! ノノヾソ \\ <_\ヽ、  ヽ   ヽ   〉
                ;         ヽ _  ...:::::|!´      `    ′ ヽ'ヽ )\   ヾ ./
               ',   ,       `  ...:::::|!               ´   \ ソ
               ' , '    {      ..::::|!ー_-  ... _               \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                何もかもが、求めた希望の障害となって目の前を塞ぐ。

           明日には失うかも知れぬ命を大切にすることも許されず、
                悪夢の宿命、その掌の上で踊るばかりの日々が続く。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


976 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:52:57 ID:/PWQfVos





                      ――それでも希望があるならば――





                 |     (__人__)
                   | u.   |r┬' |
                 |     `⌒´}
                 ヽ     ノ______,、
                /     t-<.,,_,,.>\           __   l,
                _.__/    _-‐|~ツ・・     \__     ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
            | l__ ̄|  | ̄ ̄ ̄\_━====ニニニニ)===  ,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
                |l= \  ヽ──´ ⊃つ〔^l^mm^i!ヽ}ニ[] ,;:''  -―‐    -―=== ‐
               ll__=--\____/((_)/~`─´~^`~   ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
                       |i!i!| ̄                  ':.:、,、‐-  _
                       ̄

                                           ヽ(| ⊂⊃  、_,、_, ⊂⊃ノ -_- ― = ̄  ̄`)
                                               V' j u  (_ノ  Jノ  = __―― )
                                           /⌒ヽヘ,、 __, イ_-―  ̄=_  )
                                          (__二_)       ̄_=_  ` )  )
                                            |        ヽ _ ) ̄=_)   _)
                                            |         ノ  _ )=  _)
                                           /  ___  (   = _)
                                          /  /    ヽ  ヽ
                                         (_ノ       ゝ_)

      |ヽ \ \ ヾ    ,    , ― 、 // ι|     |
          |\|\ >|.      _/     )     |    |
          |:| 八  { ヽ u  ヽ、   /      |    |l\
   _     |:|  \ \\ _  `  ´      |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |ヽ   / / /:/ 小/   /.:::::::::::::::::ィア
二二ニ=ー: : : : : : : : : :|    |__\/ ´ /:/ /:|/    '.:::::::::::::::ィア.:::
 ̄:: : : : : : : : : : : : : :/|     |:::::..\\ /:厶イ:/  /..::::::::::::::ィア.:::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           信じて走り抜ける。明日は見えない。
                    生傷を増やし、重い体を引きずってでも前に進む。

                    たとえその先に袋小路が待っていたとしても、
                         道がある限り歩を進めることを諦めない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


977 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:53:57 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               愛する人を失った心の虚無を明日への希望で埋め、
                  信じる想いが明日を拓くと信じ、ただ前へ。

                    さながら狂人とも言えるほどにがむしゃらに
                  突き進んできたその手が、闇の亀裂に手をかける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           //゙',  :::::::;::::::::::   。゚ /'´  lr lノ
           // r:l    _,. - 、   ι ノ三ミく,
           l/ ,jミゞ、 ヾ7゙ ̄ヽ     _,fー-ミ、_}
            }二Zl,丶、`ニニ´ ,. ィラ´ノ、_r―z人_
            ノ三7'"´とミ===彳 ノ ミミ==j  ヽ
    ,-、     ヾニフ,ィ",イiliト-、、: :l そ==、_ノ    l
  j,二、`´L、   ノ「〈f´//l! lト、 ヽ、:j `ーミt- '    l
  У--、`ト、⌒)ーニヘ lヽiノ: :l|l、,l|l、  ノリ ,ィシ'´  r―-、 '、
  { ー-、)' } /     l __ト、ll|l^lll|lヽノイ (,_ ___``   ,)
  ', ー-、)ノl l )   _tz_j-‐-'ト、-―‐'--く、/  __,ィ,ヽ、/
  ゝ=彡ヘl l(、 r'"  `ヽ.ヽヽ)      |__/ /l ト、 丶、           ∫: : : : : ハ         u   (: (: : ソ.:.:.:ヽ
  (ヽ    トlヽ. ',    l l {ヽう        / l l ト、 /         ゝ冫: ヽ: : ヽ、゛ '_,,.--‐‐¬ ン: : : : : 廴.:.\
                                          ゙  __,,..-‐'':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│  ヽ: : : `、.:.:.:.:ヽ
                                       , -'" つ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ │ ¬ ン: : : : ヽ.:.:.:` 、
                                  ヘ    丿´  /´"イ  __,,.. .-‐ '''""~ │   〉: ヽ: : :: ヽ:;:;:;:;
                                   丶/....... .〈_ / │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│ へ く ヽ: : : : ::;:;:;:;ヽ
 /     (__人__)  y`ー 、                       ´:::::   "  / `゙''ー-、,_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /   l ヽ: :   : : : : : :丶
 | u       |r┬'|  /  y气                      ト:::     ノ "'-、:;:;:;:;:;`゙''ー-、,_ ノ    ハ  〈 /: : : ヾ: : : ノ
 \      `⌒´/   /\`ヽ,
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                霧を振り払い、山を乗り越え、暗闇の中でも
                 確かにあるその道を踏みしめ走り抜ける。

              箱の底に眠るはずの光はまだその姿を見せない。

            光が見えるまで、光に辿り着くまでどこまでも走り続ける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


978 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:54:35 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             有限の時を生きる人間にとって、永久とも思えるような
                長い永い暗黒の先に、やがて光が一筋見える。

                あとどれほど走ればあの光に辿り着けるのだろうか。

                  そう考えることもせず、ただ真っ直ぐに進む。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ο         /
                          O     /      ο
                    ο         //  O
                           ,;:''"゙゙'':.,/
                 -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
                       O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
                     O   //`v:: 、
                        //   |   ヽ
                       /    ο    O
                      /





                  |::::::ヽ_j     __'__     |: : : :|:::: : : |
                    ∨::::::::ヽ、    ∨_,ノ    ,ィ:|: : : |:::: :|::リ
                  ∨::::::|:::::>:‐-;r -r:‐:<:::::::|: : :リ::::/|/
                    `ヽ:|ヽ::;-r‐'´l  l:`ー-r-.、:|: :/|::/
                   ,-‐'" ̄  {‐-、   ,-‐}  j;/`ー-、 /´,)
                   /\      \    /        ,ノ .ノヘ.ヘ-、
                   {  `ー-、___ \,,/ ___,,-‐,イ" 、__,〉 ,〉 〉,〉
                  |   ヽi:   ||` ̄| ̄´||     ::{ ゝ..__,フ'-'ァ'
                  |    |:   ||"  |   || ゛  ::| ヽ、::...  .ノ}
                  |    |::...  ||...  |...  ||   ....:::ヽ、:::...  ..:;j

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  光の前に立ち塞がったのは最後の悪峰。

             そしてそれは、彼らにとって守りたかったものの一つであり、
               本来ならばその光を共に分かち合っていたはずの存在。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


979 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:54:59 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        それでも、後になど退けない。
                    命の数々は掲げ見定めた光に向かい、
              その切り立った残酷な運命の壁に立ち向かう。

                      そのために、ここまで来た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::::~::),.:、 .........::::{ l´ r' iii に _ =='' ¨´  ̄  ̄  !i´!i  「l「l  ||||::::||||::iiii::`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:;:;:;:;:;:;:;::::::'´::::.: :.: .].-‐ ¨..~ . ̄┌┐ii ii  ||||   l」l」  !! .!!  ~ ~  . ̄  ̄  ::::::::::::::::::::''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:::::::::::´~ ~r'´::ii .!!   ||  └┘'' ''  _._. . .,,, ,,,.   ri ri. 「l「l 「|「|::::|||:::::::::iiiiiiiiiii!!!!、 `~~'''''''''''''''''´~~~~~
~~~~´´ `´`'' ' .ソ    _ ,,,, iiii  riri  ||||   .||||||  |.|.l」. .l」L!.└'''':::::三三三!!!!!!!!!!!ii!{´
            フ'´ii   .|」 卩 .:'!! _ l」レ  !!-‐  ヒニ~ ´ ̄  ̄ ri ri ii::ii:::::!!!:!!:!!!iiiiiiiiiiiiiiiiiii[
       ヲ三_ =-‐_._ ´ ̄.=i=  ri ri   iii iii  ||| ||| .l」...l」..:ii::ii:::::'''ii''iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{
          フ:::: ii.iii ||| ||||. !!!! l」l」....L! .L!. .''' '''   二 .ニ r‐i:ri:::;;;;;;;;:::::iiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii-テ
        |:::::::'':''::iiiii::;;;;; r┐ r‐‐i r‐ir‐i  iii iiiii  |||| .|||| |_」:l」::||||||||||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|
.... .... ...... ... .ノ:::::::.: .: .::::::!!!! ;_」 |.  ! ! :|!..:| .|」.L:! .=┘¨¨ .''''  ̄::::::iii::iii:::ii::ii::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、.. ... .. .... .... ... . .
:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:「==--――――  '''''''''´  ̄ ̄ ̄_  _  r‐i r‐i  iiii iii:::::::||||||:::!!!!!::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヲ: . : . : . : .:: : .:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:_:_::::::::::iiii iii iii iiiiii  ロ.[] |||| |||||  l」 l」. .|._」 |_」  '''' ''':::::::||||||:::|||||::iiiiiiiiiiiiiiiiiレ'''''´i 「_:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.]:::::: ̄ ̄iii:::::: ri.ri ,,, .,,, .,,, ,,,  ,,,. ,,,,  r‐ir‐i  l´| |´|::::::||||!!:::iiiiii:::_::;;;!!='''´iiiiiiiiiiiiiiiii〉:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.
';';';';';';';'(こ::;;;:::ノノノ:::iiiiiiiiノ .!」i」 .||| ||| ||| .|||  .||| |||!   !_」!_」  i_」 !_」=='''''´ ̄ ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii爪_:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.
':':':':':':':':リ`iiノノノノノ二''''''. .     ''' .'''.__'''_,,'''亅 '''=''''‐ ー''''''''_ ,, 二ニ''iii´ ̄|||iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'::/〈:.:.:.:.:.:.::.:.:.
:.:.:.:.:.:r‐':::::{ノノノノ厂 ̄`三ニ ー――iii-iiii‐―ri‐=iiii'''´ ||| ̄|||  ||| !!:::::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'´/iiiiiiiii、 ';';';';';;';';'
';';';';';';〉リノノノノノノ`¨iii==-H P P  iii .iiii   .l」  iiii   三 三   iii iii:::::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ!!'´::::'ii´iiiiiiiiiiiiiii|_;';';';';;';';'
州州〉ミノノノノノノ_::::||||||:::||| !! l~|.l~| r‐i r‐i  r‐i r‐i.  「¨| | :|  ||| .|||:::::::レii!!!!'''''´''''´iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ.久;';';';';';';
州リリミ、川.|.|.「ミミ=;;;;;;;;_」  !.」.!.」 |__|.|__|  |__|.|__|  .l._」 l.__」  レ ´ ̄ ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiレ'/iiiiiiト、;';';';'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     言い知れぬ痛みと犠牲を乗り越えてきた
                         希望を背負いし数少ない命。

              それは世界の破滅という真っ黒な宿命を撃ち破る、
                     希望を目指す命という名の希望そのもの。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


980 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:55:23 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    やがて信念が闇を越え、光まばゆき新世界の
                    真っ白な聖地にその足を踏み入れる。

               そして振り返った時、そこには何があるのだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\
 /      . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\





                                        1: ハ:|バ    ,     、、 `;.:| :}: : .
                                       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
                                             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
                                          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
                                         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
                                        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
                                           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
                                        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
         !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i         〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l
           ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l          } ` ̄  /: : : : : : `、 ヽ:! |       {: l. |
           ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /           ヽ   /: : /ヽ: : : ヽ `|       {: l {
              Ⅵ ヽ      r― ァ /
               ___|   >.     ー  /_
         ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
          / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
       / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
    _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
   /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ
.   {:__ : : : : : : : : : : : : : : 丶.:.: : : : :\‐-  ´   !:. :;: :.:/: : : :ヽ   ハ_
  /    ̄` 、_: : : : : : : : : \: : : : : ヽ___ イ | : i: :/: : : : :/  ...:   ヽ
. /        ヽ: :` 、: : : : : : : : \ : : : :ヘ      !:.:.!:.:i: : : :.:/ ..:.:.    ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  手を離れた数多の宝物は二度と帰ってこない。

                      それでも、切り拓いた新しい世界のその先に
                  人は自ら足を進めていかなくてはならない。

                失ったものが戻らぬのと同じく、過ぎ去った日々は
                       振り返ってももう触れられぬものへと変わる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


981 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:57:19 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                そんな時。

                  振り返るのではなく、前を見るでもなく、
                       その世界の中でふと横を見る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                              i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     ( ⌒ヽ
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::シ                            匕::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ     (    )
      丿`  ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´i                              i ` ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´\     )   )
     r´            }                             {            `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:







              \_                         /        /
                \_                    /         /
                  \                   /        /
                   \               /         /
                      \_               /        /
         \_             \___        _/        /
           \_               `ー- 、/          /
             \_                /          /
               \              ヽ    /    |
                 `ヽ              \_ /       /
                   \                 ヽ_      /
                    `v-、            /    /
                    〈  〉__          /ヽ  /
                     ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                       `ー--く      ゝ一' ノ
                        (   ヽ---――ー'´
                         ヽ-'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           そこには、守り抜き、共に光あるこの世界を歩いていける

                尊き存在が必ずある。ただ漫然と待つばかりでは

               自らとともに闇の奥へ葬り去られたはずだった存在と、

                    再び未来を歩んでいくことができる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


982 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:57:47 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              無くしたものの虚無を、すべてが終わったその後も
                      遺されたもので埋めていくことは難しい。

                 時がそれを癒しきる日が来るまで立ち上がれず、
                    前に進むことが出来ない者もいるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                  (__人__)     .|./   /
                                   i⌒ ´ .r-、  |/  /
                                   {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                      ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                                       ヽ  .|   / , --'i|
                                    /   {  V , --ヘ
            V  ( |  |⊂⊃ 、_,、_,)               |   ヽ  L| r= |
             \   V j    〈_y'ノ
               へ、/      __ノ
          r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽ、
         |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /,1
         ! ノ {:::::::::::::: ヽ/::::::::: y i
            |⌒`'、_:::::::::::::::::::::::::::::::: } !
         {     ̄''ー=ム::::::::::: ィ. i
         ゝ-,,,_____)--,, /
             >:\__      ィ
            |ヽ:::::::::::::::::"'ー‐-'





i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      それでも、新しい日々がもたらす光は必ず凍りついた心を溶かし、
    守り抜いた"今"という誇りある日々と手を繋ぎ、その先へ向かい歩いて行く。

                  そんな日が、いつか必ず訪れる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


983 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 19:59:01 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            守りたかったものがある。
                        守りきれなかったものがある。

                         守りきったものは確かにある。

             なけなしの希望を片手に、新たな希望を求め人は歩いていける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. :...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:           . .. . .. ..   . .. ..     . ...
 ...    ..::   . .. . .. ... .. ..    . ... ...    ..::   . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. .     .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..::      . .. . ..
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;,':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:...:;;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リwj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛         '    ,.;    ~' ',;   ''"'     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"' ,,;            ~              ``'‐.、 :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                  "        ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリwj".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''      ,             ~'   '      ``リ゙W゛jリwjr'
,;'',;''゚ ;~                             ~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:::.. リwj'゚    ;
                    '゚        ,        ~' ',;''                     `゙'':::..wj
             ''"  '"   ~'           ,,       ,;''   ~   '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、
   ''   "  '   "        ~'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         命は前を向き、明日へと向かっていく。

                 あの日がむしゃらに光を求めて駆け抜けたように、
               さらなる希望を求め前に進んでいくことのできる力が、
                   人には、命ある者には脈々と流れている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


984 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:00:35 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  神様の手は決して広くない。
          人はその手で自らの道を拓いていかなくてはならない。

        そして、それを成し遂げてきた"人の力"を、魔大戦より復興し
            今日まで刻まれてきた世界の歴史が証明している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ..::   . .. . .. .. .゚... ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..。   . . .. .  . ...ゞゝ;;::';:ミミヾヾ※ヾヾヾヾゝ":
 :::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::....゚.. . .::::::... ....::::::::::.......   ........  .........  ゞゞ;;ヽヽ゚彡ヾ:;;ゞゝヽ
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,.. .. . ... .:。 .. ...::..: : ..  :.. . ... :::....*::::....::......  ::::...゚..:.: :: ..::...  ..... : . . ...|ii; :;;::;:iii:
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;.. .. . ... .::::.. . .*..:: : :.. .. .:::::........ ::::::::::.... .... ..+ :.:::.. ::. .::   |i ;;:::.:: ::ii::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...   ....... .... 。. :::.......::: ::..      |:: ::;;ii:::::i;;:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙ ''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,. .. .. .. ..  .,,.,,...,,.|::;;:;::i:::i::::;;
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...γ;;⌒;;(;(;|;;::::;ii:::;:::;;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,. ..  (;;(::;ミ;ソ:ミゞ|:::: ::;;:;:::
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,;,;';⌒;;ミ彡ヾ;。;|i:::ii:::i:: :::;
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:(ミ;;;⌒;;*;;((::;ゝ|iii::; ;i;::::;i;
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;ゞ⌒;;ミミ;;;⌒);;|ii:::;; ::::ii::i
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,,.vw(((;;; ミソ;;);;:ヾ;ミイiii:::;; ii:;;::
叮品凸ョュョエョTTlliI且巫Πェヶュ櫓鬥櫓壁nri㍊叨森森(○)(○)~  wfwヾヾ`"''”`''`ソ::;;;/;;;;i!:::;;:
二F个∧∧幵森森ΓA日旧コヨ:::皿コTュΠ「li棚ニ,vwヽ|〃ヽ|〃        ,.,,.rー''゙/::;;/;;彳;; ::;i
同冂館℡只凹四イイli俎益rrn間搭ォF! ,,.,wvf'"~               `''"ソ´://::;:;∧;;:;ヾ
傘傘並ⅡΑ晒п器㍾倉Mn卅夂,vV'"゙~´                    ※ ノ;;;/::;,(::;vvwviiw
川川循州店ロヨ(○)(○)wV''"゙~        "              ,   "  ソ wfvWf※wWii
彡彳壁鬥壁:::,.,,ヽ|〃ヽ|〃     "  ,,            ""
森林:;;,.wv''"゙(○)(○)(○) (○)                 ,,.,   ''       ※
""゙゙~(○)(○)|〃ヽ|〃ヽ|〃 ヽ|〃 (○)(○)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          恒久の平和なるものが在ればと誰もが願いながらも、
                 光あればやがて闇が生じることもある。
        何千年という時の中で、滅亡に瀕する危機が訪れることもある。

             そしてその度、闇の中で一際強く光を放つ、
              希望を求める意思が未来を切り拓くのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


985 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:01:18 ID:/PWQfVos



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              千年を超え流れる時。失われていく命、生まれる命。

            それが繰り返されるこの世界は、今日もまた命と共にある。

                 二本の足で踏みしめる大地と、それを見守り
                 恵みを降らせる天が、また一年後もここに在る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            / ̄\
                               |    |
                            \_/
                              |
                          /  ̄  ̄ \
                         /  ::\:::/::  \
                       /  .<⌒>::::::<⌒>  \
                       |    (__人__)     |
                       \    ` ⌒´    /
                        /,,― -ー  、 , -‐ 、
                       (   , -‐ '"      )
                        `;ー" ` ー-ー -ー'
                        l           l



        ,. -‐―  》                 ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
       /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
       ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
         ∨            /            \ i            i i: : //: : : :
         ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
         ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
         iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
         l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
        ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
        / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
       / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
        //: : :/ヽ、           ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
       《: : : / /: : ヽ、           '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
      \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
        \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           闇を超えた強き命は再び輝き、尊き世界とともに光を放つ。

               命の歴史は終わらない。希望を掴んだ人間に約束された、
           明日を踏みしめ望む未来へ進むという何にも代えがたい権利。

             神の手を離れた命の数々が、明日を刻む世明けは訪れた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


986 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:04:41 ID:/PWQfVos





                    ――掴んだ希望はその手の中に――





                   __________
                r´ ´\                \
                (    \                \
                 \     \              \
                  \     \                 \
                    \     \                 \
                      \    \                 \
                      \    \_________\
                            \   r´=========r´
                             \ 《 三三三三三三三三三=
                            ヽゝ==========ゝ










                これは光を求めて生き抜いた、尊き命の幻想譚。











987 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:05:55 ID:/PWQfVos
埋めネタは以上。
これをもって本編以外の投下は全演目終了となります。


988 :名無しのやる夫だお:2012/02/09(木) 20:06:38 ID:hhYI7rkA
ああ涙出てきた・・・

819 :◆/svJwypmhk:2011/04/06(水) 22:18:51 ID:z90Ini0U

               人
         /|\ (_ _)
       /  |  \        あっ、そうか。帝国の魔導研究所から脱出した後、ブラックジャック号で戦う相手は
       |\/\/|
       | |...........|....|      クレーン1戦だけだったね。とあるスレ読んでて『あれ? あと1戦はカットしたの……?』
       | |:::::::::::|::::|
       |/\/\|      って思った俺はアホか。あの時点でシュミットなんかと戦ってたらどんな鬼畜原作だ。
      \:::: |:::::/
        \|/                      以上、自分の描いた話と原作がごっちゃになったアホウの戯言でした。

820 :◆/svJwypmhk:2011/04/08(金) 19:27:05 ID:qDsWrChw

                ┛┗
         /|\ ┓┏
       /  |  \        ちっくしょおおおおおおおおお!! 今日明日が休暇だからこの2日でがーっと描いて
       |\/\/|
       | |...........|....|      明日完成させて投下しようと思ってたのに今日FF6スレが投下かよおおおおおお!!
       | |:::::::::::|::::|
       |/\/\|      ただでさえ限られてる時間が取られるじゃないかクソッタレエエエエエエエエエエ!!
      \:::: |:::::/
        \|/



読まないという選択肢はない。

821 :普通の名無しさん:2011/04/09(土) 00:11:03 ID:HLHHgEp6
そろそろまた6のスレ増えないかな
地酒の飲み比べみたいな気分になってきた

822 :◆/svJwypmhk:2011/04/09(土) 00:31:08 ID:xHR0Im0U

               人
         /|\ (_ _)
       /  |  \       >>821
       |\/\/|       3月以降で投下のあったFFⅥスレは、私んとこ含めて6つもあるんだよ。
       | |...........|....|
       | |:::::::::::|::::|       もうこれ以上は増えないんじゃないかな……すでに12個もスレ立ってるわけだし。
       |/\/\|
      \:::: |:::::/
        \|/

覚え書きを更新します。

【1作目 】  やる夫ファンタジーVI                       ティ長門
【2作目 】  やる夫のファイナルなファンタジーVI              ティ長門
【3作目 】  やる(やる夫のFF6)                         翠ティナ石
【4作目 】  ファイナルファンタジー6 やる夫の賞            ヒイロ・ブランフォード
【5作目 】  やる夫はトレジャーハンターのようです            ようこ・ブランフォード
【6作目 】  やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです.     ティナ銀燈
【7作目 】  やる夫が帝国と戦うようです                      できティない子
【8作目 】  やらない夫とその仲間達が帝国と戦うようです         蒼ティナ石
【9作目 】  とりあえず世界が終わるまで                    蒼ティナ石
【10作目】  やる夫のfianal fansyter⑥⑨                  やらティない夫
【11作目】  翠星石は恋多きティナですぅ                      翠ティナ石

【12作目】  やる夫はリターナーのようです  ←New!!             ティナ水晶

847 :◆/svJwypmhk:2011/05/31(火) 04:43:19 ID:NP0KcLTQ

    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ      FFⅥスレ13個目。
   i <〈」iノハル.!〉
   i L> д ノiゝ ゚  ゚     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1306750992/
  i>i ir^(νν'i |
  .i>i !> )ノ iイ|
   i.ル'     'レ'

849 :普通の名無しさん@大規模規制中:2011/05/31(火) 11:18:44 ID:t818KmPM
FF6二回目じゃなかったっけかその人ww

851 :普通の名無しさん@大規模規制中:2011/06/01(水) 11:51:43 ID:rHgMwtD6
>>849
やったのが4と5と11あたりだっただから、まだだと思う。


960 :◆/svJwypmhk:2012/01/18(水) 01:23:19 ID:DZIzGwFE

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡      FFⅥ! 14つ目!
  (  ⊂彡
   |   |           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1326802179/
   し ⌒J

961 :普通の名無しさん:2012/01/19(木) 23:59:38 ID:Y6oDGaMo
FF6だいぶ増えたなw

968 :◆/svJwypmhk:2012/02/11(土) 01:13:46 ID:XyiCxn.s

             ┌──────────────────────────
             │
        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ       ~FFⅥスレは今日もまた増え続ける~
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、.   。
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`  /
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |   /        【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1328876138/】
     l从  | (●)\l(●),ルリ  /
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/   /
      //ヽゝ   lr┬| ,イi.   /
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ rE)
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ lヽl
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ド、::::/____E[]ヨ_______________
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八         .┏───────────────────┓
          /   /  ハ  ヽ

829 :◆/svJwypmhk:2011/04/16(土) 08:29:24 ID:m3XeDk2o
         __  ______
        , '  /\     `ヽ、
      ,.'' ゝ / @ \   ノ  `ヽ
      、' /⌒y'へ-'⌒i' ̄ヽ_,.へ__l
      とヘ-,─'´ ̄`ー--^ー---、_フ
      i ィ  / .ハ /!,!_t!、ハ │ i         ラスボスから1面ボスに格下げとか……
      .イ i iイ.ヽノ レ´ ,. - 、ゝ,イ |  |
.      レ ヘ i,,'´`    ,,,,u ン ! |  ゝ、
       i 从  _   ハ.イ. |、ノイ
.       ハ |ノ>.、.,,_   イゝ ハ . iヽ-´
        `ゝ、i_.r'` -r' ヽ、iノレ´
          / ゝ[><]/!/^'ヽ
         「=(  §  },=∞{
        く  !__§___〈  . '>

832 :普通の名無しさん:2011/04/17(日) 18:06:25 ID:qd/mSSh2
でも、その人ハード以上で扇展開するわ、
スペカ4枚あるわで、1ボスって感じしないわw

852 :◆/svJwypmhk:2011/06/03(金) 04:26:49 ID:JNEZ0JiI
AA作成があとちょっとの所で上手くいかないので気分転換に作ってみた。
独断と偏見で作った今までのボスの強さ格付け表。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Cランク】 描いてる側としては非常に安心して描けた面々。

 でっていう (第1話)     朝倉涼子 (第2話)     やる実 (第4話)
 ヘビーアーマー (第7話)     サテライト (第7話)     オルトロス (第12話)
 イフリート&シヴァ (第13話)     セイバー&宇田川伍助 (第15話)
 クレーン (第15話)     ネラパ (第24話)
 スコーピオン&ゾッカ&ナイトウォーカー (第26話)


【Bランク】 標準難易度。メンバー次第ではそんなに難しくないはず。
 魔導アーマー&ヘビーアーマー×2 (第3話)     オルトロス (第5話)
 阿部高和 (第8話)     ディッグアーマー (第9話)     キラ・ヤマト (第10話)
 西行寺幽々子 (第11話)     真紅 (第14話)     ファントム (第16話)
 オルトロス (第19話+第20話)     セイバー&宇田川伍助&オルトロス (第21話)
 でい&隻眼のつー&びぃ&奇形しぃ (第28話)


【Aランク】 描く側としてもどうやって倒せばいいか真剣に悩むレベル。
 シュミット (第15話)     真紅&ケーツハリー (第21話)     エアフォース (第21話)
 アルテマウェポン (第22話)     フンババ (第27話)     オーディン (第29話)
 雪華綺晶 (第31話)     薔薇水晶 (第31話)


【Sランク】 特殊な展開でもってしてようやく勝てるレベルの方々。
 羽入&真紅 (第10話)     チャダルヌーク (第32話)


【神】 おかしい。
 デスゲイズ (第30話)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それにしても世界崩壊後のボスの面々が軒並みAランク以上で変な笑い出た(^ω^ ;)

853 :普通の名無しさん:2011/06/03(金) 18:03:55 ID:ggz.0/cc
これからあたるボスでBCランクに該当しそうなのがいねぇw

854 :◆/svJwypmhk:2011/06/03(金) 22:11:20 ID:JNEZ0JiI

2戦目のフンババさんにコメント。

       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

弱っ。ヘタしたらCランクかもしれん。

855 :◆/svJwypmhk:2011/06/03(金) 22:11:36 ID:JNEZ0JiI

神獣の力に目覚めた真紅さんにコメント。
            __ .____
          , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
         /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
       /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
       /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
      /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i
      i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;
      /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ
     /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
     i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i    < ん? (難易度設定)間違ったかな?
      'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,    \________________
.      / ,;; ';:゙i ::::::l        u  |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
      `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
.     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
.   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
  /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
       /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ

強すぎワロタ。ケアルガは敵に使わせたらアカンわ(^ω^ ;)

857 :普通の名無しさん:2011/06/04(土) 03:38:03 ID:nfcVfwpM
もう装備が全部初期装備で、魔石ボーナス一回も使ってないルナティックモードなのではと思えてきた

871 :◆/svJwypmhk:2011/06/24(金) 22:55:24 ID:vjrEHZE2

lli|tlll――――――――――――――――――――――――――――――────―――――┐
||'゙l||〕l|─――――――――――――――――――――――─――――――――――――┐   |
|lIル゙゙ l|                          伊                             甲      |   |
|!'''l川|      薬  ゴ  で  真  や   賀     ラ  風  地  甲  甲   賀      |   |
||モコl|       師   ル  っ  紅  る    .組      オ   待  虫  賀  賀   組      |   |
|lll仝 ||     .寺  ゴ  て      夫   十     ウ   ダ   .レ  や  水.    十      |   |
|| ユ ||      こ  蝋  い       幻   人      刑   デ   .ナ  ら   .銀.    人      |   |
|!l{什|〕      .な   斎  う              衆      部.  ィ      な  .燈.    衆      |   |
|圭)=||      た       丸                               い                 |   |
||)l]ll1l|                                       夫                 |   |
||yi71l|                                                          |   |
|!エlr'||                                                          |   |
||ェと卅      朱   涼   阿  筑  月           お  言  赤   如  鵜          |   |
|!エlr'||      .ナ   宮   部   摩  夜          ホ   葉  木   月  殿          |   |
||ェと卅      絹   ハ   念   小  陣          ロ      豹   誠  承          |   |
|l!]i广l|         ル   鬼  し  .五                    馬       太          |   |
||yi71l|         火      ぃ  郎                            郎          |   |
|!エlr'||                   郎                                       |   |
||ェと卅                                                        |   |
|!エlr'||                                                            |   |
||ェと卅                                                        |   |
||'〒 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |
゙'ゞlF'‐'――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

【元甲賀VIP谷衆】
 水銀燈……ティナ  やらない夫……エドガー  レナ……過去の雛見沢の村人  ダディ……ドマ国王
 ラオウ……千年前の超強い人  承太郎……千年前の慧音の教え子  誠……帝国兵下級兵士
 アカギ……アウザー/ビリー  言葉……帝国兵下級兵士  ホロ……シド

【元伊賀ニュー速隠れ衆】
 やる夫……ロック  真紅……帝国親衛隊/神獣ラクシュミの娘  でっていう……ユミール
 ゴルゴ……千年前の超強い人  こなた……フンババ  月……レオ将軍  しぃ……ギコの元嫁
 阿部さん……魔列車車掌  ハルヒ……レイチェルの母親  ナギ……モブリズの村人

とりあえずみんな出演完了しますた。

872 :普通の名無しさん:2011/06/25(土) 01:53:24 ID:syLDNvfY
かなりのチョイ役が多いけどねw

877 :◆/svJwypmhk:2011/08/19(金) 17:10:37 ID:xC2cEbTs
次回投下ぶんは明日か明後日には出来そうです。
が、休みがなかなか取れない。いっそ来週末に休日を頂いてその日に投下しようかと。

どのみち第35話が過去最大の話になりそうなので、第34話が完成次第
次の書き溜めには移りますが。とりあえず、次回投下は来週の今頃を見込み。

878 :普通の名無しさん:2011/08/19(金) 17:16:47 ID:scm.fEm2
どんどん更新される過去最大記録

879 :◆/svJwypmhk:2011/08/19(金) 17:32:21 ID:xC2cEbTs

  ___「>ヘ
  人ヘ>'"´ ̄ ̄ `丶、
  ゝ_7::/:: :l::!:: :: :: }::!::ハ
   !:: l__N__」_|_!
    l :: ヘ==  == ト、          たぶん第21話あたりでリミッターはずれた。
 fZzZ⊂⊃u. r─ァ ⊂⊃ト
 ノ7 `ーヘ',  !__ノ /ァ´        そして第33話で完全にブレーキが壊れた。
 __,!z :: <7}}r-。-1>'´
 l,ヘ´:(( rzノ Yr。zZlf> ,
   \:: 7:::L7::__,:::ハー--ィ´              まあ、連載開始時点で第35話は長くなるって計画してたけどさ。
     '、!::::___jイ1::::}l,.:<
      `ー─‐ V´  ̄                 第35話が終われば、いよいよ本気で最終回が見えてくる。

880 :普通の名無しさん:2011/08/19(金) 23:15:22 ID:PaKtvyw6
やる夫はこの調子じゃ最終回直前までいないんだなw
まぁ原作でもそうだけどw

881 :普通の名無しさん:2011/08/21(日) 20:51:55 ID:sJYq/A.E
ああそうか、やる実が第2主人公なのは、鳳凰の舞を使うからでもあるのか

883 :普通の名無しさん:2011/08/23(火) 20:23:45 ID:/ShLsdmY
アレクソウルやつかさは巨悪だけど、最大の敵は羽入だよなと毎度ながら思う
あいつ大好きだ。憎たらしくてしょうがない

884 :普通の名無しさん:2011/08/23(火) 21:59:57 ID:/fl67Yxo
羽入の魅力は凄いよな、本当にイラっとくるもん
つかさはなぁ、仕方ない

894 :◆/svJwypmhk:2011/09/16(金) 14:16:14 ID:.wr/DC/g

    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ
   i <〈」iノハル.!〉       http://shindanmaker.com/154909
   i L>゚ ∀゚ノiゝ
  i>i ir^(νν'i |
  .i>i !> )ノ iイ|               遊び方:『真紅』とか『水銀燈』とか入れましょう。
   i.ル'     'レ'

895 :◆/svJwypmhk:2011/10/03(月) 02:33:49 ID:2mkSqvFg

お蔵入りした安価内容のごく一部だけ晒してみる。
長門を選んだ場合最初はコレで始まってた。










゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
     j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
      |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
      !: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j:/∨:: :/:.: : : : :|        9本の花があります。この花を並べて、
    j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
      |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `         直線3本並んだ線を8本作りたい。
        |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
        ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、        さて、どのように並べればそれが出来るでしょう?
       ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
        ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
           r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
            /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
             {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\        こうじゃねーの? 簡単だお。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐                      ●――●――●
     i   丶 ヽ{   }ヽ                     |\  |  /|
     r     ヽ、__)一(_丿                      |  \|/  |
     ヽ、___   ヽ ヽ                       ●--●--●
     と_____ノ_ノ                         |  /|\  |
                                    |/  |  \|
                                    ●――●――●

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

896 :◆/svJwypmhk:2011/10/03(月) 02:34:24 ID:2mkSqvFg

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。

     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|       では応用問題。10本の花があります。
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ         この花を並べて直線4本並んだ線を5本作りたい。
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/               さて、どのように並べればそれが出来るでしょう?
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( /)   \         えーっと……
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /               こうかな?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´       ――正解。せっかく考えた問題を、
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ            こうも簡単に解かれると少し悔しい。
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゜゚・*:.。..。.:.*・゜゜゚・*:.。



さあ、解けるかな?

906 :◆/svJwypmhk:2011/10/11(火) 00:55:26 ID:ZP9EAqoc

               }  /( ./ / , ' , '   |‐'´  ヽ    }  /(
              ,' ノし': :ヽヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \ .ノし': :ヽ
            ((,イ: :  :: :V). ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉((,イ: :  :: :V)
        }  /(  、ゝ: :   : :(ノ}i ヽ_lyz七リ>   | | / 、ゝ: :   : :(ノ} }  /(        ガードリーダーDeathぅ♪
      ,' ノし': :ヽ  ヽ: :: :  : :: :/ レ|,,r==ミ :;:;:;::;:;:;:ム,Lハ / ヽ: :: :  : :: :/ ノし': :ヽ
     ((,イ: :  :: :V) ゝ;:; :;从ノr | l |( (::) :;:;:;::;:;:;::;:;::~∨ / ゝ;r'´¨i:;:ノ.(,イ: :  :: :V)
     、ゝ: :   : :(ノ}   `、 ヽヽ |│! ` "::;:;:;::;:; , ::;:;:;::;/∨l/ /   /  、ゝ: :   : :(ノ}
     ヽ: :: : ,,,_:: :/    /ヽ ヽヽ ! |.         / 〃 | /   /   ヽ: ::_,,,  :: :/
      ゝ;:; :;ヽ `ヽ、 /   ト、 ヽ!>\  ヽ三.ヲ .ィ /  ./  /     _,,-" /从ノ
          `ヽ、 `ヽ、_,,,lヽ ヾ ヽ!f¨'''''` ー <'''''''''i' /  イ,,..-、,,-"  ,,-'′       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            `ヽ、  `ヽ' `  `、ーi,,,_   .............:::レ  'ヽ,,-''" ,,.-'"        ┃        レベル4フレア       ┃
     ,. ' ´ ̄`ヽ /  `7、      ヽ:.....¨'''''‐-¨ ̄/      , イ´ ::`、           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    /      ノ   / 、i   i   ,,..ゝ;;!::::... ._;;/-'、  i  ,_,, ! :i::::!
     { ,. -‐   ,.. '    l、  `'¨l      ` 、:;r"      !`,'′ ,l :!:/
    l,'  ,..`'´      .!ヽ、`ー-i''`  `''7、___,i__,,.-<   ''`i_,,-''´/ !′
     >'´        `ヽ、`<_ヾ'''''''フ´/::l   i   `、`ヾニニ=`-i''´ /
   /            ` 、` ¨_,,-'_¨-''′  .l   `ヾ、''_''_¨_,,-''i´



              } /( .   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \ } (
            ,' ノし': :ヽヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   ノしヽ
           ((,イ: :  :: :V/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /: : :: :V)
        }  /( 、ゝ: :   : :(l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!:   : :(ノ} }  /(       ヤクザの親分と和姦ですぅ♪
      ,' ノし': :ヽヽ: :: :  : :: ::: :/ レ|,,r==ミ :;:;:;::;:;:;:ム,Lハ / ヽ: :: : : : : :/ ノし': :ヽ
     ((,イ: :  :: :) ゝ;:; :;从ノrr |::: |( (::) :;:;:;::;:;:;::;:;::~∨ / ゝ;r'´¨i:;:ノ.(,イ: :  :: :V)
     、ゝ: :   : :(ノ}   `、 ヽヽ |:::: ! ` "::;:;:;::;:; , ::;:;:;::;/∨l/ /   /  、ゝ: :   : :(ノ}
     .ヽ: :: : ,,,_:: :/   /:::ヽ ヽヽ::::|.         / 〃 | /   /   ヽ: ::_,,,  :: :/
      ゝ;:; :;ヽ `ヽ、 /.:: : : :ト、 ヽ!>\  ヽ三.ヲ .ィ /  /  /     _,,-" /从ノ
          `ヽ、 `ヽ、_,,,lヽ ヾ ヽ!f¨'''''` ー <'''''''''i' /  イ,,..-、,,-"  ,,-'′        ┏━━━━━━━━━━━┓
            `ヽ、  `ヽ' `  `、ーi,,,_   .............:::レ  'ヽ,,-''" ,,.-'"               ┃   ポルターガイスト   ┃
            /.: :: `7、      ヽ:.....¨'''''‐-¨ ̄/      , イ´ ::`、               ┗━━━━━━━━━━━┛
           ノ.: ::::::::/ 、i   i   ,,..ゝ;;!::::... ._;;/-'、  i  ,_,, ! :i::::!
          ,.. '.: :::::::::::l、  `'¨l      ` 、:;r"      !`,'′ ,l :!:/
       ,.. ' ´.: : : : : ::::::.!ヽ、`ー-i''`  `''7、___,i__,,.-<   ''`i_,,-''´/ !′
     /'´.: : : : : : : : : : :: `ヽ、`<_ヾ'''''''フ´/::l//l>ィll:l_`、`ヾニニ=`-i''´ /
   /: : : : : : : : : : : : : :  ` 、` ¨_,,-'_¨-'' イl:l. {.l:「  `ヾ、''_''_¨_,,-''i´

朝倉さんVer.もあったのか。どっちが先出でベースになったのかは知らないけど。

907 :普通の名無しさん:2011/10/11(火) 00:59:40 ID:uFmf1dPA
多分朝倉さんが先じゃないかなあ。翠星石Verはここで初めて見たので

908 :◆/svJwypmhk:2011/10/11(火) 01:04:21 ID:ZP9EAqoc
実は朝倉さんのmlt拾ってないからいつ作られたのかが私の手元にはノーソースなのですよね。
顔数枚で回せるキャスティングにしか組み込んでないので毎回AA録か過去作からのコピペ。
今までに使った朝倉さんAAの総数は20いかないんじゃないかな。
表情いじってバリエーション作ったりはしてるけど。

909 :普通の名無しさん:2011/10/11(火) 01:23:51 ID:tkc46DBU
ヤクザの親分と和姦w
あと今更だけど台詞回しでやっぱりバレるよw

910 :◆/svJwypmhk:2011/10/11(火) 01:36:57 ID:ZP9EAqoc
>>909
マジレスすると最近あまり読み手に回ってないので引き出しが増えないのですよね。
ずーっと古くからの自分のみでやってるから新しきを生み出す種が皆無。
したがってバレる時はあっさりバレる、と創作仲間には突きつけられましたwwwっうぇwww

現行が片付いたらしばらくはROM専に回りたいですねぇ。
次回作は腐るほど考えてるんだけど、次に描くことがあるとしたら
新しい自分の筆が一番なじむであろう題材を選びたいものです。

912 :普通の名無しさん:2011/10/18(火) 23:19:00 ID:dSaYX372
アイデアとかインスピレーションはどこから得るのでしょう?
他のスレとか、やる夫スレ以外の創作物とか?
フェニックスの場合、音楽が特に重要なファクターになっているっぽいですが

913 :◆/svJwypmhk:2011/10/18(火) 23:42:07 ID:9lqN3rFU
>>912
はっきりと何から来るかはわからないのですが、多分、生まれてきてから見聞きしてきた全てのものから
アイデアってふつふつっと沸いて出るものなんじゃないでしょうか。私は自分をそう解釈しています。
今年の夏の短編祭で出した作品も、今のお店であった実体験が下敷きになってますしね。

最近は作るばっかりでこう、見たり聞いたり無心で楽しむ境遇にあまり自分を置いてないのですよ。
だからいまいちインスピレーション抱いた実感はなかったりします。昨年の今頃に固めた筋に乗っかってるだけで。

その一方で、大きな感銘を受ければその衝撃からどんっと一本出来てしまうこともあります。
フェニックススレはやる夫トリガァさんのスレを見てかなりインスパイア受けてますね。
こないだAV女優スレ見た時も面白くって触発され、次回作の構想だけは妄想内で固まってますよ。

914 :◆/svJwypmhk:2011/10/19(水) 04:30:03 ID:Ql8JifRY
寝る前にちょこっとだけ。

今、トリガァ氏の描いたやる夫クロノトリガーを読んでます。
自分の中では伝説の1スレとなっている死の山編を収録したスレ。
あれに出会ってかったらこのスレは無かったんだと思うと実に感慨深いものです。
思い出補正だけじゃなく、展開だけで今もあれは泣ける。マジですげえ。

あと昔から読んでるFFⅥスレがありまして、そのスレからもちょこっとだけ構図をだな(^ω^ ;)
読んでるスレの数はかつてよりかなり減ったのですが、やっぱり読むと刺激されますね。
嬉々として追いかけられる面白いスレが未だ尽きないのはやはり嬉しいものです。

今の私にどれだけ出来るかわかりませんが、次回はいっちょ頑張ってみます。
無駄な回など作ってはきませんでしたが、次回は特別に重要な回ですので。

962 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 22:10:39 ID:AV6mlQlI

           ,ヘ   ,へ、
          く< 'ゝ-イ/ |<
         , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
     ヽ. ),' ! !  、 、 ヽ ', .',
      λ( ! ,'./-λル-i-イ i」 i     >>912
      ヽ; ルLi ━   ━ `Yi、 i      最近確信したのですが、私はどうも音楽聴いてるとそれに触発されて
        ::=== 、_ u イ !ノ.i       お話を思いつくことがその実多々あるように感じられます。
        !lノ|`/^i ,____ , く_,ノ | i
         lXlレ「`ー´レLY_ノ /`ヽlXl          【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1320556801/958-986】
          ! .i i    |.|:  !i |   i l        上記の埋めネタですが、埋め短編どんなのがいいかなぁって思ってたら
       |><{ !、__,ノ.i: λi|.|   |><{       以下の曲を一周聞いた矢先に構想がまとまった次第。
        . ! l .! /::::::v::::/`;;|   | l        FFとは全然カンケーない曲なんですけどね。
        }><{ !レヽ::::::i:::::ヽ,;´;|____]><{              【http://www.youtube.com/watch?v=FmVm3VHFP9g】
        ヽlV/ヽ、>::i::::::::::::::::::ヽ_)ノ



            ,=, =、_
       __   i/ヾヽ_:7_
      .,,{::{{:;>, ' '"~ ̄ 、 `ヽ、
      く::、ヽ / /  ,  i ヽ _  i!
       i;::l,ヽ、iミ/  /‐-l  |´,_ __」       ドラクエ3のエンディングテーマ(特にFC版)が非常に好きなのですが、
        `=,' ,'i_」, - 、ーftj!1. |      それを聞いてるうちに思いついたのが以下の短編。
         /  | 代ソ   `' .i !       まあ、昔ツレとゲームした思い出もだいぶ手伝ってくれましたが。
        / /. | }、   ー ., イ__」              【http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-4489.html】
       / [><] 7" rオ‐「/ i i        また、ドラクエ8のラスボスの曲を聴いていた時に唐突に閃いたのが
     /   /  /  (⌒)'i| /  !      昔描いたドラクエ原作のお話だったりと。ナンバリング違うのに不思議。
     /   [><]. /   /j`、 ヽ!   |            【http://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-category-97.html】
    i,   /      //`ー', `!  ,'                【http://oretokuyaruoyara.blog101.fc2.com/blog-category-40.html】
     \i、     アコ::::;`ーウ /
       ヽ!、  /:::::::::/>::lノ          創作インスピレーションを刺激するにあたって、音楽が私の中で非常に
         `ー|>:::::::</:::::<!        大きいファクターであるのは確かだと思います。昔からゲーム大好きだったし、
          < iー-i':::::::::ノ.          FFスレに限らずゲームBGMから得る影響が最も大きいかな。
           ヾ   `Lニゝ

918 :◆/svJwypmhk:2011/10/25(火) 22:47:37 ID:g.CXSjeY

:::::\            __ _ __,,,...,,,_ _ _         /:::::::/   /:::::::/
 :::::::\       , '"´,`<:;::ァ-r─r-;、>、 `ヽ.     /:::::::/   /:::::::/
 \:::::::\    ,. '´ ̄>(>--'─'─'─'-<)、 _ノヽ、 /:::::::/   /:::::::/
   \:::::::\/ゝ,∧「`く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ!  ハ:::::/   /:::::::/
\  \/-、__ く::::::::7´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,イ   i/   /:::::::/
:::::::\   i   /レヘj::/::::::::::::;':::::::::::::::::::::::';:::::::::::::';   ,ハ  /:::::::/
\:::::::\,'´`ー,'i::::::::::::;':::::、:::::::i:::::::::::::!:::::::;:::i:::::::::::::::!_. ノ |./:::::::/
  \:::::::!  ,|八:::::::::|::::::__メ八:::::::::;ハイ__八:::::::::;イヽ.   !:::::::/
   \:i'´`ヽ´ノ\::::!ァ'´i´`ヽ' \/ イ´ `i'ヽ!::::/::!:::::':, ノ!/       おまけ。八坂神奈子スペルカード対応表。
     .|  /;:'::::::::ヽ!` !,__r'!    !__,r'! イレ'::〈::::::::i  |
      ! (:::::i::::::::::ノ;ハ、"      ' _,.  ",ハ:::::::::::ヽ;:::;' .,'
     !' `ヽ)ヘ(::::::::::::i> 、.._  ̄ _,,. ,イ:::::i:::::::::::ノイ ./!                奇祭「目処梃子乱舞」 …… ブリザガ
      ',   !、∧`゙'ーァ>‐く,ハ ̄/]ハ>ー<ノ‐''´∧'  ,ハ             神穀「ディバイニングクロップ」 …… 絶対零度
      ,ヘ_.ノ´ ∨  /  `(>○く)’  ,ハ-<∨_ン´ ∧            神秘「ヤマトトーラス」 …… フォースフィルド
     ∧ ' 、 /´`'ァくゝ、(_/´'ーっ+   Yノ),ゝ、__,/  ∨             天竜「雨の源泉」 …… サザンクロス
     ∨  ` <.__7ァ' ´!_>、_ノ´、___,./^' ー'、イ      |\             「魔神様の神徳」 …… まじんのいかり
     /|      ゝ、,____,!_V」∞彡/`ー'、_ノ、'       \.!                   ↑ 原作では『風神様の神徳』
      レ'       ,∠_>ー=ニx-‐ァ':i:::::::::::::::ハ     /|
     ∧     /´'´::::::::::::::::/__,/i:::::!:::::::::::/::::i     |/
     ∨      !::::::::::::: ̄二!  「,!>‐__─'、ヘ!
           `゙'ー--=く__/___ハレ'(7'⌒ヽ.>'
                      `ー─'´

919 :普通の名無しさん:2011/10/30(日) 08:31:14 ID:9dVS3IOM
昔は8文字規制とかあったせいなのか、フィルドってなんだ?みたいな疑問があったなww
他のゲームでフォースフィールドってあったからそれか、みたいに解決したけど
と思ったけどダイアモンドダストって9文字だった
フィルドってなんだ・・・

922 :普通の名無しさん:2011/11/04(金) 22:27:22 ID:n3ETJ/.E
>>919
全く関係ないんだけど、クの字がないのでスで代用したというDQ1のダースドラゴンを思い出した

920 :◆/svJwypmhk:2011/10/31(月) 02:41:56 ID:1C2xy9qM
今までに間違えそうになった単語一覧。

×ウイングセイバー ⇒ ○ウィングセーバー 
×ケイオスウエイヴ ⇒ ○ケイオスウェイヴ
×あいのほうよう ⇒ ○あいのせんこく
×フォースフィールド ⇒ ○フォースフィルド
×ヴァルガリマンダ ⇒ ○ヴァリガルマンダ
×必殺剣 裂 ⇒ ○必殺剣 烈
×フューラー ⇒ ○ヒューリー

ヒールホーンをなぜヒーリングホーンと誤憶していたかは全くわからん。

932 :◆/svJwypmhk:2011/11/12(土) 05:45:02 ID:UTi3F4Vg

          ,ヘ   ,へ、
         く< 'ゝ-イ/ |<
        , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
    ヽ. ),' ! !  、 、 ヽ ', .',      寝る前に作ってみた、うちのスレに出てくる中でエアロガを使える方々一覧。
     λ( ! ,'./-λル-i-イ i」 i
     ヽ; ルLi ━   ━ `Yi、 i
       ::=== 、_  u イ !ノ.i          【味方】
       !lノ|`/^i ,____ , く_,ノ | i              水銀燈、ラプラス、幽々子
        lXlレ「`ー´レLY_ノ /`ヽlXl             【敵】
        ! .i i    |.|:  !i |   i l              ケーツハリー、デスゲイズ、白蓮、真紅
.       |><{ !、__,ノ.i: λi|.|   |><{
      . ! l .! /::::::v::::/`;;|   | l
      }><{ !レヽ::::::i:::::ヽ,;´;|____]><{                 大人気ですね。こっちが使ってもたいして威力ないのに
       ヽlV/ヽ、>::i::::::::::::::::::ヽ_)ノ                      敵に使われると超焦る。それがエアロガクオリティ。

946 :◆/svJwypmhk:2011/12/08(木) 21:51:41 ID:xiOTaCMU

.         / ,ィ=ミヽ -─────- / ,ィ=ミヽ
        { {    } }          { {    } }
       ゝ `二´ノ           ゝ `二´ノ
        /   _,.  -───‐-  . _     |
         /> ´             ` < |
    ,.   ´    _,.  -────‐-  . _   `   、      おまけ。洩矢諏訪子スペルカード対応表。
   /  ,. ァ ´/          ヽヽ` ヽ . _   \
 / ,. <ニ/ /          ハ ヽ ヽ   、  ヽ lニ> . \        開宴「二拝二拍一拝」 …… ファイガ
./,.<ニニニ! i /  〃  / / !_」L厶  } リ .! ハニニニ>∧     土着神「手長足長さま」 …… ブラスター(未使用)
《ニニニニニ! | i  ┼十ハ i  l ハノィ示V /  トゝヽニニニニ》       神具「洩矢の鉄の輪」 …… メタルカッター
.\二二二,ノ { l ヽ l〉不圷、! j/ バ::::r}》 x≦}ノ ハニニ./      源符「厭い川の翡翠」 …… はどうほう
  \ニニハ人 ト、ゝ マ::::r}     ー' ≦zz|⌒ヽ. 辷/        蛙狩「蛙は口ゆえ蛇に呑まるる」 …… サザンクロス
    ` <ノィ个ィ≦` ` ´  '   ゛ ゛/ ′!/⌒Y´            ※本編では"人は無力ゆえ神に呑まるる"に改変
     (ハ {`{≧三ゞ、゛  ー   ′イ|    l     }          土着神「七つの石と七つの木」 …… メテオ
        ノ从 ヽ 、  、マヽー一 ´ イ |    |    ノ              ※ 本編では"湛石七星群"に改変
         ヽ } ト、  ,ゝ \_/ ノ Ⅳ ハ{  イ             土着神「ケロちゃん風雨に負けず」 …… エアロガ
          ∨ノ `ー一 ヽ  / イ ヽ′ / j             ※ 本編では"デミウルゴステンペスト"に改変
          i    \    //       /             土着神「宝永四年の赤蛙」 …… フレアスター
          |       {ヽ-- '  }     /            「諏訪大戦 ~ 土着神話 vs 中央神話」 …… ティルフィング
          ヽ      ハ 、   /l      イ                祟符「ミシャグジさま」 …… アースサラウンド

947 :普通の名無しさん:2011/12/08(木) 22:00:30 ID:PuXdt6Sg
ギコってティラノサウルスのところで特訓してたんじゃないの?
特訓してた割にはやる夫達とかと強さ全然変わらないんだけど

948 :◆/svJwypmhk:2011/12/08(木) 22:38:52 ID:xiOTaCMU

               人
         /|\ (_ _)
       /  |  \        >>947
       |\/\/|        今回は羽入の攻撃ペースが激しすぎてホワイトウインド役で精いっぱいでござんした。
       | |...........|....|
       | |:::::::::::|::::|        羽入戦でその片鱗を見せたのは吹雪のオーブ使用とHPの上昇具合ぐらいかな。
       |/\/\|
      \:::: |:::::/           何気HPは、主人公を上回るという破格の値を与えてるんですけどね。
        \|/


【おまけ】
 781 :普通の名無しさん:2011/10/30(日) 02:44:14 ID:qHme7376
     神獣教団の信仰の対象、羽入だっけ? つかさだっけ?
     それとも雛見沢だっけか

             ,ヘ   ,へ、
            く< 'ゝ-イ/ |<
           , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
       ヽ. ),' ! !  、 、 ヽ ', .',
        λ( ! ,'./-λル-i-イ i」 i       この人ホントいいとこ突いてた。
        ヽ; ルLi ━   ━ `Yi、 i
          ::=== 、_  u イ !ノ.i       思わず当時はスルーしたよ。
          !lノ|`/^i ,____ , く_,ノ | i
            lXlレ「`ー´レLY_ノ /`ヽlXl
            ! .i i    |.|:  !i |   i l            ええ、信仰の対象は雛見沢です。つかさに従うフリをしながら
         |><{ !、__,ノ.i: λi|.|   |><{            その実自身の力の復興を狙う羽入の核心を突く質問ですた。
          . ! l .! /::::::v::::/`;;|   | l
          }><{ !レヽ::::::i:::::ヽ,;´;|____]><{
           ヽlV/ヽ、>::i::::::::::::::::::ヽ_)ノ

949 :◆/svJwypmhk:2011/12/09(金) 05:42:39 ID:.62nWYeg

          ,ヘ   ,へ、
         く< 'ゝ-イ/ |<
        , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
       .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
       i  ,'./-λル-i-イ i」 i       どうやら恥ずかしい間違いをしたようだ。
       iルLi ○   ○ `Yi、 i
       ノ`リ   、_,  u イ !ノ.i
      /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
      lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl                私はちょくちょく、東方キャラの発言や
       ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
      |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|              スペルカード名を会話のネタに使います。
      |/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
      [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
      (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l

358 :やる夫:0 ない夫:0 幽々子:0 紫:23(黙) ◆/svJwypmhk:2010/06/27(日) 22:19:30 ID:jW42mp9A

                           |      `ヽ ̄==- 、_
                           |        ヽ,: . ::``ー-ニ-、、
                           |         |..: : .:. . :..: :.:.`-、、
                           |         | . : : :: :: : : : : : .\、                   ,.-‐=-
.., ''ソ゛                       ll    |          |! : . : . : :: .:.:.:: :`i 、               / !´
゛ l゙                           ll    |        /:    . .:_ . :   | |             ,//. ,「
 .!                        ll     |     ‐=ニ´、二ニニ='´:  ̄: `'─、 '、\           //:: .|
  ヽ                      ll     |          | . : : . : . : . .二=ニヽ_,..‐-、      /ニソヽ/´
   .`'-、、                  ll      |          ! . :  __,,==''_,=一、< ̄`   _/´ !: . ノ
                           |          | . ../.´ ̄_,r;ニ‐' ̄    ̄,.=ニ'''ク´ヽ√ ̄
   美しく残酷にこの大地から去ね!      |         |.:_/´ . :.//  /| /| ∧,/| ::_ノ´ ̄
                           |         / /.´ . :. : .{ L∧,,-!.|::H.升 ソ´
  .`゙''''~ .`''ー ..,,,,,____ .__ .`゙゙''''~ ll       |        // '´ ̄`ヽ::..:.: ヽ:::;;;;;,,_::_;;、i;/::!|:ヽ
'''ー ..,,,_         ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.ll       \        //       `|、:.∠;;;;/ヽ .i );;;!://
¬――ー`-′           .ll            \             ヾ、/;;;;;/ー-!ヽ、,-//フ
`゙"'''―- ....,,,_    `゙`-`-二,゙" ll            \            ヽ /;;;;f一‐〈;;!;!;;/i;;;'フ
'―-- 、..,,,,_、 .  ̄''- ..,,_、   ."ll                  ll\          T:::`ー/{> !_;-;;/j;:!i`   _,.、_
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄'''''゙゙“''' ll                   ll \        ヽ:::::,-、/jー-ヽ_/ノ´::ニ;;;'て::,.‐‐'ハ
           、     .ll                ll   \     _」_工i〔`‐--‐i一j `'´  !〔´
/  . ./    ./       ll                   ll.  ヽ \  /二!:::::..ヽ |`'─十‐'|
  / /    /       . ll                  .ll   .l. \ /ニj:: :::!:: \─十‐.i:ヽ、
 /  ./ 、  ,/./      .ll                      ll.、  .l.  \コ:::...  ::ト-ト-‐/j: : \
″ ./  /  ./ ,i′     ll                    ll.  ..l.   \: ::::;:;/!| ‐メ;;: :!:.  :|
 /  /   ./ /         ll                     ll.  . l      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
'" ./   ,/ /    .、  ll                    ,il.l l  . l    ヽ
 ./   ./ ./     /  l'|},.                 ,、'i|リ|ト.l,   ヽ    .ヽ
./   ./ ./     ./    巛〃               |l,.l.l.!|″ l   . l.    .ヽ     ┏━━━━━━━━━━━┓
  ./ /     ./    リl゙i| ,              ,,,l ||l, l    l    l    .ヽ     ┃      メガフレア      ┃
  / ./      ./     ` l.!.!l゙ .! i           'i 、 .!|.!.!「     .l,   ...l,    .ヽ   ┗━━━━━━━━━━━┛
../ /      /        `!l l .!.! !|1; i . i.ii ;| !.!.| .!`           l   ..l,     ゙‐
" ./      /       l゙    .゙.! 「!.! ! | !.||,!.〉l ゞ.゛     .l     l    .l,
../      ./        ! !      .゙. "!テ`      !   |     .l    ヽ


例えばこれは東方緋想天で八雲紫が実際に吐いたセリフ。

42 : ◆/svJwypmhk:2011/02/25(金) 01:24:59 ID:OK3Ak4Tw

     人 丿: : : : : : : : : : : :ハ: : : 丶: ヽ `: : : ::: ):;:;:;:;:;:;:; :;:;:;〉
    ノ:;:;:;:;/: : : : ∧: : : :: : / ヽ: : :: : : ハ: : :丶 `、: : : : ゝ:;:;:;/
    ヽ:;:;丿: : : :/  ヽ..... Y    `、: : :ノ___ ヽ: : : :::: 入 /  ̄ ヽ
     `'ーゝ: : ハ   ヽ: l     ∨ ___` 人:∬ヽ  \     \
     / ヽ: ヽ: \⌒ Y      ゝ"´:;:;:;::> l ∫ハ  \    丶     願はくは、花の下にて春死なん――
    /   ハ: ヽ: l ィ:;:;丶     `'゚_:.:..イ /〃ノ`、     \
  /    ∫: : : : : ハ ヾ゚ソ      ""  (: (: : ソ.:.:.:ヽ      \       その如月の、望月の頃……!
/      ゝ冫: ヽ: : ヽ、゛ '_,,.--‐‐¬ ン: : : : : 廴.:.\ 
        ゙  __,,..-‐'':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│  ヽ: : : `、.:.:.:.:ヽ
     , -'" つ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ │ ¬ ン: : : : ヽ.:.:.:` 、
ヘ    丿´  /´"イ  __,,.. .-‐ '''""~ │   〉: ヽ: : :: ヽ:;:;:;:;
 丶/....... .〈_ / │:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;│ へ く ヽ: : : : ::;:;:;:;ヽ

幽々子が詠んでいる句は、東方妖々夢stage5で現れる句。

851 : ◆/svJwypmhk:2011/02/24(木) 23:40:41 ID:7Gtd1Ku.

           ___
       ,,-´ ̄`''''- 、  ̄'''' 、
    、,,(  、/___@_\    i
    ヽ_、/ヽ、_,,,,---、====)          ほとけには 桜の花を たてまつれ
      / _,,,-L-/i λL-|ヽ|、 iヽ,
      i入ヽイi~ j V´i ~jヽノ |   ゝ         我が後の世を 人とぶらはば――
       くノリi ,,`´ .  `´,,|ノ |   ヽ>
.       |レヽ、 ヽフ   イヽ| L__ノ              あの子は、この句を好む程に桜の花が好きだった。
        レヽ| ` ,─ '_´イ レ'、ゝ
        (ゝ√ヽ入_。ノr   i `'、
        ,ヽ=-i=====く⌒'-´⌒r i、
       く、 ___|    )======(」ノノ`、                     ※人が私の死を弔おうとしているならば、
       /==- |─,─ L,,,___,,,ゝノ  i                        亡骸にはどうか桜の花を供えて欲しい


幽々子が詠んでいる句は、東方妖々夢stage6冒頭に現れる句。

986 : ◆/svJwypmhk:2011/02/25(金) 00:59:43 ID:OK3Ak4Tw

    ,'   / '|       ,    /'レi´
   ,/    /!  !、     、, __     ! |ハ
   iヽ、__r,' .i  ! >.、.,     _,,. イ ノ .i         身の憂さを、思ひ知らでややみなまし――
   `ヽヘハノヘ,.ハ_!ノ i `"二「、_ノノレ'、_r」
       `,ァ'"´`iヽヽ\ー-'i l i7ヽ.          命消ゆるの、無き世なりせば。
       /     `「ヽ、_>rン_!」、_イ┐
      rヘ、__,r'7ー'7、7へ/ムン'  ':,ンi
      ヽ. 、 ___,,..イゝ    '}、  ,ハ」
       Y ̄  ___,.ゝ、., __,{;._,..イ i                  ※もしも命が消えることのない世の中だったとしたならば、
      |`'くr'i´ ̄    ヽ.ーi::::::7:::::;'  |7               自分の憂いるべき境遇について思い知ることもなく、
       ':;:::::`',       \:::/:::::/  !                日々を過ごしていたのだろう。
       i:::::::::':,      rァ'Y´r'-、 |
      く:::::::::::::':,    /7´`ヽ7  Y」>

幽々子が詠んでいる句は、東方妖々夢stage6の最後に現れる句の改変。

また、第36話のタイトル『あゝ魔の神よ、死闘の地に』というのは、
東方風神録stage6の冒頭で現れる『あゝ風の神よ、神湖の地に』の改変です。


950 :◆/svJwypmhk:2011/12/09(金) 05:43:33 ID:.62nWYeg

       __,.-^'、     _,.-'"iヽ
      く く <] ヽ、_   i /」 l |
       ヽ,\ ロ_ゝ)-、// //
        ,.ゝ、_γ`ー'"ゝ-'"ヽ、
       , '  ,.         ヽ
      ,'  , ' ,' 、/__,. ハ , i  ',      さて問題はここから。
      | / /.イrf=!、イノ l ,!_,ノ ノ l
      i `レ _,.イ!ヒ_r!  ,ir=!,イハ」        本作品に出てきた魔神様、八坂神奈子さんは、東方風神録の
      i    ハ. u    ヒ_!i/ノ|         Extraステージにおいて3枚のスペルカードを使ってきます。
      ,' λ 〈L 〉,  ワ  "从i..|
    _「/ / _,.,.イニ>r-r;='´レ┘l              神符「水眼の如き美しき源泉」  ←※
    ,' /_r'r'"ヽ、!i'ーY-イiヽ、,.'-!、_               神符「杉で結ぶ古き縁」
    i ,/γ, 、ヽ、_)ノ,  :  l|r/ /,ヽ              神符「神が歩かれた御神渡り」
    ノ ,'/(ゝヽン'ノl    :  iヽJ、/_イ
    レ l、 ゝ-イ/ l|.   : ____iヽ、_ノ                     この3枚です。この名称に誤植はありません。
    | / i`ー'"ゝ'"r─''γ´Ll,」'、| |



           ,ヘ   ,へ、
          く< 'ゝ-イ/ |<
         , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
     ヽ. ),' ! !  、 、 ヽ ', .',
      λ( ! ,'./-λル-i-イ i」 i       神奈子さんがその時使ってくるもの以外のスペルカード名は
      ヽ; ルLi ━   ━ `Yi、 i
        ::=== 、_  u イ !ノ.i       本編の魔神様が使ってくる技に対応させてます(>>918参照)。
        !lノ|`/^i ,____ , く_,ノ | i
         lXlレ「`ー´レLY_ノ /`ヽlXl
          ! .i i    |.|:  !i |   i l            そして、少々改変しましたが先述の3枚のスペルカード名は
       |><{ !、__,ノ.i: λi|.|   |><{
        . ! l .! /::::::v::::/`;;|   | l             作中の会話部分に組み込みました。ちょっと強引だったけど。
        }><{ !レヽ::::::i:::::ヽ,;´;|____]><{
        ヽlV/ヽ、>::i::::::::::::::::::ヽ_)ノ


それがこちら。

475 : ◆/svJwypmhk:2011/10/25(火) 20:58:56 ID:ii8c49K6

'"´   '!  r ン:::i/:::::::::::::::::::::::!::::::::::!::::!::::::::::::::::ヽ;:::::::::::::':, /  ', !       i
 ,.、_   ノ  /::::::::::::::::::::::ノ:::::::; ハ:::::::;'::__L:::::::::::::::::::Y:::::::::::::',  / !       |
/  `Y´〉 ,'::::::::::::::::::::;:':::::::::;' !::::/!::_」 _:::::!:::::::::::::::';:::::::::::::i .∨  '、     ノ!
'    V  !::::::::::::::::::/::!‐-/  レ' ァ'"7,ハゝ!:::::::::::::::i:::::::::::::! /|   )ヽイ´  i
    !.  ';::::::::::::::ノ::::ァ'i'ヾ,     ,!__ノ .ノ::::::::::;:イ:::::::::::::ハ |    !/´     !     人間、大幻獣……幻獣の血を引きし者。
    ∧.  '、:::::::::::;:イ i ,!_ソ       ∠:;__;:ノ::::::::::::::::;':::::`ヽ.  ,'      |
  /! 〉  `ヽ(:::::::i   '        /:::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ.!      ,'    役者は揃ったね。神の歩いた御神渡り在る
 ノ  Y   ノソ::::::::7、    くi´ ̄)  /:::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::',    /i
'´   |  ,.:':::::::::::::::::::::`>、,  `   ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   / |     由緒正しき地で、この舞台! この上ない!
    ! ;':::::::;:'::::::::::::(::::::::::!`ヽ-rァ ´ '、::::::::::::!:::>'"´`ヽ、:::::::::::ノゝイ   ノ
   _ノV '、:::::i::::::::::::::::::`ヽ;:::_;:「7ー「7´彡ゝ、;_ノ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽイノ /   //
レ'"´   !  `ヽ、;:::::::::::ン"´:.:.:ゝミ彡ン、 //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.(、`ヽ、 ‐'" .,'
.|     !    )::/r'^x:.(ノ)╋ノOヽ():.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:(__ノ:.:.:.rヘ)    i
..'.,   .ノヽ、  r'く:.:.:(ノ:.:╋ァ''⌒ヽ;╋!:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:__r'´ヽノ、   ノ
  '、/  ハ「>;ヘ::.X.:.:.:.:.:.:.',!「/ !,ハ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.X:.:.:.!-‐'´    V-‐'7´

478 : ◆/svJwypmhk:2011/10/25(火) 21:01:45 ID:ii8c49K6

   // / ;≠く      |__∨  >')/ ノ   ノ'⌒ヽ⌒ヽヘ、/  Ⅵ /   人
  〃〃, ゙/ } i i}          \(_>=、=、=<::::::::::::ノ::::-‐::::::.\ _j_Уi   /  `ヽ
  { i{//   } iリ           x<,>r-=-=-rミ` <ニ=-‐==¬:::.、_>、i i /    } }
  У 〃   ム′        ,(_ソ´i . :°: .   ° `。 ミヽ: .\   ⌒)'Y {\>┬―‐v
  {  { i i / ハ          /´°. :°{: : : . ` ー-=彡 °ヽ:.ヽ | { У ノノ\/′
  {  {i i/ } } }       __/ . :〃. : : :\: : : .ヽ: .ヽ: . } }: :} }ハ ┼‐‐y' 〃  .イイ
  {\Уi i  } }人r‐v⊆=-‐{/. :i i{: :{\ iト、\: : ∧: .} Y゙{ハノ人丿 |_/{ {  /; ハ
  ∨/ i i, -‐¬{::::冂く::::::::/ . :从 斥ミ八ハノノx≦ハノ,-ミヽ : : . ゝ  /ヽ{ {/  } } }|     心で結ばれた古き縁は神を破るか……
   ,〈   i |    〕::| |\::::/イ: :〃i { 弋リ:::::::::::ィ:i::テ'〈,ク } }|. : : .|   |_|∠、   } i i |
  i{ ヽ  |  \〔::::| |:::::.\人i { : : ゝ `   ,   ̄厶/   ノ. :} iノ    /\ \ ; ; ノノ     水銀のように美しき命は悲願を果たすか、
   、i i ヽ|    〕KУヽ:::::::::::八八(/>、 ー-=' ,ィ〃  /,ノノ人    /  / ̄ ,厶イ
   \i〃|    ∧_    ` ーzУ.::::〈//ヾ≧=≦i{爪_rぅぅ::(::::〃::(\, -'‐=ァァ7´  リ        その小さな体躯に問うがいい!
     i{ |    |  `ヽ    {:::::::::::~:::::::〕//〔:::{ ̄し      ィ  }\/ ;/ , ; ノ
     ヽ|   |  `丶\  八:::::::::::_j_V´⌒`V_j , - ‐-、.. //  (:::ノ / , ; /
      |   八    丶} ̄`ヽ:::::::::「i{  . :  /       /\ハハ》ーァ ァ'
      |/ x==ミ ヽ                /  /´   /  `丶{ //
      ヽ{/ , ‐~う、  /⌒ >‐、_,- <`/_./_><      `Y゙
        (_し' r‐vヘ //   // _〉、_〈/ /<  ヽ: : : ヽ ヽ      |
    >.::::::ヽr┤ ! | /′  /// : : : : : : : : : : : `Y: : : : : ヽ 丶、_厶
   /.::::::::::::::::ししし /  _//: : : i : i : : : : : : : : : : : ',: : : :. . : ヽ ::::::::::.`丶、
 ∠二ニ=-‐…‐-= / / ./: : : i : | :∧ :i : :\: \ : : : ; : : :. :. : :| -‐…‐-=ニヽ      私は神様になったんだ……
 {: : : : : : : : : : : : : ´´   /: : :/ |: // ∧|\. ,..ニ 、\: ; : : ::. ::. :.|  -=ミ: : : : : : \
  '; : : : : : =-‐ ´    / ノ: :i: :|:/ ,.. 、三三/ ,.、 〉 / ; : : ::. :. : :|    \: : : : : :}    だからみんな、私の言うことさえ
  \: : : {           '  !: :|: :! K ,。)三三、`゚' ノ /, ' .: : ::. ::. ::.|      } : : : :/
    \: 丶、        /: : :!: :! |`ー ' ,     ̄ /' : : : : ::. ::. : :.|     イ: : : /      聞いてればいいんだ……!
.     ‐-=ニ二ニ== /: : : :|: :从   `       /: : : : .:: : ::. ::. : :! x≦:::::ノ: :/
                 i/: : : :| :i : :\  、-,   /:/ : : : .:: : ::. /i∧|   ̄ ̄ ̄
                 l |: : : :|: !: : : ,へ、_ /:/(: : : .:: : :/ / リ
               ! ゝ、: :!:i\: :ヾ:ヽ  ヽ  `//`Y∧_
              `  ヽ ヾ、`ヽ `ヾ   |      , -‐´ ̄ ̄`ヽ                  ┏━━━━━━━━┓
                             _ ノノ  , . イ        |!               ┃   ブリザガ    ┃
                          /r‐^ー´  /            |!                 ┗━━━━━━━━┛
                       //      |          |!
                      ノ´        ヽ_ 、        |!
                        /〈            | ヽ      |!
                   /::::::::::ヽ          |  ヽ , ‐-、_|!

951 :◆/svJwypmhk:2011/12/09(金) 05:44:26 ID:.62nWYeg

         ,ヘ   ,へ、
        く< 'ゝ-イ/ |<
       , ' !`ヽy)_,,==イ',ヽ
      .,'  ! !  、 、 ヽ ', .',
      i  ,'./-λル-i-イ i」 i
      iルLi ○   ○ `Yi、 i           ……………………
      ノ`リ "" 、_, ""イ !ノ.i
     /ノ:|,:ゝ、 ,____ , く_,ノ | i
     lXl レイr' /LY_ノ ./`ヽlXl
      ノ ,.' .〈 i  |:  !i .|  i l
     |>/ ,λ. . i: λi/|  ||><|
     |/ ノi/::::::v::::/ヽ|  | l
     [_{,'ヽ::::::i:::::ヽ/|_] l
     (_ノ/ヽ、>::i::::::::::::::::ヽ_) l





    ,-へ,  , ヘ
    ,ヽ_,_i=/__,」
   ,'   `ー' ヽ
   i <〈」iノハル.!〉       間違えたァ!
   i L>゚ Д゚ノiゝ
  i>i ir^(νν'i |
  .i>i !> )ノ iイ|
   i.ル'     'レ'


ずっと「水銀の如き美しき源泉」だと思ってました。
ええ、それだけです。おやすみなさい。

957 :◆/svJwypmhk:2011/12/23(金) 03:09:54 ID:Lgb34OqA

  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./        おまけ。真紅スペルカード対応表。
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |               魔法「紫雲のオーメン」 …… サンダガ
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |             ※本編では"天術・紫雲のオーメン"に改変
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !            魔法「魔界蝶の妖香」 …… あいのせんこく
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |               ※本編では"神術・魔界蝶の妖香"に改変
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |               光魔「スターメイルシュトロム」 …… クエーサー
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   l               大魔法「魔神復誦」 …… はいにする
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |              ※本編では"大魔法・神獣復誦"に改変
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |             超人「聖白蓮」 …… みわくのほうよう 紅
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |               ※本編では"神獣姫・真紅"に改変だったと妄想
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |             飛鉢「フライングファンタスティカ」 …… エアロガ
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !           「遊行聖」 …… ケアルガ
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i              ※本編では"遊行紅"に改変だったと妄想
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i           習合「垂迹大日如来」 …… フラッシュレイン





      ., '    /           |   \
     /   /  /   /     _/    | `>
    ,'   .,.'  /  _,∠   /   /_`   /  l                 聖白蓮の場合のスペルカード対応表。
   ノ  <.  ,'   / _/|  , イ'ハ`Y/  /
  '⌒|. |  |  |   ァ' "ハ ` !/ |_ソ ノ|  , イ                    吉兆「極楽の紫の雲路」 …… サンダガ
    ', '、 、 '、 .八  rリ         ,|/ /                魔法「マジックバタフライ」 …… ゆうわく
     !   ヽ \|\ト .ゞ゚'´     ` "'| /、                  光魔「魔法銀河系」 …… メテオ
     |    ) 人  \""  r  ̄リ  人   \                 大魔法「魔神復誦」 …… はいにする
    /  ./  /\.  ヽ.       /   )   )                 ※本編では"大魔法・神獣復誦"に改変
   /    | /  ソ_,ノ_,ハ`7ァ=r( ヽ、─- 、 人                超人「聖白蓮」 …… みわくのほうよう 聖
 , '     /  ア´:::::::::::`ヽ. ` ー‐ \ \/`>ー、 \                   ※本編では"神獣・聖白蓮"に改変だったと妄想
 !       |  /::::::::::::::::::::::::::|>ー-- \.! | /`ヽ ` ー- 、           飛鉢「伝説の飛空円盤」 …… エアロガ
 \ |   /::::::::::::::::::::::::::::::'::、\ー--‐'\ '  rノ      \      「遊行聖」 …… ケアルガ
   ソ   ,|:::::::::::::::::::::::::::_:::::::|:::::ヽ,>r‐くハ     )      ハ       習合「垂迹大日如来」 …… フラッシュレイン
  (   /::ヽ;:::::::::::::::://|\:!:::::::::|\|::::::`ァー-イヽ      / |      「スターソードの護法」 …… アレクソウル封印

989 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:07:36 ID:/PWQfVos

          ト,ー-、
         !::| _ \       ト..、
          |::| |::|  ヽ.    /ヽ;::i
          /:/ ///ヽ_ ,ヘ   /く〉 |::|
       |::| ` `ー' 7´`く / _/:/
    ,.. '"´,L!=--─-、i:::::::/-<:ン
   /  /       `ー'   `' 、
  /   ,'    / /           、 ヽ.        さあ、恒例のボスキャラの紹介だよ。
 ,'    i   ,' ,! `iヽ、 ,!   ,    ',   ',
./    !   .| ハ_」__!/ !  /| __!  !  i      このスレと次スレのぶんでこの埋めネタも終了かと思うと、
'  /  ',   |. 7'´!  ハ L_/ !__/|_,/   |
  /   .!\_」 ヘ '、_,り    7'iヽ!    /       今日まで描いてきた多くの敵の数々を懐かしく感じるよ。
. /   (,|  ,!""`        !リ ノ!\/
,'  ,   !  ハ         ' ` "|ハ          難敵続きのこのスレだったけどあと少しだ。頑張らなきゃな。
 /   |    '、    ` ー-     ,ハ ',
.'     !ヘ   | ,>、      ,. イ  ! !
>‐ -、 _,,. イ\|>‐-、_,r-<´/i\ |                               それじゃ、はっじま~るよ~♪
     `ヽ:::!\    7 ハ、//   |  ヽ!
      ヽ|、 \ / i  `r、. /
、       i::ヽ.  `  ';  V!`く

990 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:07:55 ID:/PWQfVos

                   ,, -──- 、._
                 -"´         \
                /              ヽ
                /             ヽ
               |    /\    /\  |
                l               |
               ` 、     (_人_)    /
            ,―――`ー 、_         /ー 、
           l´        `''     ‐''´    `l
           ` ̄ ̄ ̄ヽ         / ̄ ̄ ̄´
                 |         |
                 i  `/ ̄`l  /
                 \    / ./
                   \__//
                   /  /
                   ` ̄

【堕精】 デスゲイズ
HP:34978(前回の戦闘からの蓄積ダメージあり)  持ち技:デス  ブリザガ  エアロガ

第30話で初登場。第38話でやる夫達とは3度目の交戦となる。
過去2回の戦いにおいて負ったダメージが癒えておらず、そのぶん完全な状態で
戦ったとは言い難い状況ではあったものの、手の速さも攻撃力も全く衰えを知らず、
初めて西行妖の前に登場した時と同じ強さのままで相変わらずやる夫達を苦しめた。
魔剣ラグナロクを携え幻獣の血を完全に覚醒させた水銀燈がいなければ
もっと苦戦していたのは間違いないだろう。聖なる属性の魔法『ホーリー』が弱点で、
水銀燈がそれを習得済であったことも幸運だった。ちなみにその強さの一方で
知能は皆無であるため、やはり背中に乗ってその手綱を引く者が必須のようだ。

991 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:09:00 ID:/PWQfVos

: : : : : : : : :/: : : : : : : : : i: : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : l : : : : : ヘ: : : ヘ: : : l
: : : : : : : : i: : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : li : : : : : : : : l: : : : : : :ヘ: : : ヘ : : l
: : : : : : : : il: : : : : : : : : : li : : : : : : : : : l i: : : : : : : : :l : : : : : : ハ: : : ハ: : l
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :ll : : : : : : : : : l l: : : : : : : : :l: : : : : : : ハ: : : : i : l
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :l.l: : : : : : : : : :l l: : : : : : : : :l: : : : : : : : '. : : : l: :l
: : : : : : : : ll: : : : : : : : : : l l: : : : : : : : : l .l: : : : : : : : :l: : : : : : : : :l,, - '': :l
: : : : : : : : l i: : : : : : : : : :l l_.... ---‐‐: l l: : : : : : : : l: : : : : : :_ ..」 : : : : l
: : ''''''''''' ‐ トl、: : : : : : : -l''l: __.... :--:l.=l= 、.... : --┴‐┐'':¨: : : : : : : :l
-=======トL:.:..:..:..:..:..:..l 'l==-‐‐::''':¨=lヽ、lゝ: l: : : : : :l : : : : : : : : : : l
'¨f::::::::::::'ー-i``        弋ヽ::::::ッノ ,イ: : l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
、弋ヽ_ッノ ,         ー- ニニニ-  l: : :l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
 `ー - ''                 /,l: : l: : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
ヘ          i           ., ':.:l: : ,': : : : : : l : : : :l: : : : : : :l
:.lヽ、        ー ‐ '       , .:': : :l : /: : : : : : li: : : : :l : : : : : :l
:.l:.:.:.`丶..、           ,,  ''ヽ:.:.:.:.:.:l :/ : : : : : : l l : : : l: : : : : : :l

【マジックマスター】 古手梨花
HP:なし  持ち技:ファイガ  ブリザガ  サンダガ  デス

第34話で初登場。やる夫達とは、デスゲイズと共に第38話で激突した。
羽入や雛見沢への大地への信仰を集める楽園、神獣教団の塔の教皇を務めており、
羽入の力を取り戻すためにその生涯を捧げる覚悟をした存在である。
そのルーツは、古来あった雛見沢大社(現在のフェニックスの洞窟に近しい位置)の
巫女として生きた信仰厚き人間の少女であり、千年前には魔導士の一人として
羽入とともに戦った存在である。過去、大幻獣アレクサンダーを討ったのも彼女だった。
世界崩壊の煽りで魔に溢れた世界に羽入がその手で復活させた存在であり、
魔力溢れるこの世界で、かつてに劣らぬ力をそのままに顕現した。元より長い命を
持たずに復活した立場という意味では長門有希に近いものがあり、やる夫の道を
拓くために戦った長門と同じく、彼女も羽入のためにその命を懸けたのである。

992 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:09:19 ID:/PWQfVos
                       ___
                   _ /(`ー' ):::::\ _
                <三=7/ /:::`Y´`:::::::::::ヾ≦三ニ>
             __  _,.>/:γヽ::::, 、γ ヽ:::::::ヽ>、´
             ,..,γ:、 >´:::::::/ ゝ`´/  ヾー´ /.|:::::: > ― -, 、__
          /:::| L. ::::::::::::://:::::::/ _,.、、,._,.ヽ::ヽ/:::::ヾ ,-( _ノ , ...、ヽ
          r 、':::::`ー':::::::_ ノノ:::::::ノ〈`Ll_l_lノl/:::://::::::ヽ 〉, ニ、 」:::::::ヽ ゙|ゝ
         /ゝヽ::::<二ヽ::::::::::::::>´ / / 〉′ 〉:::::::::::// (⌒) (:::::::::::,.」 |::`ヽ_, - 、
       /::::/ /`ー- `:::::_ -<  / / / |   /::::::::::_」 |::`' (   ̄ _/::::::::::/: :`(`ヽ、_
       ,-' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     / ./ / .| /:::::::::Y´ | !::::::::::`::ー::´:::::::::γ´ 〉― 、)::::〉 ヽ、
     /        _r――― ´_ _/ /  |/::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::/  ´ ̄`):::::/`ヽ ヽ
    , -〈       /ゝ、_   /7 //  ./    !::::::::::::::::::::::| |::::::: ,-、::::::r‐<____/::::/  _ 〉ヾ ヽ
  〈 (::`ヽ_   /   } ´  / |.|  |!   |` ー - 、,-´/:::::_ノ ノ::::ノ          `Y  ( ヽ〈  ヽ
   .〉、_〉、__ノ   /    | //   `    !      ヽ_ / ,-´::::/          `ー-`、/ !\ |!
  //ゝ_ヽ  人 _/    .l /::|       `l、_   _ノヽ_/:::::::/               `L _∧
        `ー〈  ヽ/       |!:::::|         `ー´  , ' ..::::/                ヽ`  ∧
          ̄`´ヽ ___/|::::::ヽ、          ´ ...::::/                   ,、  _) / ∧
                 `ヽ_|:::::::....`ヽ_       .......:::::/                ヽ`ー Y´ / /
                 ヽ_::::::::::......>-― - - ― ´                     〉γ ` >′
                        ̄ ̄ ̄                            ヾ='三ニ=′

【獄獣】 デスゲイズ
HP:14980  持ち技:デス  ファイガ  ブリザガ  サンダガ  エアロガ  アルテマ

第38話でデスゲイズが、古手梨花の魔力を屠って変貌した姿。
古手梨花の習得した魔法を使いこなし、より高くなった攻撃力と魔力で大暴れする。
傷は癒えず受けたダメージはそのままだが、強化された肉体から繰り出される
素早い攻撃の数々で、一気に畳みかける戦い方に拍車がかかるため
攻め落とすのが非常に困難になり、やる夫達もさらなる苦戦を強いられた。
行動、判断力は体内に取り込まれた古手梨花が司っており、手数を撃つ効率も
状況に応じた対応力も、変貌する前とは明らかに一線を画している。死の間際には
全魔力を放出して究極魔法『アルテマ』を練成発射するという離れ業さえも見せた。

993 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:09:45 ID:/PWQfVos

                        ,.: ´ `ヽ
                . -‐=={  (  )}
        . -‐=ミ≧''"´         人    ノ
        Y  :'⌒YY              `¨爪
       八  ゝ-' 八             ハ
        个=-‐'′                ∧
        |                        ヽ-‐=‐---一
       |                          /
       |                      /       /
       }                        /
       〈                        . :, ヘ.          _/)/)
       r'三二ニ=-‐  ´         >'个//ハ         // / ' /
      /                >'"´ 厶イミ//∧       /    {/)
    /              .ニ=- ''"」从{  ' /:::} }}// ∧         !      /
  /          .. -=ニ . : : :」>=ミx.   {ゝ'  V   ∧      j     /
_∠二ニ=-‐=≠T丁「 : : :|   : : K乂::ノ `    〉   i_ノ}{ ハ.    /     /
        | | :| | : : : |   : : |          ノYハV: |     /     /
        | | :| | : : : |  : : ト .    ー‐ '  イ {{ }}i: :|   ′   ./
         | | :| | : : :人  :_:_|       ___/{: : . V/ハ |  _/     ,′
          | | :| | :xくi:i:i:V/ハ`丶、___/ヽ:i:i:i.、: : ~  jj / {    ,′
.        | | :|/⌒ヽ:i:i:i:{{ 从}       〉:i:i:i:. : :   し′ 、   ,′
.         | | /    V:i:iし'{{ ト、      ,/:i:i:i:i:|  : :  ハ   ヽ ,′
.          |_/    `ヽV:i:i |i |:i:i`ー=ニ彡i:i:i:i:i:i|  : :    }    }ハ
       /       `ヽ}:i:i  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  : :  ヽ   i i
      /         八i  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  : :  `ヽ    i i
    /            7:i:|   |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:从     ハ  i i
                  /:i:i:|  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/           i i

【三闘神 鬼神】 洩矢諏訪子
HP:58000  持ち技:ファイガ  ブラスター  メタルカッター  はどうほう  サザンクロス
                  メテオ  エアロガ  フレアスター  ティルフィング  アースサラウンド

第23話で初登場。第39話で羽入と共にやる夫達と死闘を繰り広げた。
大地を生み出した神であり、子供っぽい外見と言動とは裏腹にその素顔は名に恥じず、
かつて神として人前に顕現していた頃には、信仰を無碍にした人間を容赦なく引き裂き、
信心を強要するほどの暴虐と支配を演じて見せた頃もあった。力と見識に優れた魔神が
鬼神の暴走を幾度となくいさめていなければ、これほど長くこの世界に人類が存在して
いられたかどうかも怪しかったほどである。独り立ちして雛見沢の命を見守る立場となった
羽入とは、人としての心を持つ者持たざる者同士で何度も喧嘩した歴史を持つ。
衝突を繰り返して羽入に学び、教えたことの数々は二人の絆を何より強固なものとし、
だからこそ、魔大戦より神々は人の歴史に介するべきではないという教訓を学びつつも
羽入にその力を預けた。考えようによっては、最も人情に近いものを持つ神と言えたもしれない。

994 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:10:02 ID:/PWQfVos
                           ___
                      ,. ''"´     `"' 、
                , '´   / ̄      r'oヽ_
               /     /      l   \ヽo)
              /   /  / /|  ,  /メ、    Y ヽ.
             ,'  ./  !/メ. |  //| _」,ハ    |  ハ
              |  ,|   |.ァ'テ、|/ ァ'i´ノハ/|   ハ.  |
             ! 八.  八 j_rリ    ゝ-゚' [`ヽ/ |  |
              ∨  \,ハ      ' __   ,ト-、ノ  /ヽ八
                _/ 人   l7´ `ヽ/\)  /  .!  \,. -、
       ヽ.ー--‐ ''"´ / /  ,>,、   _/`ヽノ-‐/   /ヽ. /  /
        _.> , '"´  | _ /  ]ア/   /  /   ,ハ_/  /ヽ.
     , '"´   /     /´ | | ̄`7ヽ| / / /   `   'ー---‐、
    /    ,       _|_// / / |/ | | /   、_     _,,..ノ\
     |   /!     [.__/ |// /    | |, '  _     ̄   \    ,ハ
    '、  /  ヽ、    | /    .|/      |/   ノ-‐‐ァ'─--rへ. \    |
、     \|     \  /人    ハ     ゝァ'|:::::::::´::::::::::/∧  ` ー' |  /
. \          ` /  |    .! !   '"   ! '、::::::::::::::::/./  \  //
\/、          /  /     | |       |   `'ー--‐' /     `'く
    \     _,r/  r/    /./      |\___,.∠.__     ',
     \ __//   /| '    /∧        ∧ \.           |
      r\//   /|. \  /./\\      |\ `''ー-- 、____.ノ

【三闘神 女神】 東風谷早苗
HP:44000  持ち技:サンダラ  ゆうわく  こもりうた  あいのせんこく
                  サンダガ  フラッシュレイン  クエーサー  クラウディヘヴン

第23話で初登場。第39話で真紅と共に水銀燈達を迎え討つ。
命を生み出した神であり、神獣ヴァリガルマンダの生みの親である。
命の数々に心を持たせて、(当時)心なき幻獣達のつがいとして神獣を生み出された
過程を思えば、女神の生み出した心こそが、命ある者の作り出してきた数々の
希望、悲劇、可能性を生み出してきた基盤であったと言えるだろう。
心の創始者とはいえ、自身に人や神獣と同じくした情溢れる心があったわけではなく、
命ある者の心の揺らぎに最も強い興味を抱いていた神であるとともに、どう足掻いても
完全なる理解の望めない『心』に対して最も頭を悩ませていた存在でもある。一方で、
その苦節の中でその実最も心の脈動に理解を示せていた神でもあり、真紅にこそその
力を預けたのは、多くの人の幸せを願い苦しみを背負うことを潔しとした真紅の生き様に、
何とか報いを与えたいと思った女神の『心』が選んだ決断だったと言えよう。

995 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:10:20 ID:/PWQfVos

              _... -彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ __
            ,ィ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
           /:.:.:/:.:./:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.゙、:.:.\.:ヽ
            /.:/:./:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.}.:.j!:.:ト、:.:゙;:.:.:.ハ:.}
          ///:.:./.:.:.:/:.:.:/.:.:.:.:.:.:j!:/ !:} i:.:.}:.:.:.:.:i.!ヽ
       〃 ノ:.:./:.:.:./:.:.:.i!.:.:.:.:.:.:// _.リ___l: :!:.:.:.}:.リ: ハ
       { /:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.i.!: : :/ ´ ノ-‐ jノ}リ リ ノ: : : !
     、_,,ィ彡イ: : :! : : {: : :l''l:/    ,ィ斥示ミ: /: : :} } :}
        λ  {: : :゙; : λ,ィオ示ミ    ゞ;タ /.イ : :ノjソ j!、
       ,,.z彡゙、: :゙、 : :《 ゞ;;タ  〈     '"//:〃 i! ヾ:、
--― '' ": : : : : : : `ミ :ゞトミ       __   ノ 〃: :/: : i   ゙ヾ、
     : : :// : : : ヽ: :゙、ヽ    ゙ ´  ´{: {: // : : {    ヾ、
  ,. -‐''"´/: : : : : : /ヽト、ヾ:ゝ、      /ゞ:{{ ト、:ゝ     ゙;:;
彡´  ,.ィ´ : : : : : : :__r、__: )ノ : : :`} ‐ - '´ j!: ハ: ゙;゙、: :{\`.、     }:}
  ,.ィ´    : :/(:>''~`ー)、、__ ノ===Θミ| ノl l: :!ヾ、:゙、 ヽ `、  //
/       ,.イ.xイ:::::::::::λ'乙、`''ー-::..._  ト、_ノ ノ: ハ :ハ ゙,: :゙;/
   ,,,..::・'"   {l::::rヘ::::::::::ヾ<::)、    丶 ,-‐`''^、._.ノノ: }_/:ノリ
 ̄   ,..・'"  ノ:::::l:|ヾ、:::::::::::ヾィ〉、          ̄ `<ニヽ/
-‐‐'"´    ./::::::::l:l::::ヾ、:::::::::::ヾYヽ_,、    `.、::..     ゙<:::>、
 {l~ ̄`ヾ、 /:::::::::::i:}:::::::゙;i:::::弋::::i^}ノ::rミ=-、r、_.ヾ::..     ヽ::ヘ、

【神獣】 聖白蓮(ラクシュミ)
HP:なし  持ち技:ケアル  サンダー  リジェネ  エスナ  ケアルラ  サンダラ  ケアルガ  サンダガ
                ゆうわく  エアロガ  フラッシュレイン  メテオ  はいにする  みわくのほうよう聖

第14話でその力の片鱗を見せ、初めて顔を見せたのは第16話であった。
天を司る神獣であり、雨を恵み光をもたらす天への信仰をその力の源とする。
人類が神々や幻獣の力を借りずに生きられるようになってからは受ける信仰も減り
力も弱まったが、細々と天を崇め見守り、幻獣界に行かず現界に残った幻獣達と共に
その空でゆったりと暮らす数百年を送っていた。しかし千年の流れの中で考えを改め、
現存するあらゆる命を遙かに超えた強い力を持ちうる自分の存在が、やがてかつての
魔大戦のような悲劇を起こすと予見し、天への未練を抱きつつもその身を自ら滅ぼし
魔石化した。縁の深かった幻獣セラフィムやフェンリルは、そんな白蓮を追って空に暮らした
同胞であり、白蓮の魔石化とともにその身を魔石へと変えるほどの絆があったのだ。

天や地への信仰がすべてという概念は、神獣に非ざる他の命には決して理解し得ない信念である。
ゆえに唯一無二の同じ意思を共有出来る羽入との縁はこの世界にあるどんな他の命より強く、
だからこそ我が身を滅ぼしてまで貫き通そうとしたこの世界への力による介入さえも撤回し、
真紅を生み出し、雛見沢を守りたいという羽入の想いを叶えるべくその隣に立ち続けた。
夫はおらず、真紅は白蓮が当時抱えていたなけなしの信仰を振り絞り、二人の幻獣の助力のもと
三闘神女神の創命術を模倣して生んだ命である。周りの人間と異なり父親のいない生活を強いたこと、
何より神獣の信念のもとに真紅を戦禍に飛び込ませたことに対しては、言い知れぬ想いもあっただろう。

996 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:10:34 ID:/PWQfVos

         _,. -──-- 、_
       ,.-__ r-、-.    ト--.、
      ' イ   \\\   \::::::\
     / イ |      ヽハ. \  ヽ:::::::ヽ
    ' ' |│、|    ォ什十ト! |  レ::::::::l
   /li! | vl-トゝ、,. j/z!‐j/、レイr::::::::::イ
  (:::|l ヾ ヽj =,、 l./ ヘハt!  j {:::/..ヽ
   V|ゝ \ハ 7rj    ` "/ イ ::::::::::: \
    レゝ\lヾ!" '   ,     イイ\ ::::::::::: \
       |l !:::ゝ. `     / |::::::::::\: :::::::::::::`. 、
       |i :::::::::|`..ー─r'  / \::____:\:::::::::::ヾ:::`..、
      ゞ ::::::::ゝ::__,:イ/ ,.イ ,. ---、ヾヽ:::::::::::`:::::::\
       \:,.イ´| / / / /     |ト、::::\:::::::::::\:::`i、
       _/ノ! / /  レ'     /:::::\.:::: i、:::::::::::: 'i::::ヽ.
      /_/ / /    「_ ̄_:.`ーく::\::::::::゙l.,::::ハ :::::  |!::  !
      〈 ,! ,'  /    「:.~: : :~: rィ'ヽ::::\::: i::. |ヽ:::  |!::  |
      イ.:レ  /   ,.イ: : : : : : ∧ :::::l::::::::゙!::|:  | |::  |!::  !
     /: : :|___l!___/:.:|: : : : : :/ :::l::::: l :::::: !::!:: | |:. ノ   ,.'
    ': : : >rt===.//:.:| : : : :∧ :::|:::::イ::i:::. レ|:: | j/ /
   /: / ,.イ|tス/: :/: : !: : : :/! :::: l::/ |: |:::: | |:: レ'′/
.   /: .lL_' /!ハV: : : ' : : : : : :/三ゝj/  |::|!:: ノ ' ,' ,.イ/
  .': : :くミ|^∨/: : : : : : : : :./三三三 ` ー<j/ レ′ '
  i: : : へ'三/: : : : : : : : : :.:/ 三三三三三三 \

【神獣】 羽入(ミドガルズオルム)
HP:58000  持ち技:ファイガ  メタルカッター  エアロガ  メテオ
                  サザンクロス  フレアスター  はどうほう  ティルフィング
                  クエイク  グラビガ  トルネド  アースサラウンド

第3話で初登場。第39話における決戦に至るまでに、実に10度やる夫達と直接交戦した。
雛見沢大陸への信仰をその力に変え、何より執念とも言える大地への想い入れの強さが
その原動力。人間を超越した身体能力と、永い時の中養った英知を駆使し、時には魔導兵器を操り、
時にはその手に宿る魔力で、交戦するたび最低一人はやる夫達の仲間の命を葬ってきた。
結果主義かつ、従える対象の手なずけ方も信仰収拾の千年の経験から熟知しており、人を使い、
あらゆる策謀を駆使し、目的達成のためなら手段も選ばない、その行動で己の望む多くを
叶えてきた。実戦における戦い方も非常に堅実で、命中率の低い『トルネド』や『グラビガ』の魔法を
ここ一番の勝負で使わない辺りにもその姿勢は表われている。

現実的に見て、人間よりも遙かに優れる知恵と実力、長寿を含めた生命力を兼ね備えていながらも
雛見沢の最高指導者という立場は皇帝に預け、自分よりも実権を持つ人間を何人か作ったりと、
人の世は人が創るべしという原則も決して忘れてしまったわけではなかったのだと推察はできる。
しかし神の暴走により世界が窮に瀕したこの瀬戸際、人に星や大地の運命を託せず自身の力のみを
信じて突き進んだ姿勢もまた、人の心を持つゆえの愚直な決断だったのだろう。誰にも理解されない
独りの神獣が駆け抜けた後ろで、常に彼女を支え見守りついて来てくれた真紅と白蓮に対して
羽入自身も強く自覚するほどに厚い感謝と愛情があったのは、語るでもない事実である。

997 :◆/svJwypmhk:2012/02/09(木) 20:11:01 ID:/PWQfVos
           ,...__
          イ::ゝ、r、`‐.-.-.-.‐ヘ‐-く:ヽィヽr、
           く´:::::::::::::ゝィゝ::::::::::::::::ヽミヽ:::::;;;;;;ヽニヽ_
            r':::::::;. '    `ヽィ;;;::::::::::ヽミヽ::;;;;;;〈―i 〉
          r'::::::/  ,.' /,.'   ゝ::::::::::::i|ミヽ;;;;;;ゝ〈〈
.          ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ
          //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、
.        〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ
           ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉
.        〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i
           ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |
        ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |
         ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |
        ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |
        il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.       Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',
       Ⅵミミミミ》`ミ二≧、メメヽ ミ〈二ニヽ 〉::::::;;;;ヘ ',',',',',','.,         ,.....    _
.         `ヽミミミハイ二彡' :::::: : ヽミ≧ミミヽ,:::::::;;;;;;;;`‐‐--イ》ヽ        ヽ::::ヽ-く;;ヽ
        r;;;;;;≧ム彡'´ゝ::: : ::;;; : : : :ヽヽイ》:: : : :;;;;; : : : : : : ゝミヽ       }:::{´  {;;メヽr..、
         ア;;;; ;;ム=ニ二ニ〉:: ;;;;;;; : : :::`ヽ〉: : : : : : ; ;: ;_:r'´アミミミヽ、   ,..ィ:::《ィヽ 》;;;;;;;;;r'彡二ム
         ゝ;;;; ;;イ:::::《,ィ´;; : : ;;_: :;; :_:_;; :; :; ; ;; ; ;; ;;,r': : : 〉ヽミミミ三三三ミ三三三三三三三彡彡〉
          ゝ;;;;;!: : ハ;;,イヽハ;r'::ヽィ: : :ヽィ`ヽノヽ/::::: : : ::ヽ、 `、ミ三三ミ三三三三三三,r'彡//

【神獣姫】 真紅
HP:44000  持ち技:まふうけん  ケアルガ  サンダガ  エアロガ  フラッシュレイン
                  あいのせんこく  はいにする  クエーサー  クラウディヘヴン  みわくのほうよう紅

第3話で初登場。第40話における決戦に至るまで、8度に渡って水銀燈達と激突した。
母親であるラクシュミの天術と、高い身体能力や英知を不完全ながら引き継いでおり、
人間と変わらず成長してきた一方で、そのポテンシャルは恐らく人類の中では最高クラスであろう。
ただ、幼少の頃より帝国で猛者揃いの先人に囲まれて育ったことや、母親に近い存在であった
羽入にみっちりと育てられてきたせいもあり、驕るどころかやや謙虚で引っ込み思案な性格に育った。
能力は確かであるゆえ、周りを差し置き若くして出世を強いられたり、未熟という自意識とは裏腹に
人の上に立ち導かねばならなかったりと、それなりに人並み外れた苦労は背負ってきた半生だった。
それでも真紅自身が、己の育った境遇を恵まれていたものだったと自負するのは、苦の多い人生の中で
羽入や白蓮、皇帝や将軍、友人である幻獣達に大切に育てられた過去を大切に考えているからだろう。
だからこそ、生まれに反して劣悪な環境を強いられ続けてきた水銀燈には、いち個人としては思う所も
実は多かった。仲間達の中で誰より強い力を持っていながらも仲間に支えられて来たと自戒する
水銀燈の姿には、真紅も何かしら通じる想いを馳せていたのではないだろうか。

羽入の偽りの優しさも、時折見せる彼女の心からの愛も一心に受け、清濁併せて経験してきた半生。
彼女が自分の中に見つけた生き方は、受けた多くの恩を、ついて来てくれた多くの人々に安寧を届ける
結果を出すことで還元することだった。一方で未熟な自分がそれを為せぬことに対する自責も殊更強く、
人を超えた力を持ちながらも、前に立つ者の苦悩を誰よりも人間として強く感じていた存在でもある。
無念の最期を遂げた彼女に報いるには、力無き者が苦しむしかない世界を救う他ないのだ。


やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第41話前編
スポンサーサイト

テーマ:FF6 - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/05(月) 19:00:23|
  2. やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第41話前編 | ホーム | やる夫はフェニックスの魔石を手に入れたようです 第40話後編>>

コメント

さて、次話(前後編)がラストバトルか。次話(前後編)か?
  1. 2012/03/05(月) 21:46:12 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり諏訪子AAだけ違和感・・・
AA録ざっと眺めてきたけど、このAAだけ浮きまくり  ネタAAとしても弱いし、何で混ざってるのか分からないレベル

作者東方好きなら気にならないんだろうか?
発売年知らんが、キリッとしてるAAくらい他にもいっぱいあっただろうに
  1. 2012/08/10(金) 12:49:00 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

前にも諏訪子に違和感って言ってた人か?
一応東方は星までやってるが別に全く違和感はないなぁ
逆にどのへんにどう違和感があるのかが知りたい
  1. 2013/02/21(木) 20:07:15 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

別にAAはいいが、東方キャラ名引っ張ってるせいで門外漢にほんと分かりづらかった
幻獣名だけでいい、展開上も必要ないんだし混乱させるだけ
  1. 2013/06/01(土) 09:55:02 |
  2. URL |
  3. ななしでやる夫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yaruotoyaranaio.blog93.fc2.com/tb.php/428-f3e30a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。